fbpx

「google」の検索結果

Googleトレンドで「ウェブ制作」を調べてみたら長野県が2位という話。

Googleトレンドで「ウェブ制作」を検索してみた

Googleトレンドで「ウェブ制作」を検索してみたら、なんと長野県は2位のです。ちなみに「Web制作」と検索してみると4位になります。そして「ホームページ制作で検索すると福井県が1位になります。つまり、このホームページでは「Web」・「ホームページ」のキーワードを使ってますが、実は「ウェブ」の方がSEO的にはいいのかもしませんね。同意語でも、明らかにカタカナと英文では異なります。また、ホームページの方が検索する人は少ないのでしょうか?

グーグルトレンド

Web屋としては「ホームページ」という言葉は使いたくないけど

やはり、Web制作会社では、「ホームページ」というキーワードを使いたくないのですが、ウェブレテラシーのあまり高くないユーザーをターゲットにするローカルのWeb制作会社ですから、やっぱり「ホームページ制作」のキーワードを今更変えるわけに行かないので、ここままホームページ制作会社で行きます。

Google Cloud Platformを使ってみよう!

Google Cloud Platform 使ってみなければわからない

今まで、私は一体いくつの Google のサービスを使ったことか?そして、Googleのこれらのサービスは、いくつ廃止されたのだろか? 大体いつもリールースしたばかりだと問題だらけだった。しかし、Google Cloud Platform 一年間無料で使えるのはメリットかも知れない。そして、よく説明を読んでみると、「ビッグデータ時代の到来」という文字に私は、引っかかった。それでは使ってみようと好奇心が働いた。

Google Cloud Platform

・Google レベルのセキュリティ
・卓越した性能を持つデータとアナリティクス サービス
・Google セキュリティ モデル
・Google のインフラストラクチャを利用
などなどが気になった

確かに以下のYouTubeビデオで紹介しているように G Suiteは、私たちも使っている便利な機能である。価格も納得がいく。この Google Cloud Platform も価格的には、ホスティングだけ見ても現在の私たちがお客様から預かっている200近いサイトを一度にぶち込むとコストパフォーマンスはかなり高い。しかし、それだけのサイトを一度に移管させるのは、人件費がかなり掛かってしまします。そして、何よりも使いこなしたサービスではないという点と日本人向けのサービスがない点(学ぶサービスはあるようだ)が厄介ではある。しかし、対応場のAmazon WEBは、間違えなく使えるのは事実です。

Google Cloud 生放送番組

とにかく自社サイトなどを入れたり、Faile Makerなどのデーターをアップロードしながら使ってみましょう。

ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designer web担当・ウェブデザイナー志望向け

Google Web Designerで無料でウェブデザイン制作をCOOLに行う!

ウェブデザイナーのほぼ100%近くが。アドビのPHOTOSHOPやIllustratorなどのツールを使っているのでしょう。最近は、それらをWindowsで利用しているクリエターも多いようです。これらのアプリケーションは、一般のユーザーには、費用負担があるが、ところが、ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designerは、アニメーションもコード作成もできる無料のウェブ制作ツールです。

ウェブ担当様やウェブデザイナー志望の方なら是非、このツールを無料で使ってお試しください。

webdesigner  WEB無料ツール

ここで注意しておくことがあるのですが、私たちは利用していません。しかし、Google Cloud Platform という新しいホスティングで紹介しているGoogleのサービスを利用すれば、1年間は無料でウェブ制作会社自宅で出来ますね。

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

Google アナリティクスの分析力こそが、ウェブサイトを成長させる

ウェブサイトの成長・成功はGoogle アナリティクスの分析力が鍵

コンテンツマーケティングからデジタルマーケティングの時代に突入している。SEO対策は、とても必要なファクターだが、新規に作成された販売・売上拡大を望んだサービスウェブサイト・販売ウェブサイトでは、まず、サイトの商品などの売り方やユーザーにとって正しいのか?修正の必要な点は、どこなのか?テストする必要があります。その場合、リステイング広告のGoogle AdWordsを使用して、その評価を確認し、次の一手を行う必要があります。つまり、PDCAサイクルを高速回転させ、収益の上がるウェブサイトに成長させる必要があるからです。そのためには、Google アナリティクスの分析力を高める必要があります。

phppak9v9a6869_tp_v-1

ウェブ担当に最も必要なGoogle アナリティクスの分析力

ウェブサイト制作会社にあまりないGoogle アナリティクスの分析力はありません。特に地方のウェブサイト制作会社では、自分たちが制作したウェブサイトの評価をされ、修正を行わなければならないので、ウェブサイト制作会社にとっては、あまり踏み出したくない領域なのかもしれません。しかし、私は、そうは考えません。新規ウェブサイト制作は、単なる仮説により実行されたプランに過ぎません。その成功率は極めて低いと考えてください。問題は、ユーザーの答えをGoogle アナリティクスの分析して、その結果を反映した対策を講じ続けることです。この作業によってウェブサイトは企業の収益率を高める収益の柱となるツールになります。

Google タグマネージャーを利用する

Google タグマネージャーを利用して、自己のターゲットをGoogle アナリティクスで分析することもできます。また、インバウンドマーケテインング窓のためのコンテンツ作りにも役立ちます。もちろん、SEO対策にも役立ちます。これらのノウハウを提供してくれるウェブ会社に「仕事を依頼するか?自社でこの能力を高め、修正依頼をウェブサイト制作会社にいらするのか?それともこれらのノウハウのあるマーケテインングコンサルタントに依頼し、Google アナリティクスの分析力を養っていく方法もあります。

ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。

このブログでも何度もお伝えしておりますが、ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。この概念だけは、頭に入れてください。そして、その結果、企業の収益柱に成長させる必要があります。そして、ローカルでもそんな時代になりました。ATFでは、当初からその重要性を伝え実行するために、すべてのウェブサイト制作には、サポート契約を伝いさせています。それが、私たちがクライアントに提供できる最高のサービスだと考えています。

ウェブサイト2107早々に対策が必要になったGoogle検索

常時SSLで2017年早々Google ChromeでGoogle検索で動きがあった

SSLとは、通常のウェブサイトにおいてもお問合せや資料請求、または、通常のECサイトでのクレジットカードでの決済。FacebookなどのSNNなどでを情報を保護するためにURLのHTTPがHTTPSに変更してSSL(暗号化)を行なっています。SSL はサイトのセキュリティを強化しサイトの証明書情報を特殊なサーバ設定において発行していた。それがYahooなどの全サイトがこの危険な時代に対応するために常時SSL、つまりすべてのサイトページをSSL化したことにはじまり、Google ChromeでのGoogleで表示されたURLバーに「保護された通信」と表示されるようになっている。

WEBデザイン賞 優秀賞

Google検索では、常時SSLを優先してインデックスする

Google検索としては、安全なサイトを優先的にインデックスすると2015年ぐらいから発表されている。しかし、今年は、モバイルフレンドリーの次の課題として、常時SSL化にフォーカスしているようです。
このサイトのURLにご注目ください。グリーンで目立つこの表示に大きな意味があるようです。どうやら次は、常時SSL化されていないサイトにペナルティか警告を表示するのでしょうか?
WEB制作会社も技術力と手間のかかる時代にどんどん変化していきます。

Google検索モバイルファーストの考え方-SEO対策知っておくべきコトウェブ担当様

GoogleのモバイルファーストへのSEO対策の概念

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて(2016年11月5日土曜日)に公開した記事によると、未だGoogleはスマホサイトでの評価を文字サイズや>レスポンシブデザインのみのモバイルファーストのみの評価をしているようです。現在は、Pc版のみの評価が検索結果に反映されるようです。

https://material.uplabs.com/posts/google-pixel-psd-mockup-2

スマホファーストでのウェブデザイン

上記を理解するとレスポンシブデザインでもスマホ表示にする時にスマホでもっと見やすくするためにテキスト数を削除する方法が考えられる。また、その先にPC版(デスクトップ版)では、TOPページもテキストを増やすという手法も考えられる。言い換えれば、PC版の構成が良ければ、検索表示反映されるが、現在では、スマホサイトは評価していない事になります。

スマホサイトはできるだけテクストを少なくする方が見やすいわけで、そのためフラットデザインなどで、PC版も作り、そのままスマホにレスポンシにされるのですが、手間を少しかけて、スマホではテキストを捨てて、見やすさ重視のマテリアルデザインにするべきではないでしょうか?

将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。もちろん、Google のインデックスがモバイル版のコンテンツで形成されるようになっても、デスクトップ端末かモバイル端末かに関わらず、すべてのユーザーに素晴らしい検索体験を提供し続ける点は変わりません。

レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて

素人でも出来るGoogle検索表示させる方法

素人でも簡単Google検索表示

自社のサイトや自分ホームページが検索されなかったり、検索順位がかなり低かったりした場合に素人でもできるGoogle検索への申請方法があります。

最近のGoogleは、キーワードやディスプリクションなどのメタタグを好まないようなので、特別に難しいことをしなくても、検索表示してくれますが、新しいドメインなどは、ブログなどの更新をしないと望むキーワード検索順位に届きません。まず、自社サイトの検索順位に不満があったら、以下の作業を行ってみてください。

自分のウェブサイトをGoogleにリクエスト

自社のサイトのURLを挿入して、自分がロボットでないことを示すためにチェックBOXをONにします。それだけでGooGleヘの申請は完了します。もちろん、ウェブの専門家やウェブサイトをいじれる人なら、Googleウェブマスターツール(Search Console)で自社の詳しい雪堤やサイトマップを送ったりすることは出来ますが、詳しくない人は、まず、URLを挿入してリクエストをして、しばらく辛抱しましょう。

Search Console

google検索申請

どうしても、検索上位に表示させたいときは、弊社にお気軽にお尋ねください。SEO対策を行うことができます。

はじめてのアクセス解析Google アナリティクスの見方5つのポイント

ホームページのアクセス解析するGoogle アナリティクス

ウェブサイト(ホームページ)をアクセス解析するのは、自社のウェブサイトを運営する上でとても大切な作業です、世界的にアクセス解析といえばGoogle アナリティクスです。無料のサービスですが多くの機能を持った優れものです。しかし、機能が満載の結果、素人には分かりにくいというのが最大の欠点です。タグをウェブサイトに埋め込めば詳細な自社のウェブサイトのアクセスの解析ができます。そこで今回は、はじめてのアクセス解析Google アナリティクスの見方とを解説いたします・

google-analytics

Google アナリティクス5つのポイント

多くの機能が満載のGoogle アナリティクスですが、5つのポイントだけ紹介します。以下の要素だけまず確認しましょう。

1. 全体のアクセス状況
2. 検索サイトで検索されたキーワード
3. 人気のページを調べ方
4. 見られているディバス(PCかモバイルか?)
5. ユーザーの行動のパターン

セッションとは?:Google Analyticsの基本設定ではユーザーがサイト内に30分滞在すると1セッションとなる。訪問のカウント方法の1つとなります。
ページビューとは:ユーザーがアクセスしたページの総数となります。よく、PVと言われています。
訪問数(ユーザー)とは:ユーザーがサイトにアクセスした回数となります。
ユーザー数:サイトにアクセスしたユーザーの数のこと。1人のユーザーが複数回アクセスしてもユーザー数は1となります。
トラフィック:アクセス情報のこと
直帰率:最初にアクセスしたページだけで離脱するユーザーの割合

1. 全体のアクセス状況の見方

最初の画面であるユーザーサマリーは、一番最初の基本的なウェブサイトへのアクセス状況が分かります。

googleアナリティクスユーザーサマリー

2. 検索サイトで検索されたキーワードの調べ方

検索ユーザーがどんなキーワードで検索して自社のウェブサイトを見ているのかを知る必要があります。そして、その対策を人気のキーワードを強調すれば良いのです。この場合は、オーガニック検索で調べることができます。
集客→キャンペーン→オーガニック検索となります。

Googleアナリティクスオーガニック検索

3. 人気のページを調べ方

どんなページが人気がなるのかを調べる必要があります。そのページのタイトルメーなどがユーザーが求める情報を意味します。また、ブログなどの記事のタイル作りに参考になります。
行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

グーグルアナリティクスページ

ページビュー数の隣の欄がページの訪問者数となります。”/”はTOPページとなります。ページビュー数は当然一番多いいのですが、ページの訪問者数は、全体の20%程度になります。つまり、他のブログとからTOPを移動したユーザーの数がページビュー数となります。よってTOPページ以外のページが多いいほどアクセス数を稼げる要素となります。

4. 見られているディバス(PCかモバイルか?)

自社のサイトがモバイルで見られているのかPCで見られているのかによりウェブデザインの指向も変化します。また、モバイル対応が必要になってきます。

モバイル アナリティクス

5. ユーザーの行動のパターン

ユーザーがサイト内をどの様に移動しているのかを見ることで、ページの階層の変更・リンクでの誘導などの対策が行えます。ウェブサイト運営ではこの情報でメニュー等の位置を変えるだけでお問合せや資料請求などの数も変化します。

行動フロー アナリティクス

Google Analyticsの使い方 – 導入手順とアクセス解析方法»

Google、ついにスマフォ最適化サイトを特別視し始めた!

Googleは、スマフォに最適化された、レスポンシブルデザインのサイトに、Googleの検索ユーザーにも分かるようにラベルを表示するそうです。いや、日程的にはこの対応をはじめたようスタートしたようです。つまり、これからのホームページは、スマフォに対応していないと、ホームページからの効果が得られにくいということです。以前もGoogleのSEO対策的にもレスポンシブルサイトは有効であることを発表している。

google-simpson-logo

弊社でも昨年から、スマフォ・タブレットに最適化したレスポンシブルデザインの  ホームページを制作・提供しております。

米Google は2014年12月10日、スマートフォンからの閲覧に最適化されていることを示す「スマホ対応」ラベル表示を全世界で開始したことを明らかにした。全ての言語に対応したという。

クラウド化導入ガイダンス無料セミナー Google Apps導入ガイダンス

Google Appsセミナー

クラウド化導入ガイダンス無料セミナー Google Apps導入ガイダンス

年間6,000円しかからないGoogle Appsでクラウド化
年間約6,000円(税別)で、活用できるGoogle クラウドAPPS。自社の業務に合わせてカスタマイズ出来る優れモノです。
ATFは地元の松本市周辺の事業者の方にAPPS導入方法を分かりやすく解説いたします。

内容:自社の特性に合わせてイントラネットをクラウド化する。商品管理・販売管理・社内メール・一括メールなど恐るべきパフォーマンスのAppsを使って、作業の効率化を図る。

※同日に開催しております「無料セミナー松本市ワードプレスでサイト構築」への同時参加はできません、ご了承ください。

日時11月27日 木曜日 10:00〜12:00
会場臨空工業団地内 松本ソフト開発センター 1F研修室 GoogleMapで見る»
参加費無料
定員20名(※定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講用資料1,500円(税別) 欲しい方のみ
講師北沢 孝清 ATF SE責任者
プログラム1,クラウド化の必要性
2,助成金対象のクラウド
3,Google Appsとは?
4,Google Apps出来ること
5,Google Appsの初め方

弊社では、Appsの利用サポートは行っておりません。

クラウド化導入ガイダンス無料セミナーのお申込みはこちら

お名前 (必須) 【全角】松本 太郎
メールアドレス (必須) 【半角】app@a-t-f.jp
メールアドレス確認用 【半角】app@a-t-f.jp
電話番号 【半角】0263-87-1709
受講用資料必要不要 (資料は有料1,500円(税別)となります。)
質問・その他
フリーメールを ご利用のお客様
弊社からの返信メールが、迷惑メールと判定されることがあります。
1時間以内に弊社からの返信メールが未着の場合、お手数ですが一度迷惑メールフォルダーのご確認をお願いします。セミナーに関するお問い合わせはこちらから

このお問い合わせフォームはSSL(Secure Socket Layer)に対応しています。SSLとは、情報を暗号化してインターネット上で通信するための技術で、お客さまの個人情報はSSLにより保護されます。

入力頂いたお客様の個人情報については、当社のプライバシーポリシーに基づいて適切に取り扱います。
当社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

Googleから届いた贈り物

毎年、Googleから送られてくるGoogleビジネスパートナーのノベルティのようなSP GOODSがおしゃれでもらって嬉しい。
今回は、木のGoogleロゴ入りマグネットだ。
家族の写真やパンフレットなどを立てることも出来る。

Googleビジネスパートナー

長野県内の企業では、なかなかGoogleアドワード広告を利用して頂けるケースは多くはありませんが、業種・業体によっては、新聞チラシなどより費用対効果が高い広告効果が得られます。
弊社では、ホームページ公開時にるGoogleビジネスパートナー用のクーポンを利用してGoogleアドワード広告を無料で提供しております。

小さな会社のマーケティングとは