fbpx

マーケティング

ホームページ下からみてみた。「専門」という表示に弱いユーザーに向かて!「ホームページの作り方で変わる売上」

多くの経営者様はホームページの威力を知らない

どんな業態でも基本的にホームページで売上UPは可能だと私は思っています。しかし、ホームページをビジネス活用している経営者様はインターネットも活用しています。逆にインターネットを活用していない経営者様の企業のホームページはお粗末なホームページが多いことも事実です。

ホームページ下からみてみた
ホームページ下からみてみたら、こんな事がわかった。専門で単独の独自ドメインのサイトは強い!

そもそもユーザーはどうしてホームページを検索するのか?

検索を利用する目的には、探す・買う・時間消費という三要素があります。その中の探す・買うには、ユーザー自身が何かの問題や何かの自己の変化への期待によって、その目的を果たすための問題解決のためのコンテンツを探しているのです。

ユーザーの探している物(項目)は複数ですか?

ほとんどのユーザーが検索サイトで探す目的は1点です。ですが、多くのホームページには、その企業の多数商品や様々なサービスを掲載しています。もし、ユーザーが探している問題解決策に「どんぴしゃり」のサイトであれば、ユーザーが自己の問題解決のためにそのサイトに掲載される商品やサービスの購入をする確率が高くなります。

専門に弱いユーザー

専門という言葉にユーザーは弱いのです。名古屋の「赤から」というチェーン点は、「赤」と「辛い」という専門居酒屋です。通常のファミレス人気が下がっているなかこれらの専門化したビジネスは好調な売上を推移しています。専門というフレーズに人は注目します。ホームページも一つの問題解決のためにコンテンツを作ると信じられない効果が得られます。

小さな会社のWeb制作とは?

マーケティングをまずは考えてWeb制作をしましょう

小さな会社とは、従業員1名〜200名以下程度の企業を指しています。私が書いた「小さな会社のマーケティング」をまず読んでからウェブ制作を考えてみませんか?この本には、ホームページにつては、あまり記述はしてませんが、小さな会社に重要なマーケティングの記述があります。ある経営者は、この本を社内教育用に使っているそうです。専門用語を使わないで解説する「小さな会社のマーケティングとは」。興味のある方はぜひご覧ください。

マーケティングが苦手と感じている経営者のために

Webをどうか使うのか?広告をどのようにするのか?そんなことだけではなく、そもそも顧客に対してどう考えればよいのか?マーケティングが苦手と感じている経営者のために「いい会社を作りたい」と願う経営者のために書きました。

小さな会社のマーケティングとは

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?をお伝えします

弊社の実績では、大手はなく100名以下程度のローカル企業のウェブ制作です。それらのホームページ(なぜかWebとは呼ばない)の業績拡大に貢献した実績に限ります。それ以上の規模の企業様ならWEBコンサルティング|ペンシル 研究開発型のWEBコンサルティング専門などにご相談ください。弊社は100名以下程度の企業の業績拡大専門Web制作となります。1ページ1,000,000円掛かるそうです。ですが費用対効果は抜群なようです。もちろん、弊社も決して安くない7ページのWeb制作料1,300,000円程です。
小さな企業の業績拡大専門Web制作では、コンサルティング型Web制作を行っています。そして、私たちは検索エンジンの特性・Webにおけるマーケティングの特性などを理解して、業績アップWeb制作を全国からの受注を受けています。専門の業績アップを目的としたホームページを制作するのですが、その制作めに準備時間に徹底的な分析を行います。

そして、「何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?」と質問されれば、その答えは、「Webが好きだから」と答えるだけです。綿シャイの転職とも言えるのではないでしょうか?

何故、人は、検索サイトを利用するのか?そして、ホームページを探すのか?

検索サイトは、自分の問題を解決するためにあります。そのため情報を調べたり、購入をします。また、もう一つの理由は、時間消費です。これも自己が抱える問題解決のツールを探したり利用したりします。ですから、この検索サイトを利用する問題の解決する情報を提示できるサイトが人気となります。そして、そのホームページを運営する企業とのつながりを求めます。この変化とスピード感のある時代に不要なコンテンツを読んだり見たりする暇もユーザーにはありません。

問題解決を求めた人を解決に導くツールが自社の商品などです。
ちょっと前の大量ページなどやSEO対策など不要の時代に入ってます。スピーディにユーザーの問題解決に期待感を与えられるホームページ制作をするとリアルな成果が得られます。

小さな会社のマーケティングとは 小さな会社のマーケティングとは
写真は、2018年6月11日発売開始になる私が書いた書籍「小さな会社のマーケティングとは」です。

何故、WebサイトにMAとCRMが必要なのか?

WebサイトにMAとCRMが必要な理由

Webサイト、いわゆるホームページなのですが、何故、今 MA(マーケティングオートメーション)やCRM(Customer Relationship Management 顧客関連管理システム)などのBI(ビジネスインテリジェント)ツールが必要なのでしょうか? 昨今、「物が売れない時代」などと言われサブスクリプション方式などの販売手法も注目を集めています。そして、Webサイトの制作目的も「即買いを求めるWebサイト」から「見込客を獲得するWebサイト」づくりの時代になりました。そのためインバウンドマーケティングやオウドメディアの制作の必要性がウェブ上で騒がれています。

長野県でのBIツールを提供する会社

これらも。「まず。自社を好きになってもらう」というマーケティング手法になります。つまり、いきなり販売をしても効果がないということです。そこに「見込客」という概念が必要になります。その見込客を管理育成するのにCRMが必要になり、その選別や顧客情報を獲得するためのにMAが必要になります。要するにWeb+MA+CRMが標準装備されていなければいけない時代になります。

MAのWebマーケティングでの役割

MA自体、Webが充実していなくてもメールで、顧客の自社商品の関心度を図ることが出来ます。展示会や交流会などで祝した見込客情報やWebの資料請求・お問合せのデータを基本に見込客の関心度を測り、その結果にアプローチします。弊社のBtoBの事業所様のWebサイト制作には、標準装備されます。そして、MAは見込客のその関心度にあったアプローチを自動化します。もちろん、営業担当に情報や営業指示を提供いします。もしくは、メールだけでビジネスを完結させてしまします。特にBtoBなどの事業ではとても役立ちます。また、不動産業・工務店なども同様に効果的です。また、出来るだけCRMとの連携が重要になります。

CRMのWebマーケティングでの役割

CRMは、Webを活用していなくても、現在の企業ではすべての業種で必要なシステムです。簡単に言ってしまえば、エクセスなどの表計算ソフトが不要になり、すべての業務を一つのシステムに行えるプラットフォームとなります。Webで獲得した見込客だけではなく、様々な顧客データと紐付けられ商談や作業の管理・メールマガジンの発行・見積書・注文書・請求書などなどが自動化されます。もちうろん、Webと紐付けられMAもプラグインして活用することが出来ます。

BIツールの活用が業績拡大の鍵

1台数千円単位から利用できるこれらのBIツールを自社の業務に合わせてカスタマイズすることによって、業績拡大が期待できます。もちろん、BIツールに合わせたWebサイト制作が望ましいです。ですが、まず、このBIツールに慣れ、業績拡大に繋がる仕組みづくりを行うことをオススメします。

BIツールの詳しいことはこちらのページをご確認ください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSとWebサイトで見込客を増産するためには?

SNSとWebサイトで見込客を集めるために

Webで業績アップや売上アップを狙うなら、まず、マーケティングを学ぶ必要があります。AIDMAの法則では、ターゲット層がまず、あなたの商品やサービスの存在をしているのか?そして、それはターゲットから価値を感じてもらっているのか?この問に応えないと業績アップに導くウェブサイトは作れません。まず、ターゲットが、自社の商品やサービス・製品にどんな価値を提供いてくる商品なのかと言う前に存在を知ってもらう必要があります。それには、以前は様々な広告が必要でしたが、現在はSNSでそれを果たせます。もちろん、SNS広告という手もあります。

SNSとウェブで販売力拡大

ターゲットにSNSでまず知ってもらうこと

自社のSNSのフォロワーは、自社の見込客予備軍と考えればいいのです。その予備軍を増やすことで、見込客を増やすことができます。それには、まず、自社を知ってもうための行動が必要です。その目的だけにSNSを活用するれば良いのです。ですから、出来るだけ目を引く画像が必要になります。そして、フォロワー数と更新度が重要になります。ですから、フォロワー数を集めるには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することを薦めます。経済的に考えれば、このシステムを利用することの利益を考えるべきです。

もともと、「SNSは無料だから」なんて考えでは、「ダダより高いものはない」のことように時間だけを浪費して、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSからWebへ見込み客を

その比率を高めるにはのフォロワー数をそれなリに確保できたら、次は、SNSからWebに見込客候補を見込客に育てます。SNSからWebへの流れる数は、アナリテックスでわかります。その比率を高めるには、どうしたらいいのかを考えます。SNSで集客をしてしまうとWebやブログには人は流れません。そこが問題となるのです。できればキャンペーンなどのでノベルティンを提供してもウェブに呼び込んでください。

メールを使わなっくてもセールオファーは出来る。

Webに呼び込んだ見込客には、メールを登録してもらうためのノベルティーやダウンロード資料を作成します。そして、その編みに掛からなかった見込客予備軍には、SNSのメッセージ機能を利用して、オファーをすることができます。そして、Webに呼び込んで、MA(マーケティングオートメーション)で見込客を育成して、顧客にします、

このように簡単に行かない

SNSとWebサイトをこのように利用しても、すぐに結果出るものではなく、また成果を得るまでには、SNSのコンテンツやウェブサイトのコンテンツを修正する必要があります。ですがこの方法で改善方法が見えてきます。改善ができれば、一次の売上一次の売上ではなく、継続した売上拡大ができます。

CRM BIツールを使って営業力強化

どのSNSが自社にあっているのか?

SNSを自分の好き嫌いで決めないでください。自社のターゲットが一番利用しているSNSを利用するべきです。そんなケースでは拡散率の高いのが、意外とTWitterです。Facebookでは、個人が特定しやすいので、先々のマーケティングにはとても利用しやすいSNSです。Instagramは、飲食店やお店関係のインスタ映えする画像を提供できるビジネスにおすすめです。またLINEは、ターゲットが主婦やWebリテラシーの低いターゲットとなります。

製造業やBtoBの事業なら事業ならCRMでSNSを追跡する

製造業やBtoBの事業ならSNSの利用している企業の担当や経営者を追跡することで、ターゲットの抱えている課題や考え方をリサーチすることが出来ます。それら向けにWebやブログで対策などのコンテンツをSNSで紹介することも出来きます。CRMを使えば、より機能的にターゲットや見込客を追跡することがが出来ます。モノ売れにくい時代には、今までと同じことをしても成長はありません。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSで売上UPを本気で狙ってみる!

今更、SNSで売上アップできるのか?やっぱりWebか?

セブンイレブン「ホットビスケット」のSNS拡散に見習って、自社商品やサービスをSNSで拡散させて売上拡大ができるのか? セブンイレブンだからSNSの拡散に成功したのか?自社の商品では出来ないのか?を考えてみた。現実に弊社クライアントでFacebookを活用して年間2棟の住宅受注に成功した工務店の社長がいました。この社長ケースでは、一日15分程度の弊社のコンサルティングをう受けFacebookを利用するルールや社内ルールをしっかりと作りそれを実行しました。

しかし、今の時代、FacebookよりInstagramやPinterestの方がビジネス効果はありそうだと感じるでしょう。しかし、このセブンイレブン「ホットビスケット」の拡散の第一歩はTWitterなのです。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料に基づき考えてみた。

企業やブランドの公式アカウントとつながっている(いいね!やフォロー、友だちに追加など)SNSは?

企業やブランドの公式アカウントとつながっているSNSは、圧倒的にFacebookが多いようですが、LINEもスタンプの取得などで企業やブランドの公式アカウントとつながっている人が多くいるSNSですね。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料で気になって点を抜粋してみました。

Q:ソーシャルメディア上で接点のある企業の投稿を見て、企業の商品やサービスを購入・利用したことがある?
A:たまにある48%・よくある12%

Q:ソーシャルメディアで情報を得るようになってから、そのブランドや企業の商品を購入しましたか?
A:ソーシャルメディアは9割以上の人の購買意欲に影響する

ソーシャルメディアの重要性(調査データー集)で分かるようにSNSはブランディングも生み出し、他のメディアよりもユーザーと結ばれ易い特性があります。

SNS活用の問題点は?

むず、無料であることから、いい加減に扱われやすいく、継続的に利用できない企業が多いことです。SNSに企業が参加して、その企業が中途半端なSNSの利用していると、ブランディングが構築できないどころか、ユーザーに好まれなくなります。いわゆるマイナスです。もう一点は、時間の浪費に繋がるということです。しかし、Instagramでは、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用するとビジネスターゲットのフォロワーを低額で獲得することができます。実際利用している企業から聞いた話ですが、信じられないAIのチカラを知ったと担当が入っていました。

「あなたのお店に顧客が増える!」その秘密はこの動画をご覧ください。

画像や動画でコミュニケーションをする時代のSNS

TwitterやFacebookは、文字の要素でコミュニュケーションされますが、Instagramなのでは、画像や動画によりユーザーの目を引く必要があります。例えば、飲食店ならメニューや美容系なら仕上がりの画像など、きれいな画像や美味しそうな画像を見ていると人は行動を起こしやすくなります。また、自分のお店の商品やメニューをInstagramなどに投稿してもらい、1ヵ月に一度、アワード企画で、素敵な画像の人にランチ無料券を提供するなど様々な売上UPのためのプランがB to Cの事業では可能です。

B to Bの事業のSNS活用

B to Bの事業では、低価格のSNS広告を利用することをオススメします。できるだけアクションのある動画やモーションを利用することをおすすめします。motionelements.comで動画素材やSNS用の素材でコマーシャル動画を制作し、配信することをおすすめします。ちょっと僕も無料の素材でビデオを作ってみました。

まだまだ、SNSを本気になってやれば、ウリアがアップは出来ます。しかし、そこに到達できるまでの時間的な問題やモチベーションは計り知れません。できれば、決まった時間に数風利用するだけで、売上UPにつながる仕組みを作りましょう。まず、フォロワ~はAUIを使って、新メニューは常にアプロードして、お客様には、必ず食べた感想や幸せになった笑顔を投稿してもらうえるような仕組みが必要です。自分のフォロワーではなく、お客様に口コミをしもらえる色見づくりを考えましょう。

週間無料メールマガ 「業績アップのためのメーケティング」購読申し込み!

ホームページで業績アップの実現・経営情報・メールマガジン会員向けのお得なキャンペーン情報などなどてんこ盛りの情報で、あなたの会社の業績をアップさせるためのネタを送ります。正しいマーケティングの知識を学んで継続的に自社の成長を加速させましょう。






メールマガ登録




















Open Web Technologyの動画が評判(僕の周りだけの話)

Open Web Technologyって何?

この4年前に公開されたOpen Web Technologyでは、vimeoで2000位上のLIKEとなってました。私はもっと沢山のLIKEがあってもいいと思いました。あなたどう思いますか?
コンサルティング会社が宣伝することあまりありません。セミナーや書籍でクライアントを集めます。そして、通常コンサルタントは、幅広いサービスを提供しています。これは、単一の製品より説明がはるかに複雑であり、常に曖昧にならないようにする必要があります。
しかし、この会社は、それらをあいまいにせず挑戦が好きなようです。弊社の経営コンサルティング事業部もクライアント獲得は超スローペースです。今月。2018年5月には「小さな会社マーケティング」という書籍が出版されるようです。
ところでこの動画のスイスで最も実績のあるITコンサルティング会社のこの短い概念のビデオでは、わかりやすくユーモアのある方法を見つけようとしました。

私たちユーモアのセンスは必要ですね。ビジネスだからといっても楽しくなければけません。そのためにこのビデオを見てチカラをつけましょう。

Open Web Technology from ILLO on Vimeo.

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

15分でMacで作る企業PR動画です。バックグランドは、motionelementsで無料でダウンロードしたもにiMACのIMOVIEで編集したので、費用は0でした。youTubeやvimeやにアップロードする時間を除けば、15分程度で完了しました。

SNS向けには、1,500円程度でCoolなモーションが変えます。SNS広告を作るときには活用したいサービスです。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。是非挑戦してみませんか

motionelements

長野市・松本市 WEB制作会社 ATF from Toru Takeuchi on Vimeo.

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

あともう少し売上UPをホームページで使って行う方法!

あともう少し売上がUPすれば経営も楽だなと感じている経営者のためのホームページ活用法

「5%・10%の売上が伸びるとかなり楽な経営ができる〜」と感じている経営者の方に「ちょっこホームページを変更・追加するだけ、成果が変わる方法」を解説します。弊社が昨年、自社のホームページに向けてGoogleアドワーズ(リスティング広告)予算約10万円3ヶ月を行いました。結果的に成果は「0」でした。今年の4月から1ページのランディングページにオファー(申し入れ)をつけたらお問合せの多い日に4件の実績がありました。

松本市 ホームページ制作
「猫の手も借りたい!」と嬉しい悲鳴を挙げたい! そんな売上UPを願う経営者のために!

ホームページ訪問者に行動を促すオファーとは?

広告効果を得るために弊社はリニューアルキャンペーンを行いました。キャンペーンだから期日を設けました。特にランディングページを作らなくても、「無料お試し」「体験コース」などの期限付きの企画をつけて、ホームページを運営していただくと、今までの売上の5%・10%の売上が伸びます。つまり、ちょっと行動をすることで売上は伸びるのです。面倒くさいと感じているより行動の方が大切です。売上が伸びるメリットと面倒くさいと感じるデメリットを比較してください。

長野市・松本市ホームページ制作ATF – 長野県長野市・松本市デジタルデザインWEBATF 01

GWはホームページの企画を考える

GWには本を3冊読みます。本日アマゾンで購入します。そして、このオファーのもっと有効な方法がないかを渓流に入って、フライフィッシングの合間に考えます。山の森の緑と水の流れによる癒やしの中で、私の頭脳も心もリフレッシュされます。ただ、Web制作会社の作ったホームページでただ売上が上がるのを待つより、PDCAサイクルを活用した変更・追加を行ってください。

弊社では、ホームページの運営代行やSNS・メールマガジンなどの運営も代行しております。

ホームページ制作の目的 2018

ATFNAGNANO

ホームページやWebから直接的に売上を獲得したいと思うのは経営者・ウェブ担当さんなら当然ですね。私もそう願いたいのですが、現実は、それを行うと業績拡大への目標が遠のいてしまいます。目の前の売上にフォーカスされがちですが、是非、「見込み客」という概念を持ってください。見込み客のリストを多く確保していると、その見込み客を育成することにより売上を拡大することが出来ます。つまり、ホームページなどでは、まず見込み客を確保することに力を入れましょう。TV通販ショップでは、「お試し」という企画だけで、多くの経費を掛けています。それは、「お試し」を利用する人からの成約率が高いからです。
「見込み客」の数から「成約率」が確定すれば、「見込み客」を増やせばいいのです。逆に「見込み客」からの「成約率」が低ければ、「成約率」を高める方法を考えればよいのです。ただ、なんの根拠もなく、売上を拡大するには、広告を行うしか方法がなくなります。つまり、利益率の高いビジネスモデルでなければ、広告経費で利益が出なくなります。ホームページで業績拡大を目指すなら、まず、「見込み客」という概念を持ち、そこを自分のビジネスの入り口とする必要があります。
ウンドメディアマーケティングやインバウンドマーケティングという言葉があります。これらも同様に基本的には、「自社を好きになってもらう」と言う活動になります。これには専門的なコンテンツやユーザーの疑問に答える専門家としてのアドバイスなどをコンテンツにして、ブログなので更新する必要があります。結果的にSEO対策ともなります。問題は、それに取られる時間なのですが、5分ぐらいの隙間的時間をブログ更新に利用することをオススメします。そして、まず、見込み客獲得の前に自社の商品の価値を多くの人に知ってもらうことも大切でしょう。

営業だって、オートメーションできるよ!
新しいコンセプトでWebsiteをリニューアルしてみました。

Webサイト制作の目的を明確した業績UPにつながるコンテンツ作りとは?

セミナー松本市

松本市に本境地をWeb制作会社である株式会社ATFでは、Webサイト制作の目的を「集客」から「見込み客獲得」重視にWeb制作のコンセプトを変更していく方向でホームページ制作を行っています。その理由は、最近のWebサイトからの直接の受注よりもCRMなので、見込み客から成約化する方が効果的だと判断しました。もちろん、これもデーター・ドリブン・マーケティングによるものです。
多くの業態で、物が売れにくい状態で、次の手は、BtoBであればアンノンマーケティングとMAの組み合わせになります。BToBでは、CRMとMAの活用になります。つまり、見込み客情報から顧客を育てながら成約に結びつける方法が現実的に成果を拡大することが出来たからです。これは、長野県下の企業の調査となりますが、松本市でも長野市でもそれほど大差はありません。
まず、商品やサービスを知ってもらい、次にその商品で解決できるユーザーの問題解決方法を伝えます。その後、「こんなことも出来ます」と常にユーザーの問題解決にコミットします。製造業なのでは、製造段階の動画やデーターなどを送ります。このような作業も含めて、ATFでは、CRMやMAの導入サポートや連携サポートも行ってまります。
「企業を未来につなぐ」をテーマに長野県の企業を中心に新しい時代に向けたマーケティング・ITソリューション・Web制作を行ってまいります。
本日2018.04.06も上記の内容を解説するセミナーを行います。

長野県ものづくり企業の専門のWeb制作サービス

長野県の企業を未来に繋ぐ

メーケティングコンサルティングに加え、長野県のものづくり企業をバックアップして、未来に繋ぐ作業をCONCEPTでは、新しいビジネスプランを構築中です。それは、BtoBに特化した特に製造業のマーケティングを専門に行うサービスです。1社のOEMパートナーでは、将来の企業経営に不安材料が残ります。1社の依存率を下げるためにも新しい新しいパートナー構築のための支援を行うウェブ&ITとコンサルティングを行うものです。

長野県ものづくりウェブサポート

製造そのものは、自動化されて生産性向上も得意な製造業ですが、営業の生産性向上については、まだまだ改善の余地があるのではにでしょうか?

長野県ものづくり企業、製造業のOEMパートナー獲得のためのホームページ制作

長野県の製造業を対象にしたOEMパートナー獲得のためのホームページ制作は、単なるホームページ制作だけではなく、営業のノウハウや営業のためのツールと連動した製造業の営業プロセスを自動化して、製造業関連の展示会などで名刺効果などをした見込み客を管理して、ホームページやメールなどに紐づけをするMAやCRMまで、製造業のOEMパートナー獲得を支援します。

ただ、ものづくりコンテンツを制作して、単品の受注を獲得しながら、OEMパートナー獲得のためのブランディングまでをサポートするのが、弊社の仕事です。

営業の生産効率を上げる

営業だけに携わっている人材が不十分であったり、資料請求を行なってくれた見込み客のフォローを完全にできなければ、せっかくのホームページや展示会などのイベントも無駄になります。もちろん、見込み客の商談などは人が行うものですが、そこまでのプロセスが十分に行われてい状況のものづくり企業が多くあるのではないでしょうか。ATFでは、様々な製造業関連の団体や大学などかも様々な情報や分析を行っております。

製造業のためのリクルート専用サイト

人材採用のノウハウ提供から採用系のリクルート専用ページ作成や企業サイトの制作の支援を行っております。他社との差別化を図ったウェブサイト制作は、より優れた人材確保のためのツールとなります。

ものづくり補助金の支援

経済産業省認定の経営革新支援機関である弊社は、ものづくり補助金などの書類作成や経営向上計画などの申請書作成の支援代行を行っております。このように長野県の製造業を「未来に繋ぐ」、トータルなサービスを提供しております。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは