自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ