2018年 1月 の投稿一覧

リクルートに強力な武器!ランディング型ウェブサイト

ランディング型ホームページとは?

ホームページは、 訪問者が欲しい情報を分かりやすく提供して、お問合せや資料請求また、来店来社を即する複数の目的で制作されます。それに対して、ランディングページの目的は、 訪問者に特定の(1つの)アクション(行動)を起こさせることが目的となります。したがって、通常のホームページより目的達成率が高くなります。そして、営業目的ではなく、リクルート目的に制作されるランディング型ホームページですから、多くの資料請求の応募や会社説明会への導引が可能になります。

ランディング リクルートホームページ松本

社員を大切にする企業の姿勢を表現するリクルート用ランディングページ

上記のように1pで目的を完結できるウェブデザインになります。特に学生をターゲットにしたケースでは、スマホの動作を重要視します。重要なのは、企業の向か入れる姿勢を表現することです。
そして、競合他社だけではなく、

例えば、製造業であれば、地域の製造業がすべて、リクルートに関しては、競合になるということです。社員を大切にする企業の姿勢を表現できるランディング型ホームページを活用してください。また、学生にも分かりやすい10年ビジョンを表現する必要もあります。

 リクルート専用ホームページについて

SNSのビジネス活用について

50%以上のユーザーがSNSが購入きっかけ

Facebook、Twitter、Instagram(インスタグラム)、LINEなどのSNSを利用するユーザーは増加し続けています。若者ばかりではなく40代、50代以上の方でもLINEを連絡手段として利用してます。若者が中心ですが、SNSから何かを購買したという調査では、50%を超えています。あなたのビジネスでも上手に活用することをおすすめします。またスマートフォンの普及により消費者行動も変化しており、最近では消費者が企業や商品との心理的な距離が重視されるようになっています。

http://www.trenders.co.jp/wordpress/corporate/wp-content/uploads/2016/05/mpr20160511.pdf

引用:トレンダーズ、女性のSNS利用と消費行動に関する調査を実施|トレンダーズ株式会社

ユーザとのミュニュケーション・ブランディングにSNSを活用する

そのため、TwitterやFacebookなどのSNSを商品プロモーションや消費者とのコミュニケーションやブランディングに利用する企業やお店が増えています。

費用対効果を考えて使うSNS

ただ闇雲にSNSでフォロワーを増やしたり、商品宣伝をしても、時間的なロスが最終的に費用対効果が得られないツールになってしまいます。逆にSNS広告を利用するこで、費用対効果が高いSNS活用ができます。また、 Instagram では AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムでターゲットのフォロワーを増やすことも出来ます。忙しい仕事の中、無料だと行ってSNSを利用しても、リアルな効果を得るまでには時間がかかります。SNSマーケティングを理解してビジネスに活用しましょう。

ホームページ制作 松本 WebATFでは、コンサルティング型ウェブ制作サービスの一環として、SNSツールの活用や連携のアドバイス・指導などをこなっています。

BtoB企業のマーケティングオートメーションの活用 松本のホームページにMAを

松本市でホームページにMAを導入している企業は?

今年のホームページ制作に於けるB to B のトレンドは、MA(マーケティングオートメーション)となります。しかし、このシステムで重要なのは、アクセス数です。アクセス数がある程度ないと費用対効果が出ません。現在、弊社顧客でも2社ほど検討作業に入っています。現在、独自に導入している企業は弊社ホームページ運営管理のクライアント様には見当たりません。また、ECショップには、簡易的なマーケティングオートメーションであるカート落ち(カードに入れたが注文しない)や通常のホームページでも資料請求落ちなどに顧客にリマーケティング的な効果を提供するサービスもあります。AIを活用したインスタグラムのフォロワー拡大から、マーケティングにつなげる小規模予算で行えるシステムのあります。その辺も松本市内や中信のエリアの企業様では、工務店業や販売業でマーケティングオートメーションの導入検討がありますが、まだ、実施段階ではありません。

松本 ホームページ制作ATFでは、県内では殆どない大手マーケティングオートメーション提供サービスとの提供や費用な比較的かからないオープンソースのマーケティングオートメーション導入サービスを行っています。

他社よりもいち早く見込み客を見つけるために!

BTOB営業を支援するいま最強の武器マーケティングオートメーション/h3>
見込み客の興味を理解して、適切なコンテンツで、競合他社より早く見込み客を獲得する営業手法がマーケティングオートメーションです。現在、約4社に1社の企業(24%)がマーケティングオートメーションに関心を示していることがある調査機関の調査にもありました。すべてのB to B 企業がマーケティングオートメーションにより,営業力が強化されるわけではありません。また、その逆に一日早いマーケティングオートメーションの導入が必要な企業もあります。

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

岡谷・諏訪・塩尻・松本市などの製造業のホームページ戦略

製造業のホームページ戦略とは?

戦略とは、できるだけ戦わない方法を考えることです。だから「戦略」書くのでしょう? また、戦略を考えるより戦術を実行する方が難易度は高いのです。ですから、岡谷・諏訪・塩尻・松本市などの製造業のホームページ戦略と戦術の実行をお手伝いして、業績業績を実現させます。
製造業においてはホームページを営業のツールとして使いこなしている企業は少数派にとどまっているのが現状です。そもそもホームページが営業の窓口になるという意識を持っている経営者も同様です。「他の会社も持っているから」「会社案内代わりに」といった動機でホームページを開設している製造業経営者が殆どでしょう。しかし、少しの工夫をすることでホームページからの問い合わせや受注を増やすことができます。また、人材確保にも大きな役割をホームページが果たします。

製造業ホームページ制作 岡谷 諏訪 塩尻・松本市

発注社は、まだ、あなたの工場のことを知りません。

月に3件の新規の問い合わせが来ると、想像してみてください。仮にそのうち1件が受注に至ったとしましょう。たったそれだけでも年間で12件の新規の取引先が増えることになります。発注側は、あなたの会社の隣の工業団地にあっても、あなたの仕事の内容を存在も知らないかもしれません。発注社は検索サイトで発注先を探しています。

製造業経営者が、新しい顧客開拓や新しい市場の可能性を否定している

多くの製造業経営者が、新しい顧客開拓や新しい市場の可能性を否定しているようなものです。弊社のお客様の中では、自社の技術で、異なった分野から受注を大きく拡大した岡谷市の製造業社の成功例もあります。「今までのそうな効果ないよ!」と経営者様は、思うかもしれませんが、それは、ホームページ自体のコンテンツの問題です。そして、しっかりした目的設定がないのではないでしょうか?

マーケティングを活用した製造業ホームページ制作

B TO Bの業態のホームページ制作は、しっかりとした目的と常に協力会社(外注・下請け)をウェブで探しています。その発注先が、どんなキーワードで、外注先を探しているのかをまず知らなければなりません。次にWebで発注する時の業者を選択するポイントを知っておくことです。そして、次に機械の種類や特分野のアピールです。また、他社や競合の分析も必要です。

中小企業庁ミラサポのサイトで製造業の営業力を強化できるホームページを公開しています。ご参考にしてください。
製造業で営業力を強化できるホームページをつくる 2 ~設計編~

2階調の画像でTOPページの訴求力を高めるホームページリニューアル

自社ホームページリニューアルの2つの目的

今回、2018年版のATF Webサイトの一部リニューアルを行いました。これには二つの目的があります。その一つは、B TO B ビジネスを行っている企業様向けの2ランディングページと2階調の画像処理でテキストの訴求力を高め、これからのB To B 向けのホームページの方向性を示すためです。そして、もう一つは、自社の業績UPのためになります。弊社は、長野県でもマーケティング力とWordPressの開発当初からの経験などの豊富な会社ですのでホームページからホームページ制作のための相談を受け付け、実績を出すことにより受注を拡大しています。言い換えれば、ホームページからの受注が売上構成の新規顧客率が60%近くあります。その為、松本・長野・東京ともマーケティングやSEOに強いのが特徴になります。ですから、その他社にはない強みをアピールしています。

ATF-TOP ホームページ制作 松本

ランディングページの訴求力

B TO Bでは、基本的にそのまま営業プレゼンができるようにグラフなどを活用したランディングページを制作しました。また、もう一つは、企業考え方を知ってもらえるランディングページです。そして、このランディングページにTOPスライダーから直接アクセスできるスピード感のあるTOPページにしてみました。

ATFホームページ制作こんな企業様に1

縦型Webデザインとランディングページ こちらもご参考ください>>

Webサイトの傾向2018「今年ホームページを作るなら」

2018年のWebサイトはどんな感じでしょうか?

昨年、スマホファーストの時代が到来して、ほぼ、業態やターゲット別に見て、スマホでのWebサイトへのアクセス状況とデータは確保できています。最近の変化としては、リスティング広告を利用して、ランディングページを活用するケースとオウンドメディアマーケティングを活用した企業の運営するWebマガジンの、二つのWeb手法の傾向を多く見受けられます。また、弊社は、コーポレートサイト・ランディングページ・オウンドメディアのスマホファーストが昨年の実績となります。

松本ホームページ制作 ウェブトレンド

ランディングページとは?

わかりやすく言うと縦長のWebページです。これには、SEO対策ができないため、リスティング広告(PPC広告)を利用して、スピーディなリアルな成果が得られます。また、プロダクトローンチという手法で、メールで売り込みすることにより、商品活用情報や動画を使い商品教育を1週間程行って顧客化します。直接的な販売効果は高いのですが、利益率の高い商品やビジネスでないと広告費やプロダクトローンチ作成費で、費用対効果を得られないケースも発生します。

オウンドメディアマーケティングとは?

このマーケティング手法だと、広告費よりSEO対策に時間が掛かります。また、SNSの活用も出来ます。メリットは、ブランディングや長期顧客の駆け込みが可能になります。また、MA(マーケティングオートメーション)などの最新のマーケティングツールを用いて、インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングが可能になります。また、リアル店舗への導入も促進できます。

Webが中途半端では、効果が得られない時代

ユーザビリティやコンテンツの質が高くなければ、Webからリアルな効果が得られない時代になりました。また、その逆にしっかりとコンテンツを作り込み運営にPDCAサイクルで改善をおこなっていくホームページが信じられないほどの収益を生む時代です。

2018年あなたの会社業績アップをWeb制作で実現させます。

2018年業績アップにコミットしたWeb制作を提供します

業績アップ・イノベーション・人材採用(リクルート)に特化した顧客獲得型ホームページ制作・コンサルティング型ホームページ制作で、2018年は、製造業・農業・医療関連・サービス業を中心としたWebを活用した目的別ホームページ制作や営業支援ツール開発・リクルート専用サイト・B to B専用ランディングページ制作・販売用ランディングページ制作に力を入れます。販売力強化・人材獲得にお悩みの企業様は、是非、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作 松本市 2018年

経産産業省認定の経営革新等支援機関ですので、補助金・助成金等によるサポートも行っております。そして、弊社は、Web制作会社から業績アップ支援のためのコンサルティング会社として、地域の企業の活性化のための支援を行って参ります。2018年も引き続きよろしくお願いいたします。
長野経営コンサルティング事業部 認定経営革新等支援機関 >>
長野市 WEBATFNAGANO デジタルデザイン部長野支社 >>
工務店専用ホームページ制作 >>
士業のウェブサポート >>

ウェブサイト活用と営業組織の役割分担

ホームページと営業組織の役割分担

ただ、営業成績向上・売上アップを目的にホームページを作るのではなく、営業組織の具体的な課題を抽出して、ホームページでの役割分担をする必要があります。ホームページを活用して、営業に役立てるという方法の方が結果的にリアルな成果をホームページから得やすい業態があります。特に B TO B 関連の業態で、更にホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明を必要とする商品・サービス・製品を販売する企業には、この考え方が重要になります。

ホームページ制作 松本 営業

ホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明が必要

オーダーメイド商品や製造業や工務店など、Webで簡単にユーザーがその商品を判断できるようなものでない場合は、ホームページで即販売に結びつけるのではなく、営業のための情報を得る目的や営業後、ホームページやWebツールを活用して、営業成果に役立てる方法があります。ですから、営業のプロセスで、ホームページやWebツールをどのプロセスで活用するのかを決める必要があります。

営業成績を向上させるための問題点とは?

営業のプロセスで、どの部分が成果を得るためのイメージができない部分なのかを検討する必要があります。例えば、実績の紹介などをホームページで行うとか?資料より分かりやすいデモ動画で確認してもらうとか? 様々なホームページの活用方法があります。また、ウェブマーケティングを活用しやすい部分などは、ホームページに任せて、他の営業活動を集中して行う方法もあります。つまり、人的に顧客と触れ合う部分と、ブログなどを見てもらい営業成果に結びつける方法があります。

領域を区別して、役割分担を行う

例えば、これから攻めるべき商品を人的営業に委ね、育てるべき商品のみをホームページで特化して訴求する方法もあります。新規顧客を獲得するには、「選択と集中」の考え方で、ホームページとリアル営業をはっきりと区別して、トータルで売上実績を上げることもできます。または、オンラインセミナーやビデオチャットなどの利便性と生産性を高める作業をWebに依存する事もできます。

目的を持ってホームページを作る

目的をしっかりと定めたホームページ制作が必要です。もちろん、業績アップを実現するホームページ制作であっても、Webの特性と現状の問題点をしっかりと捉えた目的設定が、最終的な業績アップに繋がるホームページ制作となります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ