中途半端なマーケティングでは、もうないも売れない

Home / スタッフブログ / 中途半端なマーケティングでは、もうないも売れない

中途半端なマーケティングでは、もう何も売れない時代になっているのではないでしょうか?

大切なのは、どんな戦略で自社のマーケティングを行っていくのかを決める必要がある。その経営理念があるのだが、戦略が立案できないような経営理念であってはなりません。

企業理念

要するに、企業の理念に沿った戦略があり手法が立案される。
例えば、「幸せ創造業として、地域に貢献する」という企業理念がある企業では、まず、地域外に販路を膨らませることはできない。そして、誰をどのように幸せにしてくのかを明確しなければなりません。
そこで、初めて、ペルソナのマーケティングが行える。

地域に生活する未婚の26歳の女性で、いつも質の高い商品を購入する。セレブ志向。

ここまで、ターゲットを絞り込む。
しかし、どこまで行っても地域が対象にります。そして、そのターゲットがどう幸せを感じるのかまで設定しなければ、「幸せ創造業・・・」ではなくなる。

つまり、このケースでは、経営理念を再構築する必要があります。
そして、自社の強みを活かせるマーケティングが構築することできます。
それで、どんなウェブ戦略にするのか?ジックリ決めて欲しいのです。