長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルテイングFARM

「テレワーク」と「リモートワーク」のための記事一覧

ookawa918IMGL1370_TP_V
ATFコンサルティングFARM

ATFコンサルティングFARM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

在宅ワークは業務のデジタル化が最低条件です。

ホームページ制作だけではなく、業務のデジタル化の支援も行います。
新型コロナウイルス対策にデジタル化への対応が急務
新型コロナウイルス対策にデジタル化への対応が急務・・・求めるのは、効果性を高めるためのデジタル化 まず、最低限必要なデジタルツールをご紹介します。 モバイル機器(カメラとマイクの内蔵もしくは外付けのノートPCもしくはタブレット チャットのできるサービス(G-Suite、チャットワークなど(LIBNEはだめ) CLOUD日報システム CLOUD対応している勤怠管理スステム スマートフォン CRM Web会議システム(ZOOMなど) 上記のツールは、ほとんどGoogle G-Suiteの機能で対応できます。 CLOUD対応している勤怠管理システムがあるとタイムカードが不要になり、自宅でも出勤の確定ができます。給与の自動計算も行ってくれます。 G-Suiteによる Gメールの拡張を使えば簡易的ななCRM機能も利用できます。また、GoogleでもZoomに近い機能はできるミートというサービスも始まりました。
在宅リモートワークの時代に一気に加速した
在宅リモートワークの時代に一気に加速した ここ長野県でも新型コロナの影響もあって、連日のように在宅リモートワークについての問合わせが弊社にはあります。実際、私たちの仕事では、PC画面をお互いに見ながらの仕事となるので、ZOOMなどのWeb会議システムや “ウェブ(Web)” と “セミナー(Seminar)” を合わせたウェブナーと呼ばれるWebセミナーも行っています。実に効率機で効果的なツールとなっています。長野県は広いので移動時間はとても経費や作業効率を損なう要因となります。 ZOOMだけは不足する在宅リモートワーク 弊社のパートナであるHubSpotは、もともと社員の多くが在宅ワークを行っています。そのノウハウは、CRMを活用するところから始まります。そして、ZOOM活用にはGoogLe G-SUITEが活躍します。ZOOM+G-SUITE+CRMの連携でかなり便利で、作業が効果的な作業が行なえます。
営業担当の働く時間の25.5%を「ムダ」であるとの調査結果から考えてみませんか?合理化と効果性。
営業の効果性を高める働き方とは? 私たちは、事業範囲を長野県内としています。おかげで移動にかかる時間を顧客サービスの価格に反映させます。しかし、最近、クライアントでも新型コロナ対策で対面を避ける傾向にあります。そこで、私たちは以前から考えていたZOOMによるビデオ会議による打合せを行うことになりました。そして、ビデオ会議を行うと無駄な会話がなくなり、互いの真剣度が高まったようです。 CRMが成果を変える HubSpot CRMのSales hubのスケジュール調整機能も活用できると合理性は高まります。ミーティングの日時調整をかんたんにしてくれます。それにより作業が合理的になれば、生産性が上がり当然ですが、高価性も高まります。移動に関わる時間を質の高いメールマーケティングや次の打ち合わせの準備の時間ができます。そして、合理性と効果性が交わると仕事が楽しくなります。達成感が高まります。
CRMを効果に運営する CRMを活用してビジネスの目的を果たすには、仕事の流れを見直す必要があります。CRMは仕事を効率的に作業を行うものではなく、効果的に作業を行うためにあるからです。ですから、今の現状の作業を見直しながらPDCAサイクルを活用して改善を行う必要があります。 もちろん、あなたが「ビジネスを成長させたい」と考えているのならので話です。 EXCELを最初に使ったのは誰? 日本でEXCELを最初に使った企業を知っていますか?今ならどこの会社でも当り前のように使っています。Google Suiteのスプレットシートの方がちょっとした表計算ならクラウドで共有できるから便利ですね。それでもビジネスのスピード感は加速を続けています。多分、数年後なら様々なスモール企業でもCRM活用は常識のように使われるでしょう。それほどCRMはビジネスを変えることが可能なツールと言えるのはないでしょうか? すでにBtoBの事業を行っているのなら必需品になりつつありますね。
HubSpot CRMはマーケティングの効果性が高まるツール CRMを導入すると合理的にマーケティングや営業活動が可能になるという視点で利用するのは、もったいないというか、それだけの目的だけでは成果を期待することはできなのではないだろう。アメリカでも多くの企業がCRMの導入に失敗した時期があったそうだ。それの原因は、コトラーいわく「仕事やり方を変えずにCRMを導入した」と本で読んだことがる。私はHubSpotを知って、その理由がよくわかった。その説明は、今まで行われていなかったマーケティングや営業活動での大切なプロセスに従い作業が可能になるという点です。言い換えれば、やらなければいけないことで、今までできなかったことをデジタルに載せた仕組みが構築できるという点ではないだろうか。 WebのCVRを上げる1点だけでも導入するべき理由はある 例えば、資料請求やお問合せをコンバージョンとしたケースでは、5%〜36%まで向上した実績があります。それは、ランディングページからサンキューページなど、HubSpotのインバウンドマーケティングの多数のナレッジやレッスンに従って行えるため自力でWeb制作会社のスタッフのノウハウで行えるもものではないという点だけでも素晴らしい価値があります。

松本市ホームページ制作会社ATFは、長野市ではマーケティングコンサルティングとして、企業様デジタル化の支援をこなっています。
ホームページ制作から企業様のデジタル化までワンストップで企業成長を支援するプログラムもご用意しております。

SNS

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
CRM

デジタル時代X新型コロナ時代のWeb制作

ホームページの概念を捨てよう!それがデジタル化の第一歩 デジタイル省が来年創設するようですね。日本はアジアでもデジタル化が遅れている国です。中国・韓国・シンガポールなど市民生活にデジタルが活用されています。日本ではWeb

ブログを読む »
コロナ対策SEO

新型コロナ時代の簡単なSEO対策

今こそ、Webを活用して新型コロナ経済を切り抜ける 新型コロナ時代にWebサイトの活用度は高まりました。今こそ、Webサイトで収益を高めるチャンスです。そんなとき、FacebookやInstagramなどのSNS対策も重

ブログを読む »