長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

「こんな会社と取引できて私幸せ!」と感じてもらうためのWebブランディング

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

Webで売上UPができないからブランディング?

「CPAもCPCもCTRもCVRも改善したが売上の伸びない」とWeb担当さんはお悩みが解決しないときに「ブランディングが必要?」遠思いついて「Webブランディング」という言葉に救いを求めるのかもしれません。、とはいえ、実際どんなことをするのか?わかりにくいのも正直なところ。そこでまず『ブランディング』とは、どう行うのか? 疑問が発生するのではないでしょうか?

ブランド

「こんな会社やお店があって私幸せ!」と感じてもらうには?

とても難しい話になります。CPAもCPCもCTRもCVRで売上UPを狙うのとブランディングを構築するのでは、短期的な仕事と長期的な仕事に区別する必要があります。売上アップを1時的に行うには、Web改善を6ヶ月程度で解決できますが、ブランディングを構築するには、1年や2年では?という感じの仕事になります。「こんな会社と取引できて私幸せ!」「こんな店の近くに暮らせて私幸せ」とユーザに感じてもらう必要がありませす。それが商品力なのか、サービス力なのか、はたまた両方なのかという問題です。Webや広告だけでは、本来のブランディングは構築できません。

そもそもWebブランディングって何?どうやるの?

ブランディングを構築するには、自社の商品やサービスに「圧倒的他社との優位性」、つまりコアコンピタンスが必要になります。もちろん、ユーザがそれに価値を家事てくれていて、その価値にあったデザインを多くのターゲットに記憶して貰う必要があります。人に例えると、パーソナルブランディングよりインフルエンサーに近いものが必要になります。SNS的に言えばエンゲージメントされるとい事になります。そのためには、お店であれば2〜3回以上の来店。商品であれば、お気に入りのアイテムとして長年利用していただいている必要がります。ブランディングの要素としては、「評判」+「PR」となります。デザインにはネーミングなどの要素も含まれます。ですから、あくまでも企業やお店の「評判づくり」が同時もしくは、先行しなければなりません。ですが、「評判づくり」だけでもブランディングを構築するのに時間がかかります。そのスピードを高めるのがWebブランディングとなるのでしょう。

それでもWebブランディング

ブランディングを構築するためのPRの要素としては、TVなどのマスメディアの経費と比べると極端にWebやSNSを利用したブランディングの方が安価であるという点。また、マスメディアでは、マスになるので、Webのようなターゲットを絞り込んだ訴求ができにくいという点があります。ですから、ブランディング構築のためのイメージ作りにWebを活用することは中小企業であっても重要だと私は考えます。

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン