マーケティング

ホームページ制作の目的 2018

ATFNAGNANO

ホームページやWebから直接的に売上を獲得したいと思うのは経営者・ウェブ担当さんなら当然ですね。私もそう願いたいのですが、現実は、それを行うと業績拡大への目標が遠のいてしまいます。目の前の売上にフォーカスされがちですが、是非、「見込み客」という概念を持ってください。見込み客のリストを多く確保していると、その見込み客を育成することにより売上を拡大することが出来ます。つまり、ホームページなどでは、まず見込み客を確保することに力を入れましょう。TV通販ショップでは、「お試し」という企画だけで、多くの経費を掛けています。それは、「お試し」を利用する人からの成約率が高いからです。
「見込み客」の数から「成約率」が確定すれば、「見込み客」を増やせばいいのです。逆に「見込み客」からの「成約率」が低ければ、「成約率」を高める方法を考えればよいのです。ただ、なんの根拠もなく、売上を拡大するには、広告を行うしか方法がなくなります。つまり、利益率の高いビジネスモデルでなければ、広告経費で利益が出なくなります。ホームページで業績拡大を目指すなら、まず、「見込み客」という概念を持ち、そこを自分のビジネスの入り口とする必要があります。
ウンドメディアマーケティングやインバウンドマーケティングという言葉があります。これらも同様に基本的には、「自社を好きになってもらう」と言う活動になります。これには専門的なコンテンツやユーザーの疑問に答える専門家としてのアドバイスなどをコンテンツにして、ブログなので更新する必要があります。結果的にSEO対策ともなります。問題は、それに取られる時間なのですが、5分ぐらいの隙間的時間をブログ更新に利用することをオススメします。そして、まず、見込み客獲得の前に自社の商品の価値を多くの人に知ってもらうことも大切でしょう。

営業だって、オートメーションできるよ!
新しいコンセプトでWebsiteをリニューアルしてみました。

Webサイト制作の目的を明確した業績UPにつながるコンテンツ作りとは?

セミナー松本市

松本市に本境地をWeb制作会社である株式会社ATFでは、Webサイト制作の目的を「集客」から「見込み客獲得」重視にWeb制作のコンセプトを変更していく方向でホームページ制作を行っています。その理由は、最近のWebサイトからの直接の受注よりもCRMなので、見込み客から成約化する方が効果的だと判断しました。もちろん、これもデーター・ドリブン・マーケティングによるものです。
多くの業態で、物が売れにくい状態で、次の手は、BtoBであればアンノンマーケティングとMAの組み合わせになります。BToBでは、CRMとMAの活用になります。つまり、見込み客情報から顧客を育てながら成約に結びつける方法が現実的に成果を拡大することが出来たからです。これは、長野県下の企業の調査となりますが、松本市でも長野市でもそれほど大差はありません。
まず、商品やサービスを知ってもらい、次にその商品で解決できるユーザーの問題解決方法を伝えます。その後、「こんなことも出来ます」と常にユーザーの問題解決にコミットします。製造業なのでは、製造段階の動画やデーターなどを送ります。このような作業も含めて、ATFでは、CRMやMAの導入サポートや連携サポートも行ってまります。
「企業を未来につなぐ」をテーマに長野県の企業を中心に新しい時代に向けたマーケティング・ITソリューション・Web制作を行ってまいります。
本日2018.04.06も上記の内容を解説するセミナーを行います。

長野県ものづくり企業の専門のWeb制作サービス

長野県の企業を未来に繋ぐ

メーケティングコンサルティングに加え、長野県のものづくり企業をバックアップして、未来に繋ぐ作業をCONCEPTでは、新しいビジネスプランを構築中です。それは、BtoBに特化した特に製造業のマーケティングを専門に行うサービスです。1社のOEMパートナーでは、将来の企業経営に不安材料が残ります。1社の依存率を下げるためにも新しい新しいパートナー構築のための支援を行うウェブ&ITとコンサルティングを行うものです。

長野県ものづくりウェブサポート

製造そのものは、自動化されて生産性向上も得意な製造業ですが、営業の生産性向上については、まだまだ改善の余地があるのではにでしょうか?

長野県ものづくり企業、製造業のOEMパートナー獲得のためのホームページ制作

長野県の製造業を対象にしたOEMパートナー獲得のためのホームページ制作は、単なるホームページ制作だけではなく、営業のノウハウや営業のためのツールと連動した製造業の営業プロセスを自動化して、製造業関連の展示会などで名刺効果などをした見込み客を管理して、ホームページやメールなどに紐づけをするMAやCRMまで、製造業のOEMパートナー獲得を支援します。

ただ、ものづくりコンテンツを制作して、単品の受注を獲得しながら、OEMパートナー獲得のためのブランディングまでをサポートするのが、弊社の仕事です。

営業の生産効率を上げる

営業だけに携わっている人材が不十分であったり、資料請求を行なってくれた見込み客のフォローを完全にできなければ、せっかくのホームページや展示会などのイベントも無駄になります。もちろん、見込み客の商談などは人が行うものですが、そこまでのプロセスが十分に行われてい状況のものづくり企業が多くあるのではないでしょうか。ATFでは、様々な製造業関連の団体や大学などかも様々な情報や分析を行っております。

製造業のためのリクルート専用サイト

人材採用のノウハウ提供から採用系のリクルート専用ページ作成や企業サイトの制作の支援を行っております。他社との差別化を図ったウェブサイト制作は、より優れた人材確保のためのツールとなります。

ものづくり補助金の支援

経済産業省認定の経営革新支援機関である弊社は、ものづくり補助金などの書類作成や経営向上計画などの申請書作成の支援代行を行っております。このように長野県の製造業を「未来に繋ぐ」、トータルなサービスを提供しております。

「いい会社を作りたい!」と願う経営者のためのウェブマーケティング

毎月の売上の不安・将来の売上不安を解消するウェブマーケティング

経営者には不安がつきものだとよく言われます。しかし、本当にそうでしょうか?マーケティングによる仕組みづくりができている会社は、右肩上がりで社長はお気楽なものです。つまり、継続的な売上げアップや業績アップができているのです。そんな「いい会社にするためには?」、私たちはマーケティングコンサルティングをしながら、成長する企業の仕組みを紹介しながら、ウェブ制作を行います。そして、企業の弱みを強化するウェブサイト制作・ホームページ制作を行うちょっと変わった会社です。

松本市ホームページ制作 ATF

宣伝をしなくても顧客が集まる会社に

いい会社とは?社会や顧客から価値を感じてもらえる会社です。それとウェブサイト制作との関係は直接的にはありません。しかし、ウェブサイト制作を行う上では、その企業の営業プロセスなどの一番弱点をウェブコンテンツで補います。そして、その企業の価値をそれに該当する問題を抱えたユーザー向けにウェブサイトで直接商品を買ってもらうのではなく。リード(見込み客)の獲得を目指します。そして、メールや電話・キャンペーンなどで、リードを購入者に成長させます。それらが、ウェブ上で成功すると、多くの企業が成功要因を掴みます。もちろん、時間や経費も掛かりますが、「来年どうなるのかな?」悩む必要がなくなります。

つまり「いい会社づくり」のスタートをウェブサイト制作という、今一番重要なメディアで発信するのです。
以下のブログを是非お読みください。
来月の売上不安、来期の売上不安を解消する方法 KPI+CRM

ただのウェブサイト制作では、何も解決しません

「いい会社づくり」専門家である弊社の考えは、ただのウェブサイト制作では、何も成果は得られません。ウェブコンテンツづくりは、企業の強みづくりを行わなければなりません。それには、あらゆるマーケティングや経営についてのコンサルティングを行います。だから弊社の高額プランのお客さまは、みんな右肩上がりで成長を続けているのです。もちろん、それらの企業の経営者が、私たちのことを理解してくれたからです。

見込み客の関心度に合わせたWebコンテンツの制作

見込み客の関心度に合わせたWeb戦略

製造業や高額商品を販売する業態では、Webで販売は完結しません。これを私は、標準化されていない商品と言っています。つまり、アマゾンなどでユーザーが簡単に購入できない商品のことで非標準化されていない、顧客と対面をして、顧客にあったカスタマイズや顧客のオーダーによって作られる工務店や製造業・不動産などなどがあります。これらのケースでは、まずWebで見込み客を取り込むことを優先に作業を粉います。
そして、その顧客はウェブ上で標準化された商品のように購入を即決するわけでありません。ですから、その商品への興味・関心度の度合いが様々です。ですから、その見込み客の関心度に沿ったWebでのアプローチが必要です。

WEB制作 製造業

直ぐに結論を求める見込み客にはLP(ラディングページ)で訴求する

LP(ラディングページ)とは、一つの目的達成のために制作される縦長のWebページです。このLPを好むユーザーは、自分の求めている情報をまとめて、手っ取り早く求めている見込み客になります。ですからリスティング広告などを利用して、資料請求や相談・お問合せに誘導することによって、見込み客の「直ぐに知りたい!」「直ぐに欲しい!」という目的に応えることが出来ます。

商品情報をWebで吟味したい!企業を2〜3社に選択したい

Webで2〜3社に企業を選択するために、情報を収集する近い将来の購入予定者には、コンテンツ(内容)の充実が必要になります。まず、自社を好きになってもらうことが必要です。そのために見込み客が求める情報を丁寧に提供する必要があります。「こんなこと知っているよね!」と売り手は当然もコトと理解していても買い手が知らないことは沢山あります。ですから、「そもそも」的な基本的な情報から専門的情報まで、自社の商品・サービス・製品などを詳しく説明する必要があります。これには、ブログやメールマガジンがとても有効です。

見込み役への育成をWebで

Webとセールスメールやメルマガジンで見込み客への育成をする必要があります。展示会やイベント・見学会などに参加していただいた見込み客を自社のファンにするために、メールや電話なので、見込み客を育成するためのWebページを見てもらうことやPDFファイルなどを提供することで、MA(マーケティングオートメーションやCRM・SFAなどとの連携により、見込み客を育成して、取引先顧客に導くことが出来ます。

Web制作には、一つ一つの目的にあったページが必要

Webサイト・ホームページを感覚で作るのではなく、また、適当な同業者のWebサイトを真似するのではなく、自社の目的に合わせたWebサイトを制作する必要があります。「いい会社に!」という思いを載せたお客様に好きになってもらうWebサイト制作を行いましょう。
1.どんな目的をもってWebサイトを制作するのか?
2.そのためにどんなページが必要があるのか?
3.そして、どんな営業方法をするのか?

ホームページリニューアルの5つのポイント

製造業者がWebで見込み客をつかむための5つの条件

Webサイト・ホームページでで見込み客をつかむための5つの条件とは?

現在、Webサイトを構築しただけでは、見込み客をなかなか取り込めない時代に入っています。しかし、現在もバンバン見込み客を獲得している弊社クライアントも存在しています。そこで、ウェブで高額商品やBtoBでの顧客獲得や製造業でOEM発注をしてくれる企業の見込み客を獲得するには、以下の5つの条件を満たす必要があります。

長野県の製造業を支援します

Webサイトで見込み客を獲得するには?

以下の5つの条件が満たされることが、Webサイトで見込み客を獲得する条件のようです。
1.コンテンツマーケティング
2.ターゲットを絞り込んでいる(ペルソナ)
3.資料ダウンロードが優れている
4.CRM SFAを活用した営業システムが構築されている
5.ブログの更新頻度が高い

Webサイト高架下だけでは意味がない時代

上記、1のコンテンツマーケティングと2のターゲットを絞り込むという点においては、とても重要な要素を含んでいます。つまり、製造業では、バイヤーなのか?設計者なのか?はっきりとしたターゲットを絞り込み、そのターゲットが求めている情報をWebサイトに記載する必要があります。また、動画で自社の作業風景などを観て貰う必要もあるのです。資料ダウンロードでは、CRM/SFAに取り込める見込み客情報となります。そのため顧客が求める「この情報欲しい」というコンテンツのダウンロード資料が必要になります。

ブログの更新頻度が高いブログの対策

ビックキーワードではなく、製造業のケースでは、マテリヤルや専門用語の作業名などのニッチなキーワードのタイトルのブログを更新することによって、見込み客を呼び込むことができます。

展示会などでの見込み客データーを活かす

名刺交換をした人は、100%と言っていいぐらいその会社のWebサイトを見ます。その見込み客の自社への関心度を知るためのMA(マーケティングオートメーション)を活用するとさらに極めの細かい営業活動が行なえます。また、営業部門が充実していない企業では、なおさらデジタルマーケテインングを活用するべきではないでしょうか?営業の生産効率が固まります。

営業のプロセスからWeb活用まで

ATFでは、松本市・長野市周辺の長野県のものづくりに未来を託す製造業様の営業担当の人数・企業規模にとらわれず、デジタルマーケティングの導入の支援やご相談を承ります。Webサイト構成は、既存のWebサイトでも多少の変更で多くの見込み客を獲得することができます。

カスタマージャーニーMAPを作ってWeb制作に活用する

カスタマージャーニーとは?

カスタマージャーニーとは、「顧客が購入に至るプロセス」のことです。顧客がどのように商品やブランドと接点を持ち、認知し、関心を持ち、購入意欲を喚起されて購買に至るのかという顧客の行動や心理を時系列的に可視化したものを「カスタマージャーニーマップ」と言います。顧客の行動を探って、顧客を知ることは、マーケティングでは一番大切なことではないでしょうか?
どこだけ売るのはなく、どれだけ顧客に喜んでももらえるかを考え、その顧客の行動プロセスを理解してウェブ制作を行うことによって、ウェブ制作で業務UPを実現させることが出来ます。

カスタマーエクスペリエンスの戦略において、実際にサービスを設計する際に用いる「カスタマージャーニーマップ」のような「顧客の行動文脈を旅のプロセスに見立てて可視化して把握する手法」を用いるのは、まさにサービス設計を行うメンバーが旧来型のおもてなしを提供していた経験豊富な接客担当者同様に、顧客がどんな状況のときに何を欲し、何を喜びとするかを理解するためです。

そうした顧客行動を包括的に見たうえでの理解があって初めて、従来は存在しなかったような革新的な顧客体験を生み出すようなサービスを設計できるようになるのです。

カスタマーズジャニーMAP
カスタマージャーニーマップを正しく活用するには「おもてなし」と「カスタマーエクスペリエンス」の理解から

マーケティングオートメーション Mautic を無料で導入

マーケティングオートメーションMauticを導入

国内でのマーケティングオートメーションの導入は、ある調査によると、(卸売業、小売業(30%)・製造業(29%))では、まだ20%にも満たないようです。しかし、B TO B の業態では、出来るだけ早い導入により営業活動の生産性の向上に役立てることができます。また、このマーケティングオートメーションの活用できるWeb制作が必要になります。弊社では、数社のマーケティングオートメーション販売会社の代理店となっておりますが、やはり導入コストや効果を得るためのWebコンテンツの作成に費用がかかる点から、長野県下の企業様では、検討段階を含め5社程度の状況です。そこで Mautic を導入したWeb制作プランで、無料の設置サービスを行います。

マーケティングオートメーション 松本市 ホームページ制作

マーケティングオートメーションを活用すれば、営業効率や最終的に業績UPが可能になる企業様に限りますが、AWSの活用されるサービスでに付加されます。

MA導入ありきでウェブ制作をする

もちろん、マーケティングオートメーション Mautic導入をサポート・設置するサービスも行っておりますが、これらの効果を提供するには、ウェブサイト自体の修正が必要になります。売上UPのためにマーケティングオートメーション Mauticを導入することを踏まえたWebコンテンツの作成をWeb Siteのリニューアルから行い、Web ROI(費用対効果)の高いウェブ制作サービスを行うことが目的です。

そもそもマーケティングオートメーションって

自社データーとWebサイトへの閲覧状況からお客様ごとに最適なカスタマージャーニーを実現することができます。例えば、イベントに来て頂いた見込み客が、どんな情報を必要としているのかをサイト訪問状況から特定し、それに関するメールやDMあるいは、電話でアプローチできるなどの営業ツールとして画期的なシステムとなります。そして、いち早くリードを獲得することができます。

長野県下でマーケティングオートメーション Mautiの導入希望をされる企業様は、お気軽にお問い合わせください。

web制作会社2つのパターン

Web制作は、今や2極化しています。

これには、クライントの規模により Web制作予算よるもの、また求めている成果によるケースにより、1つのWeb制作費の桁が異なります。この状況により、価格を制御して、安価なWeb制作を行う業者と弊社のような業績UPを実現させるための手の掛かったWeb制作を行うWeb制作会社の大きく2分化されているようです。

Web制作の相場とは?

しかし、ビジネスで使用されるWeb制作であれば、現在の相場として70万円程度は最低掛かってしまいます。相当な赤字覚悟で、本来の標準的な仕様のWeb制作をするしかありません。ですが、顧客である一般の企業の経営者ならそれらを理解する事はできないでしょう。また、それらを経営者に伝え理解していただくには、不可能であり、不要な行動になります。

松本 ホームページ制作コーディング

Web制作を依頼する企業にとって、どれも同じサービスで業績UP、つまり売上拡大に繋がると考えているか?その逆に期待していないのかという点でしょうか?

技術力をアピールしても

松本市という立地でWeb機能や技術力をアピールしでも意味のないことで、マーケティングを理解していれば、レバレッジを稼ぐマーケティングを行うべきだと私は考えるのです。つまり、Web制作による企業の業績UPの実現に対し常に変化を求めるということです。弊社のプレゼンスのようなもので、弊社を良きパートナーとして選んでくれている企業様への恩返しでもあります。
もちろん、弊社の売上の50%近くは、この松本市ホームページ制作のWebサイトから受注になります。Web制作会社が、自社のWebで集客ができないのでは、Web制作の受注を行うことすら、社会に必要な存在ではなくなるからです。

ただ、私達とすれば手をを掛け、マーケティングや他のWeb制作会社が行わないことも、長野県の企業に変化を与えるというミッションを遂行するだけです。

SNSで実現させる業績UPのWebマーケティング(プロダクトローチン編)

SNSとWebマーケティング

SNSの利用は無料ですが、ビジネスでSNSに活用しようと考えても、なかなかハードルが高いと感じているマーケッターは少なくないでしょう。それは、SNSには、SEO対策で得られる潜在顧客のバックグラウンドがないからです。強いて言うならば、SNS広告で地道に獲得したフォロワーより遥かに多い数のSNSユーザーに情報を届けることが出来ます。

スマホ ホームページ制作松本

また、インスタグラムでは、フォロワーをAIで獲得してくれるサービスもあります。
しかし、いくらフォロワーを獲得してもそこからリアルなビジネスに繋げるための手法が必要になります。今回は、プロダクトローンチについて、紹介します。

プロダクトローチン 松本市ホームページ制作

SNSをプロダクトローンチにより見込み客を顧客化する

プロダクトは「商品」・ローンチとは、「立ち上げる、打ち上げる」という意味です。この方法がハマると信じられない位の売上UPに繋がります。ランディングページと言われる縦長のセールスホームページであれば、そのページだけで売り込みを完了します。プロダクトローンチではこれを横に倒して分割し、見込み客を教育して、売り込みの要素を一番最後に持ってくることができたのです。このシステムをSNS広告から呼び込みステップメールシステムで、アピールするシステムです。

SNSには、ランディングページとメールシステムで売上拡大を狙う!

SNS単独では、収益を獲得することが出来ません。ランディングページで価値ある情報をダウンロードしてもらい、そのメールアドレスにステップメールで送信するまでの準備が必要になります。何もしないで簡単に売上拡大ができる方法は、この世にありません。しかし、営業マンが走り回る苦労に比べれば、ほんの少しの努力で売り上げが拡大ができるのも事実です。

BtoB企業のマーケティングオートメーションの活用 松本のホームページにMAを

松本市でホームページにMAを導入している企業は?

今年のホームページ制作に於けるB to B のトレンドは、MA(マーケティングオートメーション)となります。しかし、このシステムで重要なのは、アクセス数です。アクセス数がある程度ないと費用対効果が出ません。現在、弊社顧客でも2社ほど検討作業に入っています。現在、独自に導入している企業は弊社ホームページ運営管理のクライアント様には見当たりません。また、ECショップには、簡易的なマーケティングオートメーションであるカート落ち(カードに入れたが注文しない)や通常のホームページでも資料請求落ちなどに顧客にリマーケティング的な効果を提供するサービスもあります。AIを活用したインスタグラムのフォロワー拡大から、マーケティングにつなげる小規模予算で行えるシステムのあります。その辺も松本市内や中信のエリアの企業様では、工務店業や販売業でマーケティングオートメーションの導入検討がありますが、まだ、実施段階ではありません。

松本 ホームページ制作ATFでは、県内では殆どない大手マーケティングオートメーション提供サービスとの提供や費用な比較的かからないオープンソースのマーケティングオートメーション導入サービスを行っています。

他社よりもいち早く見込み客を見つけるために!

BTOB営業を支援するいま最強の武器マーケティングオートメーション/h3>
見込み客の興味を理解して、適切なコンテンツで、競合他社より早く見込み客を獲得する営業手法がマーケティングオートメーションです。現在、約4社に1社の企業(24%)がマーケティングオートメーションに関心を示していることがある調査機関の調査にもありました。すべてのB to B 企業がマーケティングオートメーションにより,営業力が強化されるわけではありません。また、その逆に一日早いマーケティングオートメーションの導入が必要な企業もあります。

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ