ブログを書き続けることは大変だ!でもそのビジネス効果を考えたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログの効果と書き付ける大変さ

ブログを書くている企業はブログを書いていない企業より遥かに見込み客を獲得しています。ある調査によれば160%以上の効果がある。しかし、書き続けるのはどこの企業でも大変なことです。弊社でも順番制にブログを書くことに決めても、それは直ぐに遂行されなくなりました。そこでブログを書くには、どのようなモチバーションを保てばいいのでしょうか?ちょっと考えてみました。

ブログを書く

ブログの誰かを狙い撃ちする!

ウェブ上では、多くの潜在顧客があなたのビジネスを探しています。それに応えるには、ブログで誰から狙い撃ちすることです。つまり、ターゲットを明確にしたニッチな記事を書くことです。例えば、このブログの1記事で1見込み獲得できれない良いビジネス体型であるならば、(一顧客獲得で得られる収益が高いビジネス)たった一人の人に向けて書くけば良いのです。弊社の例をその例を下記に記載してみました。

  • 医療スタッフの募集に悩む医療機関向け
  • 受注がもう一社だけ欲しい製造業者向け
  • 売上を20%上げたい10名程度の企業
  • 組合のかつ成果を図りたい組合事務局

このように推測されるターゲットを絞り込んでブログを書くのです。するとそんな企業から相談が入ってきます。この成功例がたまらなくブログ中毒になります。

ターゲットをまず絞り込んで

ターゲットを絞り込んでからブログネタを考えましょう。これは日々の業務の中で気づいたことをメモにするだけです。ブログが長続きしない原因の大きな理由がネタ切れ・時間がないなどの2点になります。つまりこの解消法の一つが、ターゲット絞り込んだネタづくりを日々の業務の中の5分程度で行っていく癖をつけることになります。また、ブログを書き続けることが成功を見出だせる要因になります。下手な文章でも熱意はつ潜在顧客に通じます。