プロデューサー

マーケティングオートメーション Mautic を無料で導入

マーケティングオートメーションMauticを導入

国内でのマーケティングオートメーションの導入は、ある調査によると、(卸売業、小売業(30%)・製造業(29%))では、まだ20%にも満たないようです。しかし、B TO B の業態では、出来るだけ早い導入により営業活動の生産性の向上に役立てることができます。また、このマーケティングオートメーションの活用できるWeb制作が必要になります。弊社では、数社のマーケティングオートメーション販売会社の代理店となっておりますが、やはり導入コストや効果を得るためのWebコンテンツの作成に費用がかかる点から、長野県下の企業様では、検討段階を含め5社程度の状況です。そこで Mautic を導入したWeb制作プランで、無料の設置サービスを行います。

マーケティングオートメーション 松本市 ホームページ制作

マーケティングオートメーションを活用すれば、営業効率や最終的に業績UPが可能になる企業様に限りますが、AWSの活用されるサービスでに付加されます。

MA導入ありきでウェブ制作をする

もちろん、マーケティングオートメーション Mautic導入をサポート・設置するサービスも行っておりますが、これらの効果を提供するには、ウェブサイト自体の修正が必要になります。売上UPのためにマーケティングオートメーション Mauticを導入することを踏まえたWebコンテンツの作成をWeb Siteのリニューアルから行い、Web ROI(費用対効果)の高いウェブ制作サービスを行うことが目的です。

そもそもマーケティングオートメーションって

自社データーとWebサイトへの閲覧状況からお客様ごとに最適なカスタマージャーニーを実現することができます。例えば、イベントに来て頂いた見込み客が、どんな情報を必要としているのかをサイト訪問状況から特定し、それに関するメールやDMあるいは、電話でアプローチできるなどの営業ツールとして画期的なシステムとなります。そして、いち早くリードを獲得することができます。

長野県下でマーケティングオートメーション Mautiの導入希望をされる企業様は、お気軽にお問い合わせください。

戦略と戦術に関するWebによる業績UP方法

戦略と戦術に関するWeb

ホームページを含んだWebを活用して、業績UPを目的にした戦略では、出来るだけ敵のいないゾーンで戦わないで勝つ方法を見出す必要があります。しかし、戦略自体が社長室や会議テーブルの上で作られたものであると、戦略自体に欠陥がるケースが多いのも事実です。「戦略」と「戦いを略す」と書くように、どうしたら戦いを略せるのかというと、現場での顧客の変化を見つけ、イノベーションするのが、一番の解決策になるのですが、現実の戦術が方法がホームページ制作ぐらいしか、見つからない長野県下企業様には、多いようです。

戦略 ホームページ制作松本市

戦術に関するWeb

例えば、戦略から導かれる戦術には、ただホームページを制作するのではなく、営業マンや社内システムで人材が不足している点や手間のかかる作業をホームページを活用したり、いわゆるリード(見込み客)を獲得するためにホームページと他のWebツールを活用する方法があります。実際、戦略立案と同様に戦術を立案するのはとても重要で難しい仕事なのです。

人とデジタルを使い分けるWeb戦略

マーケティング・オートメーション(MA)の活用や簡易的なMAの活用が可能であれば、「人」が行う営業と「デジタル」が行う作業をはっきりと区別する必要があります。これにより生産効率も高まります。ただ闇雲にSNSを活用しても業績UPにはつながりません。ブランディングとは、業績UPを行いながら実施するもので、ブランディングを高めると業績UPが行えるというものでもありません。SNSの手間と時間が掛かる点もデジタルであるAIに任せることも小額予算で可能です。

「人的資産の活用」のためにデジタルとWeb戦略

弊社が松本市周辺・長野市周辺の企業様からのご相談の中に県内TOP企業、もしくはそれを追随する企業様はもちろん、小規模な事業所様まで、「人的資産の活用」のためにデジタルを書くようする戦術面の強化のお手伝いをしております。ただ、ホームページを作っても業績UPに繋がりません。戦略を立案されたら、また、戦略を立案しようとお考えになったら、専門のコンサルティングにご相談ください。
ATF長野経緯コンサルティング事業部

BtoB企業のマーケティングオートメーションの活用 松本のホームページにMAを

松本市でホームページにMAを導入している企業は?

今年のホームページ制作に於けるB to B のトレンドは、MA(マーケティングオートメーション)となります。しかし、このシステムで重要なのは、アクセス数です。アクセス数がある程度ないと費用対効果が出ません。現在、弊社顧客でも2社ほど検討作業に入っています。現在、独自に導入している企業は弊社ホームページ運営管理のクライアント様には見当たりません。また、ECショップには、簡易的なマーケティングオートメーションであるカート落ち(カードに入れたが注文しない)や通常のホームページでも資料請求落ちなどに顧客にリマーケティング的な効果を提供するサービスもあります。AIを活用したインスタグラムのフォロワー拡大から、マーケティングにつなげる小規模予算で行えるシステムのあります。その辺も松本市内や中信のエリアの企業様では、工務店業や販売業でマーケティングオートメーションの導入検討がありますが、まだ、実施段階ではありません。

松本 ホームページ制作ATFでは、県内では殆どない大手マーケティングオートメーション提供サービスとの提供や費用な比較的かからないオープンソースのマーケティングオートメーション導入サービスを行っています。

他社よりもいち早く見込み客を見つけるために!

BTOB営業を支援するいま最強の武器マーケティングオートメーション/h3>
見込み客の興味を理解して、適切なコンテンツで、競合他社より早く見込み客を獲得する営業手法がマーケティングオートメーションです。現在、約4社に1社の企業(24%)がマーケティングオートメーションに関心を示していることがある調査機関の調査にもありました。すべてのB to B 企業がマーケティングオートメーションにより,営業力が強化されるわけではありません。また、その逆に一日早いマーケティングオートメーションの導入が必要な企業もあります。

2017年のウェブ界のトレンド、マーケティングオートメーション

2017年ウェブトレンドはマーケティングオートメーション(MA)だね

どこの展示会に行っても、毎日、送られてくるセールスメールでもマーケティングオートメーションのアピールです。実は、弊社のクライアントも2社ほど導入段階に入っています。また、検討段階の企業様もあります。今年は、セールスフォースさんの東京駅前にある本社ビルにもお伺いして、セールスフォースのマーケティングオートメーションの導入について検討してきました。現在様々なマーケティングオートメーションを提供している企業がありますが、業績アップに特化したマーケティングオートメーションは、セールスフォースかな?と思っています。
マーケティングオートメーション

しかし、企業規模やウェブサイト規模を考えると他メーカーの商品も検討する必要もあります。今年のIT導入補助金では、自社の提供するオープンソースのマーケティングオートメーションの提供も考えています。しかし、簡易的なマーケティングオートメーションもあり、ECショップのカート落ちなどの少ないデーターでも利用価値はあります。もちろん、大量のアクセスやイベント開催などを行っている企業は導入が必要になります。

ANAグループ企業OCSが目指す、AIを活用したマーケティングオートメーションの形
誰でも世の中を変えられる、セールスフォースが新サービス

目的も具体化したホームページ制作とは?

ホームページ制作の目的とは?

殆どの企業のホームページ制作の目的は、業績アップではないでしょうか? そこで、具体的には、どのような具体策があり具体的な戦略・戦術を立案しているのでしょうか? まず、B TO B と B TO C によりそれらの目的設定は異なります。そして、教諭にもよります。集客なのか? 知名度を上げるのか? リアルな効果なのか?・・・様々です。そして、あまり直接的な効果を求めても「売り込み」の香りがプンプンすると見込み客は、去っていきます。本日、「圧倒的なブランディングと実益がついてくるオウンドメディア」という記事を長野市の企業様向けにNAGANO WEBATFで記事を書きました。売り込みのない自社が作るウェブマガジンでの効果です。

松本 ホームページ制作 デジタルマーケティング

このように直接的に着込み客を高元気するのではなく、見込み客からロイヤリティを獲得する方法もあります。また、ランディングページでの直接的な売り込みでスピーディに業績UPに繋げる方法もあります。更に、リクルートのために制作されるホームページもあります。

それぞれに作り方と狙う効果が異なるホームページ制作

これは、ウェブマーケティングの要素になりますが、「目標達成のためのプロセスのどの段階をホームページが担うのか?」、その辺を具体的に極めておく必要があります。お問合せなのか?資料請求なのか?電話やメールでの相談なのか? もしくは、ユーザーに馴染みのない商品やサービスを提供している場合のユーザー教育なのか?インフォメーションツールとして利用するのか?

このうように最終目的自体は、ホームページで業績UPを実現させるのですが、そのプロセスにおいてホームページ自体がどんな役割をはたすのか?その辺を極めて、ホームページ制作を行う必要があります。

デジタルマーケティングの時代のホームページ制作

データ・ドリブン・マーケティングの採用のためのホームページ制作も可能です。このデータ・ドリブン・マーケティングとは、ユーザーの思考や変化するユーザーの思考から、イノベーションや次の新し顧客創造のためのデータ取得と分析です。これらのをビックデーター化することによりAIに対応できるようになります、また勘に頼ることのないデーター分析による次の一手が打てます。

ウェブマーケティングを駆使した売上拡大のための支援 ウェブコンサルタントを使うか? マーケティングコンサルタントを使うのか?  業績アップの2つの方法

マーケティングオートメーションの実装「長野県下の企業での話」

EC サイト売上を強化するマーケティングオートメーション (MA)


EC売上アップに直結するマーケティングオートメーション(MA)プラットフォームです。お客様の行動データを活用し、個別最適化したメッセージを自動で届ける、トリガーベースのメールマーケティングを実現しました。弊社では、本格的なマーケティングオートメーションを取扱のための代理店契約や利用のためのライセンス取得のためのレクチャーや学習をしてまいりました。ATFでは、長野県下では初の一般には、2018年当初より、長野県下の企業様のホームページ・ EC サイトにマーケティングオートメーションの設置サービスを行う予定です。

mautic 松本 ホームページ制作

マーケティングオートメーションが利用できるウェブサイト


ただ、このマーケティングオートメーションですが、ホームページ自体にかなりのアクセスが必要であること、毎月の経費を賄える販売利益があることが条件になります。そこで、EC サイトのカートまで行ったユーザーの対応やポイントを絞ってのマーケティングオートメーションの活用を行います。本格的なマーケティングオートメーションでは、機能が多く逆に効果的ではない点もあります。そこで、簡易的なAIを活用したり、オープンソースのマーケティングオートメーションの活用の促進を行います。

無料で使えるマーケティングオートメーション


初期費用が10万円程度で、毎月10万円掛かるマーケtィングオートメーションであると,費用対抗が得られないケースも予想されます。そこで、Mautic で無料のホスティングが可能です。まず、Mauticを使いこなして、国内サービスの有料版を使うこともできます。Mauticは、ソーシャルメディアに強いマーケティングオートメーションです。

Mauticによるマーケティングオートメーション


Mauticによるマーケティングオートメーションによるマーケティングオートメーションについての解説です。

Mautic をどのように利用できるのか見てみましょう。新しいビジターがあなたのウェブサイトに訪れたと想像してください。彼らはIPアドレスの見をまず獲得します。基礎的な地理データを含むかもしれません。ユーザーがウェブサイトのページをブラウジングし、やがてコール・トゥ・アクションフォーム(お問合せフォーム)のある特別なページに到達します。このフォームはいくつかの情報を取得します(例えば名前やメールアドレス)。その結果、このビジターは既知のビジターへと変わります。リードリストを使ってこれらのビジターを捕捉し、特定のキャンペーンに追加します。これらのキャンペーンは、特定の時間やユーザーのインタラクションに基づいて、メールを送信したり、ソーシャルメディアに投稿したりします。ディシジョン・ツリーのようなものだと考えてください。ユーザーがEメールを開封したらこうする、そうでなければああする。これらのキャンペーンは時間、日、週、または月単位でも可能です!

では、何が起こっているか見てみたいですか?
この既知のビジターは徐々に、リードに成長していきます。このリードが価値のあるアクションを完了した時、彼らにポイントを付与します。これらのポイントはリードを重み付けし、どのリードがホットなのかを教えてくれます。あるリードがポイントを一定量獲得したら、CRMかそれに類するシステムに自動的に移動します。以上で、あなたが自信を持って知っていると言える、直接コンタクトを取る準備のできたリードのリストを手に入れることができます。

Mautic

BOAのYouTubeを聴きながら、ぼやいている業績UP型ウェブマーケティングコンサルテインング会社の社長のブログ

長野市のWEB ATF NAGANO事務所に向かうために今朝、車の運転席に座ったら摂氏−4とメーターの横に表示されていた。私の自宅は、松本市の駅の東側。長野事務所のビルにいる顔見知りの人に「松本寒いでしょう!」と言われた。でも明らかに雪の量は、長野市の方が寒いし、雪は多いいような気がする。7回の弊社オフィスの窓の外は小さな雪が風に舞っています。すぐ近くの北野建設の本社ビルには、ノルディックスキーの渡部暁斗さんの垂れ幕がビルに架かっているのを思い出しました。そういえば、松本の相澤病院所属の小平奈緒は凄いなとも感じています。つい掛かり付けの病院を相澤病院にしてみようかな〜と考えたが、病院に小平奈緒さんがいるわけではないよね? そんなくだらないことをすぐ考える悪い癖が私にはあります。
最近、お客様や広告代理店の人からMA(マーケティング・オートメーション)の話が話題ができました。弊社でもMAを販売することが出来る長野県では数少ないウェブマーケティング会社のだが、このMAを使って効果の出来るクライアントがあまり長野県下の企業様を私は知りません。それでも業績UP を提供することを目的にしている弊社としたは、最高の技術で、長野県下の企業が業績をアップして、世界企業になって欲しいと心から思っています。その理由は、そんな会社とお抱えのマーケティング会社になれば、弊社も安泰だなって・・・? 大それた可能性のほぼない夢も追っています。
ところで、これから雪の中高速で松本の自宅に変えるのですが、この長野市のビルの名前が、センターBOA というので、何故かBOAの YouTub を聴きながらこのブログを書いているのです。ここの BOA は、オーナーが BOA が好きだから? なんて思っていましたが、どうやら BUSINESS OF AGATAという意味で、ココは長野市県町なのです。
こんなこと書いて、ブログ読んでくれる人がいるのかな〜なんて思っていますが、たまには書きたいこと書いてみようと思います。実は、寒そうな外に出るのが怖いのです。また、渋滞を避けたいのも理由の一つにしておきましょう。

ホームページ制作 松本市 車

ウェブサイト制作も多くの人のためにホームページ制作としています。しかし、もう世間では、デジタルマーケティングの時代に入っています。もちろん、市場のサイズにおいて、企業様のやるべきことも異なります。しかし、頑張っている企業様では、コトラーのMARKETING 4.0の話も出てきています。スマホ時代のウェブサイトをどう活用して、業績向上につなげるお手伝いができるのかというところに弊社の役割があるように心得ます。

Winter Love.そろそろ長野市県町から松本市中条に向かいます。

そうそう書き忘れましたが、私は株式会社ATF代表取締役 籔田です。こんなブログを書いて、みなさまに私が何を考えている変な人であることを伝えたいだけです。長野県一、そして、日本一の小さな会社(従業員200名以下)の会社を支援するコンサルティング会社を無謀にも目指しております。高い哲学と最新の技術を学ぶ姿勢、志だけは、自慢できます。それでは、ここまで読んでくれる人はいないでしょうが、もし読んでいただけたら、心から感謝いたします。

Google Cloud Platformを使ってみよう!

Google Cloud Platform 使ってみなければわからない

今まで、私は一体いくつの Google のサービスを使ったことか?そして、Googleのこれらのサービスは、いくつ廃止されたのだろか? 大体いつもリールースしたばかりだと問題だらけだった。しかし、Google Cloud Platform 一年間無料で使えるのはメリットかも知れない。そして、よく説明を読んでみると、「ビッグデータ時代の到来」という文字に私は、引っかかった。それでは使ってみようと好奇心が働いた。

Google Cloud Platform

・Google レベルのセキュリティ
・卓越した性能を持つデータとアナリティクス サービス
・Google セキュリティ モデル
・Google のインフラストラクチャを利用
などなどが気になった

確かに以下のYouTubeビデオで紹介しているように G Suiteは、私たちも使っている便利な機能である。価格も納得がいく。この Google Cloud Platform も価格的には、ホスティングだけ見ても現在の私たちがお客様から預かっている200近いサイトを一度にぶち込むとコストパフォーマンスはかなり高い。しかし、それだけのサイトを一度に移管させるのは、人件費がかなり掛かってしまします。そして、何よりも使いこなしたサービスではないという点と日本人向けのサービスがない点(学ぶサービスはあるようだ)が厄介ではある。しかし、対応場のAmazon WEBは、間違えなく使えるのは事実です。

Google Cloud 生放送番組

とにかく自社サイトなどを入れたり、Faile Makerなどのデーターをアップロードしながら使ってみましょう。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

マーケティングで今年も終わりウェブ関連セミナー

ウェブ関連マーケティングセミナーが終了しました。

長野市についで、地元松本市での今年最後のマーケティングセミナーでした。ウェブ・ホームページ制作には、直接関係がないかもしませんが、ウェブ制作を行うときには、「売り方」・「伝え方」の部分で役に立つと考えます。まず、ウェブサイトのコンテンツにする前に「売り方」・「伝え方」を強化しましょう。

セミナー松本市

マーケティングセミナー参加ありがとうございます。

お忙しいところセミナー参加ありがとうございます。そして、松本では、多くのコンサルティング依頼、重ねてありがとうございます。長野市の方々には、説明不足の点もあったのかもしれません。また弊社の認知度の問題かもしれません。まだまだ、力不足ですね。

ウェブマーケティングMAP

デジタルマーケティングの時代のウェブマーケティング

時代はすでにデジタルマーケティングの時代に突入しています。だからこそ、ここで、ウェブマーケティングを小さな会社の経営者やウェブ担当にも理解して欲しいのです。今、ウェブを中心にここまでやらなければ、業績アップにつながりません。もちろん、費用対効果も得られません。そんな厳しい時代に入っています。ただ、ウェブサイトをリニューアルしたぐらいでは、業績アップは望めません。

しかし、その逆にしっかりウェブマーケティングを抑えておけば、他社との差別化も出来、思うような業績アップが望める可能性も高くなります。

動画の活用できウェブ効果を高める

リアル店舗やショールームのように、ユーザーとコミュニューケーションを行い動画で解説する動画マーケティングの時代です。まず、ユーザーのメールアドレスを獲得して、ユーザーの好みの情報を提供するインバウンドマーケティングのような「自社を好きになってもらう」という構造をt繰り上げます。一見、ブランディングににているようですが、大きく違うのが、ユーザーの求めるコンテンツをユーザーに更に学んでもらうというアクションが必要になります。

良質なセールスメールとその仕掛け

良質なコンテンツのセールスメールやメールマガジンが必要になります。忙しい経営者でも、サクッとベネフィットに対して、コミットしたコンテンツが必要でしょう。次に次にでの営業になります。この辺からは、アウトソーシングも可能になります。まず、ユーザーの求める情報や抱えている問題を知る作業から始まります。

ホームページは効果がないよ!

「ホームページは効果がないよ!」と言われる経営者の方がおりますが、そのホームページを見ると効果がないのが当然だとすぐにわかります。更新がなく、CSSが壊れていたり、その企業の姿勢がよくわかります。今、新しい関係を築く時、相手は、必ず相手企業のホームページを観ます。その時、あなたの企業の考え方がしっかりと反映されたホームページになっているでしょうか?

ここで作成したウェブマーケティングMAPは基本的で、初歩的なものです。まず、自社が行えるウェブマーケティングから考えていきましょう。

ウェブ制作会社の領域を超えて!

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ