fbpx

2018年 5月 の投稿一覧

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?

ほとんどのWeb制作会社は勘違いしている

多くのWeb制作会社は、私も未だにわからないのですが、「Web制作」とか「ホームページ制作」と自社の業務を表現している。私もこの辺は、自社のセグメントしたユーザー層のWebリテラシによるもので選択する必要があると思います。つまり、質の高いウェブ担当がいる企業をターゲットにするのならウェブ制作というキーワードは有効になるのでしょう。ですが、小さな帰社の経営者ならホームページ正sカウのほうがピンとくるかもしれません。そもそも「ブランディングマーケティング」とマーケティングでもないことをマーケテイングと呼んでいるのに自社のサービスや自社の職種にはブランディングの重要なネーミングをしていませんね。弊社のケースでは、業績拡大型ホームページ制作・コンサルテインング型ホームページ制作と名付けます。そして、ターゲットが探すであろうキーワードを専門ページを作ります。そして、見込客を他社より早く・多く獲得する手法を講じます。

コンサルティング型ウェブ制作

そもそもユーザーな問題って何に?それを解決できるのがWeb?

ユーザーは、検索サイトで自分の抱えた問題・変化した理想のために商品やサービスを購入します。もしくは、製品を発注します。そこで、ユーザーが抱える問題を知る必要があります。まず、弊社では、ここにかなりの時間と費用をかけます。次にWebで問題は解決しなにのですが、ユーザーは、その抱えている問題に対しての解決策を探すために検索サイトで検索するキーワードを決めて探します。そこで、ユーザーは、そのサービスの内容や商品のスペックより、問題が解決できるのか?に集中します。それを集中させること、「この商品を買えば問題が解決する」ということを感じて貰う必要があります。

だからブランディングできますは、意味がない!・Webのデザイン性の訴求あまり意味がない

ユーザーが求めるのは、「この商品やサービスで自分が変化できる・問題が解決できる」にあるのですから、自社が何ができるというコンテンツには意味がないのです。「こんなの問題が解決できます」が必要です。しかし、「売上UP」なんて表現では、ユーザーの心には響きません。もっとリアル感のある問題にどう対応するのかが問題です。

多くの経営者がホームページでは売上拡大に効果が出ないと考えている

以上のようなことも踏まえてホームページを制作していれば、このような状態にならないのですが、残念なんことに「ホームページがきれいに表示させればいい」と考えている経営者とそれに答えている「ホームページがきれいに表示させればいい」と思っているウェブ制作会社が多いのが現実です。そのお蔭で弊社はお客様にしっかりとメリットを与える特異なWeb制作会社となります。

Web制作の価格を考える

Web ROI(費用対効果)がしっかり出せることを証明できっれば、ペンシルのように1ページ100万円でも問題がないのです。企業に予算がなければ、その予算内でどう対応するのかはWeb制作会社の経緯方針です。ですが、そこにブランディングを行っていれば本来のWeb制作が望む価格設定はできません。そして、その価格で受注しなければ十分な効果をクライアントに提供することができません。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?と書きましたが?

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っているのではなく、それぞれの考え方で運営すればよいので、正確にはこのタイトルは的確ではありません。問題は、Webが好きでWeb制作会社を経営者ているのなら、もっとWeb制作価値を貯めるようにお互い頑張りましょうということです。

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?をお伝えします

弊社の実績では、大手はなく100名以下程度のローカル企業のウェブ制作です。それらのホームページ(なぜかWebとは呼ばない)の業績拡大に貢献した実績に限ります。それ以上の規模の企業様ならWEBコンサルティング|ペンシル 研究開発型のWEBコンサルティング専門などにご相談ください。弊社は100名以下程度の企業の業績拡大専門Web制作となります。1ページ1,000,000円掛かるそうです。ですが費用対効果は抜群なようです。もちろん、弊社も決して安くない7ページのWeb制作料1,300,000円程です。
小さな企業の業績拡大専門Web制作では、コンサルティング型Web制作を行っています。そして、私たちは検索エンジンの特性・Webにおけるマーケティングの特性などを理解して、業績アップWeb制作を全国からの受注を受けています。専門の業績アップを目的としたホームページを制作するのですが、その制作めに準備時間に徹底的な分析を行います。

そして、「何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?」と質問されれば、その答えは、「Webが好きだから」と答えるだけです。綿シャイの転職とも言えるのではないでしょうか?

何故、人は、検索サイトを利用するのか?そして、ホームページを探すのか?

検索サイトは、自分の問題を解決するためにあります。そのため情報を調べたり、購入をします。また、もう一つの理由は、時間消費です。これも自己が抱える問題解決のツールを探したり利用したりします。ですから、この検索サイトを利用する問題の解決する情報を提示できるサイトが人気となります。そして、そのホームページを運営する企業とのつながりを求めます。この変化とスピード感のある時代に不要なコンテンツを読んだり見たりする暇もユーザーにはありません。

問題解決を求めた人を解決に導くツールが自社の商品などです。
ちょっと前の大量ページなどやSEO対策など不要の時代に入ってます。スピーディにユーザーの問題解決に期待感を与えられるホームページ制作をするとリアルな成果が得られます。

小さな会社のマーケティングとは 小さな会社のマーケティングとは
写真は、2018年6月11日発売開始になる私が書いた書籍「小さな会社のマーケティングとは」です。

売上UPが出来らければホームページ制作なんて意味がない

売上UPが出来らければホームページ制作では、お金がもらえない!

昨夜。福岡の研究開発型ウェブコンサルタントの株式会社ペンシル創業者・取締役 会長覚田さんの短いセミナーを聴きました。当社では「130万円のホームページ制作が高い!」とよく言われる。ペンシルさんでは、1ページ100万円だとそうです。130万円のホームページ制作を行ってくれた企業様の売上は約2倍以上に上がっています。最高で200倍上がったお客様もいます。(元々が低すぎた)。それでもWEB ROIである費用対効果が高ければ安い買い物なのです。しかし、売上UPが出来らければホームページ制作でできなければ30万円でも意味はありませんね。

ホームページで売上UP

ホームページ制作で売上UPするには?

まず、マーケティングですね。市場に価値を感じていただく必要があります。また、その価値は、場所を変えるだけでも変更できます。ターゲット・エリア・売り方などを検討する必要があります。その辺にお金と時間が掛かります。でもWeb ROIが高ければ目的達成となります。

リクルート(採用)専用ホームページ制作

リクルート(採用)専用ランディングページ型ホームページ制作

時代の変化により「建築設計士になりたい!」という学生も少ないようです。優秀な学生より「社会の喜ばれるような建築物を設計したい!」と大きな夢を掲げる学生が経営者としては採用したいのでしょう。時代により人気の職種というもの色々変わるのでしょう。しかし、私たちウェブ制作をしているより、100年近くも地域に建ち誇る建築物を設定できるなんて素敵な仕事はないでしょう。「子供にパパがこの建物設計したんだよ!」と子供に言える価値のある職種ではないでしょうか?

同様に建築・土木などなり手の少ない事業をこなっている企業様にも是非、リクルート専用LP(ランディグページ型)ホームページ制作を行っては如何でしょうか?

伊藤建築設計様ホームページ

伊藤建築設計様ホームページ

松本市伊藤建築設計事務所様リクルート専用LP型ホームページ制作

何故、WebサイトにMAとCRMが必要なのか?

WebサイトにMAとCRMが必要な理由

Webサイト、いわゆるホームページなのですが、何故、今 MA(マーケティングオートメーション)やCRM(Customer Relationship Management 顧客関連管理システム)などのBI(ビジネスインテリジェント)ツールが必要なのでしょうか? 昨今、「物が売れない時代」などと言われサブスクリプション方式などの販売手法も注目を集めています。そして、Webサイトの制作目的も「即買いを求めるWebサイト」から「見込客を獲得するWebサイト」づくりの時代になりました。そのためインバウンドマーケティングやオウドメディアの制作の必要性がウェブ上で騒がれています。

長野県でのBIツールを提供する会社

これらも。「まず。自社を好きになってもらう」というマーケティング手法になります。つまり、いきなり販売をしても効果がないということです。そこに「見込客」という概念が必要になります。その見込客を管理育成するのにCRMが必要になり、その選別や顧客情報を獲得するためのにMAが必要になります。要するにWeb+MA+CRMが標準装備されていなければいけない時代になります。

MAのWebマーケティングでの役割

MA自体、Webが充実していなくてもメールで、顧客の自社商品の関心度を図ることが出来ます。展示会や交流会などで祝した見込客情報やWebの資料請求・お問合せのデータを基本に見込客の関心度を測り、その結果にアプローチします。弊社のBtoBの事業所様のWebサイト制作には、標準装備されます。そして、MAは見込客のその関心度にあったアプローチを自動化します。もちろん、営業担当に情報や営業指示を提供いします。もしくは、メールだけでビジネスを完結させてしまします。特にBtoBなどの事業ではとても役立ちます。また、不動産業・工務店なども同様に効果的です。また、出来るだけCRMとの連携が重要になります。

CRMのWebマーケティングでの役割

CRMは、Webを活用していなくても、現在の企業ではすべての業種で必要なシステムです。簡単に言ってしまえば、エクセスなどの表計算ソフトが不要になり、すべての業務を一つのシステムに行えるプラットフォームとなります。Webで獲得した見込客だけではなく、様々な顧客データと紐付けられ商談や作業の管理・メールマガジンの発行・見積書・注文書・請求書などなどが自動化されます。もちうろん、Webと紐付けられMAもプラグインして活用することが出来ます。

BIツールの活用が業績拡大の鍵

1台数千円単位から利用できるこれらのBIツールを自社の業務に合わせてカスタマイズすることによって、業績拡大が期待できます。もちろん、BIツールに合わせたWebサイト制作が望ましいです。ですが、まず、このBIツールに慣れ、業績拡大に繋がる仕組みづくりを行うことをオススメします。

BIツールの詳しいことはこちらのページをご確認ください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

動画を背景イメージにしたWebサイトTOPページ

動画を背景イメージにしたWebサイト制作

ATFのコンセプトwebページとして制作されたサイトのTOPページは、動画を背景として、YouTube動画がホームページの背景に流れます。これにより動きのあるWebサイトの演出ができます。wifiや4G環境が整ってきた現在、動画でみせるWebサイトの時代となっております。また、このサイトは、リスティング広告のリンク先ともなっております。

ATFwebサイト

ATFのコンセプトwebページ

売上UPに走らずに、まずやっておいきたいWebサイトやブログでやっときたいこと

売上UPに走らないでWebサイトやブログでやっときたいこと

昨日、長野市ビックハットでビジネスフェアに参加してきました。ここで私のテーマは、Webとマーケティングオートメーション(MA)とCRMの融合したプランの紹介です。しかし、目的は、「紹介」と「見込客獲得」にあります。販売に結べつけることにフォーカスをしません。多くの見込客を獲得して、時間と手間を掛けて売上拡大に結びつけます。その手間をCRMで効率化させます。

長野しんきんビジネスフェアポスター_ol

何故、見込客を獲得にWebやブログでフォカースするのか?

展示会などのイベントもWebやブログでも同じです。まず、見込客からのロイヤリティの獲得にフォーカスします。それの成果が売上UPに繋がるからです。そのためのウェブ制作やブログは、インバウンドマーケティングコンテンツマーケティングなどを用いて、ユーザーの問題解決のアドバイスやユーザーの問題発見のアドバイスできるコンテンツを作成します。結果的にオウンドメディアをWebやブログで行うことになります。

売込みはユーザーを遠ざける!Webで常にユーザーのために

売込みは、リアルな営業の現場でも失敗すれば顧客を遠ざける結果になります。それよりもユーザーが見込客になり、ユーザーが「売ってください」「契約してください」といってぅるのも待つ営業の方がビジネスを有利に行なえます。売込みに注ぐエネルギーを見込客に獲得に変化してください。その見込客は、あなたのビジネスの近い将来の売上の源になります。

メルマガやSNSで見込み客を育てて、固定客に育てる

見込客とは、メルマガジン登録やSNSのフォロワーになってもらうことです。その数字が、近い将来の売上UPにつながります。つまり、見込客を増やすことで、ユーザーが集まるマーケティング仕組みづくりが構築されるのです。そのためのWebサイト制作やブログ更新を行ってください・

ホームページを分かりやすく丁寧に制作するには?

ホームページを作りたい長野県下の企業様にWeb制作について

ホームページを作るに時に日々の忙しい業務の他に自社の情報やホームページの原稿作りや校正などを行わなければなりませんが、ウェブ制作会社が各ビジネスを理解して、ユーザー視点のコンテンツをインタビューして、たたき台を作ります。それからの撮影などでも協力は依頼しますが、出来るだけ他社分析や地域分析・顧客分析も丁寧に分かりやすくウェブ制作を行ってくれるウェブ制作会社がいいですね!

松本市ウェブ制作

価格だけにフォーカスしてホームページを作ろうとすると

ホームページを作るにも企業には予算がりますね。しかし、価格だけにフォーカスするとも、そもそもホームページ制作のための目的を達成できなくなります。

また、自分で原稿を作ったりするのはとても大変な作業になります。できるだけ自分の作りたいホームページの見本などを探すぐらいで、あとは、ウェブ制作会社からの提案をジャッジするぐらいがいいですね!

ホームページを作るには、マーケティングが重要です

売り手側ではなく、買い手がみて、商品やサービスが分かりやすくデザインされているのか?顧客とコミニュケーションが取れるのか?マーケティングを理解したウェブでレクターが必要です。ですから、マーケティングを重視したウェブ制作会社を選んでください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSでもホームページでも使えるSEO対策キーワード探し!

キーワードの設定がSNSでもホームページでもSEO対策の鍵

キーワード設定とは、自分のウェブやSNSに見込客を呼込むための重要なファクターです。特にキーワードは、タイトルに仕込まれ、そのタイトルだけを見て見込客は、そのコンテンツを「覗く出来化べきか?スルーするべきか?」を決めます。同様に重要なのがイメージ画像(もしくは動画)です。SNSの投稿をシェアしてもらうにも、ブログを見てもらうにもこの二つがとても重要になります。そこで、今回は、そのキーワードの設定と言う前に、どんなキーワードが重要なのかを調べる方法をお伝えします。

キーワードの探し方Google AdWordsキーワードプランナー

まずは自分のSNSに関連したキーワードをリストアップしましょう。また、キーワードの競合状態を確認しましょう。GoogleのAdWordsキーワードプランナーで人気のキーワードを探すことができます。自分のビジネスでよく使われているキーワードを知ることはとても大切です。
そして、自社のビジネスに合ったキーワードで見込み客を呼び込みましょう。

Google AdWordsキーワードプランナー

ローカルSEO対策を考える

ローカルを対象にしているビジネスでは、地域名などもキーワードの入れる必要があります。地域名が前なのか後ろなのかによっても対象アクセス数は変わります。まずは、ローカルSEO対策のお勉強をしましょう。また、Googleビジネスの登録やgoogleビジネスへの詳細の細かな記載なども重要になります。

Google トレンド – Trendsで今人気ノーキーワードを探る

今、人々がどんなキーワードに人気があるのかを知ることが出来るのがGoogle トレンドです。自社の直接的にビジネスに関わらないキーワードでも関連を紐付けて利用することはできます。とくに新規のサイトなどで、アクセスを増やしたいときには、人気のキーワードをブログのタイトイルや本文に使用することをおすすめします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSでホームページSEO対策を補う方法

SNSを利用してホームページのSEO対策

一般の方がSEO対策を行えるのは、ホームページに常設されたブログのタイトルやコンテンツとその更新頻度になります。基本的には、このブログが重要になります。特ににブログのタイトルが求める見込客が検索サイトで探しているキーワードであるかという問題があります。もちろん、そのタイトルに沿ったキーワードを用いたブログ本文のコンテンツは必要になります。しかし、ブログの更新者の想定するキーワードと実際の見込客が探すキーワードにギャップがあったり、一つに絞れないケースがあります。また、ブログのタイトルと異なったイメージのタイトルでアピールしたいケースもあります。それらの時にSNSを利用することで、キーワードの補足や異なったキーワードでのブログのアピールが可能になります。

SNSでSEO対策

SNSの投稿にリンクを張っただけではSEO対策にならない

他のサイトから被リンクを受けるとそればけでSEO対策には効果的になります。しかし,ビジネス系のサイトでは、なかなか難しいのが現実です。ですが、自分のSNSにブログの記事のURLを張り込んでも直接的なSEO対策効果はありません。しかし、FacebookやTwitterなどでシェアされるとgoogle検索では評価対象になるようです。また、Google PLUSは効果があるようです。ですかが、検索サイト上には、あなたが書いたブログとFacebookやTwitter・Youtubeの投稿も検索されます。そこを見込客がクリックしてブログに到達すれば、ブログのアクセスが増えたということでSEO対策的にはGoogle検索の評価を稼げます。

SNSのでSEO対策の支援を

ブログ更新後に自分のSNSに自分の書いたブログ記事をシェアするときに、ヴログ記事と異なったタイトルやディスプリクションを書くことが出来ます。そのようにすれば、ブログタイトルとことなった角度のキーワードで検索サイトにエントリーすることが出来ます。ブログを書きた上にさらに手間な作業ですが、数分で終わる作業で、ビジネス効果を得られるなら行うべきだと私は考えます。

fqacebook-seo

上記の下の部分にオレンジのブログタイトルと異なったキーワードでSNSを投稿する。以下に例を表示してみました。

例:SNSとWebサイトで見込客を増産するためには? → ホームページとFacebookの連携で売上UP 

その他のSNS

インスタなどは、画像でブログに呼込むことは出来ます。動画の一部だけ見せてブログやWebサイトに呼込む方法もあります。また、はてなのブックマークを活用することもできます。

ソーシャルブックマークであるはてなのブックマークでもSNSすべてが、自分でまず投稿するしたりマーキングすることをオススメします。また社員に協力しても羅ことも重要です。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSとWebサイトで見込客を増産するためには?

SNSとWebサイトで見込客を集めるために

Webで業績アップや売上アップを狙うなら、まず、マーケティングを学ぶ必要があります。AIDMAの法則では、ターゲット層がまず、あなたの商品やサービスの存在をしているのか?そして、それはターゲットから価値を感じてもらっているのか?この問に応えないと業績アップに導くウェブサイトは作れません。まず、ターゲットが、自社の商品やサービス・製品にどんな価値を提供いてくる商品なのかと言う前に存在を知ってもらう必要があります。それには、以前は様々な広告が必要でしたが、現在はSNSでそれを果たせます。もちろん、SNS広告という手もあります。

SNSとウェブで販売力拡大

ターゲットにSNSでまず知ってもらうこと

自社のSNSのフォロワーは、自社の見込客予備軍と考えればいいのです。その予備軍を増やすことで、見込客を増やすことができます。それには、まず、自社を知ってもうための行動が必要です。その目的だけにSNSを活用するれば良いのです。ですから、出来るだけ目を引く画像が必要になります。そして、フォロワー数と更新度が重要になります。ですから、フォロワー数を集めるには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することを薦めます。経済的に考えれば、このシステムを利用することの利益を考えるべきです。

もともと、「SNSは無料だから」なんて考えでは、「ダダより高いものはない」のことように時間だけを浪費して、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSからWebへ見込み客を

その比率を高めるにはのフォロワー数をそれなリに確保できたら、次は、SNSからWebに見込客候補を見込客に育てます。SNSからWebへの流れる数は、アナリテックスでわかります。その比率を高めるには、どうしたらいいのかを考えます。SNSで集客をしてしまうとWebやブログには人は流れません。そこが問題となるのです。できればキャンペーンなどのでノベルティンを提供してもウェブに呼び込んでください。

メールを使わなっくてもセールオファーは出来る。

Webに呼び込んだ見込客には、メールを登録してもらうためのノベルティーやダウンロード資料を作成します。そして、その編みに掛からなかった見込客予備軍には、SNSのメッセージ機能を利用して、オファーをすることができます。そして、Webに呼び込んで、MA(マーケティングオートメーション)で見込客を育成して、顧客にします、

このように簡単に行かない

SNSとWebサイトをこのように利用しても、すぐに結果出るものではなく、また成果を得るまでには、SNSのコンテンツやウェブサイトのコンテンツを修正する必要があります。ですがこの方法で改善方法が見えてきます。改善ができれば、一次の売上一次の売上ではなく、継続した売上拡大ができます。

CRM BIツールを使って営業力強化

どのSNSが自社にあっているのか?

SNSを自分の好き嫌いで決めないでください。自社のターゲットが一番利用しているSNSを利用するべきです。そんなケースでは拡散率の高いのが、意外とTWitterです。Facebookでは、個人が特定しやすいので、先々のマーケティングにはとても利用しやすいSNSです。Instagramは、飲食店やお店関係のインスタ映えする画像を提供できるビジネスにおすすめです。またLINEは、ターゲットが主婦やWebリテラシーの低いターゲットとなります。

製造業やBtoBの事業なら事業ならCRMでSNSを追跡する

製造業やBtoBの事業ならSNSの利用している企業の担当や経営者を追跡することで、ターゲットの抱えている課題や考え方をリサーチすることが出来ます。それら向けにWebやブログで対策などのコンテンツをSNSで紹介することも出来きます。CRMを使えば、より機能的にターゲットや見込客を追跡することがが出来ます。モノ売れにくい時代には、今までと同じことをしても成長はありません。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube5

GWも後半ですがウェブ屋なのにこんなYouTubeを推薦します。

天気も悪し、出かける予定もないので自堕落にGWを過ごそうかと思ったら、朝からクライアントの経営者が興奮して、新しいビジネスとウェブ制作の件で電話がありました。もっと寝ていたかったのです。しかし、もうランチタイムので、YouTubeを聴きながらBIツールの1つの1つの設定や開拓をしようと思っていたら、感動のYouTube動画を見つけたので、ウェブ屋ですが夢の多き私が、新しい変化の時代に迎えた「youTube GW中に見ておきたい5つ」として動画を紹介します。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube1.【モチベーション】笑われてこそ一流

今逆境の時の孫様のアドバイスとイチロウさんのアドバイス。そこに分けの分からない博士が分かりやすい解説がとてもいいです。ドリームキーラーに負けずに笑われようと思いました。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube2.【成功者の超意識】志高く、今を生きろ

ホリエモン・ジョブス・孫様と彼らの逝っていることの素晴らしさをひしひしと感じます。ウェブ屋ですが、大きな夢を持ってGWを過ごすそうと思っています。経営も心を熱くして行うことが一番大切だと私は最近感じてます。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube3.好きなコトを仕事にしている人たちの名言

ちょっとクリスさん力が入っているように感じますが、まとめとしては面白いかな〜?と思えたのでしょうかしてみました。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube4.目の前の現実を変えるために必要な「7つの知性」~多摩大学大学院教授・田坂広志氏

やっぱり田坂さんのYouTubeを紹介しておかないとイケないかな〜?まだ観てない経営者は、是非観て欲しい動画です。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube5.野口嘉則 講演「自分という大地に根を張る生き方」−自分本来の力を発揮する生き

野口さんYouTubeはこころに優しく、大変勉強になります。心理学を学ぶことも経営者やウェブデザイナーにも必要なファクターかもしれません。beingを深めましょう!

付録、私が編集したYouTube

素晴らしいYouTube動画に紛れ込ませて、弊社のWebATFのYouTubeビデオです。いまは、WebやというよりもマーケテインングコンサルティングやBiツールの導入支援などを行っています。音無しでお送りします。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは