2015 ウェブデザインの変化のまとめ

Home / スタッフブログ / 2015 ウェブデザインの変化のまとめ

ウェブデザインの流れが大きく変わった2015

弊社が構築したウェブデザインとそのウェブデザインを制作する上で調査したウェブトレンドやデザイン思考が今年になって大きく変化したように感じる。まだ。2015年は終わったわけではないですが、私が感じたままの今年をまとめてみました。

今年度の最も面白かったのが、Yahooの県別スマートフォン利用状況データーベースのサイトです。普段は日本のYahooのサイトを余り見ることのない私ですが、これは評価に当たるのではと感じました。

web

インフォグラフィックまで行きませんが、ウェブマーケティングについて今年を振り返ってみて感じたことを書いてみました。
最近では、マーケッターには嬉しいサイトであるミルトークが成長すればいいな〜と思っています。ウェブデザイン面については、以前のスタイルからランディングページのようなスマートフォンで表示された時に見やすいデザインが多くなりました。従来のTOPページの概念も大きく変わった1年ではなかったでしょうか?

SNSの変化

Facebookもアップロードを重ねましたが、ユーザーは同社のインスタグラム(Instagram)に流れているようです。Twitterで使っていたハッシュタグでシンプルな機能ですがビジネスにも活用できます。といってもSNSは相変わらずFacebookとLINEの高い人気を保っています。ですが、クックパットの情勢からの人気はそれ以上のようです。SNSトレンドの大きな変化はなかったように感じました。

ウェブマーケテイングの変化

コンテンツマーケティングと言う言葉がネット上で沢山使われています。しかし、内容的にはそれほど新しいものではないのではないのではないでしょうか?インバウンドマーケティングも同様です。とすると大きな変化もなかったのかもしれませんが、google検索の大きなアップロードが合ったように感じました。

ウェブデザインの変化

スマホ対応ではなく、スマホ重視型のTOPデザイン(テンプレート)が主流になってきたようです。弊社もTOPデザインをスクロール形に変えました。多くの企業ホームページもこれらに変更したようです。これから制作されるウェブデザインは以前のスタイルと大きく変化することでしょう。