ビジネスブログ

Webの可能性を最大限に引き出した営業力を強化した新しいカタチ

長野WEB制作

製造業に特化したWeb制作・ホームページ制作とBI(ビジネス・インテリジェンス)ツー)の提供を行うNAGANO ATFでは、この松本市では行うえないマーケティングコンサルティングITソリューションツールの一つの分野であるBIツールの導入支援サービスをはじめました。長野県の企業を未来につなぐという企業理念に基づき、IT化の促進や業績アップにコミットしたサービスを行います。

もちろん、長野県全域の企業様にこのWEBATF松本とNAGANOの ATFで製造業・工務店業・サービス業などの事業所様へのサービスを行います。また、IT導入補助金対象ツールなども来週には発表されます。今回は、農家・介護など工程管理ツールを中心にご提供させていただきます。もちろん、経済産業省認定の経営革新等支援機関である弊社では、ワンストップでIT導入補助金の申請も行えます。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

こんなことで、ホームページで業績が上がります。

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

Webサイト制作の目的を明確した業績UPにつながるコンテンツ作りとは?

セミナー松本市

松本市に本境地をWeb制作会社である株式会社ATFでは、Webサイト制作の目的を「集客」から「見込み客獲得」重視にWeb制作のコンセプトを変更していく方向でホームページ制作を行っています。その理由は、最近のWebサイトからの直接の受注よりもCRMなので、見込み客から成約化する方が効果的だと判断しました。もちろん、これもデーター・ドリブン・マーケティングによるものです。
多くの業態で、物が売れにくい状態で、次の手は、BtoBであればアンノンマーケティングとMAの組み合わせになります。BToBでは、CRMとMAの活用になります。つまり、見込み客情報から顧客を育てながら成約に結びつける方法が現実的に成果を拡大することが出来たからです。これは、長野県下の企業の調査となりますが、松本市でも長野市でもそれほど大差はありません。
まず、商品やサービスを知ってもらい、次にその商品で解決できるユーザーの問題解決方法を伝えます。その後、「こんなことも出来ます」と常にユーザーの問題解決にコミットします。製造業なのでは、製造段階の動画やデーターなどを送ります。このような作業も含めて、ATFでは、CRMやMAの導入サポートや連携サポートも行ってまります。
「企業を未来につなぐ」をテーマに長野県の企業を中心に新しい時代に向けたマーケティング・ITソリューション・Web制作を行ってまいります。
本日2018.04.06も上記の内容を解説するセミナーを行います。

小規模事業者持続化補助金でHPを作るには?

補助金をもらってホームページを制作する

平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金がスタートしました。詳しい内容は、PDF平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金をご覧ください。基本的には、50万円までの補助金がもらえますが、ただのホームページ制作では、受託が難しいようです。たとえば、MA(マーケティングオートメーション)などを利用して、目的を明確にして、ホームページ制作の成果が出せる見込みを説明する必要があります。もちろん申請書の書き方が一番重要になります。企画自体が小規模事業者持続化に役立つかが審査のポイントになるでしょう。毎回、難しくなっていくのも事実です。

補助金

60歳以上経営者の会社の申請がお得

事業承継で加点ポイントがもらえるようです。また、過疎地なども加点ポイントの対象です。弊社は認定経営革新支援機関で、ものづくり補助金・IT導入補助金などの申請代行も行っていますが、この小規模事業者持続化補助金では、受託後自社でホームページ制作を行っていただける企業様に限定して申請書作成支援を行っております。是非お気軽にお問合せください。

長野県ものづくり企業の専門のWeb制作サービス

長野県の企業を未来に繋ぐ

メーケティングコンサルティングに加え、長野県のものづくり企業をバックアップして、未来に繋ぐ作業をCONCEPTでは、新しいビジネスプランを構築中です。それは、BtoBに特化した特に製造業のマーケティングを専門に行うサービスです。1社のOEMパートナーでは、将来の企業経営に不安材料が残ります。1社の依存率を下げるためにも新しい新しいパートナー構築のための支援を行うウェブ&ITとコンサルティングを行うものです。

長野県ものづくりウェブサポート

製造そのものは、自動化されて生産性向上も得意な製造業ですが、営業の生産性向上については、まだまだ改善の余地があるのではにでしょうか?

長野県ものづくり企業、製造業のOEMパートナー獲得のためのホームページ制作

長野県の製造業を対象にしたOEMパートナー獲得のためのホームページ制作は、単なるホームページ制作だけではなく、営業のノウハウや営業のためのツールと連動した製造業の営業プロセスを自動化して、製造業関連の展示会などで名刺効果などをした見込み客を管理して、ホームページやメールなどに紐づけをするMAやCRMまで、製造業のOEMパートナー獲得を支援します。

ただ、ものづくりコンテンツを制作して、単品の受注を獲得しながら、OEMパートナー獲得のためのブランディングまでをサポートするのが、弊社の仕事です。

営業の生産効率を上げる

営業だけに携わっている人材が不十分であったり、資料請求を行なってくれた見込み客のフォローを完全にできなければ、せっかくのホームページや展示会などのイベントも無駄になります。もちろん、見込み客の商談などは人が行うものですが、そこまでのプロセスが十分に行われてい状況のものづくり企業が多くあるのではないでしょうか。ATFでは、様々な製造業関連の団体や大学などかも様々な情報や分析を行っております。

製造業のためのリクルート専用サイト

人材採用のノウハウ提供から採用系のリクルート専用ページ作成や企業サイトの制作の支援を行っております。他社との差別化を図ったウェブサイト制作は、より優れた人材確保のためのツールとなります。

ものづくり補助金の支援

経済産業省認定の経営革新支援機関である弊社は、ものづくり補助金などの書類作成や経営向上計画などの申請書作成の支援代行を行っております。このように長野県の製造業を「未来に繋ぐ」、トータルなサービスを提供しております。

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う時の注意点

オウンドメディアをホームページで行う

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う効果は、コーポレートサイトや販売のサイトよりリアルな効果を得やすい。しかし、その場合、他のコーポレートサイトや販売のサイトが一定玄室の高いものでなければなりません。また、オウンドメディアマーケティング自体、費用が他のサイト制作費より断然かからない点もありますが、コンテンツの作成に日々時間を取られる欠点があります。ですから、できるだけ自社内に販売商品の専門知識をもった担当が日々ブログなどを更新できる体制が必要になります。

松本市 ホームページ制作メディア

オウンドメディアマーケティングとは、このブログでも何度も紹介していますが、自社メディアと定義します。そして、あくまでもコンテンツマーケィングやインバウンドマーケティングを採用する必要があります。簡単にいうと、商品を売るのではなく。商品を使うための知識やトレンド・ニュースなどの情報を提供しながらコミュニケーションする手法です。コーポレートサイトや販売専用ホームページで成果が得られない場合は、オウンドメディアマーケティングをホームページやブログで行ってください。

オウンドメディアでは、ブランディングに注意

オウンドメディアマーケティングでは、まず、自社を好きになってもらうことを重視します。そこで、「親切な会社」「技術力のある会社」などの事前にユーザーに感じてもらいたいブランディングテーマを決めておく必要があります。また、それらから外れたコンテンツを採用しない徹底感も必要です。ですから、リアルな利益よりブランディングを高めるためのコンテンツ作りに徹してください。その姿勢がリアルな成果を導きます。SNSとの融合も同様です。「売込みの匂い」を完全に消し去ってください。

オウンドメディアのSEOの対策を注意点

全国を対象にするビジネスでは問題はないのですが、例えば、松本市・長野市などの長野県エリアに限定されたビジネスである場合、コンテンツが優れているとエリア外のユーザーなアクセスが高まりすぎることがあります。ですから、タイトルには自動でエリア内の地名が入るように設定する必要があります。エリア外のアクセスが増えてホームページの評価は上がりますが、分析ができなくなります。

オウンドメディアでは、どんな商品やサービスがユーザーの目を引いているのか?また、地域では? と分析することにより強化すべき商品やサービスを確認することができます。また、サテライトサイトとして、コーポレートサイトや販売サイトの外部SEO対策にもなります。

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

コンサルティング型ウェブ制作会社 松本(広告)

コンサルティングを行いながらウェブ制作を行います

企業様の最適な業績アップの方法を考えます。そのためウェブ制作が必要であれば、業績アップのためのウェブ制作を提供します。ビジネスモデルの再構築や新規事業で必要な広告ツールなどのプロデュースも行います、要するに企業様の業績アップにつながるすべての提案を行います、そして、ATFはコンサルティング型ウェブ制作会社 松本として、マーケティング重視の成果にコミットしたウェブ制作を行います。

松本ホームページ制作

業績アップの前に企業のエントランスを

企業のエントランスは、ウェブサイトです。この時代にウェブで企業をアピールしなければ、なんで行うのかという疑問すら発生します。SNSも企業訪問したときのプレゼンでもウェブサイトの充実が業績アップにつながります。

ウェブマーケティングMAP

デジタルマーケティングの時代のウェブマーケティング

時代はすでにデジタルマーケティングの時代に突入しています。だからこそ、ここで、ウェブマーケティングを小さな会社の経営者やウェブ担当にも理解して欲しいのです。今、ウェブを中心にここまでやらなければ、業績アップにつながりません。もちろん、費用対効果も得られません。そんな厳しい時代に入っています。ただ、ウェブサイトをリニューアルしたぐらいでは、業績アップは望めません。

しかし、その逆にしっかりウェブマーケティングを抑えておけば、他社との差別化も出来、思うような業績アップが望める可能性も高くなります。

動画の活用できウェブ効果を高める

リアル店舗やショールームのように、ユーザーとコミュニューケーションを行い動画で解説する動画マーケティングの時代です。まず、ユーザーのメールアドレスを獲得して、ユーザーの好みの情報を提供するインバウンドマーケティングのような「自社を好きになってもらう」という構造をt繰り上げます。一見、ブランディングににているようですが、大きく違うのが、ユーザーの求めるコンテンツをユーザーに更に学んでもらうというアクションが必要になります。

良質なセールスメールとその仕掛け

良質なコンテンツのセールスメールやメールマガジンが必要になります。忙しい経営者でも、サクッとベネフィットに対して、コミットしたコンテンツが必要でしょう。次に次にでの営業になります。この辺からは、アウトソーシングも可能になります。まず、ユーザーの求める情報や抱えている問題を知る作業から始まります。

ホームページは効果がないよ!

「ホームページは効果がないよ!」と言われる経営者の方がおりますが、そのホームページを見ると効果がないのが当然だとすぐにわかります。更新がなく、CSSが壊れていたり、その企業の姿勢がよくわかります。今、新しい関係を築く時、相手は、必ず相手企業のホームページを観ます。その時、あなたの企業の考え方がしっかりと反映されたホームページになっているでしょうか?

ここで作成したウェブマーケティングMAPは基本的で、初歩的なものです。まず、自社が行えるウェブマーケティングから考えていきましょう。

ウェブ制作会社の領域を超えて!

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

業績アップの一つのTOOLがウェブサイト制作です。(宣伝)

ウェブサイト制作で業績アップを実現させる

すべての業績アップのためにウェブサイト制作・ホームページ制作だけで行えあるわけではありません。あくまでもウェブサイトを中心としたマーケティングにより業績アップを行います。ウェブだけを強化するれば業績アップを実現できるケースとビジネスモデル(売り方)の変更や伝え方の変恋雨などマーケティングから広告やロゴツールまで開発する必要がある企業様のケースもあります。

ウェブ制作

ユーザー視点のウェブサイト制作を

ユーザーが求めるものにコミットしたユーザー視点で制作されたウェブサイトは、ブランディングを行いながら収益を拡大することができます。自社の強みを明確にした差別化をアピールすることができます。この差別化には、商品プロダクトによる差別化策と売り方によるサービスの差別化策があります。担当経営コンサルテイングを交えた差別化・ビジネスモデルの件も行いましょう。
ウェブサイ作をする前のマーケティングをご覧ください

自社分析・競合他社分析・顧客分析などをウェブサイに反映させる

ウェブサイト(ホームページ)で業績アップを実現させるのは、とても難しい時代になっております。そこで自社分析・競合他社分析・顧客分析をしっかりと行い、稼げるウェブサイトの制作をATFは行っております。

他社ウェブ制作会社と比較 >

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ