WordPressとインバウンドマーケティングの関係

Home / ビジネスブログ / wordpress / WordPressとインバウンドマーケティングの関係

住宅販売・商品販売・レストラン等の実績や多くの商品を扱っている業態のWEBサイトは特にWorpressのDBを活用するのをオススメする。その理由は、まずユーザーに多くの商品や・ジッs系を診てもらうことだ・もちろん、製造業も同様である。サイト上のセールコピーなど誰も読みたいと思わないし、信頼性も掛ける。ただ実績や作業中の画像の方がユーザーを引き寄せることが出来る。

wordpress

インバウンドマーケティングとは?

まず、ユーザーに自社を「好きになってもらう!」ことから始めるマーケティング。ブランディングに似ているのだが、WEB的には、ユーザーの求める質が高く鮮度の高い情報を提供して、ユーザーの心を引き寄せるマーケティングとなる。

鮮度の高い情報とは?

情報性の高いコンテンツとは、例えば。工務店などで言えば施工状況などである。どうやって住み心地のいい家がどう建てられるかというものを紹介する。それだけでも良質なコンテツになる。もちろん、適量のテキストはいる。

だからWordPressを使う

WPで言う投稿ページのカテゴリ・タグを駆使してプログラムする。ユーザーが見たいカテゴリを即座に表示する。もちろんスマホでもOK。そんなサイト作りをするならやっぱりをWordpressだ。

何故、WordPressでホームページを作るのか?見込み客を呼び込むシステムとは?»