スタッフブログ

web制作会社2つのパターン

Web制作は、今や2極化しています。

これには、クライントの規模により Web制作予算よるもの、また求めている成果によるケースにより、1つのWeb制作費の桁が異なります。この状況により、価格を制御して、安価なWeb制作を行う業者と弊社のような業績UPを実現させるための手の掛かったWeb制作を行うWeb制作会社の大きく2分化されているようです。

Web制作の相場とは?

しかし、ビジネスで使用されるWeb制作であれば、現在の相場として70万円程度は最低掛かってしまいます。相当な赤字覚悟で、本来の標準的な仕様のWeb制作をするしかありません。ですが、顧客である一般の企業の経営者ならそれらを理解する事はできないでしょう。また、それらを経営者に伝え理解していただくには、不可能であり、不要な行動になります。

松本 ホームページ制作コーディング

Web制作を依頼する企業にとって、どれも同じサービスで業績UP、つまり売上拡大に繋がると考えているか?その逆に期待していないのかという点でしょうか?

技術力をアピールしても

松本市という立地でWeb機能や技術力をアピールしでも意味のないことで、マーケティングを理解していれば、レバレッジを稼ぐマーケティングを行うべきだと私は考えるのです。つまり、Web制作による企業の業績UPの実現に対し常に変化を求めるということです。弊社のプレゼンスのようなもので、弊社を良きパートナーとして選んでくれている企業様への恩返しでもあります。
もちろん、弊社の売上の50%近くは、この松本市ホームページ制作のWebサイトから受注になります。Web制作会社が、自社のWebで集客ができないのでは、Web制作の受注を行うことすら、社会に必要な存在ではなくなるからです。

ただ、私達とすれば手をを掛け、マーケティングや他のWeb制作会社が行わないことも、長野県の企業に変化を与えるというミッションを遂行するだけです。

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う時の注意点

オウンドメディアをホームページで行う

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う効果は、コーポレートサイトや販売のサイトよりリアルな効果を得やすい。しかし、その場合、他のコーポレートサイトや販売のサイトが一定玄室の高いものでなければなりません。また、オウンドメディアマーケティング自体、費用が他のサイト制作費より断然かからない点もありますが、コンテンツの作成に日々時間を取られる欠点があります。ですから、できるだけ自社内に販売商品の専門知識をもった担当が日々ブログなどを更新できる体制が必要になります。

松本市 ホームページ制作メディア

オウンドメディアマーケティングとは、このブログでも何度も紹介していますが、自社メディアと定義します。そして、あくまでもコンテンツマーケィングやインバウンドマーケティングを採用する必要があります。簡単にいうと、商品を売るのではなく。商品を使うための知識やトレンド・ニュースなどの情報を提供しながらコミュニケーションする手法です。コーポレートサイトや販売専用ホームページで成果が得られない場合は、オウンドメディアマーケティングをホームページやブログで行ってください。

オウンドメディアでは、ブランディングに注意

オウンドメディアマーケティングでは、まず、自社を好きになってもらうことを重視します。そこで、「親切な会社」「技術力のある会社」などの事前にユーザーに感じてもらいたいブランディングテーマを決めておく必要があります。また、それらから外れたコンテンツを採用しない徹底感も必要です。ですから、リアルな利益よりブランディングを高めるためのコンテンツ作りに徹してください。その姿勢がリアルな成果を導きます。SNSとの融合も同様です。「売込みの匂い」を完全に消し去ってください。

オウンドメディアのSEOの対策を注意点

全国を対象にするビジネスでは問題はないのですが、例えば、松本市・長野市などの長野県エリアに限定されたビジネスである場合、コンテンツが優れているとエリア外のユーザーなアクセスが高まりすぎることがあります。ですから、タイトルには自動でエリア内の地名が入るように設定する必要があります。エリア外のアクセスが増えてホームページの評価は上がりますが、分析ができなくなります。

オウンドメディアでは、どんな商品やサービスがユーザーの目を引いているのか?また、地域では? と分析することにより強化すべき商品やサービスを確認することができます。また、サテライトサイトとして、コーポレートサイトや販売サイトの外部SEO対策にもなります。

戦略と戦術に関するWebによる業績UP方法

戦略と戦術に関するWeb

ホームページを含んだWebを活用して、業績UPを目的にした戦略では、出来るだけ敵のいないゾーンで戦わないで勝つ方法を見出す必要があります。しかし、戦略自体が社長室や会議テーブルの上で作られたものであると、戦略自体に欠陥がるケースが多いのも事実です。「戦略」と「戦いを略す」と書くように、どうしたら戦いを略せるのかというと、現場での顧客の変化を見つけ、イノベーションするのが、一番の解決策になるのですが、現実の戦術が方法がホームページ制作ぐらいしか、見つからない長野県下企業様には、多いようです。

戦略 ホームページ制作松本市

戦術に関するWeb

例えば、戦略から導かれる戦術には、ただホームページを制作するのではなく、営業マンや社内システムで人材が不足している点や手間のかかる作業をホームページを活用したり、いわゆるリード(見込み客)を獲得するためにホームページと他のWebツールを活用する方法があります。実際、戦略立案と同様に戦術を立案するのはとても重要で難しい仕事なのです。

人とデジタルを使い分けるWeb戦略

マーケティング・オートメーション(MA)の活用や簡易的なMAの活用が可能であれば、「人」が行う営業と「デジタル」が行う作業をはっきりと区別する必要があります。これにより生産効率も高まります。ただ闇雲にSNSを活用しても業績UPにはつながりません。ブランディングとは、業績UPを行いながら実施するもので、ブランディングを高めると業績UPが行えるというものでもありません。SNSの手間と時間が掛かる点もデジタルであるAIに任せることも小額予算で可能です。

「人的資産の活用」のためにデジタルとWeb戦略

弊社が松本市周辺・長野市周辺の企業様からのご相談の中に県内TOP企業、もしくはそれを追随する企業様はもちろん、小規模な事業所様まで、「人的資産の活用」のためにデジタルを書くようする戦術面の強化のお手伝いをしております。ただ、ホームページを作っても業績UPに繋がりません。戦略を立案されたら、また、戦略を立案しようとお考えになったら、専門のコンサルティングにご相談ください。
ATF長野経緯コンサルティング事業部

2018年あなたの会社業績アップをWeb制作で実現させます。

2018年業績アップにコミットしたWeb制作を提供します

業績アップ・イノベーション・人材採用(リクルート)に特化した顧客獲得型ホームページ制作・コンサルティング型ホームページ制作で、2018年は、製造業・農業・医療関連・サービス業を中心としたWebを活用した目的別ホームページ制作や営業支援ツール開発・リクルート専用サイト・B to B専用ランディングページ制作・販売用ランディングページ制作に力を入れます。販売力強化・人材獲得にお悩みの企業様は、是非、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作 松本市 2018年

経産産業省認定の経営革新等支援機関ですので、補助金・助成金等によるサポートも行っております。そして、弊社は、Web制作会社から業績アップ支援のためのコンサルティング会社として、地域の企業の活性化のための支援を行って参ります。2018年も引き続きよろしくお願いいたします。
長野経営コンサルティング事業部 認定経営革新等支援機関 >>
長野市 WEBATFNAGANO デジタルデザイン部長野支社 >>
工務店専用ホームページ制作 >>
士業のウェブサポート >>

年末年始はYOUTUBE

5 Covers of DESPACITO - Justin Bieber, Luis Fonsi, Daddy Yankee

ソーシャルメディアYouTubeを楽しむ!

思い出の画像や最新の音楽コンテンツ・ HOW to など TV では、味わえない動画がたくさんあります。楽しみ方はそれぞれだけど、私のYouTube活用法と年末・年始の楽しみ方をご覧ください。ブログやホームページなど見るのもいいけど Apple TV や TV モニターでYouTubeを楽しんでみてはいかかでしょう。年末年始に時間を持て余らせている方は、是非youTubeで楽しい時間を過ごしてください。

私のYouTube活用法

ビジネスでは、ビジネスコンテンツを You Tube to MP3で音声をダウンロードして車運転中に聞いてます。このサイトを利用すると警告が出ますが、問題ないようです。宣伝をクリックしないでください。そして、気に入った動画はダウンロードできます。もちろん、音楽コンテンツをダウンロードして聞いてもいいかもしれません。

アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」
あのベストセラー「グリット」(grit)の著者のTED動画でするグリットとは、「困難にあってもくじけない闘志」などを意味するそうです、経営者に共通の心理特性として近年注目されている「やり抜く力」のことです。ペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワースが、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、やり抜く力である」という「グリット」です。そんな彼女の講演を聴いてみませんか?字幕が付いてます。

私のお気にい入りYouTubeコンテンツ

子供と一緒に楽しめるコンテンツがあります。また、感動のコンテンツもありますね。その一部を紹介しましょう。

Moana – Moana & Maui Memorable Momentsは、日本語のバージョンもあります。

【感動】 日本のCAの心にしみる接客に世界が号泣  黒いリボンの遺影とは・・・・

Top 5 Covers of DESPACITO – Justin Bieber, Luis Fonsi, Daddy Yankee
カバー曲を楽しめるのもやっぱりYouTubeですね!

小規模事業者持続化補助金の支援

小規模事業者持続化補助金とは?

商工会・商工会議所が窓口になって、小規模事業者にホームページ制作や広告制作のための補助金を最高75万円まで補助してくれる国の補助金です。毎年、数回実施されます。年明けにも実施されるかもしれません。毎年、小規模事業者持続化補助金を受託されたホームページ制作を行っております。また、小規模事業者持続化補助金ともども、ものづくり(サービス含む)中小企業支援・技術革新・ IT 化支援・省エネ対策・知的財産支援・経営支援体制・経営強化法による支援やIT 導入補助金が開催されるようです。これらの補助金の資料作成などは、認定経営革新等支援機関である弊社も当然ながら支援を行います。とくに経営強化法に基づく経営向上計画・早期経営計画などの作成も有料となりますが支援させていただきます。
補助金については、こちらから

補助金 ホームページ制作 松本市

補助金の欠点

補助金を得るためには沢山の書類作成や時間を有します。そこで、ビジネスチャンスを逃してしまいます。また、国の策どうりに現実の市場が求めているものと異なるケースもあります。また、補助金ありきの計画では、経営計画に支障が発生します。

しかし、それでも補助金

補助金を上手に使用することは、経営のプラスになるケースも多々あります。また、ホームページ制作の予算を捻出できない企業様なら補助金活用も必要でしょう。そんな企業様(個人事業主は除く)を弊社としては、支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ユーザーの問題解決を行うためのウェブ制作

ユーザーの問題解決にコミットするウェブ制作

「B TO B」・「B TO C」とも、人や企業が購買行動を起こすには、購入者の問題があり、その解決のためにアクションを起こします。例えば、痩せたいと願っている人は、スマートになることが問題となります。太っていることが問題ではありません。ですが、ダイエットは継続的にモチベーションを維持できれば、無料で出来ます。禁煙や英会話に似ています。しかし、多くの人がダイエットの継続はできません。結果、痩せたいと思っている人に継続してダイエットが出来る方法を提示すれば、その商品は売れます。このようにマーケティングは学ぶことやマーケティングの専門家にアドバイスされて、ウェブ制作を行うと業績が向上します。

ホームページ制作 松本

ウェブ制作を依頼する人の問題は?

「ホームページが欲しい!」と弊社に制作を依頼する人は、業績向上という問題・目的を抱えている企業がほとんどです。もちろん、その問題には、「よりもっと」という問題もあリます。ですから、ウェブ制作は、業績向上の手段、もしくは道具に過ぎません。他の方法で業績向上ができたり、人材の確保ができれば、「ホームページ制作依頼」を行う必要もありません。

問題は、ユーザーの抱えた問題は何か?

多くの経営者が、このユーザーの抱えている問題を知らない。これがわからないと、どんなにきれいなウェブサイトを制作しても、業績向上に積んばがらない。「ブランディングに役立つ」なんて、経営やマーケティングそのものを知らないウェブ制作会社の言い訳に過ぎません。ですから、まず、顧客分析・競合他社分析を行う必要があるのです。そこからウェブ制作は始まります。ユーザーの抱える問題解決策を提示することで、業績向上に繋がるウェブ制作が行えるのです。

WEBデザイナーとWEBディレクターとの領域

ウェブデザイナーの仕事とウェブディレクターの仕事の違い

ウェブデザイナーの仕事の定義や法律があるわけではありません。また、同じようにウェブディレクターも同様です。よって、ウェブ制作会社によってこれらの定義も異なります。ですから、これからお伝えする定義は、ウェブ制作会社 長野県松本市ATFの職種への考え方です。弊社では、すべての社員がマーケッターです。このマーケッターの定義ですが、すべての思考をユーザー、つまりお客様の視点で物事を考えるということです。
もちろん、B TO B ならその先の B TO C、つまり末端の消費者のことまでをドメイン(領域)として考えます。そこで、ウェブデザイナーの仕事とウェブディレクターの仕事の違いは、そもそも B TO B であるクライアント様の都合ではなく、エンドユーザーまでのサービスが行われていないといけません。また、その問題について提議するのが、ウェブディレクターで、ウェブデザイナーは与えられた条件の中で最良のウェブを事案します。なんだか、難しい話ですが、以下に個々の仕事の役割をご説明します。

webデザイナー ホームページ制作 松本市

ウェブデザイナーの仕事

弊社の場合のウェブデザイナーという職種は、ほぼフォトショップ・イラストレーターを活用とした仕事になります。コーディングは、コーダーと呼びます。ここで、G デザイナーと大きく異なるのが、ウェブ制作のプロセスの理解やその流れ上の作業。そして、ウェブ上のシステムの役割の理解・WordPress の理解・SEO対策の理解・マーケティングの理解・JQuery などのウェブ関連技術の理解・顧客サービスへの理解などなどの作業があります。ただ、ウェブデザインのコーディング・ウェブサイティング・撮影以外のほぼすべての仕事になります。

ウェブディレクターの仕事

ウェブディレクターの仕事は、ウェブデザイナーの経験者になります。そして、マーケティングの理解・ウェブマーケティングの理解・コンセプトワークの理解などが必要です。また、全項目に関するコンサルティング能力・スタッフィング能力・マネージメント能力が更に必要になります。ウェブデザイン制作前の競合他社分析・顧客分析・市場分析・アクセス解析などを行いウェブでの事案の方向性を提案します。それに基づき担当ウェブデザイナー・コーダー・ウェブライター・カメラマンなどのスタッフを決め工程管理を行います。

ホームページを作る6人の専門家

ウェブでディレクター・ウェブデザイナー・ウェブライター・コーダー・システムエンジニア・校正など弊社では、6分割された作業があり、5分割の作業のマネージメントをウェブディレクターが行います。この分割した専門作業が業績アップを実現するためのホームページ制作を行います。ですから6種の専門家にプラス SEO 対策エンジニアを加えたコンセプトワークの徹底が重要となります。また、一つ一つのホームページ制作には、制作前と制作後のカンファレンスが全スタッフにより行われます。このときに担当外のスタッフからも意見が発せられます。

ホームページ制作への理解

ホームページ制作において、約7つの専門家が必要になることをご理解さい。しかし、発注をされる企業様には、何名で作業されようが業績アップが実現されれば、問題は解決しますね。ただ、私が知っていただきいのが、このようなスタッフを用いなくてもホームページ制作は完了します。問題は成果です。お客様であるクライアント様にホームページ制作で業績アップを実現するという成果を提供するためには、これらの専門スタッフが必要だということです。

失敗しないスマホで出来る動画マーケティング

スマホ自撮り動画マーケティングを!

ウェブの世界では動画視聴は、今や一般的です。ニールセンの調査では、ウェブユーザーの 82%が「無料動画を利用している」と回答しているそうです。そして、「動画 YouTube でしたが、今や、Instagram・Facebook・Twitter などのSNSでも動画をでの集客に効果を出しています。そして、あのAmazonに過去最高額で買収された靴のECサイトザッポスでは、社員が着くつの説明に動画を使っています。スマホ動画のクオリティンも高く、スマホ動画関連のツールもたくさんあります。企業による動画マーケティングは、今後さらに拡大していきます。

ホームページ制作 松本動画

リアル店舗よりウェブの方が気楽に探索できるショッピング

リアル店舗ではなかなか聞けない商品情報などを販売担当者が商品を動画開始してくれると、その使い方やちょっと恥ずかしくて聞けないようなことまで、分かってもらえる。ウェブサイトでどんどんスマホ動画のマーティングでがっちりマンデーしませんか?

Androidスマホの画面をカンタン録画、アプリだけで動画を撮影(キャプチャ)する方法 PCやroot化は不要
iPhoneで画面録画(スクショ動画を撮影)する方法まとめ──iOS 11の新機能(音声設定含む)、PCやアプリによる収録方法も紹介
スマートフォンを使って動画を撮影する――プロが教えるスマホ撮影の実践テクニック!

AWS認定プレミアコンサルティングパートナーとは?

Google Cloud Platformより先駆者のAWSのプレミアコンサルティングパートナー

Google Cloud Platformについては、昨日のブログ Google Cloud Platformを使ってみよう!でちょっと書いてみました。どちらも WordPress を利用できる以上、ウェブ制作会社として、クライアントに提供するホスティングサーバーとして検討する必要があります。そこで、少し気になったのが、AWS(MAZON WEB SERVICE)認定プレミアコンサルティングパートナーのことだ。どうやら、このプレミアコンサルティングパートナーが大掛かりなシステムのAWSへのいかんをサポートするようなのです。

そこで、このAWS認定プレミアコンサルティングパートナーには、どんな企業があるのかと調べてみると、驚きの発見がありました。

AWS パートナーネットワーク

NTTデータもAWS認定プレミアコンサルティングパートナー

NTTデータもAWSの認定資格であるAPNプレミアコンサルティングパートナーでした。そして、これらの気になる記事を見つけたので,ご紹介します。
AWS認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpack、バンダイナムコグループ様の基幹システムにおけるAWSへの全面移行を支援
株式会社バンダイナムコホールディングス様のAWSクラウドを活用した導入事例
NTTデータとサーバーワークスがAWS導入を中心とする協業を開始

APN パートナーには、AWS のエコシステムを支える重要なソフトウェア提供会社やシステムインテグレーター(SI)が含まれます。AWS のクラウドコンピューティングを使ったサービス提供やソフトウェア運用、インテグレーションのご相談は、これらの各APN パートナーにご相談ください。日本のAPN パートナーが語る APN のメリットはこちらからご確認ください。

日本の APN パートナー一覧と制度について

ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designer web担当・ウェブデザイナー志望向け

Google Web Designerで無料でウェブデザイン制作をCOOLに行う!

ウェブデザイナーのほぼ100%近くが。アドビのPHOTOSHOPやIllustratorなどのツールを使っているのでしょう。最近は、それらをWindowsで利用しているクリエターも多いようです。これらのアプリケーションは、一般のユーザーには、費用負担があるが、ところが、ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designerは、アニメーションもコード作成もできる無料のウェブ制作ツールです。

ウェブ担当様やウェブデザイナー志望の方なら是非、このツールを無料で使ってお試しください。

webdesigner  WEB無料ツール

ここで注意しておくことがあるのですが、私たちは利用していません。しかし、Google Cloud Platform という新しいホスティングで紹介しているGoogleのサービスを利用すれば、1年間は無料でウェブ制作会社自宅で出来ますね。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ