IOTローカルの小さな企業でも

Home / スタッフブログ / IOTローカルの小さな企業でも

IOTをどう取り入れますか?

ITO(Internet of thinking)という言葉がビジネスの現場に飛び交うようになりました。インターネットと繋がることで、大きな効果が生まれるということです。これは、ウェブの活用だけでなく、クラウド化やIT化という言葉も含まれます、しかし、ローカルな小さな企業では、その具体的な方法が見えにくいのも確かです。

IOTローカ企業

Google Driveやfor worksを活用した社内情報共有システムの構築

ハローワークのキャリヤ助成金などを活用して、費用を掛けずにIT担当の育成をしながら、低予算で出来るクラウド化がGoogle Drive や for workを活用できます。そして、どうこれらのシステムで人を活かした経営が出来るかという点については、経営者の学びも必要になるでしょう。

クラウド化は、余分なPCソフトやサーバーなどの経費の削減をするだけでなかく、外出や出張時にも情報の活用ができます。また、セキュリティの強化付加価値の向上や働きやすさの追求が行われます。

ウェブの活用は自社の営業スタイルを変える

営業は、攻撃(攻め)と感じられますが、実はウェブマーケティングを活用した、ユーザーが集まるシステムを構築するのも「攻め」となります。ウェブの活用により、新しい攻めの時代を迎えています。それをどう活用するかが経営者の学びが必要になります。

ネット上では、大きな企業の考え方がフォーカスされます。ですからローカル企業でどうITOを考えるかには、工夫が必要となります。
IOTについて、弊社はロカール企業の経営者とこの問題について、一緒に考えることができます。お気軽にご相談ください。