fbpx

モノが売れない時代のWeb対応

最近はインターネット上で詐欺行為が横行しています。ただ、モノが売れない時代に、売る側はただモノを売るだけでなく、信頼というロイヤリティを獲得して、更にブランディングに重視したWeb制作・ECサイト制作を行わなければなりません。ビジネスは信用を築くことが重要です。まして、インターネット上ならなおさらです。そして、今ユーザも今まで以上にそこを重視してモノを購入する時代になりました。
例えば、ECサイトやインターネット上で購入が完結できるホームページなどでは、次の項目は、最低限の条件になっています。

 1.送料無料
 2.返品自由
 3.返品送料無料
 4.返金

上記の条件は必修となります。この表示でユーザは、インターネット上で購入する安心感を得るのです。このサービスができる仕組みづくりを作る必要があります。そして、それは、上記に述べた信頼というロイヤリティを獲得することになります。

Ecサイト

ユーザから信頼というロイヤリティを獲得できるホームページとは?

上記の項目以外に重要なのが、商品のプロダクトアウトから生まれたこだわりです。つまり作る人の考え方行動などを表現する必要があります。モノが売れない時代にモノを売るには、その商品そのものよりコトを売る必要があります。販売している商品をツールとして考えた時に、そのツールがユーザの考える問題解決策として、他社商品より、優位であるということを示す必要があります。そのためには、商品の画像・使い方の画像など他社より多く掲載する必要もあります。そして、何よりユーザレビューであるお客の声です。このお客様の声の説得力は、他のコンテンツよりはるかに優れています。

ユーザの目的に最適化されたホームページコンテンツ

ホームページによってユーザの期待は異なるため、そのユーザの目的に最適化させることが必要です。そして、どんなホームページもすべての顧客の問題を解決できるものではありません。ですから、自社の商品にできる最も他社より優位な問題解決策を提示する必要がります。基本は、以下のとおりです。

 1.誰に:どうのなことにお困りの方に
 2.何を:こんなことができるこの商品を
 3.どのように:こんなコトを感じた時に
 4.結果(ベネフィット):こんなことの解決ができます。

上記の4つをフレームワークに入れて、コンテンツを作る必要があります。できるだけ絞り込んだターゲットに訴求します。

モノが売れない時代に必要なこと

直接的な商品のことではなく、レバレッジを効かせた販売方法が必要です。それは、ウェブブランディングになります。コンテンツマーケティングを採用する必要もあります。ブログなどの下に常にそのコンテンツの下に商品紹介があるような気の利いたホームページを作る必要があるということです。つまり、営業マンなら笑顔を絶やさない身なりの良い、簡単に相談に乗ってくれそうなWebデザインを行い、それらに最適化されたコンテンツを制作する必要があります。