SEO対策

SEO対策プラグインを外すWPのSEO対策

SEO対策はグーグルのウェブ検索に従って

最近、マイナーなリニューアルをして、ウェブ検索のキーワード検索順位が変動している。そこで、WordPress用のプラグインを外して、自然な感じでGoogle検索のクローラを受けるようしてみた。まだ、結果は出ないが、キーワードやディスクリプションも指定せず、ペナルティになりそうな部分は、隠してみることにした。また、アドビのウェブフォントも中止してみる。

Yoast SEO

ALLINSEOより使いやすいYoast SEO

ウェブサイトリニューアルの注意点

リニューアルをして、検索順位が上がるときもあるが、今回の弊社サイトのように下がるときもある。そんなときは、リニューアル前のバックアップを用意して、比較をすることをおすすめします。また、今回のように疑わしきものは、排除して、テストするのも今後の対策に役立つのではないでしょうか?

プラグインを外す

PHPがぶつかっていたり、様々な影響が考えられるので、不要なプラグインや今回弊社が使っているYoast SEOを外してみることもおすすめします。

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

ホームページで業績拡大!SEOはやっぱり被リンクか?

ホームページはSEO対策が大切

ホームページはSEO対策が大切です。と言っている私は、ホームページ制作をしていても特に普通の人達となんら生活や感情が変わっているわけではありません、冬は寒いのです。松本市は、連日、真冬のような寒さです。この時期の寒さが一番つらく、2月頃になると体が慣れてきます。ですが、雪道をドライブする機会が増えるので、ドランバーは注意が必要です。

それでも多くの人が見てくれるホームページを制作する必要があります。そして、そのホームページで、お客様の業績拡大を実現させます。ですから、SEO対策を強化します。つまり、他社などのホームページ制作より手間をかけるということです。

SEO松本 ホームページ制作

SEO対策には、被リンクが重要ですね!

最近、Google検索が評価を変えているような時で、検索順位の変動が激しいので、常に松本 ホームページ制作では不動の1位だった弊社ホームページも1位を他社に明け渡している日がある状況です。その中で、ホームページの構成をもう一度見直して、被リンクの状況を見ています。すると被リンク先のサイトがなくなっていたりという状況もありました。
Google検索順位が安定しない?ローカルSEO対策

被リンクが得る方法

なかなか、被リンクを得ることは難しいのも事実です。一般の企業サイトなど被リンクを増やすには、取引先などの協力をお願いするのも必要でしょう。また、自分でサテライトサイトを制作して被リンクを行うという方法もあります。これは、無料ブログでもできるだけ広告表示がない状態で、被リンクを自作することもできます。しかし、複数この作業を行うとGoogleからペナルティを受ける場合もあります。良質なコンテンツのブログを作れば問題はありません。

ホームページのSEO効果を高めるブログの書き方

ホームページのSEO効果を高めるためには?

ただ、「ホームページに設置されているブログを更新をすればいい」というわけではありません。良質なコンテンツなのか? 低品質なコンテンツなのかにより、オーガニック検索でのSEO効果は大きく変ります。また、ホームページ自体の作り方にも差が出ます。昔のようにテキストばかりを書き込んでもGoogleは「良し」とはいいません。また、低品質なコンテンツで、仮に検索順位が上がってもビジネス効果は、あまり望めません。

ホームページ制作 松本

良質なコンテツのブログとは?

ホームページ自体もブログも良質か、そうでないかにより、長い間アクセスを呼べるものとそうでないものがあります。また、良質であると、滞在時間も長くなりGoogle検索の評価も高まります。それでは具体的な良質なコンテンツの条件を記載してみます。

1.お客様が求めている情報を記載している
2.できるだけ分かりやすく表現されている
3.読みやすく整理されている
4.関連の情報とサイトのリンクがある
5.ニッチなタイトルとコンテンツ
6.一つのテーマを掘り下げてある
7.営業的や売り込みではない
8.ユーザーが新しい知識を得られる

意外とユーザーは知識がない

ホームページ内でもブログ内でも専門用語をなるべく使わず、分かりやすいコンテンツにする必要があります。また、売手側では、「当然」と思うようなことも、意外とユーザーは知らない。だから親切なコンテンツは喜ばれます。

ターゲットを絞り込んだコンテンツ

誰に向けて書いているのかを明確にする必要があります。そして、不特定多数に向けてブログを書かない方が効果的です。そのブログで「商品を売ろう」と考えないで、ユーザーへのサービスだと考えてください。

そもそもホームページのブログが設置されていないケース

CMSでホームページが制作されていない場合では、独自のブログを利用するしかないのですが、その場合も広告がないものを使わないと意味がありません。できれば、Wordpressのブログを利用する必要があります。

ホームページのアクセスどうしたら増えるの?

ホームページのアクセスが少ないとお悩みの方に

SEO対策について、このブログでたくさん書いてきました。先日、長野市で大きな営業系の企業にホームページのアクセスの件で社内セミナーを行いました。社内からの多くの質問は、ネット上に多く記載されているような問題でした。そこで、ホームページのアクセスが思うように上がらない問題についての解決策をご説明します。

アクセスアップ

ユーザーは、あなたの良質なコンテンツのウェブサイトのブログ記事(お知らせなど)をネット上で探しています。

そもそも、ホームページのアクセスが少ないのが問題なのでしょうか?

ホームページのアクセスを問題視する前に、もう一度、ホームページの目的を明確しましょう。ホームページを依頼したウェブ制作会社がSEOについての知識・ノウハウを持っていたのでしょうか?あなたの会社のホームページで、どれだけの新規顧客開拓や売上アップの目標に対して、ウェブ制作会社は責任を持って制作してくれたのでしょうか?

ホーページの制作の目的はアクセスアップではなく、売上アップではないのでしょうか?
であるならば、少し考え方を変えてみませんか?

売上アップのためのホームページなら

ホームページのアクセスを問題視するよりも、そのホームページからのコンバージョン(結果)にフォーカスしましょう。そもそもそのホームページにユーザーが訪れると、どのくらいユーザーがお問合せ・資料請求・来店などの行動を起こしてくれるのでしょうか?アクセスの数よりお問合せの数に重視したウェブサイトを作りましょう。

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

コンテンツ(内容)がユーザーの求めるものでなければ、もし、アクセスが沢山あっても離脱率が増えるだけ、本来の目的にそぐわない結果になります。また、コンテンツが優良だとアクセスが増えるます。それをグーグル検索では、重要視して、アルゴリズムで検索順位を決めています。

つまり、ホームページ内のコンテンツをもう一度見直す必要があります。また、必要なキーワードがコンテンツ内にしっかりと記載されているのか?をお確かめください。私が多くのサイトを見る限り、コンテンツにキーワードもないのアクセスが上がらないのは当然だと思えるホームページがほとんどです。

これらを専門用語では、コンテンツマーケティング・コンテンツコンテンツSEO対策などといいます。
コンテンツマーケティングWORDPRESSの投稿方法

ユーザーの求める情報を定期的にコミュニケーションして、

ブログ更新(お知らせなど)が最大にアクセスアップ法なのですが、そこにユーザーの求める情報がなければなりません。しかもコミュニケーション(会話9する必要があります。例えば、「今回は、SEOによるコンテンツのお話でした。つぎは、SEO対策のタイトルの付け方について、お伝えしましょう」などの最後の記述は必要でしょう。

アクセスアップのテクニック

テクニック的なお話だけを望む方には、そのまとめ的にお伝えしましょう。まず、以下の項目が重要です。

1. ブログの更新頻度
2. タイトルにキーワードと呼び込める言葉
 (知らなければ損・知って欲しい3つのこと・今さら聞けない・失敗してしまいました・・・・)
3. キーワードは、前方から、重要なことははじめに
4. 2000文字くらい書いてみよう
5. サイト内リンクや外部リンクも混ぜて
6. 見出しにキーワード
7. ワードプレスを使う
8. はてなのソーシャルブックマークやSNSボタンを設置する
9. 記事はシリーズやカテゴリに分けタグを活用する

SEO対策のカテゴリをご覧ください。詳しく上記についても解説しております。

アクセスアップのまとめ、

細かなテクニックよりもコンテンツを重視してください。ユーザーが求める情報を会話的に説明しましょう。専門的なことはできるだけ、わかりやすい言葉で書くように努力しましょう。また、内容には、それを解説した親切なページを作りましょう。良いコンテンツの投稿を行っていれば、ページランクも上がります。今グーグル検索は、コンテンツに重要視しています。

言い換えれば、努力が必要です。また、忙しくてブログを書く時間がなければ、ブログ更新代行サービスを利用しましょう。
まず、弊社のウェブ制作についての相談ダイヤル0120-806-709 もしくは、メールでのお問合せに、今のウェブサイト上の問題点を記載して、お気軽にご質問ください

検索順位が上がらない

検索順位を上げたい!

「検索順位を上げたい!」とホームページを運営している人なら、誰でも感じる悩みかもしれません。そこで、自分でできるSEO対策や問題点をチェックできる項目・方法があります。

検索順位チェッカー - Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!

SEO対策セミナーでもっと学ぶ

SEO対策ができているのかをチェックする方法

まず、自分で日々使っているブラウザーの検索サイトの評価では、正しい順位を知ることができません。そこで、自社のホームページのURLと自分が上位に位置して欲しいキーワードと地名を入れてください検索順位チェッカーに入力していましょう。
検索順位チェッカー – Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!

SEO対策セミナーでもっと学ぶ

正しいタグは入ってますか?

そもそもウェブ制作会社で作ってらった・友達に作ってもらった・自分で作ったなどなどウェブ制作時にGoogle検索が好むタグを利用して作ってあるかということです。h1がなかったり、h1が二つあったり、h2h3などの記述がなかったり、タイトルタグやキーワードが入ってなかったりということがあります。
以下のChromeプラグインを利用して、自分のサイトを調べてみましょう。
HTMLエラーチェッカー – Chrome ウェブストア – Google
サイト運営者必須ツール!自動でタグチェック出来る『HTMLエラーチェッカー』

SEO対策セミナーでもっと学ぶ

そもそもブログを書いていない

ブログやページの更新がなければ Google検索の評価は下がります。ですから、できるだけブログの更新頻度を高めましょう。

SEO対策セミナーでもっと学ぶ

他社と差別化が図れるホームページ制作とは?

差別化が図りにくい業種でもホームページで競合他社と差別化を図る

差別化がしにくい商品やサービスでも競合他社と差別化を図ることはできます。それは、自社ホームページをオウンドメディアマーケティング化することです。つまり、他社よりユーザー視点に立ち、ユーザーの求める情報やユーザーの問題が解決できる情報を掲載したサイトを制作することで、ネットユーザーを取り込むことができます。また、オフラインのユーザーには、情報誌などの発行もお勧めします。

他社と差別化

絶対的SEO対策

SEOは、他社との差別化の武器です。商品やサービスを理解できないユーザーには、検索順位をそのまま企業の評価だと思い込んでしまいます。つまり、検索キーワード1位の企業が一番優秀な企業にユーザーには見えるのです。ですから、SEO対策は重要です。
ウェブの活用に欠かせないSEO対策セミナー
日 時 2017年9月13日(水)13:30〜15:30
会 場 松本ソフト開発センター1F 研修室

工務店にはこんな他社と差別化するセミナーがあリます。

工務店が受注戸数を4倍に拡大したウェブ成功例を解説するセミナーが長野市で実施されます。
ウェブから受注がない方、これからの住宅受注にお悩みの方に最適なセミナーです。
長野県下の工務店の成功例から今後の対策まで、濃縮された2時間があなたの工務店の繁栄を支えます。間違いだらけのホームページ制作から、お客を引き寄せるホームページとして活用できます。ほとんどの工務店経営者が知らない信じられない成果を得ることができます。小さな工務店でも受注棟数が拡大します。
受注戸数拡大のための工務店ウェブ活用講座 
2017年9月14日(木)10:00〜12:00
長野市生涯学習センター TOiGO WEST 3F 第5学習室

セミナーで学んで他社と差別化する。とても大切なことでないでしょうか?ウェブであなたの企業を、他社よりユーザーに近い存在にする必要があリます。

マーケティングツールからSEOツール・O2Oまで長野県下で全てが利用できます。

安心できるウェブ関連ツールの利用

長野県下の企業様にも、都内の企業からSEO対策など様々な電話営業があることでしょう。いい加減なツールから、しっかりとしたツールまで、見極めやフォローに戸惑いがありませんか? 株式会社ATFは、長野県下初のソフトバンクが運営するマーケティングバンクの正規代理店になりました。これにより、マーケティングツールからSEO対策ツール、EC関連・・・の様々なWEB関連のツールを長野県下の企業様にご提供できるようになりました。
こんな悩みや課題を抱えていませんか?

マーケティングツール

WEBツールやIT関連ツールが利用できます

Webサイトを多言語化したい・ソーシャルメディアでマーケティングをはじめたい・アプリ(android・ios)を簡単に開発したい・広告作成、効果測定を行いたい・サイトのSEO診断をしたい・メールマーケティングをはじめたい・営業を効率的に行いたい・Webサイトを解析したいなどのご要望にATFはお応えいたします。

人気の高いツールのカテゴリー!
サイト構築CMS・スマホサイト変換・翻訳・動画・EC関連・Webサーバー・アプリ開発・メールマーケティング・ソーシャルメディア・運用管理・O2O(オンラインツーオフライン)
詳しくは、マーケティングバンクをご覧ください

検索されない!検索表示が低いなどの原因はここにあります!

SEO対策にお悩みの企業様へ

セミナーなどのアンケートで、多くの人が多くの人がに対しての問題を抱えているようだ。
問題は検索キーワード設定とウェブサイトの構成に関わる部分、日々のブログ更新に関わる部分が問題となります。

SEO対策

検索キーワード設定対策

検索されるキーワードの設定ですが、昔のようにキーワードタグを貼ればよいという問題ではなく、多くの主たるページのテキストコンテンツをこのキーワードに沿って、リライトする必要があります。ウェブライターを活用して、10ページ程度のリライトには、それほど大きな予算は掛かりません。ウェブサイトの検索順位が向上すれば、その利益から考えても大きな予算だとは思えません。まず、キーワード設定のの洗い直し、テキストコンテンツ・タイトルのリライをとオススメします。

ウェブサイトの構成対策

WordPressなら1時間程度で構成を正しく行うことができます。その他のサイトでもそれほど時間のかかる作業ではありません。正しいサイト構成で、Google ロボットが読みやすいサイト構成にする必要はあります。

ブログ更新に関わる部分の対策

日々のブログ更新ができなければ、ブログの更新代行サービスを利用する手もあります。苦手な部分に時間をかけるより専門家に任せるという選択もあります。ですが、できれば、そのビジネスの専門家が時間を作ってブログ更新をするのがベストです。もちろん、キーワードをしっかりと抑えたブログ更新をする必要があります。

絶対的SEO対策の必要性

SEO対策の必要性とウェブサイト構造

今更、SEO対策の必要性を説明することはないのかも知れない。しかし、どんなにコンバージョン率(目的達成率)の低いサイトであっても、分母が拡大すれば、それだけリアルな収益にたどり着く可能性は高まります。そして、それを行うには、「人・金・時間」が掛かると思っている人は少なくないだろう。しかし、私が考える絶対的SEO対策とは、ウェブサイトを制作する時点で、SEO対策されたウェブサイトを制作するため、「人・時間」は必要になるが「金」は殆ど不要となります。

WordPress WEB ATF NAGANO

しかし、この絶対的SEO対策が出来ていないサイトを対策をすると直ぐに効果が出ますが、費用が大きくかかってしまうことを理解してください。もともとウェブ制作を行う時点で、しっかりとSEO対策されたウェブサイト構造が必要になります。

絶対的SEO対策がされていないウェブサイトの対処方法

ここに現在あるウェブサイトを構造から修正するには、それこそ「人・金・時間」が長期に渡って必要となる。それよりもエンジン(テーマ)を載せ替えてしまう方法がある。Wordpress化もその方法の一つである。現在サイトがWordPressでないケースでは、この作業だけでSEO対策効果が得られる場合がある。もちろん、WordPress化だけがSEO対策ではない。しかし、WordPress化してしまえば、SEO対策もやりやすくなります。また、完全リニューアルやわけの分からないSEO対策費用よりコスパは高いのではないでしょうか?

それでも日々のサイト運営が不可欠なSEO対策

キーワードの修正やブログの更新やページの更新など鮮度の高い情報を更新することが一番効果のあるSEO対策となります。記事代行サービス(弊社サービス)などを利用しても、ブログ記事などは、更新する必要があり、コンテンツSEO対策ともなります。「金」を掛けず、日々ブログ更新を行うのも一つの方法です。そのためには、ブログを書く勉強をすることも必要でしょう。

ウェブサイト・ホームページは作成→制作です。

ウェブサイトは作成ではなく制作・ホームページは製作ではなく制作

検索キーワードにおいてグーグル キーワードアドバイスツールなどでウェブサイト制作のキーワードを調べると、日本語的には、”ウェブ制作”であるのに”ウェブ作成”などの検索キーワードでウェブサイト会社を探している人も少なくない。通常の長野県ウェブ作成・松本市ホームページ作成とは、ならなにのだが、ユーザーは、そのキーワードをある程度利用している。グーグルは、同意語として判断すると言っていますが、それほど正確ではありません。

検索キーワード

『Web制作=ホームページ制作』とグーグル入っているようですが、実際はそうではないようです。SEO対策時に双方に対応する必要があります。
パシのSEOブログより

同意語や類似語対策のSEO

自社のウェブサイトの検索キーワードをキーワードプランナーなどで調べる必要があります。できるだけ検索数の多い検索キーワードにSEO対策として対応するべきなのでしょうが、新サイトや順位の低いサイトは思い切って、3番手ぐらいの検索キーワードや同意語・類似後に対応することをそ勧めします。

検索キーワードの誤字に対応することは難しいが、同意ご類似後にも対応することをおすすめします。よって、弊社もWEB・ウェブ・ホームページ・ウェブサイトなどを乱発しております。

「Web=ウェブ」、「Blog=ブログ」、「ホームページ製作=ホームページ制作」、「百度=バイドゥ」、「HP=ホームページ」、「通信販売=通販」、「ブクマ=ブックマーク」、「SEO=Search Engine Optimization」 のようなケースは沢山ありますが、同じ意味を持つ異なるキーワードを同等に扱っているケースはまだまだ少ないように感じます。

進化を続けるGoogleの同義語・類義語検索

SEO対策ウェブ担当向けスラッグ・タイトルタグ

SEO対策の基本を抑えるウェブ担当向けノウハウ

今更といってもSEO対策が、できているウェブサイトは、ユーザーを引き寄せる力を持っています。今回は、基本中の基本だけど多くのサイトで行われていなスラッグ(ページ名(URL)の最終部分となります)の書き方とタイトルタグの関係、さらに階層の考え方をできるだけ簡単に解説します。

WordPressなら、簡単に設定できます。他のシステムでもサイトマップ時に構想をしっかりと練る必要があります。また、ブログのパーマリンクの設定も重要な要素です。

SEO対策まずは、タイトルタグとタイトルの考え方

タイトルは、”h1″として、設定するもので、一番大切なのがキーワードとなります。できれば、第1キーワードと第2キーワードを考える必要があります。また、TOPページとページのタイトルについても注意をしなければなりません。その注意とは、キーワードができるだけ重複しないようにしなければなりません。

TOPタイトルは、もっともSEO対策的に重要な要素で、社名などは後ろの方で問題ありません。
検索スニペット

上記のスニペットもYoast SEOのプラグインで編集しています。

本サイトの例:松本市ホームページ制作ウェブATF
本ブログのタイトル:SEO対策ウェブ担当向けスラッグとタイトルタグ ホームページ制作松本市ウェブATF
タイトルは、キーワードをできるだけ前に書きます。
本ブログのURL: https://www.webatf.jp/producer/seo-title-web-master/
上記のURLはMake PrimaryによってSEO対策のカテゴリをキーワードが重複するために”producer”のカテゴリを優先させました。
パーマリンクの構造:https://ドメイン/カテゴリー名/投稿名のキーワードだけ(英数字”ー”で区切る)

SEO対策スラッグの考え方

パーマリンクは、動的ページ(ブログ)に利用されますが、スラッグとは、WordPressの場合、固定ページとなります。これは、サイトマップを制作する時に構造を考えておく必要があります。しかし、WordoPressの場合は、親ページと子ページの設定は、ウェブサイト制作後でも簡単に変更できます。

階層の構造を正しく、キーワードに沿って設定する必要があります。この階層については、Googleがガイダンス検索エンジン最適化スターターガイド – Googleを出してますので、ご確認ください。

検索エンジン最適化スターターガイド

Googleニュースに登録して、ニュースでなくてもアクセスを稼ぐ方法もあります。その場合、日時のパーマリンクを活用して、ニュース用サイトマップをつくる必要があります。
Googleニュースに登録する方法

SEO対策ウェブ担当様へ

SEO対策とは、細かい作業の連続です。よってウェブ制作会社では、ほとんど対応してくれないと考えた方が良いでしょう。また、ウェブ制作料金が安価であればあるほど、重要な作業をやらないのか?ノウハウがないのか通常のウェブ制作会社では行いません。ですから、上記のスラッグやページ構造・パーマリンク・altタグなど細かい点の確認を行いウェブ制作会社に指示をする必要があるのかもしれません。

また、スラッグなど簡単に”about”や”concept”などのページスラッグを付けますが、企業案内のページであれば、”社名”+”業種”などをスラッグにする必要があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ