ECサイト

一歩上を行くウェブ制作

他社より早く見込み客を獲得するためのウェブ制作

見込み客を他社より早く見つけるためには、競合分析・顧客分析を行いターゲットに合ったウェブマーケテインングが必要になります。そのためのGoogle タグマネージャの活用をおすすめします。

ウェブサイ作で一歩上を

また、ユーザーにどうアクションさせるかという、コンバージョン率を高めメールマガジンやSNSでのコミュニケーションも必要になります。

SNSで見込み客を見つけて、SNSからウェブ制作だけじゃなく

見込み客をSNSのグループを見つけて、そこにアプローチを仕掛けるというのは、通常の戦略になります。できれば、購入時にSNSでお客様の嬉しいポーズや商品を発信していただくためのシナリオ作りを行います。

購入者の声は、見込み客にとって、価値ある情報になります。ただ、SNSからウェブサイトやブログに見込み客を呼び寄せるだけでなく、顧客に宣伝してもらう時代のマーケティングをおすすめします。

お寿司屋さんのインストグラムをウェブに

お寿司屋さんで、スマホショットを取ったお客様の写真展をウェブサイトで行います。入賞者には、1人前無料券などを提供する。自分の画像が表彰されたことによって、その情報を拡散してくれます。

このように美容院・アパレル関連・エステ・・・・と同様のマーケティングを利用することが出来ます。最終的には、自社のブログやウェブサイトに見込み客が誘導できます。

ウェブ制作を発注する前に知っておくべきウェブ制作比較表
ウェブ制作比較表、こちらから

ウェブ解析はとても重要なマーケティングデータです

見込み客がどんな情報を望んでいるのか?どんな情報を見て、次の行動に出ているのかをGoogle アナリティクスで分析できるようにGoogle アナリティクスの見方を学ぶ必要があります。「顧客を知る」、マーケティングでは、いちばん重要な作業です。

SEO対策かリスティング広告か?

このどちらかを利用するか? もしくは、両方活用するのか?を検討する必要があります。この2つのどちらを事前りようすることを知らいないと、ウェブサイトの作り方が変わります。また、他社よりいち早く見込み客を獲得するのは、必要な要素です。

マーケティングツールからSEOツール・O2Oまで長野県下で全てが利用できます。

安心できるウェブ関連ツールの利用

長野県下の企業様にも、都内の企業からSEO対策など様々な電話営業があることでしょう。いい加減なツールから、しっかりとしたツールまで、見極めやフォローに戸惑いがありませんか? 株式会社ATFは、長野県下初のソフトバンクが運営するマーケティングバンクの正規代理店になりました。これにより、マーケティングツールからSEO対策ツール、EC関連・・・の様々なWEB関連のツールを長野県下の企業様にご提供できるようになりました。
こんな悩みや課題を抱えていませんか?

マーケティングツール

WEBツールやIT関連ツールが利用できます

Webサイトを多言語化したい・ソーシャルメディアでマーケティングをはじめたい・アプリ(android・ios)を簡単に開発したい・広告作成、効果測定を行いたい・サイトのSEO診断をしたい・メールマーケティングをはじめたい・営業を効率的に行いたい・Webサイトを解析したいなどのご要望にATFはお応えいたします。

人気の高いツールのカテゴリー!
サイト構築CMS・スマホサイト変換・翻訳・動画・EC関連・Webサーバー・アプリ開発・メールマーケティング・ソーシャルメディア・運用管理・O2O(オンラインツーオフライン)
詳しくは、マーケティングバンクをご覧ください

ネットでモノを売る?ECショップは甘くない!

ネットショップ・ECショップで売るためには?

最近、「ネットショップ(ECショップ・ショピングサイト)を開設したい」・「ネットショップが売れない!」などのご相談を今更ながら受ける。そして、私は、「売れませんよ!」と簡単に答える。それには、売れるための条件を商品・サービスで考えてなければという条件付きの答えとなります。ネットショップ・通販ショップには特別な商品・サービス以外は標準化された条件を満たす必要があるからです。

ECショップ

ある相談者は、地方の酒店の店主ですが、多くの企業から「ネットショップ売れます!」と電話で導入のすすめの電話があるそうです。しかし、どこでもやっている酒屋の通販ショップなど売れるわけないと感じてはいるが「このままでは・・・?」と私に相談してきました。そして、業者のなかで私だけが「売れません!」と答えたそうです。私は、売れないけど、売れる方法や力を出す方法を見つければ「売れますよ!」と答えました。

問題は、どこでもECサイトなど構築できます。しかし、売り方の工夫がないサイトでは、何も売れないということです。

ネットでモノを売るための条件

ネットショップで商品やサービスを売るためには、以下の特別な条件が必要です。以下に特別な条件を記載してみました。

・どこでも売っている商品だが、明らかに低価格
・他と比べて優れている商品やサービス
・ここでしか売っていない商品
・ここでしか得られないサービス

上記の特別な条件がなければ売れません。

ネットでモノを売るための標準的な条件

ユーザーがネットショップで商品を購入する理由には、「便利」であることが必要条件になります。商品を探しまわることがない便利さ・いつでも24時間購入できる便利さ・購入に足を運ばなくてもいい便利さ、販売店を比較できる便利さなどなど、時間短縮が可能になります。しかし、当然デメリットもあります。商品を手にとって確認できないなどリアルショップと異なったリスクがユーザーに生じます。その為現在は、以下の項目が標準化されています。この標準化されたネットショップでなければ人は、商品やサービスを購入しません。

・送料無料
・即日配達
・返品・返金OK
・返品送料ショップ負担

などが条件となります。これによって、ユーザーはネットショップで安心して商品やサービスを購入出来るようになります。

最も需要な負荷価値を付けて販売する

ネット上で同様な商品が販売されているケースでは、ユーザーに価格をフォーカスさせず販売する方法を検討する必要があります。利益が出ない商品では、利益を求めず、ECサイトに登録してもらう目的で、利益の出る商品をメールマガジンなどで売っていくなどの戦略を考える必要があります。そして、便利さを演出する必要があります。ユーザーがベネフィットを得るために附属商品などをセットにして売るなど、売る側の様々な挑戦が必要になります。

ウェブサイト2107早々に対策が必要になったGoogle検索

常時SSLで2017年早々Google ChromeでGoogle検索で動きがあった

SSLとは、通常のウェブサイトにおいてもお問合せや資料請求、または、通常のECサイトでのクレジットカードでの決済。FacebookなどのSNNなどでを情報を保護するためにURLのHTTPがHTTPSに変更してSSL(暗号化)を行なっています。SSL はサイトのセキュリティを強化しサイトの証明書情報を特殊なサーバ設定において発行していた。それがYahooなどの全サイトがこの危険な時代に対応するために常時SSL、つまりすべてのサイトページをSSL化したことにはじまり、Google ChromeでのGoogleで表示されたURLバーに「保護された通信」と表示されるようになっている。

WEBデザイン賞 優秀賞

Google検索では、常時SSLを優先してインデックスする

Google検索としては、安全なサイトを優先的にインデックスすると2015年ぐらいから発表されている。しかし、今年は、モバイルフレンドリーの次の課題として、常時SSL化にフォーカスしているようです。
このサイトのURLにご注目ください。グリーンで目立つこの表示に大きな意味があるようです。どうやら次は、常時SSL化されていないサイトにペナルティか警告を表示するのでしょうか?
WEB制作会社も技術力と手間のかかる時代にどんどん変化していきます。

ネット通販、ECショップの新しい形

ネット通販の考え方を変える

Amazonが家庭雑貨の消耗品についての新しいサービスを発表しました。今、Amazonはプライム会員を増強して、顧客の抱え込みを狙っています。すべての生活上で必要な商品をAmazonから購入させるつもりです。Amazonの利益率は2%程度だと言われています。とっても普通の企業は真似はできません。であるならば、Amazonを活用するネットビジネスを考えた方が得策であるとマーケティングコンサルとしてクライントにお伝えします。
自社では、商品ラインアップできないECサイトなどでは、ユーザーを呼び込むことはできません。そんな企業こそAmazonを利用するべきです。

ザッポス

リアル店舗より更に親切なショッピングサイト

zappos.comを意識したショップづくりは、電話問い合わせを充実させ、実店舗より丁寧で親切な対応をしている。そして、ECサイトでは、今なら標準と言える送料無料・返金・即日発送などのサービスを行っている。Amazonがザッポス・ ドット・コムを最高額で買収したならではのサービスは満喫している。そして、広告費よりサービスに掛かるコストを投資と考えている。また、ビデオで商品の紹介もしています。

商品紹介動画

細かい説明より返金システム・商品効果

返金システムや返品のコストや手間を省くことで、ユーザーのロイヤリティを獲得できるのは、ザッポスを見習うべきだ。逆に徹底したサービスができないならAmazonに出品する方が良い。また、楽天という選択肢もあるが、楽天だと広告費掛かりすぎて利益を捻出できないケースが多いことも考慮する必要があります。

スマホでどこまで買いやすくするか?

スマホで、買いやすくするマテリアルデザインの採用が必要になる。商品レビューも見やすくする必要があります。これからのポイントはどうスマホで楽チン購入できるかということだ。利用者に面倒で手間を感じさせたら、何も売れないと思ったほうが良いと私は考えます。

ウェブで売上を上げる為の計算式

売上の公式とは?

デジタルなウェブサイト(ホームページ)では、実際の成果を数字で確認することができます。そして、それを分析して、ウェブからの売上アップに繋げます。この辺の観点からもウェブサイトは運営が大切であることを理解できます。ウェブ業界でよく使われる方程式のようなものがあります。それは、次のようなものになります。
ネットショップ(ネット通販サイト)では、特にこのような計算を弊社では行なってクライアント様に情報を提供しております。

ウェブ売上拡大

売上 = 集客数 × CV率(転換率、成約率、購買率) × 顧客単価

この売上拡大をのぞむなら、次の項目に対しての対策が必要です。

1.集客数を増やす
2.CV率(転換率、成約率、購買率)を上げる
3.顧客単価を増やす
という、公式のそれぞれの要素について検討し、それぞれについて目標を設定して施策を打っていくことになります。

1.集客数を増やす

うぇぶにユーザーを呼び込むためには、以下の作業により可能になります。しかし、()のなかのデメリットもあることをご確認ください。
・SEO対策を行う(時間と費用が掛かる
・PPC広告も行う(利益率が下がる)
・顧客単価を上げる(売上低下の恐れ)
・総シャルメディアを活用する(手間と時間が掛かる)

2.CV率(転換率、成約率、購買率)を上げる

CV率を上げるためのマーケティングでもっとも重要なのが、ウェブデザインにおけるユーザービティの向上やとメールマガジン・ステップメールなどのマーケティングとなります。

例えば、アマゾンによくあるリコメンド(この商品を買った人は、こちらも・・・)などの設置も有効です。
    購入意欲を即するボタンの設置やレビューなども有効的でしょう。

また、ターゲット絞り込んだ訴求・ウェブデザイン・コピーライトが必要になります。

顧客単価を増やす

もし、自社に他社と完全に差別化出来る商品やサービスがあるなら、顧客単価を増やすのも有効でしょう。でなければ、ユーザーに認知されない危険性があります。また、セブン-イレブンのレジまわりにある小物のような、何かを買ってもらった時、他の物を買ってもらう仕掛けで、一購入あたっりの単価は拡大します。

また、松竹梅と3つの価格帯の商品やサービスを用意するのも効果的です。

ウェブで売上を上げる為の計算式は他にもあります

様々な計算式や対策があります。結果、色々な角度からテストして、行うことも可能です。重要なのは、常にウェブサイトの数字的状況を監視して、その対策を講じることです。全然売れなかったショッピングサイトが、500倍以上売れた例もあります。

ショッピングサイトを成功させるには?

通販ショップ・ショッピングサイトを成功させる3つの要素

通販ショップ・ショッピングサイトは他のホームページ制作の考え方ともコンテンツも広告の考え方とも異なります。通販ショップ・ショッピングサイトを成功させるには以下の3つの要素が大切です。それらの要素を確立している数社の松本市内でも通販ショップ・ネットショップサイト成功例があります。

ecショップ

  1. 絶対的SEO対策もしくはPPC広告量
  2. ターゲット設定やマーケティング
  3. スピーディに動くWEBデザイン

1.絶対的SEO対策もしくはPPC広告量

まず、どんなサイトでも人の目に触れなければナイも売ることは出来ません。当然ですがまず通販ショップ・ショッピングサイトを運営しようと考えた時、どうやってアクセスを得るのか?その策を考えておくべきです。この場合の投資対効果を測定するシュミレーションソフトを弊社は用意しております。

その理由は制作経費が無駄になるからです。また、十分なPPC広告出稿量があれば、サイトの成功はしますが投資対効果を考える必要があるからです。

2.ターゲット設定やマーケティング

誰に何をどのように売るのか?明確なターゲット設定が必要です。またリピーターを求めるなら、登録へのインセンティブやユーザーへのメールマガジンでの情報提供なども必要になります。つまり、通販ショップ・ネットショップサイトもホームページと同様運営がとても大切になります。365日24時間あなたの代わりに販売をしてくれる通販ショップ・ネットショップサイトでも販売員に変わるWEB担当が必要になります。

ネットショップ

3.スピーディに動くWEBデザイン

ユーザーがお店で商品やサービスを購入する以上に分かりやすく便利でなければなりません。利便性に欠けたサイトでは販売数も上がりません。また、どんホームページでも同様ですが「本気度」を見せることです。売りていがの意識が買い手側にも伝わります。そして、Facebook/Twitterなどん活用もとても大切でしょう。

WIX無料ホームページ制作で作ってみました。

スマホ対応無料でホームページができるWIXを使ってホームページを作ってみました。

WIX無料ホームページ制作といってもやっぱりプロじゃないと作れない感じがしました。もちろん、ウェブに詳しい人なら自分で作ってSEO対策もできるのがこのサービスです。もちろん独自ドメインもショップカートもできますが設置が有料になりますが効能です。

激安ホームページ制作

WIXのシステム利用して予算のない事業所様向けに

販売店やヘアーサロン、個人事務所、起業者向けに期間限定の激安ホームページ制作サービスを始めました。価格も基本3ページで35,000円で始めました。これまで予算がなくスマホ対応のホームページができなかった事業所様には期間限定ですが最適なサービスです。

プロのサービスになると独自ドメインもSEO対策もお任せください

この手のサービスでは、独自ドメインでビジネスに活用するホームページ制作は難しかったのですが、このサービスを使いこなすと結構な立派なホームページができます。

詳しくはこちらから»

売れるECショップサイト・ネット通販ショップサイトを作るなら

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトを運営するなら
投資対効果(WEB ROI)を考える

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトなどのショッピングサイトでのターゲット設定・扱う商品の原価から配送・リスティング広告・ホームページ制作費・運営費を全て考慮してどれだけ投資すれば利益が出るのか?投資対応可WEB ROIを考えて制作を始めてください。

ショッピングサイト

ターゲットを絞り込んだECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作

ECショップサイト・通販ショップサイト制作のターゲットを絞り込んことにより、ユーザーは分かりやすいショッピングサイトとなるだけではなく。リスティング広告・EO対策の面からも費用が抑えられる。よって販売成績も販売利益も高くなります。

リスティング広告とSEO対策ではECショップサイト・ネット通販ショップサイトのコンバージョン果てた違いに変わる

見込み客をリスティング広告からのユーザーとSEO対策でオーガニック検索からのユーザーでは購入結果に至るコンバージョン率は桁違いに違う。リスティング広告からのコンバージョン率は上手にECショップサイト・ネット通販サイト制作すれば30%以上獲得できる。この場合商品の原価率にも関係するがリスティング広告を出せば出すほど売れる結果になる。ちなみにSEO対策の結果オーガニック検索からのユーザーの購入率は0.3%程度になる。

リスティング広告からのユーザーは「早く買いたい!」という思いが強いようでスピーディに求める商品を購入できるようなユーザービリティの確保が必要です。

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営に力を入れる

一度購入したユーザーに対してのリピートを即するメールマガジンやセールスメールの活用・販売キャンペーン等の企画・送料の無料化など様々な作業がECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営には必要です。そのための人件費も投資対効果でシュミレーションしてからECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作依頼をはじめて欲しい。

長野県松本市ホームページ制作会社ATFではECショップサイト・ネット通販ショップサイトを始めようとするお客様向けに投資対効果が分かる税理士の作成したシュミレーションサービスを行っております。

ホームページからの売上を高めるためには?

売上を上げるためのホームページの作る方

ホームページで売上を上げるには、当然アクセスを増やさけなればならないのだが、その前に提供する商品・サービスのターゲット絞り込む必要があるあります。SEO対策にしても同様である。とりあえずブログの更新頻度を高めるのもひとつの方法ですが、現在のグーグル検索ではコンテンツを重要になります。ビジネスの専門用語ではないユーザーの使うキーワードを探して設定をしなければなりません。そのため、できれば専門家にキーワード・コンテンツの作り方を指導もしくは依頼するとホームページから売上拡大が期待できる。

ホームページ無料相談

売上を上げるためのキーワード設定

キーワード設定とはタイトル内とコンテンツ内に商品・サービスなどのキーワードを設定する必要があります。松本市内の事業所で松本市内をターゲットとするならば、「松本市」というキーワードが必要になります。これがローカルSEO対策と言われております。もし、あなたのビジネスが全国をターゲットするならば、それは専門家に相談する必要がある。その経費は売上拡大から簡単に捻出できることでしょう。

ニッチなキーワードで売上を上げる

ユーザーが検索するであろうキーワードでニッチなキーワードを設定する必要があります。そしてニッチなキーワードを求めるユーザーに向けてブログ更新をすることが効果的です。次の作業は自分のブログのインデックス(グーグルのサイトでどの位置に表示されるのかを確認する)を確認する必要があります。せっかく更新したブログをグーグル検索に表示して貰う必要があります。

アクセスの0・3%が売り上げにつながる

月間のアクセスの中の0・3%がお問合せ・資料請求・購入(ネットショップの場合)につながります。もし、この数字通りでなければサイトの作り方に問題があると考えた方がよいです。サイトの修正を専門家に相談する必要がある。

ホームページを作る前に(お気軽に無料相談)

ホームページでビジネス効果を図るための3つのポイント

ホームページをビジネスに結びつけるなら

まず、第一はSEO対策だと私は考える。それは、検索キーワードで1位を獲得したサイトの運営者でなければ理解できない見込み客からのお問合せの嵐だ。さらに予想もしないところからのビジネスの引き合いがある。

先週は上場日本最王手のコンサルティングが弊社に仕事の依頼についてのお問合せもあった。そこで、専門的になるが本サイトのワードプレスプラグインをALL IN ONE SEO PACKから WordPress SEO by Yoastに変えてみた。その結果はまだ具体的に現れていないがタイトルタグを中心に変えてみた。

このようにワードプレスだと様々なSEO対策が行えるのが便利だ。

ホームページを作る前に

ホームページ制作の3つのポイント

ホームページ制作前にやらなければいけないことは、ホームページそのものの制作が目的である。そして、次はターゲットの絞り込みだ。それを支えるのがSEO対策とサイトデザインとなる。この順番に作業をするのだが、ここまでに時間を掛ける事が大切である。そして次の3つのポイントが重大になる。

  1. 1.SEO対策を考えたキーワード設定
  2. 2.お問合せしやすい仕組みづくり
  3. 3.お客様の声

1.SEO対策を考えたキーワード設定

多くの人に好まれる人気のコンテンツを作る以外にはキーワード検索で上位になれるサイトを作る覚悟が必要である。新しいドメインで公開を行った場合はリスティング広告をしばらく行う予算も用意したほうが良い。絞り込んだターゲットに会ったニッチなキーワードも同様である。

例えばローカルなら、ビジネス対応エリアの市町村名をタイトルにしたページなどを作るべきである。そして、制作後の運営とSEO対策のタスク表なども作っておきたい。

2.お問合せしやすい仕組みづくり

お問合せフォーム・資料請求フォームなどに力を入れるべきである。これらのページ実際訪れたユーザーが必ずお問合せなどの行動を取るわけではない。そして、フリーダイヤルの設置はとても重要である。それは、親切な応対のイメージさせるもので、統計的にもフリーダイヤルの方がお問合せを受けやすい。

3.お客様の声

制作に一番手間が掛かるのが「お客様の声」ではないだろうか?それだけにこのお問合せの声が充実しているとビジネス依頼が高い。ここに手間を掛けなければ、せっかくの手間と費用を掛けて作ったホームページの成果が得られない。

ここ10年で大きく変わった日本のインターネット利用者とWEBサイトの状況だが、この3〜4年の私の経験値からこのブログを書いてみた。そして最近公開した弊社の長野県ホームページ制作会社 ATFのホームページはワードプレスのテンプレートをそのまま活用したサイトとなった。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ