自社のウェブサイトを支援するためのSNS

Home / スタッフブログ / 自社のウェブサイトを支援するためのSNS

SNSで自社サイトをバックアップ

まず、目的を設定してSNSを使い分けることをオススメします。たた、SNSにブログの更新を知らせるだけでは意味がありません。そこで、弊社も現在作成中のSNSの最適化をここで紹介いたします。まず、無料のサービスだと言っていい加減に扱わないでください。そして、担当の配備や計画をしっかり持って行うことをオススメします。もちろん、手間な作業です。しかし、その面倒くさいことを行わないとSNSでウェブサイトの支援も出来ません。そして、ウェブをビジネスに活用することが出来ないのです。

nike Instagram

上記は、ナイキのInstaのです。

また、その逆に、しっかりとSNSを運営していれば、信じられないほどのビジネス効果も得ることは出来ます。

最低利用したい3つのSNS

ビジネスでは、まず、Facebookページを作る必要があります。それを基本に他のSNSをどう目的を区別するかを以下でお伝えします。

1.Facebookページは、全体のインフォメーションと考えてください。ブログの更新シエアを主に利用してください。
2.インスタグラム(Instagram)では、画像を中心にします。レストランなら全てのメニュー。住宅会社では、スタイルのいい住宅の画像だけ。
3.Twitterでは、Facebookを利用していないユーザーにアピールします。

上記のように、とても手間な作業を行うことで、SEO対策の不足分を稼ぐことが出来ます。それぞれのSNSの特出にあった使いかをしてください。

SNSに社内担当を分ける

ブログを更新する人がすべての作業を行うと非常にハードワークになり、そして、長続きません。大切なのは、SNSの時代になれることです。また、一つのSNSを担当するだけなら、一日に時間の空いた10分程度で作業は完了します。大切なのは、ウェブに不慣れな社員もウェブになれることです、一人のウェブ担当にすべてを任せてはいけません。

例えば、工務店などの住宅会社ならば、現場監督がインスタグラム(Instagram)で現場写真だけを投稿し、それをブログ担当がブログとして記事にすることも出来ます。Twitterはお客様担当の仕事にするとか、社内一丸となって行うことをオススメします。ウェブリテラシーの高い企業に成長させることも出来ます。そして、最後はウェブサイトの成長期待できます。

SNSを複数持っている人は?