その他

リクルートに強力な武器!ランディング型ウェブサイト

ランディング型ホームページとは?

ホームページは、 訪問者が欲しい情報を分かりやすく提供して、お問合せや資料請求また、来店来社を即する複数の目的で制作されます。それに対して、ランディングページの目的は、 訪問者に特定の(1つの)アクション(行動)を起こさせることが目的となります。したがって、通常のホームページより目的達成率が高くなります。そして、営業目的ではなく、リクルート目的に制作されるランディング型ホームページですから、多くの資料請求の応募や会社説明会への導引が可能になります。

ランディング リクルートホームページ松本

社員を大切にする企業の姿勢を表現するリクルート用ランディングページ

上記のように1pで目的を完結できるウェブデザインになります。特に学生をターゲットにしたケースでは、スマホの動作を重要視します。重要なのは、企業の向か入れる姿勢を表現することです。
そして、競合他社だけではなく、

例えば、製造業であれば、地域の製造業がすべて、リクルートに関しては、競合になるということです。社員を大切にする企業の姿勢を表現できるランディング型ホームページを活用してください。また、学生にも分かりやすい10年ビジョンを表現する必要もあります。

 リクルート専用ホームページについて

岡谷・諏訪・塩尻・松本市などの製造業のホームページ戦略

製造業のホームページ戦略とは?

戦略とは、できるだけ戦わない方法を考えることです。だから「戦略」書くのでしょう? また、戦略を考えるより戦術を実行する方が難易度は高いのです。ですから、岡谷・諏訪・塩尻・松本市などの製造業のホームページ戦略と戦術の実行をお手伝いして、業績業績を実現させます。
製造業においてはホームページを営業のツールとして使いこなしている企業は少数派にとどまっているのが現状です。そもそもホームページが営業の窓口になるという意識を持っている経営者も同様です。「他の会社も持っているから」「会社案内代わりに」といった動機でホームページを開設している製造業経営者が殆どでしょう。しかし、少しの工夫をすることでホームページからの問い合わせや受注を増やすことができます。また、人材確保にも大きな役割をホームページが果たします。

製造業ホームページ制作 岡谷 諏訪 塩尻・松本市

発注社は、まだ、あなたの工場のことを知りません。

月に3件の新規の問い合わせが来ると、想像してみてください。仮にそのうち1件が受注に至ったとしましょう。たったそれだけでも年間で12件の新規の取引先が増えることになります。発注側は、あなたの会社の隣の工業団地にあっても、あなたの仕事の内容を存在も知らないかもしれません。発注社は検索サイトで発注先を探しています。

製造業経営者が、新しい顧客開拓や新しい市場の可能性を否定している

多くの製造業経営者が、新しい顧客開拓や新しい市場の可能性を否定しているようなものです。弊社のお客様の中では、自社の技術で、異なった分野から受注を大きく拡大した岡谷市の製造業社の成功例もあります。「今までのそうな効果ないよ!」と経営者様は、思うかもしれませんが、それは、ホームページ自体のコンテンツの問題です。そして、しっかりした目的設定がないのではないでしょうか?

マーケティングを活用した製造業ホームページ制作

B TO Bの業態のホームページ制作は、しっかりとした目的と常に協力会社(外注・下請け)をウェブで探しています。その発注先が、どんなキーワードで、外注先を探しているのかをまず知らなければなりません。次にWebで発注する時の業者を選択するポイントを知っておくことです。そして、次に機械の種類や特分野のアピールです。また、他社や競合の分析も必要です。

中小企業庁ミラサポのサイトで製造業の営業力を強化できるホームページを公開しています。ご参考にしてください。
製造業で営業力を強化できるホームページをつくる 2 ~設計編~

年末年始はYOUTUBE

5 Covers of DESPACITO - Justin Bieber, Luis Fonsi, Daddy Yankee

ソーシャルメディアYouTubeを楽しむ!

思い出の画像や最新の音楽コンテンツ・ HOW to など TV では、味わえない動画がたくさんあります。楽しみ方はそれぞれだけど、私のYouTube活用法と年末・年始の楽しみ方をご覧ください。ブログやホームページなど見るのもいいけど Apple TV や TV モニターでYouTubeを楽しんでみてはいかかでしょう。年末年始に時間を持て余らせている方は、是非youTubeで楽しい時間を過ごしてください。

私のYouTube活用法

ビジネスでは、ビジネスコンテンツを You Tube to MP3で音声をダウンロードして車運転中に聞いてます。このサイトを利用すると警告が出ますが、問題ないようです。宣伝をクリックしないでください。そして、気に入った動画はダウンロードできます。もちろん、音楽コンテンツをダウンロードして聞いてもいいかもしれません。

アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」
あのベストセラー「グリット」(grit)の著者のTED動画でするグリットとは、「困難にあってもくじけない闘志」などを意味するそうです、経営者に共通の心理特性として近年注目されている「やり抜く力」のことです。ペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワースが、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、やり抜く力である」という「グリット」です。そんな彼女の講演を聴いてみませんか?字幕が付いてます。

私のお気にい入りYouTubeコンテンツ

子供と一緒に楽しめるコンテンツがあります。また、感動のコンテンツもありますね。その一部を紹介しましょう。

Moana – Moana & Maui Memorable Momentsは、日本語のバージョンもあります。

【感動】 日本のCAの心にしみる接客に世界が号泣  黒いリボンの遺影とは・・・・

Top 5 Covers of DESPACITO – Justin Bieber, Luis Fonsi, Daddy Yankee
カバー曲を楽しめるのもやっぱりYouTubeですね!

平成30年を迎える前にWEB屋から業績UP屋に

WEB屋から業績UP屋に

企業には、企業ドメインと言うものがあります。これは、Webのドメインのことではなく、企業の領域ということを示します。弊社の平成29年は、この企業ドメインがWeb屋から業績UP屋に領域を拡大した第一歩を踏み出しました。つまり、経済産業省認定の経営革新支援機関になったとこです。経済産業大臣 世耕弘成と内閣府特例担当大臣 麻生太郎による認定です。この認定により、マーケティング専門の経営コンサルティング事業部を開設しました。
つまり、Web制作だけではなく、企業様の業績UP実現のためのサービスを提供する会社として、REスタートしました。

ホームページ制作松本 ドメイン

2019年は、AIの時代の変化に対応する必要があるからです。イノベーションこそ変化の時代にできる企業成長

コンサルティング型Web制作とは?

Web制作を行う前に企業の問題点や他社分析などを行い確実に成果の得られるWeb制作を行うためにマーケティングを強化します。それはつまり、企業様にはコンサルティングと分析を行い、それによる提案によりデザインした業績UPを実現できるWeb制作を行います。つまり、ただWeb制作という制作物を提供するのではなく、業績UPにコミットした仕事をご提供するということです。

平成30年には業績UP屋として

来年は、業績UP屋として、完全に運営していきたいと思っています。3ヶ月に1度郵送する弊社の送るオウンドメディアマーケティングでもあるニュースレターの強化やメルマガの強化、セミナーの強化なども行って参ります。そして、多くの企業様、特に長野県下の企業様には、弊社を活用して、更なる成長を願っております。

ATF松本のTOPページと一部ページのリニューアルを年初行います。

目的も具体化したホームページ制作とは?

ホームページ制作の目的とは?

殆どの企業のホームページ制作の目的は、業績アップではないでしょうか? そこで、具体的には、どのような具体策があり具体的な戦略・戦術を立案しているのでしょうか? まず、B TO B と B TO C によりそれらの目的設定は異なります。そして、教諭にもよります。集客なのか? 知名度を上げるのか? リアルな効果なのか?・・・様々です。そして、あまり直接的な効果を求めても「売り込み」の香りがプンプンすると見込み客は、去っていきます。本日、「圧倒的なブランディングと実益がついてくるオウンドメディア」という記事を長野市の企業様向けにNAGANO WEBATFで記事を書きました。売り込みのない自社が作るウェブマガジンでの効果です。

松本 ホームページ制作 デジタルマーケティング

このように直接的に着込み客を高元気するのではなく、見込み客からロイヤリティを獲得する方法もあります。また、ランディングページでの直接的な売り込みでスピーディに業績UPに繋げる方法もあります。更に、リクルートのために制作されるホームページもあります。

それぞれに作り方と狙う効果が異なるホームページ制作

これは、ウェブマーケティングの要素になりますが、「目標達成のためのプロセスのどの段階をホームページが担うのか?」、その辺を具体的に極めておく必要があります。お問合せなのか?資料請求なのか?電話やメールでの相談なのか? もしくは、ユーザーに馴染みのない商品やサービスを提供している場合のユーザー教育なのか?インフォメーションツールとして利用するのか?

このうように最終目的自体は、ホームページで業績UPを実現させるのですが、そのプロセスにおいてホームページ自体がどんな役割をはたすのか?その辺を極めて、ホームページ制作を行う必要があります。

デジタルマーケティングの時代のホームページ制作

データ・ドリブン・マーケティングの採用のためのホームページ制作も可能です。このデータ・ドリブン・マーケティングとは、ユーザーの思考や変化するユーザーの思考から、イノベーションや次の新し顧客創造のためのデータ取得と分析です。これらのをビックデーター化することによりAIに対応できるようになります、また勘に頼ることのないデーター分析による次の一手が打てます。

ウェブマーケティングを駆使した売上拡大のための支援 ウェブコンサルタントを使うか? マーケティングコンサルタントを使うのか?  業績アップの2つの方法

失敗しないためのホームページ制作(格安編)

格安だからと言って失敗しないためのホームページ制作

そもそもホームページ制作で、「ただ、ホームページがあればいいんだ!」という企業様なら無料ホームページや10万円ぐらいの予算でランサーズなどのフリーターさんにお願いした方がいいのではないでしょうか?
中途半端な予算で、対面した打合せもなく、業績拡大ができるホームページはできないでしょう? そもそも検索サイトに表示されないようなホームページでは、業績UPにはつながりません。本来ホームページを制作する目的をもう一度考える必要があります。

ホームページ制作 松本市

リース契約でホームページを作るのは?

制作費用0円の格安制作会社の中には、月々数万円でリース契約が必要になる場合があります。松本市周辺でもこのリース契約でホームページ制作を行った企業様が沢山あります。皆さんその後に大変困っています。ホームページを修正することもリニューアルすることも5年間できません。これじゃ時代の変化に対応できませんね!
そもそもリース契約とは、契約満了後に返却することを前提としており、「無形物」であるホームページはリース契約がで来ませんが、コピー機やパソコン本体やホームページ更新ソフトにリースを費用を回収することで、ホームページを作成する悪徳業者が存在します。

質の悪いSEO対策よりももっとたちが悪いのは、リース契約で信じられない工学のホームページ制作を行うことです。
リース契約は、一度契約をしてしまうと定められた期間が過ぎるまで契約の解除ができません。途中で解除をするためには、契約期間の料金を一括で支払わなければいけないため、最もトラブルが多いのです。これについては、中小企業庁でも注意喚起がされています。

▼中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/2009/download/110901leaseThink.pdf
弊社は、経済産業省から実績を認められた経営革新等支援機関です。

格安制作会社の中には、ホームページを売り切りとして考えており、納品後は別の顧客の制作作業にすぐに入るため、公開後の追加作業や更新作業のレスポンスが遅いまたは、対応してもらえない。というケースもあります。
これではホームページの大きなメリットであるリアルタイムな情報発信を実現することができません。

多くの中小企業はホームページに「自社の信用力向上・新規顧客開拓、人材募集」などを期待しており、それらの目的を達成するためにはビジネスや市場の変化、ユーザーのニーズに合わせたタイムリーな更新作業が必要とされます。

ビジネスとIT活用に役立つブログ

ウェブマーケティングとデジタルマーケティング・マーケティング、さらにインバウンドマーケティングとは?

ウェブマーケティングとマーケティングって?

ウェブマーケティングとは、自社のホームページを中心とした、SNSやメルマガ・ブログ。または、リステイング広告などホームページを一つのプラットフォームとして、考えるマーケティングとなります。マーケティングとは、企業を構成させる基本的なもので、それは、顧客を見つめるという作業になります。私がセミナーでお伝えするときには、「企業のすべての力でお客様を呼び込む」という定義をします。つまり、マーケティングとは、経営の重要な要素になります。
「自社の顧客は、どんな問題を抱え、その問題の解決への期待を持っているのか?」そこを知らなければなりません。そして、それをホームページを中心としたウェブマーケティングで、それぞれのツールの特性に合わせて行います。

ホームページ制作 松本市ATFマーケティングMAP

ウェブマーケティングとデジタルマーケティングって?

ウェブマーケティングとは、ホームページを中心としたマーケティングとなりますが、デジタルマーケティングと言うものはもっと幅が広く、デジタルツールのすべてを活用したマーケティングになります。特にECショップであれば、オムニチャネルのようなシームレスにリアル店舗結びつけます。データドリブンでは、データーのによるユーザーの変化を見つけけイノベーションに結びつけます。更にスマホでのSNSを活用した購入顧客の力を借りた商品情報の拡散によるネット上の口コミを誘発させます。
ですから、これからの時代は、ウェブマーケティングよりデジタルマーケティングの時代となります。MA(マーケティング・オートメション)も同様になります。ただ、MAの場合、対応できる業態やウェブの質により対応に限界があります。あくまでも見込み客を他社より早く見つけるという点では、インバウンドマーケティングの方が適しているのかもしれません。

ホームページ制作 松本市ATFwebマーケテインング

インバウンドマーケティングって?

インバウンドマーケティングは、コンテンツマーケティングを体系化したものです。まず、ユーザーに好きになってもらうためのコンテンツを提供することから始めます。そして、そのコンテンツを更に掘り下げたコンテンツを提供してくことで、ユーザーへ直接的にダイレクトマーケティングでユーザーを教育していきます。このようにプロセスがたくさんあるので、顧客の関心度の段階に合わせたアプローチが必要になります。そこに動画マーケティングやSNS広告など活用が必要です。

どんどん複雑で、難しくなるマーケティングを上手に利用するなら

複雑化して、中小企業では、対応が難しい時代にです。ウェブに強く、経営にも精通している専門家をブレーンとして確保することをオススメします。自社にないノウハウをお金を出しても成果に繋げる必要がある時代です。
マーケティングに特化した長野経営コンサルタント事業部
デジタルマーケティング

松本のホームページ制作会社のこだわり

ホームページ制作にこだわる理由

日本一の小さな会社(従業員200名程度まで)業績アップをウェブ制作で実現させる企業になるためのこだわりのホームページ制作です。業績アップを望む企業様から頂いたミッションを遂行するためには、以下の作業が必要になります。ここまでの作業が行えるのは、長野県下のウェブ制作会社を私は知りません。いや実際はあるのかもしれません。しかし、経営コンサルタント部門を持っているウェブ会社は目指すらしく、更に経済産業省から認定をいただきている経営革新支援機関です。もうほとんどウェブ制作会社の域を超えているのかもしれません。しかし、この激変する経済環境の中で、クラアントとの約束を果たすには、必要な作業です。もちろん、すべてのクライアント様にここまでの作業をするのではありませんが、ここまでの作業からのフィードバックは、多々あります。

株式会社ATFの強みは、マーケティング・デザイン・テクノロージへの研究や開発のチカラとその熱意です。だから、いつもこだわってウェブ制作を行うのです。

松本市ホームページ制作 ATF

ホームページ制作のこだわった作業内容

以下の作業項目を行うのは至難の業です。しかし、ここまでやるとホームページ制作で業績アップを実現できます。
マーケティングに係る作業
現状分析・競合他社分析・市場分析
ターゲット設定・コンセプト設定
デジタルデザイン
アートディレクション/デザイン
ウェブライティング
スチール撮影
コーディング・エンジニアリング
HTMLコーディング
JavaScript実装
WordPress実装
システム要件定義
A/Bテスト等運用設計
プロジェクト管理
改善プログラム/運用サポート
ウェブ運営プラン
webマーケティングに係る作業
MAの設置
SNSの運営プラン
メールマーケティング・ステップメール設置
上記コンサルティング

SNSでプロモーションでちょっとした経費で売上拡大に挑戦する

ホームページが着地地点のSNSを活用したプロモーション

ホームページを着地地点としたSNSの活用なのですが、まず、SNSからホームページへの誘導は意識して、企業ウェブ担当様やお店から送る必要はありません。このプロモーションは、お客様がその友達に拡散してもらうためにプロモーションです。ですから、仕掛け作りは必要ですが、企業のウェブ担当様やお店の方が直接SNSに時間を使うこともありません。

企業やお店が情報をユーザに拡散するのではなく、お客様にユーザーに拡散してもらうプロモーションを行ってみては如何でしょうか?

SNS ホームページ制作 松本

SNSにウェブ担当様やお店のSNSを使ってはいけないのか?

十分な時間を使わければ、SNSで効果を得ることはなかなか難しいのが現実です。特にインスタグラムなのでは、インスタ映えという言葉が流行するように、画像を中心とします。インスタ映えする画像が、常に供給できる業態なら良いのですが、すべての企業にインスタ映えする画像が提供できるお思えません。また、拡散するや「いいね!」の獲得に時間と手間がかかりすぎて、ビジネス効果が得られません。

お客様にSNSの拡散をしてもうためのプロモーション

企業やお店の方がSNSを利用して、情報を発信するのではなく、商品やサービスを使ってもらったお客様にSNSを使って、喜びの表情などを拡散してもらうシナリオやプロモーションを行う。理由としては、売り手側のSNSも、今や信頼性のない情報となり、実際の商品購入者などのSNSの投稿の方がユーザーへのアピール度や信頼度が高いのです。また、Facebookなどでは、新しいユーザーにアプローチです。

例:ランチをインスタで拡散してもらコーヒーが100円とか無料とか?
リフォームの完成の家族の喜びの画像をインスタやFacebookに投稿してもらうと記念品プレゼント

上記を最終的にホームページコンテンツとして、ユーザーボイス(お客様の声)としても活用できます。

ランディングページとリスティング広告は、スピード感が重要

スピード感が重要なランディングページの理由

ランディングページ(LP)では、SEO対策に依存するのではなく、リスティング広告に集客を依存します。リスティング広告をクリックする人の特性を考えるとLPに於いても重要なのがスピードです。まず、リスティング広告を利用するユーザーの傾向を考えてみましょう。そして、費用は掛かりますが、この仕組のコンバージョン率(成果率)は高く、即効性のあるマーケティングの一つです。

ランディングページ

リスティング広告を利用するユーザーの傾向

ユーザーは何かを求めて、WEB検索サイトを利用します。ある程度、求めている商品や情報の知識がある人は、通常のウェブ検索にインデックスされているウェブサイトを選びクリックします。もしくは、上位ページの情報を探索します。ですが、ウェブ検索サイトページのTOPにあるリスティング広告を選択する人は、以下の2つの理由があります。

1.求めている情報を早く探したい(急いでいる・時間がない・せっかち)
2.求めているは情報ではなく、商品・サービスの購入

ランディングページの作り方

上記のようにリスティング広告を選択した人は、急いで商品を探しています。そのクリック先が通常のウェブサイトののページでは意味がありません。1ページで商品購入までの情報が順番に解説される必要があります。要するにスピード感のあるページを作らなければ、リスティング広告を利用した人は、次のリスティング広告を選んでしまいます。

プロダクトローンチに誘い込む

ユーザーがすぐに判断できない商品やサービスのケースでは、資料のダウンロードやお試しなどの企画をランディングページに設置します。プロダクトローンチに誘い込みます。プロダクトローンチとは、1日目・3日目・5日目とステップメールで、商品購入のための教育をユーザーにして、7日目に販売を締結させるマーケティングです。

ここまでが、ランディングページとリスティング広告で成果を得るための簡単仕組みです。

リクルート・採用コストを抑えられるホームページ制作とは?

リクルートは、リクルート専用専用ホームページで採用コストを抑え効果抜群!

リクルート専用ホームページ制作を行い-42%採用コストを削減出来た例もあります。また、リクルート系の企業のウェブサイトからは、学生がその会社のホームページを見る確率は99%を超えています。しかし、その学生のほぼ80%以上がスマートフォンにより観覧になります。ですから、リクルート専用スマートフォンFirstのホームページ制作する必要があります。

リクルート専用ホームページ

リクルート専用ホームページと企業ホームページの違い

「企業ホームページにリクルートページを作ればいい」とお考えの経営者は少なくありません。もちろん、コスト面を重視するのならOKです、しかし、それではどちらの問題も解決しません。本来、優秀な人材を集める採用サイトには、応募者の目線に立ち、学生と転職者で異なるコンテンツをアプローチをすることが重要です。学生には待遇よりも働きがい・働きやすさ・キャリア形成をイメージできるアプローチが必要です。また、転職者にはオーダーメイド求人などの活用とともに給与や福利厚生など待遇を分かりやすくした上で、夢の持てる・夢のある10年ビジョンなどをアピールする費強いがあります。それに加えて企業文化や技術向上の仕掛けなどで他社と差別化することが必要です。その逆に企業ホームページの対象は顧客や潜在的顧客に向けられます。まったく、別な目的のコンテンツを同じウェブサイトにページを区別しても効果は半減します。

人材採用ホームページ

リクルート専用ホームページはデザインが命

企業ホームページと異なり、リクルート専用ホームページはデザインが命です。対象年齢にあった自社の優れたイメージを訴求する必要があります。売り手市場のリクルート市場では、人材の確保が企業の成長の鍵とも入れるでしょう。条項でも説明したように10年ビジョンで夢の持てる企業のイメージを訴求しなけれbなりません。そして、リクルート専用ホームページがある会社は、その企業の人材採用に対する意気込みを学生や転職者に伝えることになります。

リクルート用ウェブサイト

間違ったリクルート会社の誘いにだまされないウェブバナー

人材採用担当様に大手リクルート会社のウェブバーナーを張ることをススメられるようですが、それは大きな間違えです。張ったバナーのりークルート企業には、有利になりませすが、自社には有利になりません。リクルートサイトから自社サイトに学生や応募者を誘導するのが目的ではないでしょうか?逆に自社の学生や応募予定者がサイトに訪問してきたのに、また、リクルートサイトにアクセスしたら、他の求人も見ることになります。自社のリクルート専用ページなどで、学生や転職者への情報やアクションを完結できるようにしましょう。

日本一を目指す企業を支援するウェブ制作会社です。

長野県

弊社は。松本市ホームページ制作会社として、地元松本を愛しています。松本大好きです。
だから長野県から多くの企業が日本一になって欲しいと願っています。

日本一を目指す企業の日本一とは? 


企業の規模やシェア率のことを言っているのではありません。ニッチな事業でもいいし、「日本一情熱的な社員のいる会社」でもなんでもいいのです。ちなみに私の会社では、「日本一社員が幸せを感じる小さな会社」を目指しています。何かに向かって、何かを目指す企業様とお仕事をさせて頂くととても楽しいからです。お金をもらって、多くを学ばせてもらえるのです、更にいい仕事が出来るのです。

クライアントに日本一が6社います


弊社には、6社ほど日本一の企業様がクライントとなっています。それらの会社は、いつも挑戦をし続けています。更に忙しい仕事の傍ら研究開発を続けている企業もございます。
今、長野県の求人倍率も1.15倍です。しかし、信州大学のOB教授の話だと信州大学大学情報工学部の学生の殆どが都内を中心とした県外企業に就職するようです。この原因は、長野県下に彼らが望むような企業がないということです。情報工学部の卒業生なら、給与が低くても面白い研究をしている企業があれば長野県企業でも就職するようなことを語っておりました。
私がこの時に感じたのは、長野県企業全社の責任で、情報工学部であれば、私共のような長野県下のウェブ制作会社やIT企業の責任ではないかと感じました。もちろん、他社に責任と押し付けるつもりはありません。企業は地域からその存在の価値を認められないとその価値の理由はなくなります。そして、現在、私がもっとも危機感をもっているのが人材です。高度なマーケティングのスキル・ウェブテクノロジーのスキルなどを持って、夢ある仕事に従事したいと願う若者が少ないということです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ