fbpx

プロデューサー

Web制作費用と目的について

ウェブ制作時の保養と目的のバランス

企業様がウェブ制作を依頼する時に費用の検討を行います。また、予算づくりを行います。「出来るだけ安いホームページ制作」を求める企業様では、限りなく低価格のウェブ制作制作会社は、ネット上に限りなく見つけることができます。しかし、しっかりとした目標とその目標達成に重要な意思がある場合は、適切な費用を割り出す必要があります。

求める売上目標によってWeb制作費用は異なります。

例えば、ホームページ経由で年間売上を1億円で粗利率が70%程度のビジネスであれば、また費用感も変わってきます。その理由は、確実に目標を達成する必要があるからです。また、ただの企業案内サイトを構築したいという目的であれば、ページ数により料金が異なります。現在は常時SSLやスマホ化とここ数年ホームページ制作金額は高まる一方です。ですから、ウェブ制作会社に依頼する前に目的をしっかり伝えて、それに応えていただける制作会社を探しましょう。

ウェブ制作に必要な経費

ウェブサイト・ホームページ制作を行う上で、制作費以外に掛かる費用があります。1.市場調査 2.マーケティングコンサルタント 3.Webデレクター・プロデューサー費用 については、これらの専門の社内スタッフを設けていないWeb制作会社であれば、これらを行わないか、マーケティング会社などに依存する必要があります。 7.広告費用(不要のケースもあります) 8.Webデザイン修正変更は重要です。9.MAやCRMなどのBIツールセット利用費用については、営業のスタイルによって異なります。

1.市場調査 150,000円〜
2.マーケティングコンサルタント 200,000円〜
3.Webデレクター・プロデューサー費用 200,000円〜
4.サーバ設置/セキュリティ 76,000円〜
5.Webデザイン 600,000円〜(これは本体の制作料金)
6.Web運営 年間 240,000円〜
7.広告費用 月間50,000円〜
8.Webデザイン修正変更 120,000円〜
9.MAやCRMなどのBIツールセット利用費用 年間400,000円〜

成功するホームページは運営が出来ています。

ウェブサイト・ホームページ公開後、お知らせの更新やコンテンツの更新がとても大切になります。つまり、運営でPDCAを掛ける必要があります。ですから、その費用まで考える必要があります。ATFの場合は。サーバー保守料に合わせて運営サポート月額定額料金でPDCAによるホームページ改善を行います。それらのサービスがないウェブ制作会社なら、その費用も予算に入れてください。

色々なタイプのウェブ制作会社があります

色々なWeb制作会社があります。自社の目的を達成できそうなWeb制作会社に依頼をすることをオススメします。

・格安で、ホームページ効果が全くできないウェブ制作会社
・デザインはすぐれているがホームページ効果が全くできないウェブ制作会社
・デザインよりシステムに強い制作会社
・効果は期待できるが、めちゃくちゃ高価な制作費
・効果は期待できないが、めちゃくちゃ高価な制作費
・親切な小さなウェブ制作会社
・下請け丸投げの広告代理店
・外注に依存するウェブ制作会社

ウェブ制作会社ATFでは、

弊社では、コンサルティング型戦略的ウェブ制作を行います。よって、ホームページで確実に業績を向上したいと言う目的の企業様のホームページに限らせて、ホームページ制作を受注しております。Web制作料金は、その目的達成の可能性によりウェブ制作費用は異なります。

AIで自分の画像の好みを判定してみた。

AIってどんなモノ?まずは使ってみようと思った

google検索や一部ツールでAIは使われています。Instagramのフォロワーを獲得するためのAIなってありましたが、自分で直にどんなものかを知りたくて試してみました。データーや画像を集める必要もなく無料で楽しめるツールです。ちなみに僕はエロくないSEXY度の藩閥をしてもらうためのちょっと遊んでみました。お盆休みなど時間のある方は、遊び半分にAIを学んでみませんか?

AIメーカー
AI

Googleトレンドで「ウェブ制作」を調べてみたら長野県が2位という話。

Googleトレンドで「ウェブ制作」を検索してみた

Googleトレンドで「ウェブ制作」を検索してみたら、なんと長野県は2位のです。ちなみに「Web制作」と検索してみると4位になります。そして「ホームページ制作で検索すると福井県が1位になります。つまり、このホームページでは「Web」・「ホームページ」のキーワードを使ってますが、実は「ウェブ」の方がSEO的にはいいのかもしませんね。同意語でも、明らかにカタカナと英文では異なります。また、ホームページの方が検索する人は少ないのでしょうか?

グーグルトレンド

Web屋としては「ホームページ」という言葉は使いたくないけど

やはり、Web制作会社では、「ホームページ」というキーワードを使いたくないのですが、ウェブレテラシーのあまり高くないユーザーをターゲットにするローカルのWeb制作会社ですから、やっぱり「ホームページ制作」のキーワードを今更変えるわけに行かないので、ここままホームページ制作会社で行きます。

Webコーディングの技術力の高さを示すには?

技術力が高いから仕事が来るわけではない

昨日、大きなWebサイトのコーディングについて知人からあるWeb制作会社へのヘルプ要請がありました。内容を聞いてきましが、まず、仕様書・計画書・サイトマップがないことに驚きました。また、モジュール化されていないコーディングが目立ち見栄えより中身にプロ的に疑問を持ちました。もう一つの問題は、何故、その仕事の依頼が自社に来なかったかということです。つまり、問題は発注側には、どのWeb制作会社も「同じことができる」という認識です。もう一つは、弊社のブランディングが足りなかったのかもしれません。この地域で技術的にも評価がある程度あると感じていました。それも甘かったのかも知れません。

ここで、当社の優れた点ではなく、当社が至らない点はなんなのか?当社の仕事を価値があると地域の人に知ってもらう必要があるということです。結果的に一般の人に自社の技術力など理解できるはずがありません。ですから、それを理解してもらうための作業が必要だということです。中途半端な技術力では、ユーザーは価値と感じてもらえないという点です。

技術力の高さを示すには?

セミナーや業界向けの技術書を書くことも必要なのかも知れません。Web会社のブランディングは、制作実績です。これがユーザーには一番分かりやすいブランディングなのです。料金もブランディングになります。他社より高額であるということは価値を表しているのでしょう。しかし、弊社のWeb制作料金は少人数のWeb制作会社と比べれば、ちょっと高価なのかも知れません。そのために比較表もつくりました。こんな一つの作業が技術力の高さを示すのでしょう。

コーディングの技術力

WordPressですと多少のPHPを理科しないと優れたWeb制作は不可能です。しかし、今は、多少のコーディングもモジュール化してシステムで対応できます。オブジェクト指向のエディターを活用することもできます。しかし、重要なのはどんな準備をするのか?それがとても大切になります。仕様書や計画書・サイトマップなど作業に必要な藻を用意しないと50ページを超えるホームページは構築できません。

意外と簡単解決できるホームページの問題:Webコンサルティング編

観光列車「海幸山幸」のロゴマーク
アプローチを変えただけで、思わぬ成果が得られるときがあります。

リニューアルするよりまず、Webコンサルタントに尋ねてみては?

リニューアルをしなくてもTOPやランディングページで結果を出すこともできます。当社は、ただ不要なホームページを制作するつもりはありません。現状の問題と用意できる予算の中で、結果を出すための作業をしてみることも大切です。また、SEO対策のための修正やキーワード設定だけでも問題は解決できます。しかし、Webコンサルテタントを信頼してくれなければいい結果は出ません。よくネット上の間違った情報をもとに質問したり、依頼される方もいらっしゃいますが、そんなケースではご依頼をお受けることはできません。

全国の方から多くの問合せは、間違ったWebの理解から

特に長野県以外の企業の方にも多くの質問を受けます。全国どこの企業でもインターネットがあるので対応できます。そんな人は、まず、あなたがこのサイトに辿り着いた経緯を振り返ってみてください。何かの問題を可決したくて、このホームページに辿り着いたのでしょうか。Web制作会社は自社のWebから仕事を獲得するインバウンドマーケティングの専門家でなければなりません。ホームページは、あなたのビジネスで「自分の問題を解決したい!」「自分を変化させたい!」という可能性をもったユーザーがたどり着いた先なのです。であれば、そのユーザーの抱える問題の答えがなければなりません。ホームページをパット見てデザインよりも、ユーザーの抱える問題の解決策がユーザーの目に届くようWebデザインされないければなりません。

観光列車「海幸山幸」のロゴマークが示すもの

「海幸山幸」のロゴマークで、旅が楽しくなります。思い出つくりができます。もちろん、ロケーションは優れているのですが、正直日本列島には優れたロケーションの地は沢山あります。このロゴマークが「海幸山幸」の列車のイメージを作っています。「その先に何があるのか?」、そんなイメージをBtoCのホームページでは訴求しなければなりません。人は幸せを求めて行動を起こします。このホームページを見ると幸せを感じると思わせるのもブランディングにはとても重要です。

インスタでブランディングしてWebで売上UP

Instagramでブランディングするには撮影力と企画力。Webで売上を上げるならコンテンツ力の強化が必要です

Instagramは画像や動画でコミュケーションします。ですから、撮影力や画像編集力が必要ですが、プロでなくてもちょっと学ばばできるのではないでしょうか? もちろん、スマホで十分ですが、どんな企画にするのかを検討する必要があります。そして、ビジネス感の高い投稿は不要です。フォロワーの感性に訴えるような画像・動画が必要です。
そして、必ずWebサイトのブログに呼び込みましょう。そして、ブランディングに成功できれば売上も上がります。ただ、しっかりとブランディングも勉強しましょう。

TwitterやFacebookではブランディングは難しい

画像でスマホでちょっと表示されて、見る人の目を引きつけられることがブランディングができるできるです。ですから、TwitterやFacebookではブランディングは難しいでね!これらのメディアで行うにはパーソナルブランディングを行う必要があります。経営者などの人間力の発揮や技術的な専門性をアピール事はできますが、ユーザーの感性に訴えるならInstagramですね。なにより、Instagramには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することができます。ビジネスユーザーには、かなり効果的なツールです。

NTTコム リサーチが行った「第7回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果によると、Twitter・Facebookともに「企業全体のブランディング」に活用している企業が約5割に上ることがわかり、また約4分の1の企業が「特定製品やサービスのブランディング」に活用していると答えています。

はたして本当にSNSでブランディングはできるのか?

売上アップにはブログの重要

お客様を集めるという点でもブログは重要です。つまり、インバウンドマーケテイングを行うことができます。通常のWebサイトは、即売りを目的に作られています。結果、ユーザーは信頼感を企業に持ちません。それよりもリアルなブログの方がロイヤリティを獲得しやすいのも事実です。ブログを見て商品を購入する人は少なくありません。できるだけ誠実に商品おデメリットまで書き込むと多くのユーザーのロイヤリティを獲得することができます。結果的には売上をアップすることができます。

戦略的に活用するInstagramとブログ

Instagramだけ頑張ってもリアルな成果は得にくいのも事実です。SNSだとスモールビジネスだとFacebookが効果的ですが、ブランディングをしてインバウンドマーケティングを行うにはブログとInstagramになるでしょう。もちろん、業種によります。ですがこれからの時代デザインはビジネスにはとても重要ですから、まだ利用していない企業は、Instagraの活用をブランディング目的で利用することは可能です。

小さな会社のWeb制作とは?

マーケティングをまずは考えてWeb制作をしましょう

小さな会社とは、従業員1名〜200名以下程度の企業を指しています。私が書いた「小さな会社のマーケティング」をまず読んでからウェブ制作を考えてみませんか?この本には、ホームページにつては、あまり記述はしてませんが、小さな会社に重要なマーケティングの記述があります。ある経営者は、この本を社内教育用に使っているそうです。専門用語を使わないで解説する「小さな会社のマーケティングとは」。興味のある方はぜひご覧ください。

マーケティングが苦手と感じている経営者のために

Webをどうか使うのか?広告をどのようにするのか?そんなことだけではなく、そもそも顧客に対してどう考えればよいのか?マーケティングが苦手と感じている経営者のために「いい会社を作りたい」と願う経営者のために書きました。

小さな会社のマーケティングとは

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?

ほとんどのWeb制作会社は勘違いしている

多くのWeb制作会社は、私も未だにわからないのですが、「Web制作」とか「ホームページ制作」と自社の業務を表現している。私もこの辺は、自社のセグメントしたユーザー層のWebリテラシによるもので選択する必要があると思います。つまり、質の高いウェブ担当がいる企業をターゲットにするのならウェブ制作というキーワードは有効になるのでしょう。ですが、小さな帰社の経営者ならホームページ正sカウのほうがピンとくるかもしれません。そもそも「ブランディングマーケティング」とマーケティングでもないことをマーケテイングと呼んでいるのに自社のサービスや自社の職種にはブランディングの重要なネーミングをしていませんね。弊社のケースでは、業績拡大型ホームページ制作・コンサルテインング型ホームページ制作と名付けます。そして、ターゲットが探すであろうキーワードを専門ページを作ります。そして、見込客を他社より早く・多く獲得する手法を講じます。

コンサルティング型ウェブ制作

そもそもユーザーな問題って何に?それを解決できるのがWeb?

ユーザーは、検索サイトで自分の抱えた問題・変化した理想のために商品やサービスを購入します。もしくは、製品を発注します。そこで、ユーザーが抱える問題を知る必要があります。まず、弊社では、ここにかなりの時間と費用をかけます。次にWebで問題は解決しなにのですが、ユーザーは、その抱えている問題に対しての解決策を探すために検索サイトで検索するキーワードを決めて探します。そこで、ユーザーは、そのサービスの内容や商品のスペックより、問題が解決できるのか?に集中します。それを集中させること、「この商品を買えば問題が解決する」ということを感じて貰う必要があります。

だからブランディングできますは、意味がない!・Webのデザイン性の訴求あまり意味がない

ユーザーが求めるのは、「この商品やサービスで自分が変化できる・問題が解決できる」にあるのですから、自社が何ができるというコンテンツには意味がないのです。「こんなの問題が解決できます」が必要です。しかし、「売上UP」なんて表現では、ユーザーの心には響きません。もっとリアル感のある問題にどう対応するのかが問題です。

多くの経営者がホームページでは売上拡大に効果が出ないと考えている

以上のようなことも踏まえてホームページを制作していれば、このような状態にならないのですが、残念なんことに「ホームページがきれいに表示させればいい」と考えている経営者とそれに答えている「ホームページがきれいに表示させればいい」と思っているウェブ制作会社が多いのが現実です。そのお蔭で弊社はお客様にしっかりとメリットを与える特異なWeb制作会社となります。

Web制作の価格を考える

Web ROI(費用対効果)がしっかり出せることを証明できっれば、ペンシルのように1ページ100万円でも問題がないのです。企業に予算がなければ、その予算内でどう対応するのかはWeb制作会社の経緯方針です。ですが、そこにブランディングを行っていれば本来のWeb制作が望む価格設定はできません。そして、その価格で受注しなければ十分な効果をクライアントに提供することができません。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?と書きましたが?

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っているのではなく、それぞれの考え方で運営すればよいので、正確にはこのタイトルは的確ではありません。問題は、Webが好きでWeb制作会社を経営者ているのなら、もっとWeb制作価値を貯めるようにお互い頑張りましょうということです。

売上UPに走らずに、まずやっておいきたいWebサイトやブログでやっときたいこと

売上UPに走らないでWebサイトやブログでやっときたいこと

昨日、長野市ビックハットでビジネスフェアに参加してきました。ここで私のテーマは、Webとマーケティングオートメーション(MA)とCRMの融合したプランの紹介です。しかし、目的は、「紹介」と「見込客獲得」にあります。販売に結べつけることにフォーカスをしません。多くの見込客を獲得して、時間と手間を掛けて売上拡大に結びつけます。その手間をCRMで効率化させます。

長野しんきんビジネスフェアポスター_ol

何故、見込客を獲得にWebやブログでフォカースするのか?

展示会などのイベントもWebやブログでも同じです。まず、見込客からのロイヤリティの獲得にフォーカスします。それの成果が売上UPに繋がるからです。そのためのウェブ制作やブログは、インバウンドマーケティングコンテンツマーケティングなどを用いて、ユーザーの問題解決のアドバイスやユーザーの問題発見のアドバイスできるコンテンツを作成します。結果的にオウンドメディアをWebやブログで行うことになります。

売込みはユーザーを遠ざける!Webで常にユーザーのために

売込みは、リアルな営業の現場でも失敗すれば顧客を遠ざける結果になります。それよりもユーザーが見込客になり、ユーザーが「売ってください」「契約してください」といってぅるのも待つ営業の方がビジネスを有利に行なえます。売込みに注ぐエネルギーを見込客に獲得に変化してください。その見込客は、あなたのビジネスの近い将来の売上の源になります。

メルマガやSNSで見込み客を育てて、固定客に育てる

見込客とは、メルマガジン登録やSNSのフォロワーになってもらうことです。その数字が、近い将来の売上UPにつながります。つまり、見込客を増やすことで、ユーザーが集まるマーケティング仕組みづくりが構築されるのです。そのためのWebサイト制作やブログ更新を行ってください・

こんなことで、ホームページで業績が上がります。

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

小規模事業者持続化補助金でHPを作るには?

補助金をもらってホームページを制作する

平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金がスタートしました。詳しい内容は、PDF平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金をご覧ください。基本的には、50万円までの補助金がもらえますが、ただのホームページ制作では、受託が難しいようです。たとえば、MA(マーケティングオートメーション)などを利用して、目的を明確にして、ホームページ制作の成果が出せる見込みを説明する必要があります。もちろん申請書の書き方が一番重要になります。企画自体が小規模事業者持続化に役立つかが審査のポイントになるでしょう。毎回、難しくなっていくのも事実です。

補助金

60歳以上経営者の会社の申請がお得

事業承継で加点ポイントがもらえるようです。また、過疎地なども加点ポイントの対象です。弊社は認定経営革新支援機関で、ものづくり補助金・IT導入補助金などの申請代行も行っていますが、この小規模事業者持続化補助金では、受託後自社でホームページ制作を行っていただける企業様に限定して申請書作成支援を行っております。是非お気軽にお問合せください。

長野県ものづくり企業の専門のWeb制作サービス

長野県の企業を未来に繋ぐ

メーケティングコンサルティングに加え、長野県のものづくり企業をバックアップして、未来に繋ぐ作業をCONCEPTでは、新しいビジネスプランを構築中です。それは、BtoBに特化した特に製造業のマーケティングを専門に行うサービスです。1社のOEMパートナーでは、将来の企業経営に不安材料が残ります。1社の依存率を下げるためにも新しい新しいパートナー構築のための支援を行うウェブ&ITとコンサルティングを行うものです。

長野県ものづくりウェブサポート

製造そのものは、自動化されて生産性向上も得意な製造業ですが、営業の生産性向上については、まだまだ改善の余地があるのではにでしょうか?

長野県ものづくり企業、製造業のOEMパートナー獲得のためのホームページ制作

長野県の製造業を対象にしたOEMパートナー獲得のためのホームページ制作は、単なるホームページ制作だけではなく、営業のノウハウや営業のためのツールと連動した製造業の営業プロセスを自動化して、製造業関連の展示会などで名刺効果などをした見込み客を管理して、ホームページやメールなどに紐づけをするMAやCRMまで、製造業のOEMパートナー獲得を支援します。

ただ、ものづくりコンテンツを制作して、単品の受注を獲得しながら、OEMパートナー獲得のためのブランディングまでをサポートするのが、弊社の仕事です。

営業の生産効率を上げる

営業だけに携わっている人材が不十分であったり、資料請求を行なってくれた見込み客のフォローを完全にできなければ、せっかくのホームページや展示会などのイベントも無駄になります。もちろん、見込み客の商談などは人が行うものですが、そこまでのプロセスが十分に行われてい状況のものづくり企業が多くあるのではないでしょうか。ATFでは、様々な製造業関連の団体や大学などかも様々な情報や分析を行っております。

製造業のためのリクルート専用サイト

人材採用のノウハウ提供から採用系のリクルート専用ページ作成や企業サイトの制作の支援を行っております。他社との差別化を図ったウェブサイト制作は、より優れた人材確保のためのツールとなります。

ものづくり補助金の支援

経済産業省認定の経営革新支援機関である弊社は、ものづくり補助金などの書類作成や経営向上計画などの申請書作成の支援代行を行っております。このように長野県の製造業を「未来に繋ぐ」、トータルなサービスを提供しております。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは