「jQuery」の検索結果

何故、ウェブ制作でWordPressを使うのか?

何故、ウェブ制作にWordPressを利用しているのか?

弊社は98%程度以上のウェブ制作はWordpressを利用しております。その理由を説明しましょう。まず、Wordpressとは?CMSとは?どんなものなのでしょうか?そのへんから解説したいと思います。
wordpressは、オープンソースで、世界中の献身的、優秀な開発者によって、開発され日々バーションアップを重ねている優秀なシステムです。
CNSとは、コンテンツマネージングングシステムの略でHTMLなどの言語を知らなくてもウェブサイトが更新できるシステムのことです。

みんなは知ってる?WordPressの特徴と人気の理由を分析してみた

世界のトップ1000万ウェブサイトのうち、37%がCMSを使っているが、WordPressはその60%のシェア率と圧倒的な人気を博しています。(2014/5/25現在)

Web制作、今なぜWordPressを使うのか

FREE & PREMIUM WORDPRESS THEMES

MovableTypeは特定の企業によって開発、販売されているのに対し、WordPressはオープンソースです。オープンソースのWordPressは、世界中の献身的な開発者によって、猛烈な開発スピードで、より優れたCMSへと成長しています。MovableTypeに限らず、それだけのコミュニティを持った製品が登場してくれば、話は違いますが、今、一番活発なコミュニティを持っていることが、WordPressを使う理由と言えます。

WordPressのプラグイン(拡張機能)にあります

最大の利点は、Wordpressのプラグイン拡張機能と考えています。豊富なプラグインは、TOPスライダーのjQueryやSEO対策、サムネイル表示やデーターベースの管理などウェブサイトを制作する上でのすべてと言って良いくらいの機能が付加できます。弊社のウェブデザインは、このプラグインの機能を鑑みてデザインされます。よって、制作物のコストを下げることができます。同様のクオリティのウェブサイトを開発するとすぐに〇〇万円掛かってしまします。これらのプラグイン機能を使うと簡単にSEO対策やこのサイトのようなTOPスライドを設置できます。

Coolなウェブデザインを活用したカスタマイズ

海外の優秀なウェブデザインのテンプレートからカスタマイズスので、斬新なデザインのウェブサイトが制作出来ます。また、動作などのトレンドも簡単に流用できます。現在はモバイルファーストの縦長ウェブデザインを多く活用しています。そして、それらを簡単に制作することができます。

wordpress活用の多くの問題点

英語の不得な制作者には面倒なシステムで、また、PHPの理解が必要です。この点、多くのウェブ制作会社が未だにMovableTypeを利用している点にあります。また、虚弱性もあり、悪質な第三者から攻撃を受けやういのも事実です。しかし、弊社はバックアップシステムの構築により、この問題を回避しています。

縦長レスポンシブWEBデザインの時代

縦長レスポンシブWEBデザインとは?

現在、ウェブではマルチディバイス対応の縦長レスポンシブWEBデザインが主流になっています。弊社の制作するウェブデザインの殆どが、このタイプになります。ウェブデザインに多くのjQueryを活用して動きのあるアニメーション(スマホ表示をスムーズにさせるためにも)を利用しています。PCではモニター全体に比較的大きなテキストで見やすいデザインになっております。

ユーザーにわかりやすく自社の強みをお伝えするために、スマホで見やすく、PCではワイドにビジュアルを活用して、クリエイトされています。まずは下のリンクからデジタルクリエートさんのサイトをご覧ください。弊社のこのサイトも縦長WEBデザインとなっております。TOPページ(WEB制作会社ATF)も合わせてご覧ください。

縦長WEBデザインデジタルクリエート

デジタルクリエート

伝えたい事をビジュアルで表現するウェブデザイン

ユーザーに伝えたいコトをテキストなどで表現しても、なかなか伝わりません。しかし、写真などのビジュアルでユーザーに思いを伝えることができます。もちろん、写真の質が問われますが、ユーザーの心を掴むことができます。デジタルデザインでは、ユーザーに伝えるイメージをまず大切にします。

ウェブ制作の手間は、通常の倍以上になります

PCの各ブラウザーに対応します。6ブラウザーに弊社は対応します。スマホの場合は8ブラウザーとなります。更にタブレット型の3ブラウザーにそれぞれの表示に対する調整が必要になります。しかし、その苦労もお客様の利益を得てもらうために惜しみません。更にお客様がウェブサイトのリスポンスが合って喜んでもらった時の感激が私たちの制作のエネルギーになります。

ウェブデザインのトレンド縦長ウェブサイト

縦長デザインのウェブサイトがトレンドの理由

縦長デザインでの条件はレスポンシブWEBデザイン(マルチディバイス対応)になっております。スマートフォン表示時の動きを重視しています。弊社での最近のホームページ制作は、すべてこの縦長で在位になっております。

縦長ウェブデザイン

縦長ウェブデザイン集

縦長デザインは見やすくて画像重視

縦長デザインのウェブサイトでは、質の高い画像が必要です。また、今のウェブサイトにおいて、画像(写真)の質はもっとも重要なファクターになります。プロのカメラマンが撮影した高画質でイメージの良い画像を用意しましょう。

動きのあるウェブデザイン

JQueryなどを活用した動きのあるサイトを作る必要があります。多くのエフェクトは、スマートフォンでの表示では、ユーザーの興味を惹きつけます。また、PCでもウェブサイトのスクロール時に変化します。

souzoku-himawari
アイザックデザイン様 ホームページ制作
mamma-mia

上記のサイトは、Wordpressで制作されたレスポンシブWEBデザインのサイトです。

ユーザーのこころに火をつけるウェブデザインとは?

ユーザーのこころを熱くさせるウェブデザインとは?

人は「必要」と感じるモノ・コトなどにアクションを起こさない。人は「欲しい!」と感じるモノ・コトなどに強いアクションを起こします。この心理はB TO Bであっても同様です。ですから、ウェブデザインでユーザーが「欲しい!」と思わす雄叫びを挙げるように制作をしなければなりません。それでは、それらの要素を以下で解説します。

ウェブデザイン

1. テキストより画像
2. 現実よりイメージ
3. コピーライト
4. モノよりコト
5. 連続したアプローチ

1.テキストより画像

どんな言葉より、優れた画像の方が人の心を惹きつけます。凝ったウェブデザインより、画像を引き立たせるシンプルなウェブデザインを制作する必要があります。その場合の画像は、出来ればプロによる撮影したものが必要です。経費を掛けるポイントは撮影経費ではないでしょうか?そして、多くの画像を見てもらう部分はウェブデザインに依存します。ここでウェブデザイナーの腕が発揮されます。

2. 現実よりイメージ

プロの画像でもその商品やサービスを利用して喜びを感じている「人」が登場する必要があります。モデルを使うより、現実の社員やお客様に参加してもらうと更に効果的になります。現実のよりイメージというのは、ユーザーの想像力を掻き立てるような画像が必要だということです。

人にいるweb design

3. コピーライト

ユーザーのこころを熱く出来る画像が制作出来たら、更にそれに油を注ぐようなコピーライトが必要です。ユーザーに「欲しい1」と言う気持ちを高めさせる演出をする必要があるからです。
例1:自分の眼と耳で確かめてみませんか?
例2:一歩踏み出す勇気があなたを輝かせる1

4. モノよりコト

モノよりコトのアプローチとは?商品やサービスの性能を解説するより、それを利用したユーザーが喜ぶシーンを表現することです。つまりユーザーに与えるベネフィットを伝える必要があります。多くの企業の経営者はウェブサイトを構築するときに自社の商品やサービスの優れた点ばかり強調したくなりますが、ユーザーはそのようなことを聞いてもこころは熱くなりません。

5. 連続したアプローチ

1つのアプローチだけでは熱くなりかけたユーザーのこころも冷めてしまいます。ですからユーザーには「これでもか〜!」的な画像などのアプローチを繰り返す必要があります。この場合、JQueryなどのスライダーを上手に活用することが必要です。

せっかくの予算を投じてウェブサイト(ホームページ)制作するのですから、より効果を得るための作業を行いましょう。これらのことを行うと信じられない程のウェブからのビジネス成果が得られます。お問い合わせに答えるだけで、忙し毎日が訪れます。

工場省エネホームページ制作

工場・企業の省エネサポートカンパニー 竹腰工業所様ホームページ制作が完了しました

WordPressレスポンシブWEBデザインを採用しました。TOPにはjQueryで動きを演出しました。このスタイル自体はシンプルなデザインですが、ユーザーの見やすさにフォーカスしました。
プラカードを持った女性の動きがとても良い感じに仕上がりました。

竹腰工業所様 ホームページ制作

竹腰工業所様ホームページ

ホームページリニューアルで抑えておくべきポイント

ホームページをリニュアルするならこの点にポイントを

ホムページリニュアールする前のホームページの反省点を抑えておくのは当然ながら、スマホ対応やSNSボタンやレスポンシブデザインに対応したSliderなどのシステムなども検討したい。よって最低でも2〜3年はユーザーにとって使いやすいホームページを制作する必要がある。

ホームページリニューアル

ホームページリニュアルするためのシステムを考えてみた

自社によりコンテンツを追加できるようにCMSでホームページ制作をしてもらうことを大前提ですが、システム面でリニューアルに必要なポイントを記載してみます。

  1. レスポンシブWEBデザインによるスマホ対応
  2. Google アナリティクスの採用
  3. SEO対策(基本的な対応)
  4. jQueryなどのスライドやサイトの動きを活用する
  5. アーカイブの活用
  6. フォントポイント

費用は多少掛かるがレスポンシブWEBデザインでスマホ対応サイトを制作を依頼しよう。ワードプレスなどのブログも併用されたシステムでカテゴリーを活用したアーカイブの利用がこれからのサイトには重要になります。また、フォントも16Pの本文が主流になる。もちろん、基本的なSEO対策は行うべきで、Google アナリティクスなどのアクセス解析の分析によりサイトの質を高めましょう。

ホームページリニュアルするためのマーケティングを考えてみた

ホームページ制作の目的・目標を明確にする。ターゲットの絞り込みをする。などホームページからのベネフィットを考えたコンテンツ作りを前回のホームページ制作の反省とともに考えてみましょう。

  1. ターゲットは明確に絞り込めたか?
  2. 各ページに大切なキーワードを設定できたか?
  3. ニッチなキーワードは設定できたか?
  4. デザインはサイトコンセプトに合っているのか?

マーケティングとは、ユーザービリティを高めるだけでなく、「どんな人に・どんなサービスを・どんなベネフィットを」と明確になるコンテンツを提供してください。そのためのターゲットの絞り込みは必要になります。

ホームページリニュアルするためのSEO対策

何のキーワードで自分のビジネスの潜在顧客は検索機ワードを使うのかをしっかり調べておく必要がある。またローカルSEO対策もしかり行っておこう!

Facebookの全ユーザーは9億人、モバイルユーザー5億人のためのホームページ

Facebookの全ユーザーは9億人突破、モバイルは5億人となった。そこで、多くの中小企業経営者もFacebookからユーザーを呼び込もうと必死だ。しかし、PCユーザーだけが、Facebookユーザーではない。家にPCがあってもソファーに横になってwifiを利用してiPhoneなどのスマートフォンでFacebookを楽しんでいるユーザーも少なくない。

そこで、モバイルに対応したホームページが必要になってくる。もちろん、HTML5で制作されたホームページが必要になる。もちろん、専門のサイトを作ることはできるが、ホームページがスマフォと連動することが望ましい。

yoko-gallery-1

どんなディバイスでも確実にアピールできるホームページは必要になる。

nori

弊社は殆どwordpressベースのCMSを提供している。そして、ビジュアルは、flashからjQueryを利用している。これもiPadやiPhone対策となる。あなたもホームページをもう一度見なおして欲しい。せっかくFacebookで頑張ってユーザーをサイトに呼び込んでもディバイスに最適化されていなければ意味が無い。「もったいない!」の一言で終わる。

こだわりの家づくりは、こだわりのホームページで! 

松本市内の住宅会社のホームページを3社ほど手掛けるている。そして、今回、住宅市場のニッチなマーケテットを狙って、塩尻市の野澤建設のホームページを制作しました。どこの住宅会社とも被らないテーマで、量より質というアプローチで制作しました。

野澤建設

野澤建設株式会社のホームページ»

もちろん、最新のjQueryを活用したスライドで、こだわりの家づくりがユーザーに伝わるように本格的木造注文住宅をキーワードに掲げました。成果を得るのは、まだ時間がかかりそうです。しかし、他の建設会社とは差別化を図ることをススメました。まず、直接販売に結びつける前にこだわりの家づくりを多くのユーザー知ってもらうことが、目的です。物事順番が大切なことも重要なファクターです。いきなり売上を訴求しようとするホームページは、ユーザーの心をつかめないのではないでしょうか?

ATFファクトリーへのお問合せは、こちらから»

Javascriptの外部化

Javascriptは咋今のWEBをダイナミックなものにした。
Ajaxという言葉が聞かれ始めたころ、本当にWEBが変わり始めたと思ったものだ。

Googleパーソナライズドホーム

Googleパーソナライズドホーム(現iGoogle)がリリースされ初めて見たときに、「何かグリグリ動く!」と衝撃を受け、これがAjaxかと度肝を抜かれた。
あれから、WEBが本当に必要な情報を収集することに便利なものとなり、知人にGoogleパーソナライズドホームをブラウザのホームに設定することを勧めていたのを思いだす。
公開されているJavascriptには便利なものがたくさんあり、今やJavascriptは「これを実現するために使う」という観点だけでなく、WEBを彩る重要な要素の一つだと感じる。

膨大になっていくJavascriptファイル

最近Javascriptを外部化しているライブラリをよくみかける。Javascriptの外部ファイル化自体は昔からあるが、ファイル自体を外部サイトから参照しているのだ。
Javascriptも進化し、当然記述も膨大になっていく。中にはテキストファイルにもかかわらず100KBもあるものがあるそうだ。

google

Google Ajax Libraries API

GoogleはGoogle Ajax Libraries APIというJavascriptライブラリを公開していて、Googleのサーバを使って配布しているそうだ。GoogleはWEBを高速化することを目的としているので、自社の強力なサーバを使って配布している。なんともWEB開発者やWEB管理者にとってうれしいツールだ。自分の制作したサイトを振り返ってみると、知らず知らずのうちにGoogle Ajax Libraries APIを使っていたりする。
JQueryもGoogle Ajax Libraries APIで配布されており、多くのサイト利用されているためキャッシュが効いてWEBページを高速化できるとのこと。
みんなで使うことで相乗効果ということだろうか。Googleはやっぱりすごい。

グローバルメニュー構築の効率化!

Webサイトを制作していくなかでグローバルメニューのデザイン・機能はサイトのナビゲーションとして使いやすく分り易くなくてはならない。マウスオーバーなどで画像を変えたり、ドロップダウンメニューを加えたり閲覧頂くユーザーに簡単に直感的に扱えるメニューでなくてはならない。

グローバルメニューを構築するのに便利なツールの紹介

画像のマウスオーバーを簡単にするJavaScript
JavaScriptのダウンロードはこちら»
便利な点は、上記のスクリプトを記述すると、マウスオーバーで変更したい画像の名前の最後に「_off」「_on」を付け加えるだけ!
2_off
「2.jpg」をマウスオーバー画像にする場合は、
通常時の画像「2_off.jpg」
オーバーの画像「2_on.jpg」
2つを同じディレクトリに置くだけなのだ。

とても簡単なスクリプトなのだが、画像ファイルにスクリプト書く必要もなくソースもシンプル、導入が非常に簡単なので多くの場所で使用することができる。
もっと詳しくはソースがシンプルなJSによるロールオーバー»で紹介されています。

簡単でデザインのいいjqueryドロップダウンメニューscript

JavaScriptでのメニュー機能で参考になるサイト
jQueryプラグイン サンプル(メニュー系):skuare.net
jQueryプラグインを使ったドロップダウンメニューやメガメニューなどが数多く紹介されているサイト。デザインや機能の実装に困った際に参考に。
こちらもJQueryで簡単に作るドロップダウンメニュー紹介
JQueryで簡単に作るドロップダウンメニューいろいろ

JavaScript・jQueryをつかってクオリティの高いグローバルメニューデザインでユーザビリティーをアップ!

WEBサイトからのお問合わせを増やす!

お問合わせフォームについて考える

contact, email iconWEBサイトのコンバージョン率をアップさせるために重要な要素のひとつであるコンタクトフォーム
氏名や住所の入力からはじまり、ショッピングサイトになるとクレジットカード番号の入力や配送方法の指定などなど…、様々な入力を求められるフォームには沢山のユーザビリティを実装する必要がある。
自分自身もECサイトでショッピングをする際に、項目の分かりづらさや手間を感じてしまうと購入意欲が失せる。人間が購入意欲をもってから「本当に必要かな…?」と考え始めるまでの時間が約20分と言われている。その為「使いやすい」コンタクトフォームをデザインするのもWEBデザイナーにとって重要な仕事だ。

住所入力を簡単に!

郵便番号から住所を自動入力するツール。よく見かける機能だが、比較的簡単に導入できる自動入力をピックアップ。
Ajax郵便番号→住所自動入力フォーム
Ajaxと JSON フォーマットを利用するJavaScriptライブラリ。JavaScript のみで稼動するため、CGIプログラムが不要。
既存の住所入力フォームを3行書き換えるだけ!

Google日本語入力を利用した自動住所入力
Google日本語入力は郵便番号を入力し変換すると住所を表示してくれる。その変換を利用したフォームでの自動住所入力だ。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ