2015年 10月 の投稿一覧

ホームページ制作で分かる成功企業

ホームページで利益を上げている企業とそうでない企業

このブログのタイトルは非常に悩みました。本来は、ホームページで稼いでいる企業vsそうでない企業というタイトルにしたかったのですが、データーを整理できないので、こんなタイトルにしてみました。

ビジネスの成功要因は調べるには?

各業態別のその業態の成功要因を知るには、次のような方法があります。例えば。「人気のある美容院とは?」という点では、美容材料を卸している会社に聞いてみるとそのヒントが聞けます。人気のある飲食店を調べるには、酒屋に聞けば良いのです。もちろん、優秀なコンサルタントを雇えれば別の話となります。このように同じ業態に多く関わる業者がそれらの情報を持っています。

弊社も扱っているクライアントの業種によっては、その道のプロよりその業界の成功要因の情報を確保しています。

成功するホームページ

私たちの知る成功要因の業種

上記で解説した美容業界・飲食業界の成功ノウハウは私は全く分かりません。しかし、以下の業種ではかなりの成功ノウハウを知っています。それは、扱った多業種のホームページ制作をかなりの量、制作しているからです。また、どうようにそれらの業種のユーザーを動向などもウェブ通じてですが理解しています。どんなユーザーがどんな商品サービスを好むのか?などなど様々なデーターと経験値があります。

  •  工務店・住宅会社
  •  士業(会計士・行政書士など)
  •  造園業・外構工事業者

私たちの知る成功要因のある経営者タイプ

工務店・士業はかなりの自身を持っていますが、多種に渡るホームページ制作を連日行っている弊社の業務では、ホームページ成功する経営者タイプも把握しています。一言で言ってしまえば、ホームページにある程度の意識が高いということです。即ホームページから集客を求めている企業・業種でなくても将来を見据えた思いを感じます。具体的な話では、人材獲得に思いを寄せる経営者は、ホームページと自分たちの行動をリンクさせます。要するにウェブと足で稼ぐ(学校に出向く)などの行動をします。そして将来有望な人材の獲得に成功しています。

  •  ホーム・ページ制作会社を信頼してくれる
  •  ホームページを価値あるビジネスツールと考えている
  •  ホームページは運営が大事だと感じている
  •  勉強熱心・素直

ホームページ制作の成功要因のまとめ

まず、弊社を信頼してくれているという点が多くの成功容易だと思います。もちろん、信頼感を築けないケースでの問題点は、それはユーザーにあるのではなく弊社側にあると考えています。そして、ホームページ制作で成功する経営者は制作のための時間を多く割いてくれます。打合せ時間も正確で情報の提供を惜しみません。そして何より強いホームページの成功への思いを感じます。

このように弊社ではホームページ制作を仕事をもらう企業と考えていません。生意気ですがビジネスパートナーとして、企業様と一緒にホームページや他のウェブリケーションの活用により企業の成功を願い作業を行います。

ワードプレスブログ更新方法を動画で学ぶ!

ワードプレスのブログの更新方法

弊社の制作するホームページは、ワードプレスにより構築されます。その理由は拡張性やSEO対策の容易さの他にブログの高機能であることです。現在のウェブサイトは、企業自身が情報を常に更新する必要があります。そして、ブログを更新している企業は、見込み客の獲得率も高いという調査結果も発表されています。それらを踏まえて、もう一度ワードプレスの操作方法を確認してみましょう。

ワードプレスの更新方法初歩動画とまとめ

とても良く出来たワードプレスの操作のための動画です。動画でワードプレス(ホームページ)のブログ更新方法を学びましょう。

WordPress ブログ記事の投稿と書き方

ワードプレス・リンクの貼り付け方

ワードプレス・画像の貼り付け方

ワードプレスの中級編動画のまとめ

ちょっと難しくなりますが、テキストエディターの使い方を覚えるとカッコいいブログが書けるようになります。ちょっと他レンジしてみませんか?

ワードプレス(WordPress)記事に画像を挿入しよう!イメージの重要な追加設定も

ワードプレス(WordPress)でカテゴリ登録をする方法!スラッグ設定とは?

ヘアーサロンのホームページ制作

ヘアーサロンのホームページ制作を考える

現在弊社では新宿にある話題のヘアーサロンのサイト構築に関わっています。そこでヘアーサロンホームページ制作を考えてみました。どんなビジネスであってもSEO対策は大切となりますが、ヘアーサロンホームページ制作それ以上に気を使わなければいけないのが画像の使い方とその画像の質となります。まず、そのヘアーサロンでどんなスタイリングをしてくれるのかを判断するのはカット例の画像とウェブデザインとなります。

次にはローカルSEO対策が必要になります。
都内の有名ヘアーサロンであれば、地方からの集客も望めますが、一般的にはエリア対応のビジネスになります。

ヘアーサロンホームページ

「どんなカットをしてくれるヘアーサロンなの?」それがホームページの役割

入店したことのないヘアーサロンであれば、話題性や口コミ・紹介などが入店のきっかけになるのでしょう。次の要素としてはホームページを見て興味が湧いたから入店するというケースです。また、題性や口コミ・紹介などであってもウェブをチャックすると予想されます。その時、ユーザーは「どんなカットをしてくれるヘアーサロンなの?」が一番興味が湧くのではないでしょうか?その次に「どんな人がカットしてくれるの?」・金額・システムと次々に興味が湧いてくるのではないだろうか?そのために必要なのがカット例のやカット実績の画像となります。

ワードプレスのアーカイブをカスタマイズして、カテゴリーごとにカット例やカット実績をまとめる必要があります。

スマーフォン対応でなければ意味が全く無いヘアーサロンホームページ

まず、通常のヘアーサロンホームページをチャックする層では、90%近くがスマホを利用すると考えた方がいいでしょう。であるならばスマホ表示を優先したヘアーサロンホームページを制作するべきです。お店のイメージをしっかりとスマホデザインで訴求してください。しかし、これらのタイプのホームページを制作するには多くのスタッフを掛けているヘアーサロンや他店舗展開しているヘアーサロンに限定されます。それは費用対効果の問題となるからです。

弊社では費用対効果が得られないと予測されるホームページ制作は受注しないからです。

ヘアーサロン・美容院ホームページ制作

小さなヘアーサロンのホームページ制作

無料で出来るスマホ対応のホームページ制作か?比較的費用の掛からないホームページ制作を選択必要があります。WEBDESIGN WIX ✕ ATFは無料ホームページ制作WiXのシステムで制作しました。このシステムを利用するれば費用も比較的少なくスマホ対応ホームページを制作できます。

まとめ

COOLなデザインのサイトを作ってもローカルSEO対策ができていないと、あなたのサロンをユーザーが探すことが出来ません。また、最近は無料の予約システムなどもあります。小さなサロンでは時間のあるときに手作りでサイトを作るのもいいでしょう。大型店舗や複数店あるサロンでは、それなりのウェブサイトを制作して、新規顧客の入店を即してください。ユーザーが自分のお気に入りのサロンをウェブで探しています。

二つの目的を持った製造業のウェブサイト

製造業の抱える問題点をウェブで解消する

製造業では2つの大きな問題を抱えています。日本のものづくりを支える中小企業の製造業、特に地方の社員数も比較的少ない企業では、売上・人材確保の問題を抱えている企業が多くあります。二つの問題を同時に解決できるのが、ウェブでありホームページ運営ではないでしょうか?

製造業のホームページ

新規顧客を獲得するために製造業者が行うべきこと

弊社では短納期・小ロットで専門的受注をウェブで呼びかけるようなホームページ制作を提案しております。短納期・小ロットと言うこの二つの要素は利益を生みません。ですが、これを営業活動と考えた時に新規取引先を得る最大のチャンスと捉えて欲しいのです。そして、製造業もサービス業のような概念を持って、発注先のかゆうところに届くようなサービスをホームページでアピールしてください。

人材の確保にウェブ活用する

ウェブばかり頼っていけないが、学生が使用するスマに対応したホームページぐらい用意していないと新卒者などを確保することは難しいのが現状です。高校生には高校生のページ・大学生に大学生用のページを用意することをオススメします。学生たちは、就職という人生の大きなイベントに真剣に取り組んでいます。人材確保には十分な情報を提供してください。

製造業の問題解決するために

ホームページ制作で上記の二つの問題が解決するわけではありません。ホームページ運営とそれぞれの活動にあった行動が必要になります。これからの製造業も情報化の時代に対応する必要があります。

ウェブ制作に投資できるタイプとそうでないタイプ

どうしてもっと自分の思いを大切にしないでウェブ制作をするの?

私は一日に数名の経営者とお会いしてお話をします。もちろん、様々タイプの経営者がいて、ウェブに対しても色々な思いがあります。「わからない世界だからお任せする」と言っている経営者も多くいらっしゃいます。それはそれで信頼関係の中で全力を注いで私はウェブ制作や運営にあたります。しかし、少ない投資で多くは当然得ることは出来ません。弊社においても毎月の運営サポートの金額の多い企業は、その金額の何百倍・何千倍の成果を得ています。もちろん、予算だけではなく、それに割く時間も同様となります。しかし、一定以下の投資だとその結果は無(ゼロ)となります。

ウェブへの投資

石を入れたら石しか出てこない?ウェブ制作

その昔、私は海外の大手IT会社に席をおいていていました。その時の話ですが、酒の席でSE(システムエンジニア)がこんな話をしていました。
「プログラムは石を入れたら石しか出てこない・一文字でも間違えれば結果は出ない」。ウェブのコーディング(ウェブのプログラム)は、一文字でも間違えても表示ができる場合や記述が足りなくても表示ができるケースは多々あります。ここでプログラムの話を私はしたいのではないのです。ですが、それでは得られるべき効果を得ることは出来ません。

ウェブ制作でも思いを載せて制作をしないで、いい加減に作るといい加減な結果しか出ないということお伝えしたいのです。その思いとは、ウェブの制作料金とそれに関わる時間などの初期投資と運営費投資にもつながります。もちろん、費用を多く掛ければ成功するというモノではありません。適切な費用が必要だということです。

あなたの思いがそのまま反映されるウェブサイト制作

私は士業の相続ビジネス関連にも精通しております。その士業においても思い切った予算を投じてウェブで依頼者を獲得できるタイプと格安ホームページ制作などを利用して成果を得られないタイプに区別されます。両タイプの結果は大きく異なります。士業の先生方は、B to Bを主体としている事業体ですが、相続ビジネスとなるとB to Cになります。その大きな違いを理解してウェブ制作に投資する特に若い士業者は多くの成果を得ています。また、そうでないタイプは、いつも誰かのせいにして自分に仕事が来ないことを嘆いてケールを多く見受けます。

もちろん、税理士事務所など顧問先を抱えているので、サブのビジネスが相続ビジネスとなるのですが、力を掛けないのかも知れませんが、税理士という事業も他の事業と同様先細りが要される時代となります。
しかし、この問題は士業の先生方だけのことではありません。先細りの不安を抱えている業種や集客をウェブの依存度を高めなければならない業態は山程あります。

リクルートホームページ

リクルートのウェブ活用も同様です

人材確保も企業の大きな問題の一つです。就職時記を控える学生にとって人生の大きなイベントである就職に関わる企業ウェブサイトも同様です。ほぼ100%に近い学生がウェブで就職先を探します。しかもスマートフォンを利用します。そこをいい加減にすると当然いい加減な結果しか得られません。学生向けにはスマートフォンサイトで自社の情報をできるだけ多く掲載する必要があります。そこに投資できない企業の将来性は如何なものでしょう?

投資とは予算のことだけではありません

投資とはウェブ制作・ウェブ運営に関わるお金のことだけではありません。どれだけウェブ制作に時間を割けるかということも重要になります。しっかりとした計画を持ったウェブへの投資が事業の成功の鍵となるのは言うまでもないことではないでしょうか?ウェブ制作に投資できるタイプになって欲しいというと自己のビジネスの宣伝のように思われるかも知れませんが、No pain, no gain(ノーペイン、ノーゲイン)とう大原則もあるようにウェブ制作会社選びも投資の重要なファクターであることもお忘れのないようにお願い致します。

ウェブ制作会社の選び方

ウェブ制作会社でホームページを依頼する前に知っておきたいこと

昨夜、知人の会社でホームページを制作したからアドバイスが欲しいと言われました。他社が作ったサイトを批評するのは私としては・・・?でした。何故ならば、その制作者にもそれを作った時の状況があるからだ。例えば、十分な制作費があったのか?クライントが制作協力的だったのか?・・・などにより制作者を批判するのが好ましくないと考えているからです。

ウェブ制作会社松本市

それでも知人の頼みでそのホームページのソースコードを覗いてみたら「なにこれ?」って感じでした。その感想をそのまま伝えられませんでしたが、これでは検索もされないことを確信してすぐに修正できる部分のみをアドバイスした。

ウェブ制作会社の力量はその会社のホームページで分かる

ウェブマーケティングが得意だ!SEO対策は万全だ!・・・などなどと、ウェブ制作会社のホームページに書いてある。また営業時でもそんなことを言うのだろう?しかし、そのウェブ会社のホームページを検索すればすぐに分かる。そのウェブ会社が「地域名+ホームページ制作会社」のキーワードで検索してみるとどの位置にいるのか?自社のホームページのSEO対策もできないウェブ制作会社にクライアントのホームページのSEO対策ができるとは思えません。

ウェブサイトの検索順位を正確に知るためには以下のサイトでURLとキーワードを挿入して調べる必要があります。
検索順位チェッカー – Google、Yahoo!、Bingの検索順位

例えば、弊社の場合、松本市 ホームページ制作会社 ウェブ制作長野 では検索1位や上位に検索されます。ウェブ制作会社はホームページからの見積り依頼をたくさん得られてこその職種なのです。

ホームページ制作会社

ホームページの運営サポートは?

ホームページは制作公開後から新しい作業が始まります。それは本来の制作目的に沿ったような成果が出ているのか?修正や追加、もしくは他のウェブマーケティングなどを利用いたりSEO態sカウをする必要が生じます。またビジネスの内容の変化に対応してリ、イベント情報などの発信も必要になります。そんな時にどこまでサポートしてもらえるかを知っておく必要があります。

ウェブ制作会社の技術者の経歴や内容を聴く

スマホ対応の時代、新しいプログラムの知識やセキュリティの対応など、日に日に複雑になって行くウェブ制作です。ちょっと前のようにフリーランスが一人で制作できる時代ではありません。詳しいことは分からなくても、どのような専門技術者が社内にいるのかを確認してください。

制作料でウェブ制作会社を考えるのではなく、得られる成果でウェブ制作会社の選択をするべきです。予算が不足した部分は後で追加するようにウェブ制作会社と話合うことも出来ると思います。

小さな会社が世間から取り残されないためのIT化

小さな会社だからこそ力を入れるべきIT化

IT化と言っても小さな会社(従業員10名程度)の企業にとって大掛かりなIT化はできない。しかし、小さからこそやっておきたいIT化がある。目標と計画を設定して小さなIT化をススメてみませんか?オススメのIT化項目を紹介しましょう。

Google for works

無料のGoogleサービスを活用する

Google Appsの活用は大手企業であっても利用している超お手軽なクラウドシステムですね。ちょっと勉強すれば理解できそうですが、その前段階としてGoogle Drive・Googleカレンダーなどの無料で使えるツールを活用して、情報の社内共有・クラウド化やビジネスツールとして利用しましょう。

Google ドライブ – 写真やドキュメントなど、ファイルのクラウド化
アンケート調査にも使えるGoogleスプレッドシートを使った応募フォームの作成

独自ドメイン

よく、Plalaなどのプロバイダー配給のドメインをメールアドレスに利用している企業やフリーメールを利用している企業が見受けられます。上記で紹介したGoogle AppsでもGmailのサービスを独自ドメインで利用できます。どこても自分のメールアドレスがネットに繋がっていれば利用できます。独自ドメインとはネット上の会社のアドレスです。これを無料のものを使っていては企業の信頼性にも欠けます。
Google Apps for Workでは独自ドメインを月々500円で利用できます。Google Apps for Work – Google のクラウド型グループウェア

スマートフォン活用

営業や外出の多いビジネスの企業では上記を活用したクラウドなどの情報システムをスマートフォン活用をしましょう。名刺管理システムやカレンダーの共有など小さな会社だからこそできるIT化があります。社内情報を外出時に閲覧・書き換えなどができます。また‥カメラ機能も役に立ちます。

ウェブ活用

ブログなどの更新やFacebookなどのSNSにもチャレンジしてください。これらに慣れると新しいビジネスチャンスを獲得できます。小さな会社の社員ほどマルチタスクを熟す必要があります。どうやったらウェブをビジネスに活用できるのかも理解できるようになります。

どこまでお客様の役に立てるのか?そこが基本の企業サイト

顧客に役立つ情報こそが企業の人気のウェブサイトを支える

自社のアピールだけを掲載するホームページではコンテンツがあるとわ言わない。結果、アクセス増えず、ウェブからのビジネス効果は期待できないものなります。まずは、顧客サービスのためのコンテンツを掲載したホームページ制作をするべきですね。その結果、ビジネス効果を得られるホームページとなるではないでしょうか。

お客様サービス

お客様に役立つウェブコンテンツとは?

自己の商品やサービスの情報だけでなく、ビジネスへの情熱や専門家としてのユーザーに分かりやすい情報の提供が必要です。ホームページで商品やサービスを売るのではなく、潜在顧客に買いに来てもらう方向性しなければならない。であるから、どこまでもお客様に役立つ情報を徹底的に提供する必要があります。

例えば、工務店・住宅会社の場合には、幸せな家庭をつくるためのコンテンツ・家を建てた人との失敗談などのコンテンツは顧客の家づくりに有効な情報になるでしょう。そして、自社の商品のデメリット(向かない顧客タイプなどをしっかり伝える必要がある。弊社の場合、「他社にホームページがあるから自社にも必要」ぐらいにしか考えないユーザーなら他社の方が向いています。弊社では制作費も高いし、他社より制作期間も長いことを伝えるます。その代わり効果を求める方は費用対効果を遥かに上回る利益の得られるホームページを制作します。このように自社の顧客のタイプを誠実に伝える必要があります。

検索ユーザーはまず、検索を使って調べるというコトに意識を置く

まず、自己のビジネスの潜在顧客がどんな情報を探しているのか?そこを調べたり、仮設を立てる必要があります。検索ユーザーは何かを調べたくて検索するのである。潜在顧客はユーザーに最適な思いやりのある誠実な情報を提供するサイトもしくは企業を好ましく感じる。自社の伝えたいことではなく、潜在顧客が知りたいことをコンテンツにしなければならない。

すべての対応の顧客に役に立てるわけではない

潜在顧客のすべてのタイプに役に立つわけではない。つまり専門性・ニッチなコンテンツの方がユーザーの心をつかめる。また、対象顧客を選ぶこととホームページでは有効になる。言い換えれば、ターゲットを絞り込む必要がある。絞り込むことによって対象ユーザーは狭まるように感じるが、実は拡大する。
セグメントを絞り込むことで伝えやすいコンテンツが作りやすく、潜在顧客もサイトの情報が有効になる。つまり、全てのタイプのユーザーに対応しようとすると大切な潜在顧客を逃すことになります。

実は役立つと感じるのは小さな気遣いをし続けることから?

コピーライトで役立つメッセージを送っても潜在顧客の心をつかむことは出来ない。小さな気遣いや親切・誠実さをサイトのあらゆるところに散りばめる必要があります。その小さなコトの積重ねが潜在顧客の心をつかむ結果となります。

ユーザーとは?ネットを利用することで、潜在顧客と将来その商品、もしくはサービスを購入する人を示します。

スマートフォン対応ホームページ制作ついて

スマートフォン+タブレットつまりモバイル対応の時代

今年になって、弊社の長野県松本市内のクライアントである工務店・ブライダル関連のホームページにアセセスしているデバイス(機器)がPC(パソコン)とモバイルが50%/50%となっています。昨年はPC70%・モバイル30%程度だった。つまり、モバイルでウェブを利用しているユーザーが恐ろしい勢いで拡大していることがわかります。そこでスマートフォン対応のホームページ制作について弊社例と他の方法を紹介します。
スマートフォンサイト集めました。

スマホサイト

スマートフォンサイトの作り方

スマートフォンサイト制作する方法は沢山あります。予算やホームページの性質により使い分ける必要があります。しかし、一般的には弊社が採用している下記の1. レスポンシブWEBデザインで制作するのが標準だと考えられます。

1. レスポンシブWEBデザインで制作する
2. スマホ専用サイトで制作する
3. PCサイトをスマートフォン変換する
4. プラグインを使う(ワードレスの場合)

1. レスポンシブWEBデザインで制作する

レスポンシブWEBデザインとは、グーグルが推奨するシステムで、すべてのデバイスに最適化されるます。このため制作費は通常より20%以上上乗せされますが、ホームページを更新すればスマホサイトも更新されます。また、現在においては完成度の高いシステムとも言えるでしょう。
レスポンシブ ウェブ デザイン by Google

2. スマホ専用サイトで制作する

スマートフォンに最適化したスマートフォンのための専用ホームページを作ることができます。この場合はPC用のホームページと別のサイトを制作するので制作費が別に掛かります。しかし、特化したシステムを活用できる点は優れたスマートフォン用サイトが制作される可能性が有ります。また、リクルート向けのサイトなどはリクルートサイトからのリンクのみで表示が必要なスマホサイトでは、SEO対策などが必要ないのでWIXホームページ制作などでスマホ専用サイトを作るのも一つの手です。この場合の経費は上記よりはるかに掛かりません。

3. PCサイトをスマートフォン変換する

スマートフォン変改サイトなら無料であなたのホームページをスマホ対応にしてくれますが、やはり無料であること・簡易サイトとなるので、ビジネスでは満足がいかない結果になる可能性があります。ドラッグ&ドロップと高機能エディタで美しくスマホサイトに変換されます。サイトにJavaScriptを埋め込むだけ、ドメイン変更の必要ないそうです。もとのPCサイトがグリットデザインになっているとそれなりの巣保対応サイトとなります。(私は使ったことがないので使用する人は自己責任でお願いいたします)
スマホ変改サイトshutto

4. プラグインを使う(ワードレスの場合)

ワードプレスで構築されたホームページであれば、wp touchというプラグインが有名です。また多少の技術があればTOPページもカスタマイズすることができます。しかし、ブログ用のプラグインなので レスポンシブWEBデザインほどカンペには表示されません。しかし、 レスポンシブWEBデザインにしにくいサイトであれば、この選択も有効です。
WPTouch MobilePlugin(Wordpressプラグイン)の使い方

弊社の場合ここ数年はレスポンシブWEBデザインをワードプレスで利用しています。その分納期と制作用が増しますが、一番見やすく利用しやすいシステムではないでしょうか?

SNSよりSEO対策・アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?SNSに力を入れるよりSEO対策、アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?レスポンスがあるFacebookなどのSNSに力を入れがちですが、目的を持った検索サイトからの方が見込客を遥かに獲得しやすい。つまりSEO対策は必要だということです。そして、ただのアクセス数よりコンバージョン率(目的達成率)が実勢の見込客獲得に率を高めます。

SEO対策よりSNS?

SNSよりSEO対策、その理由

FacebookなどのSNSは、レスポンスがありビジネスに期待できるように感じるが、Facebookなどのユーザーは、あなたのビジネスの商品やサービスを探しているのではなく、「人と繋がる」という目的の時間消費をしています。しかし、検索サイトを利用するユーザーの目的は、何かを探している・何かを調べていることです。つまり、目的を持った人を呼び込むのがSEO対策となります。あなたのビジネスのコンテツを求める人にアプローチをした方がビジネスには効果的です。もちろん、SNSが何の効果もないというわけではありません。

アクセス数よりコンバージョン達成率が見込客獲得に繋がる

どんなにアクセスを集めてもお問合せや見積依頼・資料請求にユーザーがたどり着ければ意味がありません。つまり、アクセスを増やすよりも見込客を獲得する為には、お問合せや見積依頼・資料請求にユーザーを呼び込む仕掛けが大切になります。そして、サイトに訪れるユーザーの傾向を知ることです。初めてサイトに訪問したユーザーとあなたのビジネスを検討して訪問したユーザーでは、見るページそのものも異なります。そのような状況から如何にお問合せや見積依頼・資料請求依頼を獲得するためには様々な仕掛けが必要だということです。

SEO対策とコンバージョン率向上のまとめ

SEO対策に力を入れるとコンバージョン率が下がります。コンバージョン率を高めようとするとSEO対策が疎かになります。つまり、この両者にはバランスが必要となります。それは経験値より割り出されます。SNSをやっていなくても十分見込客を獲得しているホームページは沢山あります。しかし、上記が疎かでSNSばっかりに力を入れてもホームページからなかなか見込客は獲得できません。もちろんサービスやビジネスによってその差はあります。

あなたのビジネスによるホームページ制作目的に沿ったウェブマーケティングが必要になります。

女性税理士の相続ホームページ制作

女性のための女性が安心出来る相続相談女性税理士のホームページ

相続相談のターゲットを絞り込んだ都内小石川の女性税理士。女性の声に耳を傾ける小城麻友子税理士事務所の相続ビジネス用ホームページです。ちょっと暗い相続対策や税理士のホームページの香りを消し、女性でも気軽に相談できるようなホームページに仕上げました。

小城麻友子税理士事務所様 ホームページ制作

小城麻友子税理士事務所様ホームページ
士業の専用ホームページ制作サポートはこちらから
士業のためのWEBサイト制作サポート

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ