2012年 9月 の投稿一覧

Googleの言うSEO対策とは?

Googleマスター向け公式ブログから「良質なサイトを作るためのアドバイス」というレポートが更新された。これは、Panda アップデートについてのGoogleからのメッセージになる。

Finding more high-quality sites in search

Panda アップデートとは?

アルゴリズムの変更で低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価するためのプログラムの変更と考えて頂ければ良いと思います。つまり、Googleはユーザーの検索時に検索キーワードに対して一番良質なサイトを上位に表示することが彼らの役割だと考えています。逆の意味では、検索して悪質なサイトばかり上位に表示されたらgoogle検索の価値がなくなります。
»Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました

悪質なリンクを撤去する!

未だに悪質なSEO業者がいるようです。「非リンクを増やす!」なんて、時代遅れのSEO対策ではサイトの評価が下がるばかりです。その理由として、以下のリンクからGoogleウェブマスター向けブログのレポートサイトへのリンクに関する新たなメッセージについてをご覧ください。質の低リンクを削除して、最審査を受ける必要があるからです。

上部の画像は、Finding more high-quality sites in searchのGoogleの検索に対するメッセージのページ(英文)です。このページの上記の風船のような丸にマウスを当ててください。これが、Googleの推奨するHTML5で描かれたものです。

SEO対策、成功への近道!

検索エンジン最適化スターター ガイドを参考にして、WEB制作会社にホームページを制作してもらってください。もし、この内容が理解できないホームページ制作会社ではあれば、発注を控えた方が良いと思います。また、現在のサイトをこのガイドに沿って修正して貰う必要もあるでしょう。場合によっては再構築した方が費用的にも機能的に良いかも知れません。

もちろん、CMS(コンテンツマネージングシステム)であるべきです。そして、自らが自分のビジネスへの情熱や情報をブログに書き込み更新する必要があります。もちろん、更新頻度は1週間以上間を開けないようにしてください。テキスト(文章)は、このページの半分ぐらいは必要だと思います。ユーザーにエキスパートしてのあなたのビジネスのコンテンツ(内容)を日本中のネットユーザー向けに更新してください。

Googleからのアドバイスをビジネス活かす!

Facebookは簡単に更新できるサービスとして、中小企業の経営者にも人気です。投稿に「いいね!」を押してもらうととてもいい気分になります。またFacebookページも同様です。しかし、実際的な自分のホームページへの効果はどう図っているのでしょうか?

Esperanza Navas de Google explicando cosas webmaster tools, en el III Congreso de webmasters

FacebookでもないTwitterでもない!大切なのは良質なコンテンツを持ったホームページです!

FacebookやTwitterであなたのポスト見ることの出来るユーザは何人いるでしょうか?あなたの友達の数とFacebookのアルゴリズムの数を考慮しても100名から1,000名くらいでしょう?しかし、検索からはその時に必要な情報を求めるユーザーがあなたのビジネスを検索してたどる数は無数です。
  
  ・必要な時にあなたのビジネスを検索できるのは?
  ・友達という範囲ではなく、すべての潜在顧客から検索されるには?

上記の2つの項目は、Facebookでは不可能です。もちろん、Facebookでブランディングが成功すればそれなりの効果はあります。しかし、インターネットであなたのビジネスを探している人に良質なサイトでなければ、Googleはあなたの潜在顧客をあなたのサイトへ導くことはしません。

FacebookでもないTwitterでもない!大切なのは良質なコンテツを持ったホームページです!

良質なサイトを作るためのアドバイス(google ウェブマスターツール公式ブログ)では、良質なサイトの作り方が発表されました。結果的にこのようなサイトを構築するれば、GoogleのSEO対策になるということです。有料リンクなどその昔のSEO対策などGoogleには簡単に見破られます。

google web master tool

ウェブマスターツールとは?

私達のようなウェブ制作会社やブロガーが自分のサイトをGoogleに登録して、検索結果やGoogle巡回ロボットを回避させたり出来るGoogleのサービスです。Googleアナリスティクスと併用して利用します。もし、あなたのサイトが登録されていないようでしたら、弊社にお問合せください。ビジネスユーザであれば無料で設定します。無料サイト評価と合わせてご利用ください。

CMSでなければ良質なサイトは出来ない!

CMS(コンテンツマネージメントシステム)でなければ、自社のコンテンツを更新することは簡単に出来ません。これは、ホームページとブログが一体となったスタイルとなります。無料ブログと自社のホームページの連携は、Google側から見ると見せかけのリンクとなります。また、CMSではブログからホームページに訪問者を誘導することが簡単に出来ます。つまり、Googleのガイドラインに沿ったサイト構築をしなければ検索されない時代になります。365日24時間あなたのビジネスを潜在顧客にアピールできるビジネスツールであるホームページを経営者の方も学ぶ必要があるのではないでしょうか?

最後に経営やウェブ担当の方に

あなたの会社のホームページはあなたの会社のエントランスです。そして、ウェブに載せるコンテンツは、あなたでなければ表現できません。それはあなたのビジネスへのこだわり、思い。あらゆるノウハウや経験から作られるあなたでなければ出来ないコンテンツです。あなたの声をデジタルに載せることが大切なことです。

間違いだらけのWEB(ホームページ)で売上拡大計画

多くのクライアントやWEB制作に関わる人達の陥りやすい間違いがある。間違いだらけだらけのWEB(ホームページ)売上拡大計画は必ず失敗する。それは、WEBマーケティングやSEOの知識がないことから始まる。Facebookの「いいね!」のリアクションなどそれほど効果がないの「いいね!」で満足しているユーザーのようなものだ。どんな講釈を述べても実際に売上の上がらないホームページを活用しているほど経営の無駄となる。

売れないホームページ

1,目的が明確ではない。計画もない。
2,自社の商品やサービスをすべて訴求してしまう。
3,WEB制作者もクライアントもホームページをユーザがTOPページから見ることを前提に作る。
4,ネット活用していない経営者や担当の声を聞いてしまう

1,目的が明確ではない。計画もない。
制作する目的を明確にする。そして、計画的にWEBを活用する必要がある。誰に・何のために・どんなことを・・・・と、目的をしっかり決める必要がある。ここで大事なのが、機能していない現状のマーケテイングをそのまま制作に利用しない。つまり、WEBで引き込む顧客と他のメディアで引き込む既存の顧客とは、好みも傾向も異なることをまず確認することだ。ネットで売れやすい商品やサービスを訴求するべきです。

2,自社の商品やサービスをすべて訴求してしまう。
あれもこれも売ろうとしてはいない。もちろん経営者なら自社のサービスをすべて売りたいのだろう?また、幅の広いターゲットに訴求をしたくなる。しかし、それでは、ネットユーザーを顧客化することは出来ない。つまり、協業他社の弱みを突いて、自社の強みをアピールする必要がある。

3,WEB制作者もクライアントもホームページをユーザがTOPページから見ることを前提に作る。
弊社はCMSはWordpressを利用する。ブログを更新する頻度を高めるとアクセスは増える。サイト訪問者は制作者やクライアントの思惑通りに訪問をはしてくれない。つまり静的なページは、商品の紹介やこだわりを訴求して、ブログでは商品や作業に関する情報のみをカテゴライズして発信する必要がある。売れて側の「いいよ!」なんてネットユーザーは信用しない。

4,ネット活用していない経営者や担当の声を聞いてしまう。
ネットを生活で活用してものを買ったりサービスを受けたている人の声には耳を傾けるべきだが、アナログな人間のマーケテイングなど耳を傾ける必要はない。つまり、デジタルな世界での売上方法とOÏF LINE上のマーケティングは大きく異るとを知っておこう!

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは