2011年 9月 の投稿一覧

ビジネスサイトのGoogle Seo対策

ビジネスサイトで更新が出来なかったり、一定時間ソーシャルメディアに時間を使えない事業所では、ホームページの期待できない。その為のCMS(コンテンツマネージングシステム)の導入になる。

seo

Googelが評価する2,000ページのサイトを創り上げるのは容易なことではある。しかし、DBを利用したサイトなら日々の更新で容易に2,000ページのサイトは構築できる。一日、30分程度で住宅会社なら数棟の契約を得ることが出来る。既存のビジネスならそのホームページの作り方にもよるが、10〜20%の売上を拡大できる。

Google Seo対策の基本は、更新回数にフォーカスを置くべきである。ブログの更新により、サイト全体のアクセスに対応させる方法が、一般のビジネスサイトでは必要なことになるだろう?コンバージョン率を高めるよりもアクセスを高める方法の方が意外と簡単であるということです。
正しい知識を持って、サイト内のブログを更新していれば、それだけ十分なSEO対策になる。もちろん、その正しい知識が問題になる。

よくある悪い例が時間が空いたからと行って連続投稿をしたりする。定期的に更新するようにすることはそれほど難しくない。また、一定のテキスト量も必要になる。それでなければ、ソーシャルメディアで十分な対応ができる。どこまで鮮度の高い記事の更新ができるかが?ビジネスサイトで一番大切なことだ!

ソーシャルメディアを活用できるサイトの作り方。

ソーシャルメディアで消え去ったブログの役割。生き残っている役割。という投稿をプライベートなブログで書いてみた。ソーシャルメディア時代のビジネスサイト(ビジネスブログやビジネスホームページ)とは、「どんなサイトにすればいいのか?」を考えてみた。
まず、ターゲットユーザーがTwitterなのか?Facebookなのか?Mixiなのかということは?別にしてどんなサイトがソーシャルメディア時代のビジネスサイトなのか考えてみよう!

Facebook Press Conference

ソーシャルメディア対応のビジネスサイト

ソーシャルメディアを活用したビジネスサイトの必要な条件を挙げてみた。これらの項目をサイト内で表現するべきである。

  • キュレーションされやすいコンテンツを利用する。
  • ユーザーに専門的なアドバイスを記載する。
  • ユーザーが自慢しやすいコンテンツを利用する。
  • 共有できる画像や動画を提供する。
  • 顧客のクレームやFQを充実させる。

キュレーションされやすいコンテンツを利用する。
コンテツをソーシャルメディアで紹介されやするページを制作したり、ソーシャルメディアで紹介されやすい記事作りをする。一番簡単なのが、美人写真の画像とコメントなどになるのが、その女性のビジネスへの考え方などの知っかりしたコンテンツが必要になる。つまり、ソーシャルメディアでは紹介できないセンテンスの長い特別な料理のレシピや健康法、美顔などビジネスの裏話などでも良い。
キュレーション=情報価値があり他に紹介すること。

ユーザーに専門的なアドバイスを記載する。
自己のビジネスで扱っている商品のケアの仕方やお得な利用方法。例えば、「今これを買うより次の商品の方が・・・」などのユーザーが喜ぶ情報やユーザーが知らなくても問題ない製作段階の秘話や製作者の声など特化した情報が必要だ。

ユーザーが自慢しやすいコンテンツを利用する。
よくあるお客さまの声なのだが、もっとユーザーが喜こべるものはないでしょうか?「この製品を使って、このお客さまこんな作品を・・・」と記載されていれば、そのユーザは少なくとも自分の近くにいる人にそれを自慢したくなる。または、お客様の声のクレーム的な部分も記載して、その対処方法と謝罪をする。できるだけ正直で誠実な企業イメージを獲得するためのブランディングが必要だ。

共有できる画像や動画を提供する。
綺麗な画像や面白い画像、又は動画(YouTube)などユーザーがどんどん自分のブログやソーシャルメディアで利用できる体制を作る。これが上手に行くと参加型のサイトが出来る。また、FacebookやGoogle +向けにRSSの設定に気遣いをしておこう。

顧客のクレームやFQを充実させる。
1件のクレームには、無数の同様のユーザーが感じた不快感があると考えるべきである。そして、同様のケースのための対処方法を記載しておくべきである。そこからFQを充実させる必要がある。それをユーザーが紹介してくれるケースがあるからだ。企業にとってマイナスなクチコミでもこの対応さえ良ければ、ユーザーに誠実さを伝えることが出来る。

ビジネスサイトにただ「いいね!」ボタンやTwitterなどのフォローボタンなどを設置しただけでは、ソーシャルメディアに対応したサイトにならない。

あなたのホームページもう一度見なおしてください!

googleアナリステックス

あなたのビジネスでホームページが活用されていますか?せっかく、立ち上げたホームページが何も機能していないのなら、あなたは経営者として、ホームページ担当として、大きな影響チャンスを逃したことになります。今回は、売れるホームページの要素をご紹介します。

コンテンツ

コンテンツについて、ホームページに記載されている内容を確認してください。出来れば、あなたのビジネスに関わっていない人に見てもらってください。ユーザー視点でホームページが製作されているでしょうか?もしくは弊社の無料相談でもかまいません。誰かに評価してもらってください。

  • ホームページ制作目的は確認していますか?
  • そこで働く人の顔が出ていますか?
  • コンテツをわかりやすくグルーピングしてますか?
  • 経営者の思いや商品についての情熱が記載されていますか?
  • 訪問者のターゲッを絞り込んでいますか?

ホームページの目的の重要性は、例えば、企業のサービスや考え方を知ってもらう。直接販売に結びつける。商品を知ってもらう。などのように直接売上に結びつけようとするサイトは、ECサイト(ショッピングサイト、通販サイト)でない限り、1つのホームページで多くの目的を持たせると分かりにくいサイトになる。まず、目的を認知度を高めることを目的にする。

上記の図のように、多くの人にホームページに訪問して、まず、潜在顧客化する。そして、顧客になるのは、比率はプラミッド型となる。その頂点のわずかな人にアプローチをするのではなく、まず、認知してもらうとこに目的を設定する。もしくは、多くの人に認知されていれば、サービスや考え方を知ってもらう。そのビジネスのポジションによって、ホームページ制作の目的はことなる。

検索エンジン最適化

Google検索順位とアクセス評価を確認してください。もし、アクセス評価が出来ていないのならGoogleアナリステックスを設置してもらってください。そして、全体の評価とここのページアクセ数を分析してください。

  • Googleアナリスティクスを導入しているか?
  • Googleビジネスパートを利用しているか?
  • Googleプレスに完全な情報を記載しているのか?
  • 定期的に更新をしているのか?

詳しいことが理解出来なければ、制作したホームページ会社にお尋ねください。Googleアナリステックスのタグを設置するのに1万円は掛からないでしょう。(当社は無料です)

ユーザビリティ

ホームページからユーザが何かを調べるのに目的のページに到達出来ないようなサイトを良く見掛けます。また、文字ばかりで読むのが面倒くさく感じるページもあります。

  • お問合せやフリーダイヤルがどのページでも目立つことに設置してありますか?
  • お問合せフォームは、SSLで暗号されてますか?
  • ビジネスの実績が表示されていますか?
  • 見やすくて使いやすいサイトですか?

この項目に於いてもあなたのビジネスと直接関係のない人から意見を聞いてください。つまらないことで顧客を失うこともあります。

上記は、基本的な部分です。上記に該当する時は、出来るだけ早くホームページをリニューアルしてください。

WEBサイト制作会社 ATFとは?--ATF-ホームページ制作

 

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ