信頼を得るためのウェブでつくるブランディング

Home / スタッフブログ / 信頼を得るためのウェブでつくるブランディング

ブランディングをウェブで構築するには?

どんなブランディングを構築するかにもよりますが、一番必要なのは、まず、信頼・期待という2つのファクターをブランディングを構築する前に企業としては必要になると私は考えます。そして、ユーザーに信頼を与えるウェブサイトを構築して、その次の段階で、ユーザーに期待を与える。「あの企業なら新しい自分の生活に変化を与えてくれる」などとユーザー感じてもらう必要があります。これらをウェブサイト・ブログ・SNS・メールマガジンなどで表現する必要があります。

ブランディング

また、アナログなニュースレターなども必要になります。経営者のTV.ラジオ質園なども可能であれば必要です。

信頼をウェブでユーザーからあ獲得するには?

あなたの企業がユーザーから信頼を得るには、あなたのビジネスに対する情熱・専門性を高めるための行動をユーザーにアピールする必要があります。それには、ウェブサイトでの企業理念・ミッションなどのページの設置・ブログなどの更新頻度・SNSなどのパーソナルブランディングの構築からの延長線。それらに日々の努力が必要になります。
努力なしに、ただウェブサイトやホームページを新しくしても効果は得られません。

期待を感じさせるブランディングのためのウェブでできること

「期待をさせる」とは、アップル社のiPhonoなどの新商品の発売開始には、多くの人が期待を寄せます。それは、アップル社のミッションや徹底したマーケティングによるものです。新商品を手で確認する前から購入者は殺到します。もしくは、新商品の発表前から、次の商品を購入する予定を立てています。

例えば、アップルストアー表参道がアップル表参道と名前を変えたように、今までのコンピュタ関連の販売店やショールームでは、あり得なかったデザイン性があるショールムになっています。また、アップル社は、機能とDESIGNに妥協しないという企業ミッションを製品・ウェブ・店舗・パッケージなどで表現しています。このように自社はどんなことにこだわり、どんあことをユーザーにアピールして、どんな社会貢献するのか?多くを語らずにDESIGNで表現する必要があります。それらを企業ミッションや企業ビジョンを文字ではなくウェブデザインで表現する必要があります。もちろん、ブログやブログやでも同様です。

そして、結果的にユーザーに「あの企業の商品・サービスなら私の生活が変わる・自分のビジネスが変わる」という期待感を与えるブランディングが構築できます。

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。

ブランディングとは?