2013年 9月 の投稿一覧

売れるホームページを作る前に知っておくこと?

売れるホームページを作るのに、多くのユーザーが忘れているのがあります。そして、多くのホームページ制作会社は、それをユーザーに伝えません。

seo

家を建てる時に住宅建設会社が提示してくる見積書には、様々なその他費用の家を建てるための申請料や、エクステリアなどの外構に掛かる経費や照明代などが記載されません。そして、その金額の単位は6桁となります。それと同じく、どんなに売るために有効なホームページを作成しても、多くのターゲットにそのホームページに訪問してもらわなければ、いりません。であるならば、Facebookなどでは効果がなく、検索サイトに指定のキーワードで検索される必要があります。

そのためには、制作費以外の費用が掛かります。
しかし、多くの制作会社は、企業のホームページ制作に確保している予算のすべてをホームページ制作に充当させます。さらにSEO対策に対する費用は、利益率も悪く、技術力も必要になります。

検索祭に上位表示される方法

キーワード検索で、上位に表示されるホームページの企業イメージは、その企業の質の高さを感じさせます。そして、多くの人が、検索サイト上位のサイトしか訪問しません。つまり、検索上位10位以内であればまだ良いのですが、サイトが検索サイトで上位表示ページの次ページに表示されるようであれば、まず、ホームページのビジネス効果は期待できません。

それでは、上位に表示させるには?
1,Googleのガイダンス通りサイトを再構築する。
2,サイト内のブログの更新頻度を高める。
3,SEO対策を正しい技術力のある専門家に依頼する。
4,Googleアドワーズを活用する。

1,のGoogleのガイダンス通りサイトを再構築する

この作業はとても大切なことです。しかし、ウェブサイト制作会社の技術力が必要になります。そして、その効果を得るには時間が掛かります。この作業は標準の作業となるので、これだけでは、上位に表示させるとは限りません。

2,サイト内のブログの更新頻度を高める

この作業は、上記の項目と併用するともっとも実質経費をかけずに効果を得る方法です。頻度が高く質の高いコンテンツのブログ記事更新が、中小企業ではなかなか難しいのも事実ではあります。この作業は、いわゆる、社内ブログライターという人材に依存します。

3,SEO対策を正しい技術力のある専門家に依頼する

このファクターは、多くのグレーなSEO対策会社が混在する中では、なかなか正しい技術力のある専門業者を探すのも難しく、多くの費用が掛かります。
Googleウェブマスターツール検索エンジン最適化(SEO)では、Googleが検索サイト最適化についてのコメントとSEO対策業者の選定方法を記載している。

4, Googleアドワーズを活用する

もっとも簡単にアクセスを獲得できる方法です。また、Googleアドワーズを利用しているサイトのGoogleの評価も高いようです。SEO対策やブログ更新による効果を得るための時間や費用より、費用対効果が最も高いと私は確信しています。
ECサイト(ショッピングサイト・Eコマース・ネットショップ・ネット通販ショップ)には、特におすすめします。その理由は、ECサイトでは、一度顧客情報を登録すれば、リピーター獲得率が高いのです。つまり、多少の経費を掛けても、売上拡大につながるということです。

私がここでお伝えしたいのは、まず売れるホームページを運営したのならば、SEO対策に掛かる経費を計画当初から見込む必要があることをビジネスホームページを作成する企業のご担当者様に知って欲しいということです。そして、コストパフォーマンスを考えるとGoogleアドワーズが最も効果的であることを知って欲しいのです。そして、その予算を確保することが売れるホームページを作成するキーポイントだと考えます。

意外と知られていないGoogleパーソナライズ検索。Yahooも同じかな〜?

Googleパーソナライズ検索

Google検索では、ユーザーの意図は読み、より快適な検索が行えることを目的にデイフォルトにせってされているのパーソナライズ検索です。
googleパーソナライズ検索では、直前のクエリに影響され、検索したキーワードの順位が、ユーザー用に最適化されます。つまり、自分のサイトを望むキーワードで検索すると、上位に検索されます。Yahooでも同様なシステムがあるようです?(実は私、Yahoo!のことはよく知りません)

言い換えれば、本来の検索順位とことなる順位で自己がよく見るサイトを優先的に上位表示させます。

Google Australia Goody Bag

これは、よくユーザーのところで、SEO対策のすすめをする時に「うちのサイトは一番だから・・・」なんて話を聞く時があります。もし、望むキーワードで1位表示されるのなら、それなりにウェブサイト(ホームページ)の影響で営業成績の拡大や問い合せ回数が増大しているはずです。

正確な順位を調べるためのツール
検索エンジン一括順位チェックツール ランキングチェッカー
簡単にGoogleのパーソナライズ検索を無効にする方法

検索順位の1差と2位の差

オリンピックで言えば、金メダルと銀メダルさは大きいように、検索順位の1位と2位の差の売上は2倍異なると言われています。もしあなたが競合他社対策にお悩みなら、まず、SEO対策に力を入れてください。かなりグレーな業者もあるようなので、業者に依頼する時は、実績を確認にしてください。一見、Facebookの「いいね!」などは効果があるように見えますが、検索サイトからの訪問者では比較になりません。SEO対策、テキストマット広告(adworsなど)は、ビジネスベネフィットを得る最高のツールだということを認識してください。

Googleからは、正しいSEO対策業者の選定するためのガイダンスも提供されております。
検索エンジン最適化(SEO)

SEO対策・SEM対策コンサルティング»

5つのショッピングサイト成功の鍵

ネットショップ・シショッピングサイトを活用するには、ホームページを活用するのと同じく様々な戦略が必要になる。

shopping

ショッピングサイト成功のために考えるべき5つのファクター

以下の5点が成功の鍵になる。問題は、予算と運営の人材の確保となります。以下の5つをバランスよく整える必要があります。
1,商品構成と価格帯
2,広告戦略とSEO
3,ブログやCMSでの戦略
4,SNSの活用
5,メールマガジンの活用

1,商品構成と価格帯

ネットでは、価格競争の優劣が、簡単に判明する。価格で勝負できなければ、サービスやニッ千な商品を扱うための付加価値要素が必要になる。価格は、ある意味商品の価値を表します。中途半端な低価格よりも、価値にあった十分なサービスが行える価格であるべきです。

2,広告戦略とSEO

広告戦略とSEOと、どちらも経費がかかります。まずは、広告費用の捻出は、当初から考えるべきです。多くのサイト登録者を集めることがショッピングサイトの成功鍵です。SEO対策は、成果を得るまでには、それなりの時間がかかることを確認にしておきましょう。まずは、GoogleAdwordsを利用することです。

3,ブログやCMSでの戦略

ブログはある意味で、SEO対策にも重要な役割を果たします。また、商品の細かな特性などもここでアピール出来ます。
ショッピングサイトと別にCMSのサイトは必ず設置することをおすすめします。

4,SNSの活用

Facebookなどを活用してブランディングすることをお勧めします。しかし、基本は。広告戦略とSEOであることを忘れはいけません。

5、メールマガジンの活用

リピーターを獲得するには、このメールマガジンやセールスレターが重要になります。また、この5つには上げていないが、キャンペーン等の企画で、まず、多くの人に会員登録してもらう必要があります。
紹介キャンペーンなどもこのメールマガジンの活用で可能になります。

ネットビジネス・ショップサイト»

大人になれないWEB屋。頑固一徹のECサイトについて!

最近、ECサイト(ショッピングサイト・通販サイト)の制作が依頼が増えてくる。しかし、ホームページ制作同様、クライアントの制作への熱意や考え方が、その制作物の成功の鍵となる。・・・これじゃ、WEB屋(ホームページ制作会社)も無責任である。クライアントのハートを熱くさせ、クライアントの商品が沢山売れるようにクライントを誘導できないのもWEB屋の責任と力量ではないか?

web designing

売れないと思うECショップは作らない!

クリエータ歴の長い私は、自分の満足できない仕事からは逃げてきた。それが、私がこの仕事を長く続けてきた秘訣だと思っています。特に多くのクライントが、WEB広告(アドワーズなど)を使わない・大したキャンペーンをしないで、WEB屋に制作を委ねれば、そこそこネットショップで利益が出ると思っている。更に楽天やYahooショッピングに店を出すのも同様です。ECショップは、売れるショップと全く売れないショップになる二極化なのです。それは、ECショップ運営への企業の意識の差のようにも感じます。

商品力、サービス、顧客を獲得する仕組みなしに、ECショップを展開しても利益が出るわけなない、しかし、営業サイトからは、とにかく、見栄えがよく、機能が万全であれば、売り上げにつながるので受注をする、これが通常だ。クライントの先のない望みを叶えるのだからと大人的発送発想だ!

頑固一徹は、そんなECサイトは作らない!

売れないECショップを作るのは、もっとも自分が満足できない仕事となる。WEB屋は、ビジネスツールを作るのが私たちの仕事だと、頑固に「売れないECサイトは作っらない!」。そん好き嫌いが、WEB屋の生命を延ばす。売れないECショップをクライントの思うように制作すると「あの会社で作ったたけど売れない!」と他社にボヤくに決まっている。お客様はわがままである。だから私は、自分が最低成功するだと思う条件をクライントにぶつける。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは