2013年 8月 の投稿一覧

Eコーマス ショッピングサイトを成功させるためには?

Eコーマス ショッピングサイトで地方のスモールビジネスでも成功している例は山ほどあります。
ただ、多くの方々が、業者に発注する。楽天・ヤフーショッピングに登録すれば、ネット通販は成功すると考えて、結局撤退やショップの運営に失敗しています。

鎌倉市農協連即売所

利益率の高い商品でなければ利益の出ないモール

楽天・ヤフーショッピングでは、利益率の高い商品であれば、広告費も掛けられ成功派の可能性は高いです。

モール運営側だけに耳を傾けてはいけない!

つまり、モール運営側(楽天・ヤフーショッピング)側の説明だけ聞いているのでは、自分のビジネスがモール運営内にショップを開設するのか?
独自ウェブサイトを構築するのか?適切な判断はできません。

そんな時に弊社のようなコンサルティングに無料相談をしてみてください。
俯瞰視して、どちらが最もあなたのショップサイト運営に適切なのかをアドバイスを受けることが出来ます。

今、多くの方が楽天から撤退をして、独自サイト運営に切れ変えておりますが、本当は、楽天の方が、成功するケールもあります。

WEBマーケテイングの専門家の指導!

勿論、商品やプライス設定、サービス体制とももう一度見直しをければならない点は少なくありません。
そんな時に専門家のアドバイスを受けるのと受けないとの差は結果に大きな開きが生じます。また、メールマガジンの運営での利益の拡大から、リピーターの獲得策、テキスト広告の活用などさまざま戦力と手法を活用することで、あなたのネットビジネスは成功に向かいます。

無料相談を活用してください»

ホームページを活用するための3つのヒント!

死んだホームページを生き返らせるためには、正しい検索サイト最適化が求められる。しかし、それは素人にも、ちょっとした街のWEB屋にも簡単にできるものではない。それでは何が、今あなたにできるのか?ちょっと考えてみました3つのヒントです。

なまはげレストラン入り口
お店の入り口でも「入ってみたい!」と思えるお店の入り口とそうでない入口がある。

ヒント1:ホームページに記されていなければならない事項

まず、これらの項目がもし、あなたのサイトに記載されていないのならば、今直ぐに、作成する必要があります。もし、記載されていても不十分だとおもえるのなら、再考してみてください。

1,自社のビジョン、ユーザに対する考え方
2,自社の強みの記載(なければ作ろう!)
3,あなたの笑顔

ヒント2:お問合せへの誘い文句!

ユーザーがせっかくあなたのホームページに興味をもっても、「私◯◯にお気軽にご相談ください!」などコメントがお問い合わせボタンなどに記載されていますか?」。TV通販やネット保険屋さんではないので、オペレーターがお問合せに答えるのではなく、専門家である私があなたの疑問や悩みに答えるスタイルを表示する必要がある。ドアに「入り口はこちら」と書かれたエントランスより、ドアの前に案内役が「どうぞ、こちらから」と案内してくれた方が、その入口に入りやすい。出来れば、あなたの笑顔を載せたボタンを作ってみては?

例えば、列の連なったお店の入り口には並びたくなっても、人気もない入り口には入りにくいとはありませんか?どうやって、入り口のドアを開けやすくするのかを工夫する必要があります。

ヒント3:専門的なキーワードは使用されていますか?

細かい部品名やサービス名など、ユーザーが検索するキーワードは、一単語ではありません。出来るだけニッチなキーワードを利用したページを作ってください。一つのページに一つのキーワードが必要になります。あなたのビジネスの知識やノウハウ、経験などを活用して、どんどんページを増やすことをお勧めします。

親切で分かりやすいホームページ無料診断&ご相談はこちらから»
せっかくのホームページを制作するのなら、あなたの目的になった制作会社をお選びください!
ここが違う!ホームページ制作»

ビジネスブログを書くための3つの心得!

ビジネスブログがどれだけ、自社のサイトのアクセスを拡大させてくれるかだけではなく、商品を選んでいる約50%近い男女が購入のきっかけにしていると言う調査もある。WEB制作を職業にしている私たちも実はこのビジネスブログ更新を「忙しい」と言い訳を作って更新しない弊社スタッフが多い。しかし、私は、この「ビジネスブログ」の威力というものを知っている。実際、多くのクライアントや私個人のブログ(WEB DREAM)から仕事の依頼を受けている。そこで、ビジネスブログを書くための3つの心得!を記事にしてみました。

BLOG

営業系の人間であれば、本日の売上の成果にはならなくても、正しくビジネスブログを更新していれば、いずれ自分の営業成果に影響する。そうであれば、時間を割いて、ビジネスブログのネタ作りや更新をするべきです。

1,自己のビジネスの情熱を表す
2,セールスブログにしない
3,信頼というロイヤリティを獲得する

1,自己のビジネスの情熱を表す

Google検索が評価するのもこの項目です。それは、以下の3点になります。SEO的にも、ビジネス効果を得るためにもこの項目はしっかりと抑えておきましょう。
1,ブログの更新頻度
2,記事のコンテンツ(専門性)
3,1つのキーワードでまとめる。

1,ブログの更新頻度
ブログ更新度が高いと当然アクセスが拡大する。さらにGoogle検索自体は、鮮度の高い情報を認識する。ユーザーにしても、多くの情報を提供してくれる企業に好意を持ってくれる。問題は、ネタやブログの作成時間の管理です。私は、一度にブログを書き込まずに、10分程度の時間のある時に少しずつ、テーマの異なるブログを書き込んでいる。つまり、時間活用術も学ぶ必要があります。そんなことをしていると自己のビジネススキルも向上してきます。

2,記事のコンテンツ(専門性)
自己のビジネスであるのだから、様々なテーマでの専門的な情報をユーザーに提供できる。もちろん、専門用語はなるべく控えた方がいい。ホームページでは記載できない専門的な内容の記事は、「売り」的な内容ではないので、ユーザーからの信頼を得やすい。特にビジネス上の裏話や失敗談などは、ユーザーのアクセスや心もつかみやすい。

3,1つのキーワードでまとめる。
一つのテーマで一つの記事を書いて欲しい。ニッチな記事ほどアクセスは高くなる。また、リアルなビジネス効果も得やすい。また、SEO的にも1テーマ、1記事でなればならない。

2,セールスブログにしない

ただ、売り込みのブログを書いてはいけない。例えばイベントの告知なら、どんな内容で、どんな人に来て欲しい。その理由・・・と記載するべきで、当然記事のサイドには、「こちらからお求め・・・」などのリンクを張ることは有効ではある。しかし、宣伝内容しかないブログであれば、ユーザーのブログへのリピート率は低下する可能性が高い。

3,信頼というロイヤリティを獲得する

1,2の内容を心得て、ビジネスブログを更新すれば、ユーザーからの信頼は得やすい。そして、あくまでも誠実な内容にするべきである。宣伝ブログではないので、自社の商品やサービスの欠点を明示するの有効な手段である。

例:「こんな人には向きませんが、この商品の特性は、こんなユーザー様に向いてます」

ブログを購読しているユーザーは、とても賢く、不誠実なブログ記事であれば、そのブログに直ぐに拒否反応を持つ。逆に信頼というロイヤリティを獲得してしまえば、ブログのビジネス効果は高い。

ATFでは、ビジネスブログの効果のある書き方講習やレクチャーを制作後、行なっております。
セミナー等開催しております。

また、ブログの更新が困難なクライアント様にも代行更新などのサポートも行なっております。
詳しくは、メール・お電話でお問い合わせください。
0263-87-1708 メールでのお問合せはこちらから»

Facebook時代のホームページ作り! 小さな会社の経営者のための・・・

Facebookの利用

Facebookのリスポンシブルは高い。しかし、それは、あなたの友達に何名の潜在顧客がいるのかを理解してみよう。もちろん、その業種・業態による。しかし、検索エンジンからあなたのサイトに訪問する数を考えるとその非ではない。それでは、「Facebook意味がないね!」と言いたいのではない。

Facebook on Ipod touch

Facebookからのホームページへのアクセスは、コンバージョン達成率が高い。つまり、Facebookの利用次第では、事前に「友達」と言う繋がりのなかで、「信頼」というロイヤリティンを獲得することが出来る。検索エンジンからユーザーではそれはない。問題は、あなたのFacebookの利用の仕方である。以下の項目がとても重要です。

・自己のビジネスへの情熱
・自己の誠実さ
・前向きな人間性
・ビジネスの専門性

これらを朝の6時から7時ぐらいにアピールする必要があります。そして、投稿の最後には、必ずホームページのリンクを張りこんでください。

ホームページの作り方

ホームページと言うよりもビジネスブログの活用が、Facebook時代には、ビジネスの効果を生む。Facebookを意識したブログ作成が必要になる。Facebookで超目されやすいのは、食べ物や女性の画像となる。その辺の画像をfacebookで投稿して、ホームページ呼びこむのだが、ブログのページを同時にリンクを貼りこむ。その時のブログのタイトルを絞り込む必要性がある。絞り込むことによってターゲットを定めて、成果をに結びつける。

モバイルの対応を忘れずに!

せっかく、更新したブログであっても、Facebookユーザーの50%以上がスマートフォンを利用している現実から考えるとブログがモバイルでも最適化されて表示猿ブログでなければならない。これだけは忘れないで欲しい。

忙しい経営者がFacebookを利用して、ブログを更新するのはとても面倒なことだが、Facebookは差の数分、ブログを書く時間は30分程度とする。それだけの時間投資で、十分費用対効果を得ることは出来る。

スマートフォン専用ページ制作»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ