fbpx

「リスティング広告」の検索結果

ランディングページとリスティング広告は、スピード感が重要

スピード感が重要なランディングページの理由

ランディングページ(LP)では、SEO対策に依存するのではなく、リスティング広告に集客を依存します。リスティング広告をクリックする人の特性を考えるとLPに於いても重要なのがスピードです。まず、リスティング広告を利用するユーザーの傾向を考えてみましょう。そして、費用は掛かりますが、この仕組のコンバージョン率(成果率)は高く、即効性のあるマーケティングの一つです。

ランディングページ

リスティング広告を利用するユーザーの傾向

ユーザーは何かを求めて、WEB検索サイトを利用します。ある程度、求めている商品や情報の知識がある人は、通常のウェブ検索にインデックスされているウェブサイトを選びクリックします。もしくは、上位ページの情報を探索します。ですが、ウェブ検索サイトページのTOPにあるリスティング広告を選択する人は、以下の2つの理由があります。

1.求めている情報を早く探したい(急いでいる・時間がない・せっかち)
2.求めているは情報ではなく、商品・サービスの購入

ランディングページの作り方

上記のようにリスティング広告を選択した人は、急いで商品を探しています。そのクリック先が通常のウェブサイトののページでは意味がありません。1ページで商品購入までの情報が順番に解説される必要があります。要するにスピード感のあるページを作らなければ、リスティング広告を利用した人は、次のリスティング広告を選んでしまいます。

プロダクトローンチに誘い込む

ユーザーがすぐに判断できない商品やサービスのケースでは、資料のダウンロードやお試しなどの企画をランディングページに設置します。プロダクトローンチに誘い込みます。プロダクトローンチとは、1日目・3日目・5日目とステップメールで、商品購入のための教育をユーザーにして、7日目に販売を締結させるマーケティングです。

ここまでが、ランディングページとリスティング広告で成果を得るための簡単仕組みです。

今更だけどSEO対策のお悩みですか?でも忘れてはいけないSEO対策とCVRの関係

SEO対策に悩んでいる人。CVRの大切さを理解してくださいね!

一時より、SEO対策について、騒がれなくなりました。それでも「SEO対策おまかせください!」などの営業電話だが「社長さん!・・・できてませんよ!」と企業サイトのSEO対策の未熟点を言いたい放題語るSEO対策屋さんの電話が未だあるようです」。別に企業から「SOSの信号」は出ていないの月に数回は電話があるのではないでしょうか?特に大手サーバ関連のサーバを利用して、初公開のホームページの企業には、そんな電話が未だあるようです。それでは、SEO対策をして、アクセスが増えると「売上はがるのでしょうか?」。CVR(コンバージョンレート)である成約率は意味のないことなのでしょうか?当然、SEO対策よりCVRを高める方がビジネスには遥かに重要です。

SEO対策CVR

SEO対策よりもCVR(コンバージョンレート)

しかし、ホームページのビジネス効果を高めるのに大切なのは、SEO対策よりもCVR(コンバージョンレート)である成約率です。もちろん、ビジネスのキーワードで検索しても1ページに目に表示されないのならSEO対策の問題は発生します。でもそれは、SEO対策ではなく、Web制作に問題があるのです。コンテンツにユーザの求める問題やその解決策がないからです。そもそも売上を上げるためのホームページなら1日10人がアクセスして、10商品のお問合せがあればいいのかも知れません。もちろん極端な話です。それでは、「SEO対策を行うと販売成績が上がるのでしょうか?」。その答えはウェブサイトのコンテンツの作り方によります。

SEO対策も大切だけど、CVR対策の方が大切ですよ

先程の例ではないのですが、仮に、「1日10人からアクセスあって、3件のお問合せがあるサイト」で、その3件のお問合せから「成約されるユーザが1名」だとします。1名の販売利益から、SEO対策よりもリスティング広告に費用を掛けて10倍のアクセスが得られれば、毎日、10人のお客様が獲得できます。もちろん、SEO対策に費用を掛けて、アクセスを10倍にしても良いのです。ですから、SEO対策は、自社のホームページのCVRがある程度高まってから行うべきです。もちろん、正しいコンテンツを戦略的に制作していれば、「ユーザが抱えた問題にコミットしたコンテンツを制作」できていればSEO対策をする必要がなくなります。

SEO対策は、ブログやページのコンテンツづくりを強化する

多くのWebユーザーである企業様のWeb担当や経営者は、TOPページに最大のフォーカスをして、TOP正しいにアクセスを集中させようとします。しかし、Googleが説く良いサイトとは、TOPページのアクセスが全体20%となります。Amazonのユーザの方はご理解頂けると多みますが、AmazonのTOPページを見たことがありますか?おそらく多くのAmazonユーザは、AmazonのTOPページをみたことがないのではないでしょう。
弊社のクライアント様のサイトも同様に初回アクセスされるTOPページはおおよそ全体の20%程度です。ユーザが検索してTOPページに届く前にスピードの遅いサイトは30%程度が離脱率がその時点で発生して、約60%のユーザが離脱します。それよりも、ユーザが検索する「自分の問題解決策」が掲載されているページやブログであれば、サイトスピードも早く、いちいちメニューでユーザが自分の探しているコンテツを探す必要もありません。多くのホームページでは、ページをまたぐことに40%以上の離脱率を稼ぎます。つまり、現在は、SEO対策でページを回遊してもらうと考えるのは逆効果になります。

SEO対策は、コンテンツSEO対策がベスト

コンテンツSEO対策とは、Web制作時に行います。ページの構造をコンテンツの階層ごとに整理して行います。また、ユーザターゲット区分した構造にします。複数のターゲットもつ企業なら、これも構造を知りする必要があります。学習塾などでは、以前、Webコンサルティングをこなった時に小学生・中学生・高校生をエントランスで食わけるように提案しました。その結果、成果は高いようです。できれば、プロダクトサイトのように小学生・中学生・高校生ごと別々のホームページをサイサクする必要があります。なぜなら、そのサイトを閲覧するユーザは、塾の情報を知りたいのではなく、小学生の親なら小学生の情報を得たいのです。つまり、別々のターゲットがゴチャになるとCVRも低く、SEO対策的にも効果が得られません。このようにCVRの高いSEO対策をするべきです。工務店なども「松本市工務店」で上位に表示されなくても、「こdもが成長できる家づくり工務店」の方が、検索上位を狙えるし、CVRもか高まります。
コンテンツSEOとは?コンテンツSEOの効果と手順、成功のポイン

白壁の家づくりを行う工務店のランディングページの制作

低価格でデザイン性の高い住宅プランをまとめたランディングページです。ターゲットは、20歳代後半から30歳代後半となります。同時に自由設計の「白壁の家」にフォーカスしたメインサイトも制作しました。

web design

mobile design

ホームページは小さな改善の連続です。その結果、ターゲットに選ばれる人気の工務店ホームページとなります。そのためには、スマホ表示・デスクトップ表示のユーザビリティの向上が重要な要素となります。このサイトはランディングページなので、SEO対策は行っていません。よって、Google/Yahooのリスティング広告にアクセスを依存します。しかし、Google/Yahooでは、ABテストを行うとともに戦略的なランディングページ訴求を行ってまいります。

特にmobileでの広告やSNS広告などで、その進化が発揮できるWebマーケティングとなっております。

生活スタイル重視・デザイン重視の個性ある住宅プランをまとめました。家にも自分のライフスタイルをこだわりたいと願うユーザ向けとなります。このようにターゲットを絞れば絞るほどホームページの効果は発揮されます。カタログから飛び出してきたようなホームページでは成果を挙げられません。

チャンネルサイン専門看板製作会社のホームページ制作

箱文字サイン・チャンネルサイン専門看板製作会社ホームページを制作

看板業も細分化されています。そこで、箱文字サイン・チャンネルサイン専門看板製作会社のホームページを新規に制作しました。看板文字専門おサイトは、他にもありますが、これも全国の看板業に向けたホームページです。SEO対策を強化して、新しいドメインですが、できるだけ上位に表示させるように制作しました。もちろん、アクセスより、コンバージョン達成率が重要になります。

テクスター様

基本的SEO対策とコンバージョン達成率の強化

順番からは、コンバージョン達成率の強化の方が重要です。この数値を高められれば、SEO対策もリスティング広告も利用できます。ですから、コンバージョン達成率の強化を最大限行こなうホームページ制作ですが、改善点や問題点も多々あります。それには、コンバージョン達成率を高めながら、小さな改善が必要になります。

モバイルへの対応

モバイル、特にスマホへの対応は重要な要素になります。どう見やすく、このサイトで解決できるユーザーの問題解決を明確にする情報を提供しています。

テクスター様ホームページ

「なぜ人は検索するのか」を考えた上位表示させるのではなく、成果が得られるコンテンツ作り

「なぜ人は検索するのか」を考えた成果が得られるコンテンツ作り

ホームページの上位表示が目的なら、それはそれでそれほど難しくありません。もちろん、人気のキーワードでは、上表示をさせるためには時間がかかりますが、方法は簡単です。基本的に良質なコンテンツの更新頻度を高める必要があります。外的にもほとんど明確になっています。また、正しいホームページの構造などやることはたくさんありますが、それほど頭をひねることはありません。そして、多くの人が上位表示などのSEO対策に興味を注がれるようですが、それでは、ホームページから成果が得られないのではないでしょうか?

検索はなぜ

ホームページを作り理由とは?

そもそもホームページを作る理由はビジネスのリアルな効果を高めることではないでしょうか?そうであれば、上位表示させるのではなくてもホームページからの成約率(コンバージョンレート)が高ければ問題がありません。

つまり、ホームページのコンテンツのお問合せ・資料請求・来店・購入などの成約率を高くできれば、リスティング広告で費用を掛けても、SEO対策業者に多額の経費を支払っても問題ありませんね。ですから、アクセスを増やすより、成約率を高めるためのコンテンツ作りが大切です・

「なぜ人は検索するのか」を考える?

インターネットを利用するのは、「便利」だからです。図書館に行って書籍から何かを調べたり、店に行って自分お好みの靴を探さなくても良いのです。その「便利」の次に調べる・買う・時間を楽しむの3つの要素で人は検索します。

Webマーケティング

それでは、この困りごとや自分の変化への期待を求めて、人は調べるか、何かの解決策を探ります。
ですから、これらの目的で、人は検索するのです。そして、そこに大切なのは「便利」というキーワードです。

それではどんなコンテンツが有効なのか?

上記のユーザーの困りごとや変化の期待に答えられるコンテンツが必要になります。となるとカタログのようなホームページではなく、ユーザーが検索したキーワードに対して、「ドンピシャリ」の問題解決策がわかりやすく表示されたコンテンツになります。それが「便利」というものです。メニューを駆使して、自分が検索したキーワードのコンテンツを探すようなホームページでは、ユーザーは、即座に県s買うサイトに戻ります。

コンバージョン率を高める仕組み

解決策がコンテツになっているから成果が得られるのです。

ページに移行すると50以上の離脱があれば、成果は遠のきます。つまり、最小のページでユーザーにコンバージョンさせる必要があります。キーラーサイトやキラーコンテンツが必要になるのです。コーポレートサイトに商品を掲載して何も効果は得られないのです。

ランディング型ホームページ制作スマートフォーファストのWeb制作 松本市ブライダル関連事業者

引き出物宅配サービスのランディングページを作成しました

ランディング型ホームページとは、よく言われる縦型のホームページです。スマートフォンファーストのホームページ作りをする上で、PC表示をスマートフォンでの表示を重視して制作されるホームページです。多くのページ制作さくをするよりコストも抑えられます。また、訪問されたユーザーも1ページで商品・サービスを知ることができるので効果的なWeb制作となります。欠点は。ページ数が少ないので、SEO対策に弱いということです。ですが、コーポレートサイトへのリンクやリスティング広告の活用により、通常のホームページ制作を行うよりコストパフォーマンスも高いのもランディング型ホームページ制作のメリットです。

99%の人が知らないホームページの成功例

ホームページ制作を行う上で、SEO対策からではなくコンバージョンレートから考えるには、一つの大きな理由があります。まず、コンバージョンレート(成約率)が高いサイトを構築できれば、SEO対策やリスティング広告の出稿数を上げればよいのです。つまり、コンバージョンレート0.5%のホームページだと1000アクセスをリスティング広告を行わないと、1つの商品が売れません。しかし、コンバージョンレートが5%のホームページでは、50件の販売件数を稼げます。つまり、コンバージョンレートを高められれば、SEO対策やリスティング広告で売上拡大ができるのです。

専門店の専門商品をアピールするホームページの成功例

このホームページは引き出物の宅配サービスですが、まだ、扱い商品を絞れません。沢山の商品群からカタログのなようなホームページ制作を行っても売れません。大切なのは、専門店の専門サイトです。これから商品を絞って、一つの商品にフォーカスしたホームページに変更していきます。

引き獲物宅配サービス

株式会社ニシマ様引き出物宅配サービス「Rakutaku」ランディングページ

動画を背景イメージにしたWebサイトTOPページ

動画を背景イメージにしたWebサイト制作

ATFのコンセプトwebページとして制作されたサイトのTOPページは、動画を背景として、YouTube動画がホームページの背景に流れます。これにより動きのあるWebサイトの演出ができます。wifiや4G環境が整ってきた現在、動画でみせるWebサイトの時代となっております。また、このサイトは、リスティング広告のリンク先ともなっております。

ATFwebサイト

ATFのコンセプトwebページ

あともう少し売上UPをホームページで使って行う方法!

あともう少し売上がUPすれば経営も楽だなと感じている経営者のためのホームページ活用法

「5%・10%の売上が伸びるとかなり楽な経営ができる〜」と感じている経営者の方に「ちょっこホームページを変更・追加するだけ、成果が変わる方法」を解説します。弊社が昨年、自社のホームページに向けてGoogleアドワーズ(リスティング広告)予算約10万円3ヶ月を行いました。結果的に成果は「0」でした。今年の4月から1ページのランディングページにオファー(申し入れ)をつけたらお問合せの多い日に4件の実績がありました。

松本市 ホームページ制作
「猫の手も借りたい!」と嬉しい悲鳴を挙げたい! そんな売上UPを願う経営者のために!

ホームページ訪問者に行動を促すオファーとは?

広告効果を得るために弊社はリニューアルキャンペーンを行いました。キャンペーンだから期日を設けました。特にランディングページを作らなくても、「無料お試し」「体験コース」などの期限付きの企画をつけて、ホームページを運営していただくと、今までの売上の5%・10%の売上が伸びます。つまり、ちょっと行動をすることで売上は伸びるのです。面倒くさいと感じているより行動の方が大切です。売上が伸びるメリットと面倒くさいと感じるデメリットを比較してください。

長野市・松本市ホームページ制作ATF – 長野県長野市・松本市デジタルデザインWEBATF 01

GWはホームページの企画を考える

GWには本を3冊読みます。本日アマゾンで購入します。そして、このオファーのもっと有効な方法がないかを渓流に入って、フライフィッシングの合間に考えます。山の森の緑と水の流れによる癒やしの中で、私の頭脳も心もリフレッシュされます。ただ、Web制作会社の作ったホームページでただ売上が上がるのを待つより、PDCAサイクルを活用した変更・追加を行ってください。

弊社では、ホームページの運営代行やSNS・メールマガジンなどの運営も代行しております。

見込み客の関心度に合わせたWebコンテンツの制作

見込み客の関心度に合わせたWeb戦略

製造業や高額商品を販売する業態では、Webで販売は完結しません。これを私は、標準化されていない商品と言っています。つまり、アマゾンなどでユーザーが簡単に購入できない商品のことで非標準化されていない、顧客と対面をして、顧客にあったカスタマイズや顧客のオーダーによって作られる工務店や製造業・不動産などなどがあります。これらのケースでは、まずWebで見込み客を取り込むことを優先に作業を粉います。
そして、その顧客はウェブ上で標準化された商品のように購入を即決するわけでありません。ですから、その商品への興味・関心度の度合いが様々です。ですから、その見込み客の関心度に沿ったWebでのアプローチが必要です。

WEB制作 製造業

直ぐに結論を求める見込み客にはLP(ラディングページ)で訴求する

LP(ラディングページ)とは、一つの目的達成のために制作される縦長のWebページです。このLPを好むユーザーは、自分の求めている情報をまとめて、手っ取り早く求めている見込み客になります。ですからリスティング広告などを利用して、資料請求や相談・お問合せに誘導することによって、見込み客の「直ぐに知りたい!」「直ぐに欲しい!」という目的に応えることが出来ます。

商品情報をWebで吟味したい!企業を2〜3社に選択したい

Webで2〜3社に企業を選択するために、情報を収集する近い将来の購入予定者には、コンテンツ(内容)の充実が必要になります。まず、自社を好きになってもらうことが必要です。そのために見込み客が求める情報を丁寧に提供する必要があります。「こんなこと知っているよね!」と売り手は当然もコトと理解していても買い手が知らないことは沢山あります。ですから、「そもそも」的な基本的な情報から専門的情報まで、自社の商品・サービス・製品などを詳しく説明する必要があります。これには、ブログやメールマガジンがとても有効です。

見込み役への育成をWebで

Webとセールスメールやメルマガジンで見込み客への育成をする必要があります。展示会やイベント・見学会などに参加していただいた見込み客を自社のファンにするために、メールや電話なので、見込み客を育成するためのWebページを見てもらうことやPDFファイルなどを提供することで、MA(マーケティングオートメーションやCRM・SFAなどとの連携により、見込み客を育成して、取引先顧客に導くことが出来ます。

Web制作には、一つ一つの目的にあったページが必要

Webサイト・ホームページを感覚で作るのではなく、また、適当な同業者のWebサイトを真似するのではなく、自社の目的に合わせたWebサイトを制作する必要があります。「いい会社に!」という思いを載せたお客様に好きになってもらうWebサイト制作を行いましょう。
1.どんな目的をもってWebサイトを制作するのか?
2.そのためにどんなページが必要があるのか?
3.そして、どんな営業方法をするのか?

ホームページリニューアルの5つのポイント

Webサイトの傾向2018「今年ホームページを作るなら」

2018年のWebサイトはどんな感じでしょうか?

昨年、スマホファーストの時代が到来して、ほぼ、業態やターゲット別に見て、スマホでのWebサイトへのアクセス状況とデータは確保できています。最近の変化としては、リスティング広告を利用して、ランディングページを活用するケースとオウンドメディアマーケティングを活用した企業の運営するWebマガジンの、二つのWeb手法の傾向を多く見受けられます。また、弊社は、コーポレートサイト・ランディングページ・オウンドメディアのスマホファーストが昨年の実績となります。

松本ホームページ制作 ウェブトレンド

ランディングページとは?

わかりやすく言うと縦長のWebページです。これには、SEO対策ができないため、リスティング広告(PPC広告)を利用して、スピーディなリアルな成果が得られます。また、プロダクトローンチという手法で、メールで売り込みすることにより、商品活用情報や動画を使い商品教育を1週間程行って顧客化します。直接的な販売効果は高いのですが、利益率の高い商品やビジネスでないと広告費やプロダクトローンチ作成費で、費用対効果を得られないケースも発生します。

オウンドメディアマーケティングとは?

このマーケティング手法だと、広告費よりSEO対策に時間が掛かります。また、SNSの活用も出来ます。メリットは、ブランディングや長期顧客の駆け込みが可能になります。また、MA(マーケティングオートメーション)などの最新のマーケティングツールを用いて、インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングが可能になります。また、リアル店舗への導入も促進できます。

Webが中途半端では、効果が得られない時代

ユーザビリティやコンテンツの質が高くなければ、Webからリアルな効果が得られない時代になりました。また、その逆にしっかりとコンテンツを作り込み運営にPDCAサイクルで改善をおこなっていくホームページが信じられないほどの収益を生む時代です。

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

経営コンサルティング業のWEBサイト制作

本気で成長を望む経営者様の問題解決を行うコンサルティングサイト制作

WordPressのCMSですが、アニメーションを多用し、メッセージを伝えやすくしてみました。これからのウェブサイトの方向性を意識し、CSSによる動くバナーイメージも多用しています。また、新しいエディターで、ウェブサイト制作を行いました。弊社、事業部のウェブサイトなので、ちょっと手抜き感がありますが、その点は、ウェブ運営で少しづつ構築していきたいと考えております。

長野経営コンサルティング事業部

ウェブサイトTOPページのセミナー一覧とブログ一覧

セミナー一覧やブログ一覧の部分を申し込みやすく経営コンサルタントウェブサイトのように工夫をしてみました。常に予定されたセミナーの詳細を分かりやすくTOPにも表示しました。

補助金支援や申請書る作成には、LPを

補助金の支援サービスには、ランディングページを作りリスティング広告から見込み客を獲得する予定です。細かな分かりづらい国のサイトのコンテンツを要約して表示したいと思っています。

長野経営コンサルティング事業部サイト制作

小さな会社のマーケティングとは