2016年 11月 の投稿一覧

ホームページを修正したいのですが?

ホームページを修正したいのにできない?

先日、知人のところで、ホームページの相談を受けた。知人は申し訳なさそうに他社で作ったウェブサイトを私に見せて、「ホームページ会社についてないのです」といって、取引をするウェブサイト制作会社のサービスの悪いことを私に伝えた。そして、「毎月、お金を払っているのですが、何も対応してくれない!」ということで、弊社にウェブサイト運営サポートを依頼してきた。その時彼が心配していたのは、「メールアドレスが変わるの?」ということだった。当然サーバーが変わるので、メールソフトへの設定は変わるが、アドレス自体は変わらないことを伝えました。

ホームページ修正

ホームページ制作を依頼する時に、「どのくらいのサポート・修正や変更・追加などをしてくるるのかウェブ制作会社としつかり取り組めをしておく必要があります。弊社は、運営サポート部門があるので、一定の約束・規約のもとホームページの修正・変更・追加などを月額の定額で行えるサービスを行っています。よって、私は「どう、先方のウェブサイト制作会社に移管の旨を伝えてください」と伝えた。最近、ホームページ運営についての様々な問い合わせがあります。個人的には、もっと他のウェブ制作会社もサービスの概念を持って欲しいと感じた。

ホームページ修正屋・リフォーム屋ではないけど

弊社で制作したウェブサイトは当然のことながら、いずれ弊社で制作してくれるだろうという思惑は別として、弊社制作のサイトでなくても、運営サポートを受け入れています。それは、「ホームページ制作業界のレベルアップやホームページ自体をもっと企業に有効に感じて欲しい!」という弊社の思いも込めています。ホームページは、日々のウェブサイト運営があってその効果が十分に発揮できるものです。だから、弊社は、運営サポートにも力を入れているのです。

あなたのFacebookページ認証されていますか?

今更だけどFacebookページに認証機能があったのですね

Facebookページを設定を久々に見ていたら、ページ未認証となっておりましたので、早速、認証をしました。会社の電話にFacebookから認証番号の電話が掛かってきました。それを入力するとすぐにページが認証されました。認証されるとどう違うかというとことは、以下にFacebookの記述を引用します。でも認証されていないよりされていた方が良いと思って、私は早速認証を行いました。

Faceboookページの認証

一部のFacebookページやプロフィールは、Facebookで認証され、利用者にはそれが本物であることが知らされます。Facebookページまたはプロフィールにブルーバッチ が表示される場合は、その著名人や媒体提供者、ブランドに対して、そのページまたはプロフィールがFacebookで認証済みであることを示します。Facebookページにグレーバッチ が表示される場合は、その事業や団体に対してそのページがFacebookで認証済みであることを示します。

以下が認証を取る手順です。

カテゴリがローカルビジネス、会社、団体のページは、グレーの認証バッジを受けられる場合があります。認証を受けることができるページの管理者であり、プロフィール写真とカバー写真がある場合、ページの[設定]にこのオプションが表示されます。ページの認証には、公開されている事業の電話番号や事業に関する書類(電話料金の領収書など)を使用できます。ページの認証には、この情報だけが使用されます。
ページを認証するには:
ページ上部の[設定]をクリックします。
[一般]で、[ページの認証]をクリックします。
[このFacebookページを認証] > [スタート]の順にクリックします。
公開されている事業の電話番号、国、言語を入力します。
[今すぐ電話を受け取る]をクリックして、Facebookから電話で認証コードを受け取れるようにします。
4桁の認証コードを入力して、[次へ]をクリックします。
事業に関する書類を使ってページを認証する場合、上記の手順に従い、表示されるウィンドウの左下にある[書類の提出でこのページを認証する]をクリックします。次に、事業の名前と住所が記載された公的文書の画像をアップロードします。
Facebookに認証コードまたは事業に関する書類が届いたら、あなたの情報が公開されている記録と一致するか審査され、数日以内にお知らせまたはメールで認証ステータスが送付されます。Facebookページは認証されていなくてもかまいません。
注: 現時点では、お住まいの地域ではブルーバッジの認証リクエストを受け付けていません。

https://www.facebook.com/help/100168986860974?helpref=faq_content

塩尻市ギター製造関連サイトリニューアル

カスタムギター製造のお店のウェブサイトリニューアル

「より多くの人に、世界に一つしかない自分らしいギターを手にしていただきたい。」そんなクライアント様の思いを叶えるために、
スマホ対応のレスポンシブウェブデザイン・フラットデザインのウェブデザインを採用し、ホームページのリニューアルを行いました。
自社製造のこだわりのある、カスタムギターを見てもらうための工夫と、COOLなイメージをテーマに制作しました。

T’s Guitars様 ホームページリニューアル

T’s Guitars様

マテリアルデザインとフラットデザインとは?

マテリアルデザイン・フラットデザインが主流のウェブサイトデザイン

一般の方でもウェブデザインがこの1~2年で大きく代わったと感じていることでしょう。最近、フラットデザイスマホファースト・モバイルファーストという言葉がネット上でよく見られるようになった。この概念は、スマホを中心に考えたデザイン指向であるが、それに並行してマテリアルデザイン・フラットデザインと言われるデザイン指向もおおく見かけるようになりました。弊社では、錯塩リニューアルしたウェブサイトは、このフラットデザインによるスマホファーストで制作されております。

それ以降に弊社で制作される殆どのサイトが、ワードプレスによるスマホファーストでフラットデザイン・マテリアルデザインを採用しています。

ウェブデザイン

上記は、Googleのウェブデザインツールのサイトです。PHOTO SHOPがなくても無料で使えます。

マテリアルデザインとは?

Googleが推奨するマテリアルデザインとは、物質(マテリアル)は比喩(メタファー)という難しい言葉による概念です。フラットデザインとマテリアルデザインは似ているようですが、考え方が全く異なります。スマホでの操作性を重視しているのはどちらも同様で、フラットデザインにモーションを与えるという点では、どちらも似たようなモノになるかも知れません。

マテリアルデザインは「視覚」ではなく「触覚」に語りかけるようなグラフィックデザインで、実際に操作しているかのような効果を演出するデザインです。フラットにデザインされたものに意味のあるモーションを加えることで、ストレスなく操作方法等をガイドすることに長けています。影を利用するなど多少のリアリティがある表現もマテリアルデザインの範囲内で、Google社より制作ガイドラインが設けられているため、迷うことも少なく制作することができるでしょう。

3分でわかる!フラットデザインとマテリアルデザインの違い

フラットデザイン

フラットデザイン

フラットデザインとは?

フラットデザインでは、基本的にボタンなども画像を使わず、CSSで記述されます。それによってスマートフォンなどのモバイルの電波状況も考慮されています。また、このデザイン思考ではシンプルで、現代的なイメージが感じられます。ただ、PSDなどでデザインを表現する時にCSSなどを理解していないとなかなか制作が難しくなります。また、フォントなどもウェブフォントが活用されます。

フラットデザインとマテリアルデザインは一見似たようなグラフィックデザイン手法に思えますが、実は根本的な考え方、表現の仕方が異なります。それぞれにメリット・デメリットが存在し、シーンに合わせて使用していくことで、効果的に魅せることができます。

上記のように2つのウェブデザインの概念を有効に使いこなすことが大切になっている時代だということを一般の方もご理解ください。

ユーザーの変化に対応したWEB制作

一夜にして変化を求められた日本だけどウェブ制作での変化は?

昨夜は米大統領選挙の結果、予想に反してトランプ氏が当選しました。その反響は大きく、日本国も大きな影響があるようなことが報道されたり、Facebookあどでは、不安感をむき出しにしたポストが目立ちました。しかし、私たちに出来ることを考えるとその変化に対応する機会を与えられたことにフォーカスしたいと私は思います。そして、インターネットやスマートフォンが、私たちの予想の範囲を大きく超えて、生活に変化があり、人々の心の変化も感じる必要があります。そして、昨夜の大きな変化の前触れです。

Appleのステーブジョブスが、私たちの生活をiPHoneで変えてくれました。そして、多くの人々の考え方を変えたのでしょう。

ザッポスの企業経営から学ぶインターネットサービス

利便性を高める時代から心を乗せたウェブ制作の時代へ

利便性を追求する時代は、もう終わりました。人々は、心を載せたビジネスやサービスにより、購入と言う行動に移る時代に入りました。これをウェブに反映させるには、様々な細かいコンテンツの変更が必要になります。

ミッションが優先される時代のウェブのコピーライト

企業がミッションをアピールする必要性が高まりました。まず、どんな使命を持ってビジネスを行うかということです。弊社の例にもとづき解説をします。

A:ウェブサイトリニューアル140%をお約束するウェブ制作会社→B:企業をウェブで活性化させる。

上記Aが今までの弊社のキャッチコピーです。ここには、利益を上げればいいという小さな考え方あります。よって、「仕事をください!」というイメージになります。つまり、売り込みのイメージです。しかし、Bは、弊社のミッション(使命)をキャッチコピーにしました。
これにより、お金の問題ではなく、「自分たちの力で、企業を活性化したい!」という念(おもい)が表れます。言い換えれば、「弊社の社会貢献」の姿勢をキャッチコピーに載せました。

ザッポスの軌跡から

「顧客と社員の幸せ」を両立させる社員満足度をフォーカスした経営により、ネット靴屋NO1の秘密があるようです。つまり、「こころの時代」を表せているようです。ネット通販サイトならではのことでは、内容に思えます。幸せを売る企業の幸せを載せたウェブサイト制作が必要になりってきました。

人間この世に生まれてきたからには、社会のために生きる責任があります。そして、その責任を果たしながら、幸せを感じられるのではないでしょうか?ウェブ制作で少しでも、人々を幸せにできればと、これからウェブデザインをしていきます。

製造業のウェブサイト制作成功法

製造業のウェブサイト成功法とは?

新規顧客獲得・人材確保などを目的とした製造業のウェブサイト制作では、社員教育・研究開発などをアピールする他に扱う製品やマテリアルの詳し素材などキーワードとして、発注者の思いを組み入れたサービスが必要になります。このサービスが製造業のウェブサイトの成功のキーポイントとなります。

生産工場ウェブサイト

製造業のウェブサイトで表現するサービスとは?

専門的なキーワードで、ユーザーを呼びよせ、例えば、「小ロット・短納期」など、ユーザーが求めるサービスを提供することによって、小さなオーダーで今まで取引できないような全国の大手メーカーなどの取引ができます。もちろん、そこから新しい固定客にしていく必要があります。

製造業のウェブサイトで表現するサービスとは?

「どんな小さなことでも、まずす相談して欲しい」という姿勢が必要です。そして、サービス業の概念を持った製造業であることをアピールします。その製造物に関しての専門家であることをアピールするのです。よって、専門的なマテリアルを示す必要があります。どんな素材の加工が得意なのかをアピールする必要があります。盛りだくさんではなく1点に絞ることをおすすめします。

研究開発と社員教員の姿勢を表す

どんな研究開発をしているのか?または、どんな社員今日インクをしているのか?リクルートにも効果のある10年先を見据えたページをご用意することをお薦めします。

そこで働く人の顔が見えるサイト

責任感と信頼感を表す上でも、作業を行う人々の顔写真やメッセージがとても効果的です。無機質なサイトにならないように人間が視点であることを忘れないでください。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ