長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルテイングFARM

Web制作会社への発注前に知っておくべきタイプ

-shared-img-thumb-WEB99_bontop20150207161613_TP_V
ATFコンサルティングFARM

ATFコンサルティングFARM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

Web制作会社のタイプを知っておこう

Web制作会社にも様々なタイプがあります。タイプの違いを理解することで、自社の目的にあったWeb制作会社を選択することができます。その大きく分けて4つのタイプをご紹介いたします。

1. 印刷系Web制作会社
2. システム系・映像系Web制作会社
3. フリーランス・少規模Web制作会社
4. Web制作専門Web制作会社

webu制作会社

1. 印刷系Web制作会社

印刷系のWeb制作会社は、デザインの仕上げの部分では、質の高いWeb制作をするケースもあります。現在は、印刷物のデザイナーとは別にWeb専任のデザイナーやプログラマーを雇入れたり、外注したり、という場合が多くなってきたようです。ですが、本職は印刷屋さんなので、SEO対策やシステム系が弱いWeb制作会社が大半のようです。

2. システム系・映像系Web制作会社

システム系・映像系Web制作会社はやはり片手間にWeb制作を行うケースも多く、理系の制作者によるもので、デザイン性に欠けます。つまり、システム的な要素の動作などは優れていてもユーザーの心を取り込むデザインにはかなり良い物があります。また、その部分を外注に発注する制作会社も多いようです。

3. フリーランス・少規模Web制作会社

Web制作料金の面では、とても便利な存在でしょう。小回りも効きます。問題は、責任のある仕事をしてくれるのか?という点にあります。また、得意分野以外では役に立たない場合もあるようです。

4. Web制作専門Web制作会社

効果の期待できるのは、やはりWeb専門の制作会社です。ブログサービスなどを行っている企業は外注に依存しているケースもあります。弊社はこのタイプです。問題は、上記4より金額が掛かり、Web担当に多くの負担を掛けるということです。それだけ手間の掛かる作業をお粉ます。

上記は、Webサイトのリニューアル時にクライント様からお聞きした情報をまとめました。

企業サイトのような統合的なWebサイトの制作は、家を建てることになぞらえることができます。みなさん自身が家を建てるときを想像してみてください。落ち着いた和風の家を作りたい場合は、和風建築を得意としている住宅メーカーに見積もりを頼むのではないでしょうか。同じように、Webサイトを制作する場合も、依頼を検討するWeb制作会社がどの方面を得意としているかは、選び方の基準の1つになります。ということは、選ぶ前に、自社の制作したいWebサイトの目的や方針が決まっていることが前提になります。それが明確であれば、どの分野に強いWeb制作会社に依頼すればよいか、おのずと絞られてくるのではないでしょうか。

Web制作会社との付き合い方、発注前に知っておくべきタイプごとの違い

SNS

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
CRM

デジタル時代X新型コロナ時代のWeb制作

ホームページの概念を捨てよう!それがデジタル化の第一歩 デジタイル省が来年創設するようですね。日本はアジアでもデジタル化が遅れている国です。中国・韓国・シンガポールなど市民生活にデジタルが活用されています。日本ではWeb

ブログを読む »
コロナ対策SEO

新型コロナ時代の簡単なSEO対策

今こそ、Webを活用して新型コロナ経済を切り抜ける 新型コロナ時代にWebサイトの活用度は高まりました。今こそ、Webサイトで収益を高めるチャンスです。そんなとき、FacebookやInstagramなどのSNS対策も重

ブログを読む »

セミナーテーマ:
変わることのない原理原則を学び
変化に対応する

第2回 
9月23日(水)14:00~15:30

無料!新型コロナ対策
3ヶ月連続マーケティングセミナー

「ZOOM」を活用したWebセミナーです。
安全なオフィスや自宅で参加していただける
無料LIVEセミナーになります。