経営者が知っておくべき6つのホームページスキル

Home / ウェブデザイン制作 / 経営者が知っておくべき6つのホームページスキル

6つのホームページ制作スキル

ホームページを制作する時・リニューアルを考えている時・修正を考えている時に考慮したい6つのポイントを紹介します。全てが理解できなくてもまず、知っておくことが大切です。そして、ホームページ制作を考えた時にホームページ制作会社に尋ねてみてください。

ホームページスキル

ビジネスに活用できなホームページでなければお金をかけても意味がありません

以下の6つの項目がしっかりと制作者が理解しないとビジネスに活用できるホームページは制作できません。

1.SEO対策

ユーザーが検索するキーワードの予測して、自社のホームページのキーワードを決める必要があります。そして、そのキーワードの強豪他者の順位などを調べる必要があります。SEO対策はとても重要な作業です。

今のあなたのPCの検索では確かな順位はわかりません。まず、以下のサイトであなたのキーワードに対する検索順位を調べてください。
順位チェック 300 | SEOチェックのためのSEOツール集

2.ユーザビリティ

ユーザーエクスペリエンスという言葉を使う場合もありますが、簡単に言ってしまうとユーザーの使いやすいホームページになっているのか?お問合せや資料請求などの目的のページにユーザーを誘導するデザインになっているかということです。
ユーザーエクスペリエンスデザインとは?

3.コピーライティングとコンテンツづくり

文章があなたの会社のサービス精神をしっかりと沿った形の文章になっています。売り込みの多い言葉使いを使っていませんか?
ユーザーが行動しやすい言葉使いでくか?キーワードは活用されていますか?
もう一度検討してみましょう?

4.お問合せフォームや資料請求フォーム

アンケートのような面倒な項目があったり、内容の分かりづらい資料請求フォームになっていませんか?
せっかく、ユーザーが問合わせようと思っても電話番号表示やフォームボタンが見やすいところにありますか?
工務店の資料請求例

5.ソーシャルメディア・SNS

ホームページに見込み客を呼び込んだり、ブランドイメージを高めるためのフェィスブックなどの利用をお考えください。フェィスブック企業ページを設置してください。また、ブログ活用やフェィスブック活用の担当者などの担当を設定してください。

6.マーケティング

ユーザーを絞り込んだ専門的なアプローチができていますか?見込み客がホームページで何を調べようとしているのかを調べる必要があります。
あなたが伝えたいことでなく、ユーザーの知りたいことをホームページに記載してください。