私が思う『ビジネスブログが書けない理由』 

Home / ビジネスブログ / 私が思う『ビジネスブログが書けない理由』 

ビジネスブログを書こう書こうと思っていても、なかなか書けない。なぜでしょうか?今回自分の気持ちの整理をしてみました。

BLOG IDEAS

1・インターネット上では誰でも見れるから下手な事が書けない…と思っている?
2・あたりさわりのない事を書きたいが、アクセスアップにはつながらないと思っている?
3・書きたいと思ったがその情報に詳しくなくて、
それに関する情報をネットで調べたりして検証してみたりしても、「これってすでにみんなが知っているのでは?」または、「こんなのありえない!」って言われるのが怖い?
4・著作権とかで画像を使ったりするのが怖いから?
5・会社のイメージがある?
6・私が書ける事と言ったら、主婦の大好きな噂話くらいだから…?

以上の6つの考えが浮かびました。たぶん今までにビジネスブログを任された人も、新入社員になってこれから始める人もいるかと思いますが、不安だったりして私みたいに固まってしまう人もいるのではないでしょうか?
そこで、この6つの答えについては、会社の人に答えてもらった。

ビジネスブログで、ベネフィット(利益)を考えた場合

まず、この質問には大きな過ちがあります。よく、ブログ更新担当を新入社員やそのビジネスを熟知していない人財をブログ更新担当にする企業様があります。この場合、ビジネスブログから思うような利益は得られないでしょう?当然ながら、専門のプロの情報をユーザーは必要としています。そして、その情報の質がビジネス成果に結びつきます。もし、あなたが、自分の会社の仕事内容に詳しくなかったら、担当の専門家にインタビューをしてブログを書いてください。

1・インターネット上では誰でも見れるから下手な事が書けない…と思っている
自分が正しいと思ったことを書けばいいのです。間違った情報は修正すればいいのです。正直さが、ユーザーに受け入れられます。

2・あたりさわりのない事を書きたいが、アクセスアップにはつながらないと思っている?
同じ公園を歩いて、人それぞれ感じ方は異なるはずです。正直に書くこです。多くの人に読んでもらおうと、あまり意識をしないでください。ネット上のたった一人に何かメッセージをあなたらしく行なってください。「あたりさわりのない事」を書いたブログを読んであなたは何か感じますか?

3・書きたいと思ったがその情報に詳しくなくて、それに関する情報をネットで調べたりして検証してみたりしても、「これってすでにみんなが知っているのでは?」または、「こんなのありえない!」って言われるのが怖い?
当初に書いたように詳しくない情報をブログに書く必要がありません。自分の得意な分野や知っていること、感じたことを書いてください。反響があるということは、認められているということです。

4・著作権とかで画像を使ったりするのが怖いから?
Googleの画像検索のオプションで、著作権フリーの写真やFlickrなどの共有可能な画像をご利用ください。

5・会社のイメージがある?
絵文字を使ったり、文章が、幼稚だったりすると当然会社のイメージを損ないます。この問題もやはり、自社のイメージやブランディングの目標値やルールを事前に決めてください。

6・私が書ける事と言ったら、主婦の大好きな噂話くらいだから…?
主婦の視点で書くことは、問題ないでしょう。しかし、噂話や他への中傷は書いてはいけません。例えば、自社で販売している商品を主婦の視点で解説するブログなどは、ユーザーの求める情報になるのではないでしょうか?

最後に!

ビジネスブログの出来は、自社のホームページのアクセスを増やすだけではなく、サービスに依頼、販売の促進に大きく繋がります。30分程度ブログを書くことで、営業マン何人もの活躍もします。大切なのは、正直な内容と仕事への情熱です。ブログの更新頻度は、その企業のビジネスに対する情熱を表します。そして、正直な情報開示は、ユーザーからの信頼というロイヤリティを得ることができます。

«ビジネスブログ Category