ビジネスブログ

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う時の注意点

オウンドメディアをホームページで行う

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う効果は、コーポレートサイトや販売のサイトよりリアルな効果を得やすい。しかし、その場合、他のコーポレートサイトや販売のサイトが一定玄室の高いものでなければなりません。また、オウンドメディアマーケティング自体、費用が他のサイト制作費より断然かからない点もありますが、コンテンツの作成に日々時間を取られる欠点があります。ですから、できるだけ自社内に販売商品の専門知識をもった担当が日々ブログなどを更新できる体制が必要になります。

松本市 ホームページ制作メディア

オウンドメディアマーケティングとは、このブログでも何度も紹介していますが、自社メディアと定義します。そして、あくまでもコンテンツマーケィングやインバウンドマーケティングを採用する必要があります。簡単にいうと、商品を売るのではなく。商品を使うための知識やトレンド・ニュースなどの情報を提供しながらコミュニケーションする手法です。コーポレートサイトや販売専用ホームページで成果が得られない場合は、オウンドメディアマーケティングをホームページやブログで行ってください。

オウンドメディアでは、ブランディングに注意

オウンドメディアマーケティングでは、まず、自社を好きになってもらうことを重視します。そこで、「親切な会社」「技術力のある会社」などの事前にユーザーに感じてもらいたいブランディングテーマを決めておく必要があります。また、それらから外れたコンテンツを採用しない徹底感も必要です。ですから、リアルな利益よりブランディングを高めるためのコンテンツ作りに徹してください。その姿勢がリアルな成果を導きます。SNSとの融合も同様です。「売込みの匂い」を完全に消し去ってください。

オウンドメディアのSEOの対策を注意点

全国を対象にするビジネスでは問題はないのですが、例えば、松本市・長野市などの長野県エリアに限定されたビジネスである場合、コンテンツが優れているとエリア外のユーザーなアクセスが高まりすぎることがあります。ですから、タイトルには自動でエリア内の地名が入るように設定する必要があります。エリア外のアクセスが増えてホームページの評価は上がりますが、分析ができなくなります。

オウンドメディアでは、どんな商品やサービスがユーザーの目を引いているのか?また、地域では? と分析することにより強化すべき商品やサービスを確認することができます。また、サテライトサイトとして、コーポレートサイトや販売サイトの外部SEO対策にもなります。

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

コンサルティング型ウェブ制作会社 松本(広告)

コンサルティングを行いながらウェブ制作を行います

企業様の最適な業績アップの方法を考えます。そのためウェブ制作が必要であれば、業績アップのためのウェブ制作を提供します。ビジネスモデルの再構築や新規事業で必要な広告ツールなどのプロデュースも行います、要するに企業様の業績アップにつながるすべての提案を行います、そして、ATFはコンサルティング型ウェブ制作会社 松本として、マーケティング重視の成果にコミットしたウェブ制作を行います。

松本ホームページ制作

業績アップの前に企業のエントランスを

企業のエントランスは、ウェブサイトです。この時代にウェブで企業をアピールしなければ、なんで行うのかという疑問すら発生します。SNSも企業訪問したときのプレゼンでもウェブサイトの充実が業績アップにつながります。

ウェブマーケティングMAP

デジタルマーケティングの時代のウェブマーケティング

時代はすでにデジタルマーケティングの時代に突入しています。だからこそ、ここで、ウェブマーケティングを小さな会社の経営者やウェブ担当にも理解して欲しいのです。今、ウェブを中心にここまでやらなければ、業績アップにつながりません。もちろん、費用対効果も得られません。そんな厳しい時代に入っています。ただ、ウェブサイトをリニューアルしたぐらいでは、業績アップは望めません。

しかし、その逆にしっかりウェブマーケティングを抑えておけば、他社との差別化も出来、思うような業績アップが望める可能性も高くなります。

動画の活用できウェブ効果を高める

リアル店舗やショールームのように、ユーザーとコミュニューケーションを行い動画で解説する動画マーケティングの時代です。まず、ユーザーのメールアドレスを獲得して、ユーザーの好みの情報を提供するインバウンドマーケティングのような「自社を好きになってもらう」という構造をt繰り上げます。一見、ブランディングににているようですが、大きく違うのが、ユーザーの求めるコンテンツをユーザーに更に学んでもらうというアクションが必要になります。

良質なセールスメールとその仕掛け

良質なコンテンツのセールスメールやメールマガジンが必要になります。忙しい経営者でも、サクッとベネフィットに対して、コミットしたコンテンツが必要でしょう。次に次にでの営業になります。この辺からは、アウトソーシングも可能になります。まず、ユーザーの求める情報や抱えている問題を知る作業から始まります。

ホームページは効果がないよ!

「ホームページは効果がないよ!」と言われる経営者の方がおりますが、そのホームページを見ると効果がないのが当然だとすぐにわかります。更新がなく、CSSが壊れていたり、その企業の姿勢がよくわかります。今、新しい関係を築く時、相手は、必ず相手企業のホームページを観ます。その時、あなたの企業の考え方がしっかりと反映されたホームページになっているでしょうか?

ここで作成したウェブマーケティングMAPは基本的で、初歩的なものです。まず、自社が行えるウェブマーケティングから考えていきましょう。

ウェブ制作会社の領域を超えて!

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

業績アップの一つのTOOLがウェブサイト制作です。(宣伝)

ウェブサイト制作で業績アップを実現させる

すべての業績アップのためにウェブサイト制作・ホームページ制作だけで行えあるわけではありません。あくまでもウェブサイトを中心としたマーケティングにより業績アップを行います。ウェブだけを強化するれば業績アップを実現できるケースとビジネスモデル(売り方)の変更や伝え方の変恋雨などマーケティングから広告やロゴツールまで開発する必要がある企業様のケースもあります。

ウェブ制作

ユーザー視点のウェブサイト制作を

ユーザーが求めるものにコミットしたユーザー視点で制作されたウェブサイトは、ブランディングを行いながら収益を拡大することができます。自社の強みを明確にした差別化をアピールすることができます。この差別化には、商品プロダクトによる差別化策と売り方によるサービスの差別化策があります。担当経営コンサルテイングを交えた差別化・ビジネスモデルの件も行いましょう。
ウェブサイ作をする前のマーケティングをご覧ください

自社分析・競合他社分析・顧客分析などをウェブサイに反映させる

ウェブサイト(ホームページ)で業績アップを実現させるのは、とても難しい時代になっております。そこで自社分析・競合他社分析・顧客分析をしっかりと行い、稼げるウェブサイトの制作をATFは行っております。

他社ウェブ制作会社と比較 >

「私、失敗しないので!」企業のグレードアップ

失敗しない企業グレードアップは、まずホームページから

昨夜、朝4時に松本→長野→東京→長野と2度のセミナーに参加し、ビジネスホテルに到着して、TVのスイッチを付けると「神の手を持つフリーランスの外科医、米倉涼子演じる『ドクターX』が画面に映しだされました。無機質なビジネスホテルの一室なので、米倉涼子のおちゃめさと仕事に対する姿勢・かっこよさに、心を和ませながら「私たちが行ってるホームページ制作が失敗がないのか?」と改めて考えました。

マーケティングはすべてテスト。ホームページ制作も同様かな?

マーケティングは、テストです。あくまでも仮説により実証された顧客の反応を心身に受け入れ分析する必要があります。よって、ホームページ制作も私たちのスキル・技術・経験から、お客様に提案して制作されます。ですが、最初から「失敗する」と思って制作されるわけではありません。それでもホームページは仮説の産物です。「失敗しないので!」とは言えません。

ホームページ制作は失敗しても企業のグレードアップには「失敗しないので」

ホームページは、制作の思惑、つまり仮説が失敗しても、その原因を検証することで、修正や追加ができます。つまり、ホームページ運営までしっかりすれば、業績の拡大につながる企業のグレードアップには、失敗しません。本気の経営者に本気でホームページ制作をして、本気のホームページ運営をすれば、必ず成功すると私は約束をします。もちろん、可能性がないお客様の依頼には、時間を掛ける必要もあります。

大雑把な言い方でも「私、失敗しないので!」

どんなこといでも本気で当たれば、早々失敗はしても、それをチャンスに変えられます。「最初から失敗する」「でもそれをチャンスに変える」と考えた方がいいでしょう。フリーランスの外科医であれば、人の命なので「失敗は許されない」というのは正しい考え方かもしれません。しかし、ホームページ制作は、限られた予算・時間で行われます。しかし、ホームページ制作が天職だと考えている私には、最終的目標である「企業のグレードアップを目指した仕事」を提供します。

ホームページのSEO効果を高めるブログの書き方

ホームページのSEO効果を高めるためには?

ただ、「ホームページに設置されているブログを更新をすればいい」というわけではありません。良質なコンテンツなのか? 低品質なコンテンツなのかにより、オーガニック検索でのSEO効果は大きく変ります。また、ホームページ自体の作り方にも差が出ます。昔のようにテキストばかりを書き込んでもGoogleは「良し」とはいいません。また、低品質なコンテンツで、仮に検索順位が上がってもビジネス効果は、あまり望めません。

ホームページ制作 松本

良質なコンテツのブログとは?

ホームページ自体もブログも良質か、そうでないかにより、長い間アクセスを呼べるものとそうでないものがあります。また、良質であると、滞在時間も長くなりGoogle検索の評価も高まります。それでは具体的な良質なコンテンツの条件を記載してみます。

1.お客様が求めている情報を記載している
2.できるだけ分かりやすく表現されている
3.読みやすく整理されている
4.関連の情報とサイトのリンクがある
5.ニッチなタイトルとコンテンツ
6.一つのテーマを掘り下げてある
7.営業的や売り込みではない
8.ユーザーが新しい知識を得られる

意外とユーザーは知識がない

ホームページ内でもブログ内でも専門用語をなるべく使わず、分かりやすいコンテンツにする必要があります。また、売手側では、「当然」と思うようなことも、意外とユーザーは知らない。だから親切なコンテンツは喜ばれます。

ターゲットを絞り込んだコンテンツ

誰に向けて書いているのかを明確にする必要があります。そして、不特定多数に向けてブログを書かない方が効果的です。そのブログで「商品を売ろう」と考えないで、ユーザーへのサービスだと考えてください。

そもそもホームページのブログが設置されていないケース

CMSでホームページが制作されていない場合では、独自のブログを利用するしかないのですが、その場合も広告がないものを使わないと意味がありません。できれば、Wordpressのブログを利用する必要があります。

ホームページだけでなくデジタルマーケティングを駆使して業績アップ

ホームページを中心としたマーケティングではなくデジタルすべてを活用したマーケティングを!

時代の変化は、目まぐるしく、「先日まで快調にユーザーを呼び寄せてくれていたホームページなのに、最近はその威力が全くなくなった」なんて、お客様も少なくありません。そこで弊社が対応したのが、ホームページを中心としたウェブマーケティングではなく、デジタルディバイスすべてを活用したデジタルマーケティングだった。それは、SNSやスマホアプリなどを使ってデータドリブンを活用したユーザーの理解+ターゲットの再設定。そのターゲットを更にペルソナで追求して、該当のお客様のユーザーは、どんな行動をするのか?そんなところまで調査してみた。

デジタルマーケティング

ユーザーはどんな変化をしたのか?

ユーザーは、ウェブサイトを見なくなっていた。それは、すべてのウェブサイトからSNSでの情報を集めはじめたのです。そこで、新しいフレームワークとして、AISASが生まれました。ECショップだけではなく、ウェブサイトとリアル店舗をシームレスに統合するオムニチャネルの概念も含めて、ウェブをリアル店舗でIOT化して利用しながら、このAISASのフレームでデジタルマーティングを構築してみました。

ユーザー参加型SNSイベントの活用

購入者がSNSでつぶやいた情報をウェブサイトで月間賞を与えたり、スマホとリアル店舗の距離を縮めてみました。その結果、今までの業績を遥かに超えた結果が得られました。すべての業界にマッチするわけではないが、サービス業であれば基本的にこのデジタルマーケティングは成功するという確信を得られました。

WEB制作会社ATFってどんな会社?

ウェブ制作会社ATFはこんなコトをしています!

長野県松本市に本社機能・ウェブデジタルデザイン制作室が、松本市の外郭団体である一般財団非法人松本ソフト開発センター内にあります。創業7年目の企業です。長野市にはウェブ制作会社デジタルデザイン部門長野WEBATFと経済産業省認定の経営革等支援機関であるマーケティングに強い経営コンサルタント事業部があります。
東京には、品川駅前に最新のWEB技術・マーケティングを研究するための東京マーケティング室があります。

松本市ウェブ制作

ウェブ制作と経営コンサルティングはどう関係があるの?

現在のウェブ界では、ウェブ制作よりも、そのウェブに載せるマーケティングが重要な時代となっています。つまり、より高い効果をお客様に提供する必要があるからです。

そのため、経営計画やマーケティングが非常に必要な時代となっております。また、経営革等支援機関では、様々な補助金などの支援や書類作成の代行も行えます。このようにATFは、ただウェブ制作を行う企業でなく、コンサルティングのできるビジネス効果を提供する企業であるといことです。

ウェブ制作を発注する前に知っておくべきウェブ制作比較表
ウェブ制作比較表、こちらから

ウェブ制作、具体的どう他社と違うの?

ATFは下記の3つの特徴があります。これは、「企業の変化を促進させる」という企業理念に基づくものです。

1.マーケティング
2.ウェブテクノロジー(SEO・スマホファーストなど)
3.ウェブ運営サポート

マーケティングは、まずユーザーが求めるコンテンツ作りやウェブ上のビジネスモデルの構築に関わります。そして、ウェブテクノロジーは、ウェブサイトそのものが品質の高いものでなければなりません。技術力の高いウェブ制作であることは基本的なことです。しかも誠実にウェブ制作をするということです。

そして、ウェブ運営サポートで、ウェブを制作してからPDCAサイクルに基づきウェブサイトを改善し、完成させていく必要があります。日々の運営がウェブサイトの成功にとても重要だからです。

各ウェブサイトでATFやっていること

本ウェブサイトでは、TOPページをスマホ用のマテリアルデザインで制作しております。スマホファーストとは?このようなデザインです。只今、マイナーなリニューアルを行っています。
松本市ホームページ制作

長野市WEBATFでは、通常のスライドによる一般的な縦長ウェブデザインにより制作しております。ただ、このサイトは特殊なエディターを使いWordpressの可能性を追求するために行っています。

ウェブ制作関連のサービス

まず、ATFのサービスは、お客様が「あったら便利」と感じるサービスを創造していきます。そして、長野県下では唯一のソフトバンクの代理店となり、マーケティングオートメーション・ウェブ広告・SNSサポートなど、お客様がウェブからビジネスを拡大していただきためのサービスをご用意しております。

ホームページリニューアルの5つのポイント

ホームページのリニューアルの必要性とその方法

ホームページのリニューアルでは、2つのケースがあります。全てを新規に制作する必要があるケースと、そうでないケースがあります。現在のサイトのコンテンツがある程度充実しているケースでは、それを見やすくしたり、スマホファーストすることにより経費も押さえながら、効果を得られるケースがあります。

また、ホームページをWordPressなどで構築されている場合は、ある程度容易にリニューアルができます。しかし、その反対に、ホームページがかなり前(5年以上前)に制作されたものや、内容が企業パンフレット的なものである場合は、新しく目的から設定をし直した方がいいケースになります。

ホームページリニューアル

ホームページリニューアルの考え方

ホームページリニューアルの5つのポイントを以下に説明します。
1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする
2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルリニューアルをする
3.他社分析をしてホームページリニューアルをする
4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる
5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする

まず、自社のビジネスに対して、ユーザーが検索するであろうキーワードを調査する必要があります。様々なツールを利用するのもいいですが、実際にGoogle検索などで、予想されるキーワードで調査をする必要があります。ウェブ細作会社などに任せることなく、自分で調査してから、ウェブ制作会社に相談する方がいいかもしれません。
また、SEO対策に強いウェブ制作会社を選ぶ必要があります。

2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルをする

スマートフォンでの表示を優先して考える必要があります。文字を大きく、文字数を制限する必要もあります。自社のセールスポイント・ストロングポイントなどをしっかりまとめて置く必要があります。

3.他社分析をしてホームページリニューアルをする

競合他社のサイトを充分に分析する必要があります。そして、他社のサイトより、「見やすい」「わかりやすい」「親切」「明るい」これらの点で、優れているホームページを作らなければなりません。

4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる

当然のことですが、1ページずつ改善点を見つけて、その対応をリニューアルページに反映させます。もし、充分なコンテンツのページがあれば、そのまま流用して、ナビゲーションなどを充実させます。そこで経費を抑えることができます。

5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

自社のターゲットを絞り込んでください。そのターゲットが商品やサービスを購入する時にどんなことにネックを感じるのか?それらを調査して、その対策を練る必要もあります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ