2015年 12月 の投稿一覧

本年もご愛顧のほど、ありがとうございました。

web制作会社ATF2015

2015年本年の業務は本日12月28日で終了いたします。
本年も数々のご愛顧誠にありがとうございます。
2016年はますますのご愛顧をいただけるようスタッフ一同さらなる努力をいたしますのでよろしくお願い致します。

2016年は1月4日(月)より営業いたします。

スタッフ一同

ウェブで年末前にやっておくこと

正月明けはアクセスが集中します!

ブログの正月の予約投稿などの準備やウェブサイト(ホームページ)TOPのビジュアルに年初の挨拶などを仕込んでおくことをおすすめします。弊社のクライアント向けには。無料でスライドなどを正月用に変更する無料サービスも行っています。このように深淵を祝う姿勢といつもユーザーにポジティブなメッセージを送ることを心掛けましょう。

お正月スライド

ATFサポートには6種類の正月用スライドがあります。お気軽にダウンロードして乙お使いください・

常にユーザー視点で

ウェブサイト運営は、ユーザー視点で運営する必要があります。そして、ウェブサイトまで徹底したサービス精神を伝える必要もあります。正月のブログには、新しい年の豊富なども記載しておくとユーザーの心を引きつけられます。顧客でなくても線在顧客を固化y駆動用のサービスを提供する姿勢を見せることがポイントです。

火は熱いうちに打つ

多くの人がウェブサイトを見るときでもあります。また、ユーザーも新しいい年に何かの動きを決める人も少なくありません。実家に帰り新しい生活の変化を決める人も少なくないと思います。例えば、「今年こそ結婚」「今年こそ家を建てる」「今年こそ___」と考える人の背中を押して上げる必要があります。火は熱いうちに打つ必要があるからです。

一年の終了のご挨拶

年末・年始のお休みの告知や、一年のお礼のブログなどの更新も忘れないようにしてください。決めの細かい投稿があなたのビジネスの質やサービスの質をユーザーに感じてもらうことができます。そんな小さなことが最終的にユーザーとの信頼関係を気づきブランディングに成功するのではないでしょうか?

公認会計士ブログ制作

公認会計士で楽天証券のコラムニストのブログ制作

東京オフィスのクライアントである公認会計士足立武志さんは楽天証券のコラムニストや株式投資や資産対策関連の多くの出版物の著者でもあります。そんな足立さんのパーソナルブランディングのためのブログサイトの構築をいたしました。ワードプレスのブログテーマのカスタマイズにより、個人ブログを公開しました。本人画像も都内の写真スタジオで撮影した本格的ブログ構築です。ここから、楽天証券のコラムに掛けなかったようなコンテンツをこのブログで更新していくようです。
弊社ではこのようなブログ構築のお手伝いや忙しい方のためのブログ更新サポートなども行っております。

公認会計士ブログホームページ制作

公認会計士足立武志ブログ

はじめてのアクセス解析Google アナリティクスの見方5つのポイント

ホームページのアクセス解析するGoogle アナリティクス

ウェブサイト(ホームページ)をアクセス解析するのは、自社のウェブサイトを運営する上でとても大切な作業です、世界的にアクセス解析といえばGoogle アナリティクスです。無料のサービスですが多くの機能を持った優れものです。しかし、機能が満載の結果、素人には分かりにくいというのが最大の欠点です。タグをウェブサイトに埋め込めば詳細な自社のウェブサイトのアクセスの解析ができます。そこで今回は、はじめてのアクセス解析Google アナリティクスの見方とを解説いたします・

google-analytics

Google アナリティクス5つのポイント

多くの機能が満載のGoogle アナリティクスですが、5つのポイントだけ紹介します。以下の要素だけまず確認しましょう。

1. 全体のアクセス状況
2. 検索サイトで検索されたキーワード
3. 人気のページを調べ方
4. 見られているディバス(PCかモバイルか?)
5. ユーザーの行動のパターン

セッションとは?:Google Analyticsの基本設定ではユーザーがサイト内に30分滞在すると1セッションとなる。訪問のカウント方法の1つとなります。
ページビューとは:ユーザーがアクセスしたページの総数となります。よく、PVと言われています。
訪問数(ユーザー)とは:ユーザーがサイトにアクセスした回数となります。
ユーザー数:サイトにアクセスしたユーザーの数のこと。1人のユーザーが複数回アクセスしてもユーザー数は1となります。
トラフィック:アクセス情報のこと
直帰率:最初にアクセスしたページだけで離脱するユーザーの割合

1. 全体のアクセス状況の見方

最初の画面であるユーザーサマリーは、一番最初の基本的なウェブサイトへのアクセス状況が分かります。

googleアナリティクスユーザーサマリー

2. 検索サイトで検索されたキーワードの調べ方

検索ユーザーがどんなキーワードで検索して自社のウェブサイトを見ているのかを知る必要があります。そして、その対策を人気のキーワードを強調すれば良いのです。この場合は、オーガニック検索で調べることができます。
集客→キャンペーン→オーガニック検索となります。

Googleアナリティクスオーガニック検索

3. 人気のページを調べ方

どんなページが人気がなるのかを調べる必要があります。そのページのタイトルメーなどがユーザーが求める情報を意味します。また、ブログなどの記事のタイル作りに参考になります。
行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

グーグルアナリティクスページ

ページビュー数の隣の欄がページの訪問者数となります。”/”はTOPページとなります。ページビュー数は当然一番多いいのですが、ページの訪問者数は、全体の20%程度になります。つまり、他のブログとからTOPを移動したユーザーの数がページビュー数となります。よってTOPページ以外のページが多いいほどアクセス数を稼げる要素となります。

4. 見られているディバス(PCかモバイルか?)

自社のサイトがモバイルで見られているのかPCで見られているのかによりウェブデザインの指向も変化します。また、モバイル対応が必要になってきます。

モバイル アナリティクス

5. ユーザーの行動のパターン

ユーザーがサイト内をどの様に移動しているのかを見ることで、ページの階層の変更・リンクでの誘導などの対策が行えます。ウェブサイト運営ではこの情報でメニュー等の位置を変えるだけでお問合せや資料請求などの数も変化します。

行動フロー アナリティクス

Google Analyticsの使い方 – 導入手順とアクセス解析方法»

税理士法人のホームページを制作しました

税理士法人のホームページ制作

東京都港区赤坂にある税理士法人の相続対策・相続手続きの専用ホームページです。4人の公認会計士の代表社員による税理士法人化に伴い制作されました。税理士法人名通りひまわりの爽やかさを表現したウェブサイトです。個人ユーザー用にスマホ対応のマルチディバイスデザインを採用しております。

souzoku-himawari

ひまわり税理士法人様ホームページ

誰でも簡単にグーグル検索に自分のウェブサイト・ブログを登録できる方法

素人でも簡単にグーグル検索にエントリー(登録)する方法

ウェブサイト(ホームページ)・ブログなどに「アクセスがなく、検索しても自分のサイトが表示されない」。そんなお悩みの方にはオススメのGoogleのサービスがあります。本来ならGoogle Search Console・Google アナリティクスに登録するべきですが、方法が分らなかったり、面倒くさいと思っている人には超おすすめです。

Google Search Console URL

セキュリティのチェックをしてURLを入力するだけ

新規のサイトやGoogleクローラーが回っていないと考える方やブログの更新の度にURLを入れるとGoogle クローラーが巡回してくれるよです。もちろん、ウェブサイトとしての必要な記述や整備なども関連するようですが、まずお試しください。

Google はウェブをクロールするたびに、インデックスに新しいサイトを登録し、既存のインデックスを更新しています。新しい URL を使用する場合は Google にご連絡ください。送信されたすべての URL がインデックスに登録されるとは限りません。送信された URL がインデックスに表示される時期について、予測や保証はいたしかねますのでご了承ください。

Google Search Console URLのクロールの申請

松本市フワラーアレンジメント教室ウェブサイト

松本市フワラーアレンジメント教室ウェブサイト

レスポンシブWEBデザイン(スマートフォン対応)にマルチディバイス対応のワードプレスでの構築です。作品をアップロードをするためのページを用意いたしました。また、ランディングページ型のTOPページはスマホを意識したウェブデザインです。
ベーシックスマートフォン対応ホームページ制作プランにより作成されました。

mothers-tree

Mother’s Tree様ホームページ

5つの面白CM動画 2015

ウェブサイトも完璧、SNSも完璧。次は動画マーケティング

YouTubeで動画をアップロードして、ウェブサイト(ホームページ)を支援する。例えば、自社の商品やサービスの紹介を動画で行う。更にもっと勝負をかけてGoogle AdWordsの動画広告を行ってみるなんてどうか?その前にどんな面白い動画あるかのか調べてみましょう。

YouTUbeの動画広告もなかなか面白くなっえきた!

CM動画だけどよく出来ている動画が沢山あります。TVCMより遥かに面白くて社会的なモノも楽しモノもよりどりみどりです。そんなお気に入りの動画を5つ私がセレクトしてみました。

「人生は、夢だらけ?」前編

かんぽ生命企業広告だが、後編もあってとても面白い

動画制作/映像制作/動画広告のFILM BANK

なんかGoogleのCMのようだが、リズムがよくナレーションが、なかなかいい感じ!

【CM】感動アニメCMまとめ 「地図に残る仕事大成建設

とても感動的なCMですね。アニメもいいよね!

【感動】 世界中が涙した感動CM!!

ちょっとビジネス誘導臭いですが・・・? 素人でも参加できる動画のような気がします。

泣けるCM 苛められている少年の正体とは? This will make you cry.

泣けるというか?TVCMと違って動画SMはお面白いね!

アクセスが集中するときにアピールをする

アクセスが集中する時の対策をしましょう!

来年のお正月の3・4日、そして、9・10日が多くのウェブサイト(ホームページ)にアクセスが集中すると予想されます。その理由は、毎年お正月の3日過ぎがアクセスが集中するからです。住宅や結婚などのビックキーワードのビジネスサイトに効果が高まります。正月実家や家族と会って1年の予定を建てるのでしょう?そして、行楽などから帰り休みの終わる前にウェブに集中するのでしょう?理由はともかくとして、毎年同じような傾向がありますが、多少カレンダーに左右されますが、大まかに仕事始めの前の数日がウェブサイトでの集客のチャンスです。ここのチャンスを逃すのは「もったいない1」の一言です表現できます。

お正月開け前を狙う

ATFの取り組み

今、スマホ対応になっていないクラント様のためにこのチャンスを逃さないように様々なサービスを行っています。また、そうでないクライント様にもこの時だけでも擬似的にスマホ対応にしたり、完全マルとぢバイス対応にしたり・・・・と色々なサービスをこなっています。更に正月用のスラーダーなどもご用意させていただいております。現在ウェブ制作中の案件についても既存サイトに手を加えます。何よりもウェブサイトは運営が大切だということを私たちは知っているからです。

これらのサービスはウェブサイト運営のサポートの一環となります。アクセスの高い時に、またユーザーが情報を求めるときに向けて行動する事が必要です。

ユーザーのこころに火をつけるウェブデザインとは?

ユーザーのこころを熱くさせるウェブデザインとは?

人は「必要」と感じるモノ・コトなどにアクションを起こさない。人は「欲しい!」と感じるモノ・コトなどに強いアクションを起こします。この心理はB TO Bであっても同様です。ですから、ウェブデザインでユーザーが「欲しい!」と思わす雄叫びを挙げるように制作をしなければなりません。それでは、それらの要素を以下で解説します。

ウェブデザイン

1. テキストより画像
2. 現実よりイメージ
3. コピーライト
4. モノよりコト
5. 連続したアプローチ

1.テキストより画像

どんな言葉より、優れた画像の方が人の心を惹きつけます。凝ったウェブデザインより、画像を引き立たせるシンプルなウェブデザインを制作する必要があります。その場合の画像は、出来ればプロによる撮影したものが必要です。経費を掛けるポイントは撮影経費ではないでしょうか?そして、多くの画像を見てもらう部分はウェブデザインに依存します。ここでウェブデザイナーの腕が発揮されます。

2. 現実よりイメージ

プロの画像でもその商品やサービスを利用して喜びを感じている「人」が登場する必要があります。モデルを使うより、現実の社員やお客様に参加してもらうと更に効果的になります。現実のよりイメージというのは、ユーザーの想像力を掻き立てるような画像が必要だということです。

人にいるweb design

3. コピーライト

ユーザーのこころを熱く出来る画像が制作出来たら、更にそれに油を注ぐようなコピーライトが必要です。ユーザーに「欲しい1」と言う気持ちを高めさせる演出をする必要があるからです。
例1:自分の眼と耳で確かめてみませんか?
例2:一歩踏み出す勇気があなたを輝かせる1

4. モノよりコト

モノよりコトのアプローチとは?商品やサービスの性能を解説するより、それを利用したユーザーが喜ぶシーンを表現することです。つまりユーザーに与えるベネフィットを伝える必要があります。多くの企業の経営者はウェブサイトを構築するときに自社の商品やサービスの優れた点ばかり強調したくなりますが、ユーザーはそのようなことを聞いてもこころは熱くなりません。

5. 連続したアプローチ

1つのアプローチだけでは熱くなりかけたユーザーのこころも冷めてしまいます。ですからユーザーには「これでもか〜!」的な画像などのアプローチを繰り返す必要があります。この場合、JQueryなどのスライダーを上手に活用することが必要です。

せっかくの予算を投じてウェブサイト(ホームページ)制作するのですから、より効果を得るための作業を行いましょう。これらのことを行うと信じられない程のウェブからのビジネス成果が得られます。お問い合わせに答えるだけで、忙し毎日が訪れます。

ユーザーの「役に立てたか?」が成功のカギ

伝えたいコトよりユーザーが知りたいコトを!

ウェブサイト(ホームページ)制作・運営の成功のカギは、コンテンツマーケティングと言われています。コンテンツマーケティングとは、自社商品・サービス・製品を知らないユーザーに、いきなりセールスをするのではなく、まずは知ってもらい興味や関心を引くようなコンテンツ(情報)を提供します。そして、好感度を持ってもらい段階的にウェブマーケティング(SNS・ブログ・動画など)を活用してユーザーの育成する為の手法です。

まずは、自社が伝えたいコンテンツではなく、ユーザーが知りたいコンテンツを優先してウェブサイトで紹介することです。つまり、ユーザーの「役に立てたか?」がウェブサイト制作・運営の成功のカギとなることでしょう。

web-designfor-user

テキストより画像を!

多くのテキストで解説するより、画像で哀切したりイメージ訴求による画像や動画でユーザーの興味引くような分かりやすくイメージ戦略がどんな業態のウェブサイトでも必要になります。それらを行った上での分かりやウイコピーライトが必要です。弊社の場合は、ウェブデザイン・ウェブサイトではなく、できるだけホームページという言葉を使用するようにしています。

商品・サービス・製品の説明よりユーザーの問題解決のために!

商品・サービス・製品の説明するコンテンツより、ユーザーの問題に対して解決できる自社のコンテツの紹介が必要です。まずは、ユーザーの抱える問題点を探す作業が必要ではないでしょうか?

多数ではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対して!

多くの人へのコンテンツではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対してのコンテンツ作りが必要です。例えば、「ウェブサイトを最近制作したが、効果が感じられない方に!」などのようにターゲット絞り込んだわかりやすいコンテンツ作りが必要です。誰に・何を・どうのように・・・・と、よみやういコンテツづくりを行いましょう。結果、質の高いコンテンツと評価されます。

ユーザーの役に立つのビジネスの基本ですよね!

ウェブサイトの成功のカギはユーザーの「役に立てたか?」ということですが、すべてのビジネスや企業の役割は、どうユーザーの役に立てたか?ということで企業の価値が決まるのではないでしょうか?その点から考えてもユーザーの役に立てるウェブ制作が成功のカギであるとこには議論の余地はないと思います。

ユーザーの声を拾い集めるテクニック

ユーザーの声こそマーケティングには一番大切

自分の商品やサービスがどうのようにユーザーから見られているのか?ウェブサイト構築の前にユーザーの声を聞いておく必要せがあります。また、これからの商品開発にユーザーの声を拾い集める方法ないのか?そんな問題を抱えている経営者・商品開発担当様に無料で簡単にユーザーの声を拾い集められるサービスを紹介します。

macromill3main

上記のサイトからミルトークのDPDF資料がダウンロードできます。

ミルトークで訊いてみる

ミルトークは無料でユーザーの本音が聞けます。ミルトークは法人登録をして自社ルームでモニターに質問することができません。利害関係のないユーザーの本音はビジネスを拡大させる大きなチャンスではないでしょうか?

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは