WEBマーケティング選択と集中

Home / スタッフブログ / WEBマーケティング選択と集中

webマーケティング

WEBユーザーから絞り込んだターゲットの設定

これからのWEBマーケティングは自社のビジネスで一番の強みに集中したアプローチが必要です。専門家にユーザーは、惹かれます。もちろん、他社より格安で商品・サービスを提供できればよいのですが、それは限られた企業になります。であるならば、自社の強みにフォーカスしたターゲット設定を行う必要があります。そして、ターゲットから外れるユーザーからのクレームを覚悟の上、セグメンテーションされたターゲットのみにウェブでの訴求を行ってください。すべてのゾーンのユーザーに気に入れられることはできないのです。限られた商品・サービスでも他社より優れている自社の強みを限られたユーザーに提供するアプローチをウェブサイト・SNAで行ってください。

Webマーケティング基本アプローチ

アプローチの方法を間違えてしまうと売れるものも売れなくなります。また、良い商品・良いサービスだから売れるのではなく、良い売り方をするからウェブでも売れるのです。

誰に→何を→どんなベネフィットを押し出すのか

このようなアプローチを行ってください。ベネフィットはユーザーがイメージできる「求める/こんなのあったらいいな~」の世界であって「必要」と感じる世界ではありません。
つまり、「これ欲しい!」と感じさせることが重要です。商品やサービスの機能は、ユーザーの「欲しい」を誘発するものでなければなりません。ユーザーがすぐにボタンをタップ、もしくはクリックして、商品やサービスを求める仕掛けが重要です。

Web制作まず初めにマーケティングから

Web制作を始める間に、自社のポジショニングやターゲット設定を行いどんな商品イメージでのウェブデザインが必要なのかを検討する必要があります。弊社では、ウェブ制作前に、このマーケティングの作業に多くの時間を掛けております。