経営者の悩み・問題解決のためのウェブ

Home / スタッフブログ / 経営者の悩み・問題解決のためのウェブ

経営者の悩み。問題をどこまでウェブで解決するのか?

経営者ならどんな企業でも一つや二つの悩みや問題はあることでしょう。そんな悩みの中で実はウェブが問題解決のツールとなるものが多々あります。ホームページの活用は様々な目的に対応することができます。もしそれらを知らないのならそれこそが経営者自身の問題となるのかも知れません。

経営者の悩み

雇用問題・人材の採用や育成を支援するホームページ制作

飲食外食産業の人材不足による企業の危機はここでお話するまでもありません。ですが、製造業・土木建築業でなくても人材の確保がこれからも重大な経営課題となるのでしょう。そこで、高校生・大学生などに受け入れられるためのホームページ制作が必要になります。学生たちがリクールトサイトからその会社のホームページを見る確率は100%に近いと言われています。そこに学生たちが求める情報や好まれるコンテンツを掲載することで人材確保や人材の育成について社内で検討する機会を設ける必要性が発生します。

また、人材確保や人材育成をホームページに記載すると顧客の印象・好感度が受注に繋がります。

社内コミュケーションを円滑にするウェブ支援

社内コミュニケーションを、社員しか見ること出来ないサイトをホームページの裏にご用意することもできます。社内通達事項だけでなく、社内ブログ・社内SNSなどを活用して、社内にいなくても情報や在庫の確認などが出来るシステム。Google Apsを利用したカレンダーや一斉メールシステムの活用もできます。社長の声をビデオメッセージで届けることもできます。

売り上げ拡大をホームページで

スマートフォン化された、しっかりとした目的を設定してSEO対策を行ったホームページを制作すれば売上拡大は用意に望めます。また、社内制作チームやウェブ担当の教員などを行えばこれからの時代に対応したウェブ活用が出来る企業になります。

ATFではウェブ担当教育やレクチャー・社内セミナーなどのサービスもご提供しております。