「一週間が短い!」とボヤくウェブディレクター

Home / スタッフブログ / 「一週間が短い!」とボヤくウェブディレクター

今週も一週間が短い。気がついたらもう金曜日ですね。年末に近づいて来て納期に追われる毎日です。ですが納期に追われると言ってもほとんどが来年仕上がりの仕事です。私の仕事は、ウェブサイトを構築する時のコンセプト(ビジュアルコンセプトも含めたマーケティング)となります。つまり、クライアントのサイトを目的に最良なカタチでウェブデザインするということになります。

私はプランニングの場合ではPCは利用しません。すべて私の場合は手書きです。PCを利用して机の上でプランニングをすると良い成果は得られません。

PCの操作に集中力が奪われます。ゼロから有を生む私の仕事は公園のベンチに座ってプランニングが完成するときもあれば、スタバで行われることもあります。時には品川のオフィスに向かう電車の中や長野県信州松本空港の近くで北アルプスの景色を見ている時もあります。

時には休日自宅のソファーにに転んでFOX TV海外ドラマを見ている時にアイディアがひらめく時もあります。

webdirector

私の2つのノートには、ウェブデザインのコンセプワークが記載されています。

ウェブディレクターと言ってもまずはマーケティングとコンセプト作成です。特にコピーライトなどに気を使います。ウェブデザインはマルチディバイス対応なので、スマホでも楽しく見れるデザインを優先させます。この仕事で一番困るのが、ない頭脳を使い過ぎて、頭脳が糖分を要求することです。また、ダイエットがしにくいのです。体に負担やフラストレーションを掛けるといい仕事は出来ません。ですから、情報の整理や作業場所の整理にも気を使います。

私たちの仕事は制作物を完成することです。モノを作っているのではありません。企業に役立つシーンをクリエートするのです。専門家になればなるほど学びが必要になり、世間の人達との考え方やモノの見方も変わります。分析力や情報の精力が必要です。つまり更に変人化するということです。そんな変人を上手に扱ってくれる嬉しいクライント様にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。もともと私たちは、世間から見ると「オタク」の集団です。ウェブをビジネスツールにするために徹底した専門知識や感性・経験などあらゆる能力を使います。

それでも勤労感謝の日の夜には仕事を少しだけしたのですが、今日は気が付いたら金曜日なのです。一日が30時間・一週間が10日位あると嬉しい気もします。それでも何十年もこの仕事をしています。