2015年 2月 の投稿一覧

ATF社内勉強会

ホームページ制作・ウェブ制作において、以下にクライアント様に利益を提供できるか?をテーマに毎週、マーケティングやGoogle アドワーズ・SEO対策勉強会・WEBデザイン勉強会を行っています。そして、私たちができる地域貢献・社会貢献について討論を行っています。今週は、Googleアドワーズ担当からアドワーズについて講習を行いました。縁の下の力持ちとして、ローカル企業を支援し続ける樋経営理念の元、外部のセミナー・研修会とともに内部での勉強会を行い日々最新のテクノロジーとマーケティングを取り入れるために行っております。

長野県WEBデザインあー募集

WEBサイト制作が私たちの天職として考えているスタッフが丁寧に手間を掛けて制作するホームページは、お客様に最大のビジネス効果を与えるものでありたいと日々考えております。そのための毎週、教育・研究開発には時間を費やすことを惜しみません。

ローカルSEO対策のお勉強»

Facebookでリアルなビジネス効果を得るためには?

Facebookに時間を費やすとビジネスブログが疎かになる傾向がある。しかし、Facebookでリアルなビジネス効果を得るためには、Facebookの友達やFacebookページにLIKE(いいね)をしてくれたユーザーを自社サイトに呼び込まなければならない。

facebook

そのためには、ビジネスブログを更新して、それをFacebookに反映するのが最も効果的なFacebookの利用方法である。
重要なのはLIKEの数ではなく、Facebookからブログに呼び込んだ数となる。Facebookは、あくまでもパーソナルブランディングと企業ブランディングの構築だと割りきって利用するか?徹底したリアルな効果を得るためのビジネスFacebookの活用方法を学ぶしかない。

Facebookを無料のサービスだと侮ってはいけない

  • ・以下にまず最低充実させておくべき項目を記載してみた。
  • ・プロフィールの充実
  • ・プロフィールの写真の最適化
  • ・サイト・ブログにFacebokボタンの設置
  • ・サイト・ブログにFacebokページの誘導ボタンの設置

Facebookからリアルな成果をGETする!»
facebookのシェアボタンをブログに設置する方法(読み込み速度改善版)»

WordPressとインバウンドマーケティングの関係

住宅販売・商品販売・レストラン等の実績や多くの商品を扱っている業態のWEBサイトは特にWorpressのDBを活用するのをオススメする。その理由は、まずユーザーに多くの商品や・ジッs系を診てもらうことだ・もちろん、製造業も同様である。サイト上のセールコピーなど誰も読みたいと思わないし、信頼性も掛ける。ただ実績や作業中の画像の方がユーザーを引き寄せることが出来る。

wordpress

インバウンドマーケティングとは?

まず、ユーザーに自社を「好きになってもらう!」ことから始めるマーケティング。ブランディングに似ているのだが、WEB的には、ユーザーの求める質が高く鮮度の高い情報を提供して、ユーザーの心を引き寄せるマーケティングとなる。

鮮度の高い情報とは?

情報性の高いコンテンツとは、例えば。工務店などで言えば施工状況などである。どうやって住み心地のいい家がどう建てられるかというものを紹介する。それだけでも良質なコンテツになる。もちろん、適量のテキストはいる。

だからWordPressを使う

WPで言う投稿ページのカテゴリ・タグを駆使してプログラムする。ユーザーが見たいカテゴリを即座に表示する。もちろんスマホでもOK。そんなサイト作りをするならやっぱりをWordpressだ。

何故、WordPressでホームページを作るのか?見込み客を呼び込むシステムとは?»

助成金を活用したホームページ制作・ネットショップ開設

弊社では、ミラサポ(中小企業庁)や長野県専門家派遣の登録エキスパートにより、助成金を利用した販路拡大のためのホームページ制作・ネットショップ開設をお手伝いしております。松本商工会議所をはじめ、最寄りの商工会議所をご利用した申請業雨のお手伝いから、あなたのビジネスの新しい可能性を見出すマーケティング・WEBテクノロジーを駆使したホームページ制作・ネットショップ開設を承っております。

また、WEBセミナー・Facebook活用セミナー・ビジネスブログの書き方などの社内セミナーも承っております。

助成金

また、ATFでは、ネットビジネスを始めたい企業様や検索表示を押し上げるためのサポート・スマトホン化などのサービスも行っております。
どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ
電話でのお問合せ 0120-806-709まで

長野県中小企業のホームページ制作を考える

長野県下中小企業のホームページ制作において、レポートを書いてみることにした。中小企業と行ってもその業態・企業のサイズによっても大きく異なる。そのなかで私たちが多く関わる20名程度、もしくはそれ以下の中小企業のホームページ制作につてい書いてみる。他のローカルでも同様の傾向があるのではないだろうか?

長野県下のホームページ制作は

全国をマーケットしている企業のホームページ

ATFとしては、一番効果を得やすいタイプとなる。ネット通販製造業他のサービス業などが、それに当たる。つまり全国という大きなマーケットをターゲットしているので、ホームページ制作のWEB ROI(投資対効果)が得られやすい。適切なSEO対策とその企業のコア・コンペテンツなり、ニッチなターゲットを設定したマーケティングコンサルティングを交えて行うホームページ制作です・このタイプはターゲットさえ絞り込めれば成果は約束されたようなものだ。

地域をマーケットしている企業のホームページ

ATFでは工務店専用ホームページ制作サイトを用意して全国の小さな住宅工務店のホームページとセールスプロモーションをサポートするサービスを行っている。しかし、これ自体が20万都市程度の地域をマーケットした事業所のホームページ制作となる。これらの地域では、完全にホームページ制作・WEBサービスだけで、ユーザーにベネフィットを与えるのは難しい。よって工務店へのサービスなどは、セールスポロモーションまでサポートしている。

企業のWEB担当として

ローカルではWEB担当などを配置している企業は少ない。であるから、ATFとしては、ホームページ公開時から小さな変更や成果を得るための運営サポートが不可欠になる。特にSEO対策などはサイト公開後かなり時間がかかる。それでも長野県下でも長野市ぐらいの人口(38.15万)くらいあるとWEBサービスだけで、かなりのベネフィットを与えることが出来る。いわゆるホームページだけで成果を得られる。

それでは、地域をマーケットとしている業態のWEB対策とは?

「松本市程度(24.3万 )の人口では、ホームページ制作は無意味なのか?」という問題だが、もちろん、工務店やリフォームサービスのような一案件の金額が大きな業態には必要なホームページである。また昔ならタウンページで探される業態でもホームページは重要なビジネスツールとなる。その場合は、名刺やチラシなどの紙媒体の広告に検索を促すキーワードを載せる必要がある。これは、ローカルSEO対策が重要にとなる。企業を名を検索しなくても分かりやすい単語で検索できるようにしなくてはならない。

ソーシャルメディア・ソーシャルネッチワークの活用

ビジネスエリアが特定されている業態・業種では、TWitterやFacebookなどのエリアを限定して利用できるサービスを併用してホームページにユーザーを誘導する方法もある。とくにFacebookから地域のユーザーを限定する方法が最も有効である。そのためにFacebookを上手に運用する必要がある。

ネット広告アドワーズの活用

ロカールSEO対策とはとても難しく、Google自体もあまりケアをしていない。そこで、特定の地域から検索するユーザーをターゲットにする必要がある。専用のランディングページを作っておくととても有効な戦略となる。

スマートフォンサイトは最重要

ソーシャルネットワークなどは、スマホを利用するユーザーは長野県のようなローカルでもとても重要になる。特にGPSを使った位置情報から、近くのお店やサービスを表示してくれるグーグルのサービスに対応する必要がある。その場合、GoogleプレスやGoogleプラスなどのサービスをしっかりと利用して欲しい。これらのサービスを侮っては行けない。弊社で制作しているサイトの殆どがレスポンシブルデザインで制作されているので、スマホ・タブレットにも対応している。

地域をターゲットにするビジネスであればレスポンシブルデザインでサイトコを構築する必要は大である。レスポンシブルデザインはグーグルも推奨している。かといって、それだけで検索順位が上がるわけではない。

長野県でのWEB制作の最大の問題点

ローカルでのWEB制作・ホームページ制作成功への最大の問題点は、経営者のWEBへの理解度である。発注すれば効果の得られるホームページが出来ると考えている場合とホームページは何も効果が無いと考えている場合である。よくあるホームページ制作の失敗例をこのサイトで公開しているのでそれを参考にして欲しい。

つまり、ホームページは制作しても完成などなのです。常に変化するユーザーの価値観やアクセス解析などの文政期や変更・ブログ更新・Facebookなどやらなければいけないことは沢山あります。そして競合他社との差別さをして、地域一番のビジネスができるのでhないでしょうか?

30名の定員オーバーのfacebookセミナー80名収容施設に変更

Facebookからリアルな成果をGETする!

地方だからできるFacebookからWEBサイトに誘導して受注を獲得する方法のセミナーが松本ソフト開発センターで開催される。
当初30名の定員オーバーになり、80名収容の会場に急遽変更となったようだ。
よって、長野県の方ならまだまだ間に合う!

faceboookセミナー

ダウンロードはこちら»

住宅用暖房設備設置メンテナンス会社 日弘ヒーティング様ホームページ公開しました。

日弘ヒーティング様ホームページ公開

冷暖房設備の設置工事とメンテナンスを行う会社です。

日弘ヒーティング様ホームページ

日弘ヒーティング様 ホームページを公開致しました。
本社:北海道札幌市東区北24条東15丁目4-20 日弘ビル4F

北海道、長野県、新潟県、富山県、岐阜県、山梨県、石川、福井県、群馬県で
新築住宅の冷暖房設備設置メンテナンスと既存住宅の暖房設備のリニューアルリフォーム工事を行い、
快適にお住まい頂ける環境を提供する会社です。

冷暖房設備の他、下記事業も営業しています。
・大規模太陽光発電装置設置「メガソーラー
・悪臭問題原因解決空気触媒「情熱
・空気触媒で有害物質を分解「セルフィール・カーフィール
・山梨県富士山麓地下天然水「ミネラルウォーターウォーターワン

長野県松本市の工務店のホームページ

長野県松本市の工務店のホームページを制作しました。

堀江工務店様ホームページ

有限会社堀江工務店様は創業70年以上の松本市・塩尻市・安曇野市を中心とした
信州の気候にあう、冬暖かく、夏涼しい快適な設計を提案する木造注文住宅建築をご提供する地元の工務店です。

何故、WordPressでホームページを作るのか?

見込み客を呼び込むシステムとは?

Worpressを利用するユーザーの殆どが、SEOなどの便利なプラグインであることやシステムが無料で使えることなど、様々な理由があるだろう?しかし、私がmWPをもっともWPを住宅会社・工務店・製造業などで利用する理由は他にもある。

動的ページの活用である

WPは、ご存知のように固定ページと投稿に別れる。この投稿の活用にある。カテゴリ・タグを活用して、ホームページ自体をクライアントが日常のブログや工事実績や製造実績をアップすでき、常に変化するサイト作りが出来るからだ。その理由は、売り込みをしなくてもその会社の実績をユーザーが観ることで、その会社が自分にあっているのかを確かめることができる。つまり動的ページの活用である活用が見込み客を呼び込むためのカギとなる。

見込み客を呼び込むシステム−1

カテゴリ・タグの設定。この二つの部類方法で、様々なユーザーへのサービスが出来る。例えば、弊社の顧客の工務店は、「只今工事中」というカテゴリに、施主名の暗号ネームを設定している。つまり、施主様には、工事の進行状況が分かる。そして、その進行状況を施主別に一般のユーザーも見ることが出来る。ユーザーは工事進行を見ながらその工務店の魅力に吸い寄せられて行くのです。

見込み客を呼び込むシステム−2

製造業やサービス業でもこれと同じようなことが出来る。生産過程を見ることが出来るシステム。サービスの進行状況を見ることの出来るシステムもWPでは簡単にできる。また、協会や大きな組織でもWPを利用することで、簡単に便利なシステムが可能になる。よって見込み客は、多くの情報を見ることが出来、結果見込み客が呼び込める。

全国相続協会相続支援センター 行政書士・税理士など士業の相続支援者のネットワーク

全国相続協会相続支援センター

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ