2017年 11月 の投稿一覧

ホームページで業績拡大!SEOはやっぱり被リンクか?

ホームページはSEO対策が大切

ホームページはSEO対策が大切です。と言っている私は、ホームページ制作をしていても特に普通の人達となんら生活や感情が変わっているわけではありません、冬は寒いのです。松本市は、連日、真冬のような寒さです。この時期の寒さが一番つらく、2月頃になると体が慣れてきます。ですが、雪道をドライブする機会が増えるので、ドランバーは注意が必要です。

それでも多くの人が見てくれるホームページを制作する必要があります。そして、そのホームページで、お客様の業績拡大を実現させます。ですから、SEO対策を強化します。つまり、他社などのホームページ制作より手間をかけるということです。

SEO松本 ホームページ制作

SEO対策には、被リンクが重要ですね!

最近、Google検索が評価を変えているような時で、検索順位の変動が激しいので、常に松本 ホームページ制作では不動の1位だった弊社ホームページも1位を他社に明け渡している日がある状況です。その中で、ホームページの構成をもう一度見直して、被リンクの状況を見ています。すると被リンク先のサイトがなくなっていたりという状況もありました。
Google検索順位が安定しない?ローカルSEO対策

被リンクが得る方法

なかなか、被リンクを得ることは難しいのも事実です。一般の企業サイトなど被リンクを増やすには、取引先などの協力をお願いするのも必要でしょう。また、自分でサテライトサイトを制作して被リンクを行うという方法もあります。これは、無料ブログでもできるだけ広告表示がない状態で、被リンクを自作することもできます。しかし、複数この作業を行うとGoogleからペナルティを受ける場合もあります。良質なコンテンツのブログを作れば問題はありません。

松本 ホームページ制作 もっとかっこよく

松本のホームページをもっとかっこよく

「松本ホームページをもっとかっこよく」を英文にすると[Matsumoto website creation More cool]となります。Gデザインもウェブデザインも英文を使うとかっこよくなるのです。でもビジネスで利用するならやっぱり日本語のコピーライトが必要でしょう。英文を使わずCoolなホームページ制作をするウェブデザインーは凄いのです。
また、コーディングでCSSを使ってテキストを縦書きにするコーダーは凄い!

松本ホームページ制作
クリエータボックスさんの技術も凄い

松本ホームページはクリスマス

昨夜、長野市の帰りに高速は雪が降っていました。そんな激しい雪ではありませんが、クリスマスまで、松本ホームページに雪を降らせてみました。こんなのは、「美しい日本語」のクリエータビックスさんに比べれば、赤ちゃんでも出来るような技術です。それでもウェブで縦書きの内生は画像で処理をしてしまいます。でもこれからのウェブでは、文字などを画像にするとモバイルで見えにくくなります。松本のホームページをもっとかっこよくしたのですが・・・・? 

ホームページリニューアル伊那市工務店

スマホファーストのホームページへリニューアルしました

工務店のホームページならなら当然、スマホ対応が出来るレスポンシブWEBデザインのスマホファーストのホームページですね。

スマホで見やすく、ウェブで分かりやすくをコンセプトにTOPページと主要ページをリニューアルしました。

小池創建-Youハウス様 ホームページリニューアル

小池創建-Youハウス様ホームページリニューアル

ATFのホームページ制作の実績の一部を公開しております。ホームページ制作の参考例として、ご覧ください。

「私、失敗しないので!」企業のグレードアップ

失敗しない企業グレードアップは、まずホームページから

昨夜、朝4時に松本→長野→東京→長野と2度のセミナーに参加し、ビジネスホテルに到着して、TVのスイッチを付けると「神の手を持つフリーランスの外科医、米倉涼子演じる『ドクターX』が画面に映しだされました。無機質なビジネスホテルの一室なので、米倉涼子のおちゃめさと仕事に対する姿勢・かっこよさに、心を和ませながら「私たちが行ってるホームページ制作が失敗がないのか?」と改めて考えました。

マーケティングはすべてテスト。ホームページ制作も同様かな?

マーケティングは、テストです。あくまでも仮説により実証された顧客の反応を心身に受け入れ分析する必要があります。よって、ホームページ制作も私たちのスキル・技術・経験から、お客様に提案して制作されます。ですが、最初から「失敗する」と思って制作されるわけではありません。それでもホームページは仮説の産物です。「失敗しないので!」とは言えません。

ホームページ制作は失敗しても企業のグレードアップには「失敗しないので」

ホームページは、制作の思惑、つまり仮説が失敗しても、その原因を検証することで、修正や追加ができます。つまり、ホームページ運営までしっかりすれば、業績の拡大につながる企業のグレードアップには、失敗しません。本気の経営者に本気でホームページ制作をして、本気のホームページ運営をすれば、必ず成功すると私は約束をします。もちろん、可能性がないお客様の依頼には、時間を掛ける必要もあります。

大雑把な言い方でも「私、失敗しないので!」

どんなこといでも本気で当たれば、早々失敗はしても、それをチャンスに変えられます。「最初から失敗する」「でもそれをチャンスに変える」と考えた方がいいでしょう。フリーランスの外科医であれば、人の命なので「失敗は許されない」というのは正しい考え方かもしれません。しかし、ホームページ制作は、限られた予算・時間で行われます。しかし、ホームページ制作が天職だと考えている私には、最終的目標である「企業のグレードアップを目指した仕事」を提供します。

ホームページのSEO効果を高めるブログの書き方

ホームページのSEO効果を高めるためには?

ただ、「ホームページに設置されているブログを更新をすればいい」というわけではありません。良質なコンテンツなのか? 低品質なコンテンツなのかにより、オーガニック検索でのSEO効果は大きく変ります。また、ホームページ自体の作り方にも差が出ます。昔のようにテキストばかりを書き込んでもGoogleは「良し」とはいいません。また、低品質なコンテンツで、仮に検索順位が上がってもビジネス効果は、あまり望めません。

ホームページ制作 松本

良質なコンテツのブログとは?

ホームページ自体もブログも良質か、そうでないかにより、長い間アクセスを呼べるものとそうでないものがあります。また、良質であると、滞在時間も長くなりGoogle検索の評価も高まります。それでは具体的な良質なコンテンツの条件を記載してみます。

1.お客様が求めている情報を記載している
2.できるだけ分かりやすく表現されている
3.読みやすく整理されている
4.関連の情報とサイトのリンクがある
5.ニッチなタイトルとコンテンツ
6.一つのテーマを掘り下げてある
7.営業的や売り込みではない
8.ユーザーが新しい知識を得られる

意外とユーザーは知識がない

ホームページ内でもブログ内でも専門用語をなるべく使わず、分かりやすいコンテンツにする必要があります。また、売手側では、「当然」と思うようなことも、意外とユーザーは知らない。だから親切なコンテンツは喜ばれます。

ターゲットを絞り込んだコンテンツ

誰に向けて書いているのかを明確にする必要があります。そして、不特定多数に向けてブログを書かない方が効果的です。そのブログで「商品を売ろう」と考えないで、ユーザーへのサービスだと考えてください。

そもそもホームページのブログが設置されていないケース

CMSでホームページが制作されていない場合では、独自のブログを利用するしかないのですが、その場合も広告がないものを使わないと意味がありません。できれば、Wordpressのブログを利用する必要があります。

ウェブフォントでどんなディバイスでもきれいな文字のホームページを

Windowsでもきれいな文字のホームページを

ATFでは、標準装備として、常時SSLとウェブフォントを提供しています。ウェブフォントとは、テキスト文字などを外部のサーバーのフォントを使いMacでもWindows PCでもきれいな書体で見せる技術です。読み込み時間で他所の違和感が起こる場合もありますが、きれいな文字の、きれいなホームページで業績アップを目指すことができます。

常時SSLとは、すべてのページが暗号化された安全なサイトの表示(Google Chrome)ができるシステムです。

松本市ホームページ制作

上記画像は、松本市ホームページ制作会社WEBATFのTOPクリスマスバージョンです。

ホームページ制作のその前とその後

ホームページ制作のその前とその後にやらなければいけないこと

ホームページを制作する前には、他社分析や顧客分析をしっかりと行いましょう、自己満足のきれいなホームページを作っても、お問合せのないホームページでは、制作費用を溝に捨てたようなものです。また、目的達成できそうなホームページができても、日々の運営がなければ、だれもあなたの会社を信頼しません。ホームページは今やあなたの会社の玄関なのです。

ホームページ制作のその先

何故、ホームページで業績を伸ばしている会社とそうでない会社があるのか?

経営者の自社のホームページへの意識に問題があるように感じます。スマホでもいつも競合他社のホームページや同業で成功しているホームページを見ている経営者は、ホームページの重要性を知っています。よって、ホームページを制作する時の目的や予算の準備を行っています。逆にそうでない経営者は、予算のことばかりにフォーカスして、更に結果を求めます。ホームページの制作を依頼して、それだけで売上が上がると考えているようです。当然、弊社ではそのような経営者のホームページ制作の依頼を受けません。

大切なのはお互いの信頼感

私たちは、発注していただく企業様とは、パートナーシップを結びます。まず、「心からこの会社を伸ばすお手伝いをしよう」と思います。そう思わせてくれるお客様に感謝をします。ですから本気の経営者には、私たちも本気以上の成果を提供します。見込み客を引き寄せるホームページ制作には、お互いの信頼感が必要になるのです。そして、その会社の目的がただ「お金」ではなく、よりよい社会を作ることに貢献しているような会社、もしくはチャレンジをしている会社には、それだけで成功の要因があるでしょう。

セミナーで学ぶ・メールで学ぶ

ATFでは、ウェブマーケティングやマーケティングを学んでいただくためのセミナーやメールマガジンを発行しております。ぜひ、基礎知識を学んで、業績拡大のできるホームページを所有してください。

ホームページだけでなくデジタルマーケティングを駆使して業績アップ

ホームページを中心としたマーケティングではなくデジタルすべてを活用したマーケティングを!

時代の変化は、目まぐるしく、「先日まで快調にユーザーを呼び寄せてくれていたホームページなのに、最近はその威力が全くなくなった」なんて、お客様も少なくありません。そこで弊社が対応したのが、ホームページを中心としたウェブマーケティングではなく、デジタルディバイスすべてを活用したデジタルマーケティングだった。それは、SNSやスマホアプリなどを使ってデータドリブンを活用したユーザーの理解+ターゲットの再設定。そのターゲットを更にペルソナで追求して、該当のお客様のユーザーは、どんな行動をするのか?そんなところまで調査してみた。

デジタルマーケティング

ユーザーはどんな変化をしたのか?

ユーザーは、ウェブサイトを見なくなっていた。それは、すべてのウェブサイトからSNSでの情報を集めはじめたのです。そこで、新しいフレームワークとして、AISASが生まれました。ECショップだけではなく、ウェブサイトとリアル店舗をシームレスに統合するオムニチャネルの概念も含めて、ウェブをリアル店舗でIOT化して利用しながら、このAISASのフレームでデジタルマーティングを構築してみました。

ユーザー参加型SNSイベントの活用

購入者がSNSでつぶやいた情報をウェブサイトで月間賞を与えたり、スマホとリアル店舗の距離を縮めてみました。その結果、今までの業績を遥かに超えた結果が得られました。すべての業界にマッチするわけではないが、サービス業であれば基本的にこのデジタルマーケティングは成功するという確信を得られました。

住宅リフォームホームページ制作

ホームページ制作お客様と一緒に快適な暮らしをつくる長野市住宅リフォーム

快適な生活を目指して、住宅リフォーム・太陽高発電など、長野市や松本市にある炭平コーポレーション株式会社 ライフエコロジー事業部様のホームページ制作を行いました。長野事業部のホームページ制作となります。もちろん、WordPressのCMSで構築されているホームページです。ブログ更新などを行うことで、SEO対策にもつながる365日24時間活動する営業ツールとなります。

すみへいリフォーム

炭平コーポレーション株式会社 ライフエコロジー事業部様 すみへいリフォームホームページ制作

経営コンサルティング業のWEBサイト制作

本気で成長を望む経営者様の問題解決を行うコンサルティングサイト制作

WordPressのCMSですが、アニメーションを多用し、メッセージを伝えやすくしてみました。これからのウェブサイトの方向性を意識し、CSSによる動くバナーイメージも多用しています。また、新しいエディターで、ウェブサイト制作を行いました。弊社、事業部のウェブサイトなので、ちょっと手抜き感がありますが、その点は、ウェブ運営で少しづつ構築していきたいと考えております。

長野経営コンサルティング事業部

ウェブサイトTOPページのセミナー一覧とブログ一覧

セミナー一覧やブログ一覧の部分を申し込みやすく経営コンサルタントウェブサイトのように工夫をしてみました。常に予定されたセミナーの詳細を分かりやすくTOPにも表示しました。

補助金支援や申請書る作成には、LPを

補助金の支援サービスには、ランディングページを作りリスティング広告から見込み客を獲得する予定です。細かな分かりづらい国のサイトのコンテンツを要約して表示したいと思っています。

長野経営コンサルティング事業部サイト制作

ホームページを活用して生産性向上を図る

ホームページを活用した生産性向上を図る

「変化する時代に、変化しないのはリスク」と、経営関連のセミナー・研修、または、書籍などで多く語られています。また、AI・IOT・共創の時代と言われています。これから間違いなく日本の中小企業を脅かすのが、人材不足です。そして、働き方改革による大きなハードルを飛び超えなければならなくなります。そのため生産性向上もひとつの大きな経営課題となります。

ホームページ生産性向上

ATF経営コンサルタント事業部では、認定経営革新等支援機関として、補助金の申請ご案内を含めて、これらの経営課題に取り組む支援を行っております。宣伝はさておき、「ホームページでどうやって、生産性向上を図るの?」と疑問が発生すると思いますが、それらを実行しているホームページ(ウェブサイト デジタルデザイン)では、行えます。

ホームページ行える生産性向上とは?

IOTともDIGITALマーケティングとも呼ぶことは出来るのですが、分かりやすく、「ホームページ活用のIOT」とも仮称しておきましょう。まず、在庫の見える化などGoogle G Suiteの活用やその他のアプリケーションをホームページ上で活用することで出来ることは山ほどあります。それらの例を以下に記載します。

1. 在庫の見える化
2. スケジュールや工程の見える化
3. 工事や制作の歯根の見える化
4. 工程管理
5. オムニチャネルの活用(ウェブとリアル店舗の統合)
などなどが可能です。

ホームページでリアル店舗・事務所・工場を統合

ECショップとリアル店舗をシームレスに統合するのが、オムニチャネルというデジタルマーケティングの概念があります。それを拡大してウェブ、つまりホームページで顧客サービスを行いリアル店舗・事務所・工場などをシームレスに統合することで、生産性向上を行い働き日改革を行えます。

ホームページ制作の神様・ウェブサイト制作の神様のお話

ホームページの神様・ウェブ制作の神様って本当にいるの?

ホームページの神様がいるのかとGoogle 検索をしてみたら神のホームページというサイトがあった。内容は「神」についてでした。「ホームページ 神様」なんて、検索する人はいないのかもしれないが、最近、私は、ホームページの神に近づいたような間違った認識を持つようになりました。 

もちろん、大きな勘違いだと言うことは、本人も良くわかっているのですが?

神のホームページ

何故、ホームページ制作の神と感じたのか?

弊社、事務系の社員が他社で作成したウェブサイトを「これかっこいい!」と紹介してくれました。そして、私は、一目見るだけで「それ売れないよ!」と私は答えた。もちろん、それには論理的な理由があります。また、ウェブサイトの相談に来た工務店の社長にも同様の直感が働いた。

工務店では、古い工務店専門のウェブ制作会社が製作したウェブサイトと、最近、長野市のウェブ制作会社で作ったウェブサイトでは、「古い方が、お問合せ多かったでしょう?」と私が尋ねると、工務店の社長は、不思議そうな感じで「はい」と私に答えました。

新しいウェブサイトは、社長の思い入れをデザインした自信作のウェブサイトのだが、お問合せ・資料請求はないそうです。そこで、私に相談に来たのです。最近、ひと目で売れるサイト・売れないサイトが分かるようになって、私も「ついに神の領域まで達したのか?」それとも「ホームページの神様が私をウェブコンサルタントとして、認定してくれたのか?」・・なんて思うようになったのです。(笑)

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

何故、売れるホームページが分かるのか?

ウェブサイトは、企業の顔です。企業の玄関とも言える時代になってます。その認識がまず必要になります。それを中途半端な思いで制作しているのを感じると「売れない!」とイメージできるのです。カッコばっかり整えて、「伝える力」も感じられないのがわかります。また、制作者の「責任感」のようなものも感じます。

弊社では、3名の女性ウェブデザイナー・男子2名となりますが、すぐに私には、それらがわかります。もちろん、他者の制作物を評価するのは簡単です。出来たウェブサイトを評価するのですから。

大切なのは、どのように修正すれば、「売れる」ウェブサイト・ホームページになるかのか?ということです。

どうして、売れるホームページ・売れないホームページがひと目で分かるようになったのか?

寝ても覚めても、お客様のホームページを「売れるホームページに」と10年以上考え続けてきました。マーケティング歴38年の私としては、当然の力だとも思います。それくらいクレージだったということです。(大笑)

売れるホームページを作るのにも限界があります

ウェブサイトコンサルタント。経営コンサルタント・マーケティングコンサルタントで売れる商品の売り方の変更や収益が拡大できるビジネスモデルを構築する必要があります。そんな意味で、マーケティングコンサルティングを行い売れるウェブサイト・集客のできるホームページを行う必要があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ