fbpx

SEO対策

Webユーザーの変化でホームページ制作が変わる

ウェブサイトの活用。スマホ時代で誰でも分かる変化とPCユーザーにも

まずホームページ制作・Web制作を行うときに行うときにTOPページから多くのWebデザイナーは作り出す。もちろん私も同様です。そして、クライアントもTOPページに注目します。しかし、殆どのCMSで成功しているホームページでは、最初にユーザーがTOPページに訪れる確率は20%以下になります。また、TOPページの直帰率も高くなっています。つまり、検索に慣れたユーザーは、できるだけ的確なキーワードで、自分の問題を解決しようとしています。ですから、TOPページでは自分の問題を解決できるコンテンツを探すのを嫌います。ですから、スマホだとメニューは殆ど利用されません。TOPページで重要なキーワードが入っていないと直帰されやすいのです。つまり、スマホの検索利用方法が利用方法がPCにも活用されています。

コンテンツ型ホームページ

スマホになれるとPCでも同じような利用をする利用をするユーザー

ページ内リンクを増やして、ユーザーの滞在時間を増やす時代は終わりました。ページ内でクリック無しで、ユーザーの目的を果たせるコンテンツを制作するべきです。全国向けのコンサルティング型戦略的Web制作では、主要なページのすべてがランディングページになっている専門ウェブサイトを主に制作します。多少制作費は掛かりますが、確実にホームページから成果をお届けするWeb制作です。ですからユーザーの導線を考えたコンバージョンレートを意識したホームページを作っています。

ホームページはコンテンツで決まる

どんないきれいでCOOKなホームページ制作をしても、売上は上がりません。それよりもスマホ時代にあった画像とコンテンツの組み合わせにより、新しい形のホームページ制作が必要になります。それは、コンテンツを練り上げた戦略性の高いホームページに仕上げる必要があります。

SEO対策の時代は終わりました。SEO対策をするのではなく、SEO対応された、ユーザーが求めるキーワードに、ピッタリのコンテンツのホームページを制作する必要があります。

長野県外の方はこちらへ、コンサルティング型戦略的Web制作

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?をお伝えします

弊社の実績では、大手はなく100名以下程度のローカル企業のウェブ制作です。それらのホームページ(なぜかWebとは呼ばない)の業績拡大に貢献した実績に限ります。それ以上の規模の企業様ならWEBコンサルティング|ペンシル 研究開発型のWEBコンサルティング専門などにご相談ください。弊社は100名以下程度の企業の業績拡大専門Web制作となります。1ページ1,000,000円掛かるそうです。ですが費用対効果は抜群なようです。もちろん、弊社も決して安くない7ページのWeb制作料1,300,000円程です。
小さな企業の業績拡大専門Web制作では、コンサルティング型Web制作を行っています。そして、私たちは検索エンジンの特性・Webにおけるマーケティングの特性などを理解して、業績アップWeb制作を全国からの受注を受けています。専門の業績アップを目的としたホームページを制作するのですが、その制作めに準備時間に徹底的な分析を行います。

そして、「何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?」と質問されれば、その答えは、「Webが好きだから」と答えるだけです。綿シャイの転職とも言えるのではないでしょうか?

何故、人は、検索サイトを利用するのか?そして、ホームページを探すのか?

検索サイトは、自分の問題を解決するためにあります。そのため情報を調べたり、購入をします。また、もう一つの理由は、時間消費です。これも自己が抱える問題解決のツールを探したり利用したりします。ですから、この検索サイトを利用する問題の解決する情報を提示できるサイトが人気となります。そして、そのホームページを運営する企業とのつながりを求めます。この変化とスピード感のある時代に不要なコンテンツを読んだり見たりする暇もユーザーにはありません。

問題解決を求めた人を解決に導くツールが自社の商品などです。
ちょっと前の大量ページなどやSEO対策など不要の時代に入ってます。スピーディにユーザーの問題解決に期待感を与えられるホームページ制作をするとリアルな成果が得られます。

小さな会社のマーケティングとは 小さな会社のマーケティングとは
写真は、2018年6月11日発売開始になる私が書いた書籍「小さな会社のマーケティングとは」です。

売上UPが出来らければホームページ制作なんて意味がない

売上UPが出来らければホームページ制作では、お金がもらえない!

昨夜。福岡の研究開発型ウェブコンサルタントの株式会社ペンシル創業者・取締役 会長覚田さんの短いセミナーを聴きました。当社では「130万円のホームページ制作が高い!」とよく言われる。ペンシルさんでは、1ページ100万円だとそうです。130万円のホームページ制作を行ってくれた企業様の売上は約2倍以上に上がっています。最高で200倍上がったお客様もいます。(元々が低すぎた)。それでもWEB ROIである費用対効果が高ければ安い買い物なのです。しかし、売上UPが出来らければホームページ制作でできなければ30万円でも意味はありませんね。

ホームページで売上UP

ホームページ制作で売上UPするには?

まず、マーケティングですね。市場に価値を感じていただく必要があります。また、その価値は、場所を変えるだけでも変更できます。ターゲット・エリア・売り方などを検討する必要があります。その辺にお金と時間が掛かります。でもWeb ROIが高ければ目的達成となります。

SNSでもホームページでも使えるSEO対策キーワード探し!

キーワードの設定がSNSでもホームページでもSEO対策の鍵

キーワード設定とは、自分のウェブやSNSに見込客を呼込むための重要なファクターです。特にキーワードは、タイトルに仕込まれ、そのタイトルだけを見て見込客は、そのコンテンツを「覗く出来化べきか?スルーするべきか?」を決めます。同様に重要なのがイメージ画像(もしくは動画)です。SNSの投稿をシェアしてもらうにも、ブログを見てもらうにもこの二つがとても重要になります。そこで、今回は、そのキーワードの設定と言う前に、どんなキーワードが重要なのかを調べる方法をお伝えします。

キーワードの探し方Google AdWordsキーワードプランナー

まずは自分のSNSに関連したキーワードをリストアップしましょう。また、キーワードの競合状態を確認しましょう。GoogleのAdWordsキーワードプランナーで人気のキーワードを探すことができます。自分のビジネスでよく使われているキーワードを知ることはとても大切です。
そして、自社のビジネスに合ったキーワードで見込み客を呼び込みましょう。

Google AdWordsキーワードプランナー

ローカルSEO対策を考える

ローカルを対象にしているビジネスでは、地域名などもキーワードの入れる必要があります。地域名が前なのか後ろなのかによっても対象アクセス数は変わります。まずは、ローカルSEO対策のお勉強をしましょう。また、Googleビジネスの登録やgoogleビジネスへの詳細の細かな記載なども重要になります。

Google トレンド – Trendsで今人気ノーキーワードを探る

今、人々がどんなキーワードに人気があるのかを知ることが出来るのがGoogle トレンドです。自社の直接的にビジネスに関わらないキーワードでも関連を紐付けて利用することはできます。とくに新規のサイトなどで、アクセスを増やしたいときには、人気のキーワードをブログのタイトイルや本文に使用することをおすすめします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSでホームページSEO対策を補う方法

SNSを利用してホームページのSEO対策

一般の方がSEO対策を行えるのは、ホームページに常設されたブログのタイトルやコンテンツとその更新頻度になります。基本的には、このブログが重要になります。特ににブログのタイトルが求める見込客が検索サイトで探しているキーワードであるかという問題があります。もちろん、そのタイトルに沿ったキーワードを用いたブログ本文のコンテンツは必要になります。しかし、ブログの更新者の想定するキーワードと実際の見込客が探すキーワードにギャップがあったり、一つに絞れないケースがあります。また、ブログのタイトルと異なったイメージのタイトルでアピールしたいケースもあります。それらの時にSNSを利用することで、キーワードの補足や異なったキーワードでのブログのアピールが可能になります。

SNSでSEO対策

SNSの投稿にリンクを張っただけではSEO対策にならない

他のサイトから被リンクを受けるとそればけでSEO対策には効果的になります。しかし,ビジネス系のサイトでは、なかなか難しいのが現実です。ですが、自分のSNSにブログの記事のURLを張り込んでも直接的なSEO対策効果はありません。しかし、FacebookやTwitterなどでシェアされるとgoogle検索では評価対象になるようです。また、Google PLUSは効果があるようです。ですかが、検索サイト上には、あなたが書いたブログとFacebookやTwitter・Youtubeの投稿も検索されます。そこを見込客がクリックしてブログに到達すれば、ブログのアクセスが増えたということでSEO対策的にはGoogle検索の評価を稼げます。

SNSのでSEO対策の支援を

ブログ更新後に自分のSNSに自分の書いたブログ記事をシェアするときに、ヴログ記事と異なったタイトルやディスプリクションを書くことが出来ます。そのようにすれば、ブログタイトルとことなった角度のキーワードで検索サイトにエントリーすることが出来ます。ブログを書きた上にさらに手間な作業ですが、数分で終わる作業で、ビジネス効果を得られるなら行うべきだと私は考えます。

fqacebook-seo

上記の下の部分にオレンジのブログタイトルと異なったキーワードでSNSを投稿する。以下に例を表示してみました。

例:SNSとWebサイトで見込客を増産するためには? → ホームページとFacebookの連携で売上UP 

その他のSNS

インスタなどは、画像でブログに呼込むことは出来ます。動画の一部だけ見せてブログやWebサイトに呼込む方法もあります。また、はてなのブックマークを活用することもできます。

ソーシャルブックマークであるはてなのブックマークでもSNSすべてが、自分でまず投稿するしたりマーキングすることをオススメします。また社員に協力しても羅ことも重要です。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

製造業者がWebで見込み客をつかむための5つの条件

Webサイト・ホームページでで見込み客をつかむための5つの条件とは?

現在、Webサイトを構築しただけでは、見込み客をなかなか取り込めない時代に入っています。しかし、現在もバンバン見込み客を獲得している弊社クライアントも存在しています。そこで、ウェブで高額商品やBtoBでの顧客獲得や製造業でOEM発注をしてくれる企業の見込み客を獲得するには、以下の5つの条件を満たす必要があります。

長野県の製造業を支援します

Webサイトで見込み客を獲得するには?

以下の5つの条件が満たされることが、Webサイトで見込み客を獲得する条件のようです。
1.コンテンツマーケティング
2.ターゲットを絞り込んでいる(ペルソナ)
3.資料ダウンロードが優れている
4.CRM SFAを活用した営業システムが構築されている
5.ブログの更新頻度が高い

Webサイト高架下だけでは意味がない時代

上記、1のコンテンツマーケティングと2のターゲットを絞り込むという点においては、とても重要な要素を含んでいます。つまり、製造業では、バイヤーなのか?設計者なのか?はっきりとしたターゲットを絞り込み、そのターゲットが求めている情報をWebサイトに記載する必要があります。また、動画で自社の作業風景などを観て貰う必要もあるのです。資料ダウンロードでは、CRM/SFAに取り込める見込み客情報となります。そのため顧客が求める「この情報欲しい」というコンテンツのダウンロード資料が必要になります。

ブログの更新頻度が高いブログの対策

ビックキーワードではなく、製造業のケースでは、マテリヤルや専門用語の作業名などのニッチなキーワードのタイトルのブログを更新することによって、見込み客を呼び込むことができます。

展示会などでの見込み客データーを活かす

名刺交換をした人は、100%と言っていいぐらいその会社のWebサイトを見ます。その見込み客の自社への関心度を知るためのMA(マーケティングオートメーション)を活用するとさらに極めの細かい営業活動が行なえます。また、営業部門が充実していない企業では、なおさらデジタルマーケテインングを活用するべきではないでしょうか?営業の生産効率が固まります。

営業のプロセスからWeb活用まで

ATFでは、松本市・長野市周辺の長野県のものづくりに未来を託す製造業様の営業担当の人数・企業規模にとらわれず、デジタルマーケティングの導入の支援やご相談を承ります。Webサイト構成は、既存のWebサイトでも多少の変更で多くの見込み客を獲得することができます。

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う時の注意点

オウンドメディアをホームページで行う

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う効果は、コーポレートサイトや販売のサイトよりリアルな効果を得やすい。しかし、その場合、他のコーポレートサイトや販売のサイトが一定玄室の高いものでなければなりません。また、オウンドメディアマーケティング自体、費用が他のサイト制作費より断然かからない点もありますが、コンテンツの作成に日々時間を取られる欠点があります。ですから、できるだけ自社内に販売商品の専門知識をもった担当が日々ブログなどを更新できる体制が必要になります。

松本市 ホームページ制作メディア

オウンドメディアマーケティングとは、このブログでも何度も紹介していますが、自社メディアと定義します。そして、あくまでもコンテンツマーケィングやインバウンドマーケティングを採用する必要があります。簡単にいうと、商品を売るのではなく。商品を使うための知識やトレンド・ニュースなどの情報を提供しながらコミュニケーションする手法です。コーポレートサイトや販売専用ホームページで成果が得られない場合は、オウンドメディアマーケティングをホームページやブログで行ってください。

オウンドメディアでは、ブランディングに注意

オウンドメディアマーケティングでは、まず、自社を好きになってもらうことを重視します。そこで、「親切な会社」「技術力のある会社」などの事前にユーザーに感じてもらいたいブランディングテーマを決めておく必要があります。また、それらから外れたコンテンツを採用しない徹底感も必要です。ですから、リアルな利益よりブランディングを高めるためのコンテンツ作りに徹してください。その姿勢がリアルな成果を導きます。SNSとの融合も同様です。「売込みの匂い」を完全に消し去ってください。

オウンドメディアのSEOの対策を注意点

全国を対象にするビジネスでは問題はないのですが、例えば、松本市・長野市などの長野県エリアに限定されたビジネスである場合、コンテンツが優れているとエリア外のユーザーなアクセスが高まりすぎることがあります。ですから、タイトルには自動でエリア内の地名が入るように設定する必要があります。エリア外のアクセスが増えてホームページの評価は上がりますが、分析ができなくなります。

オウンドメディアでは、どんな商品やサービスがユーザーの目を引いているのか?また、地域では? と分析することにより強化すべき商品やサービスを確認することができます。また、サテライトサイトとして、コーポレートサイトや販売サイトの外部SEO対策にもなります。

SEO対策プラグインを外すWPのSEO対策

SEO対策はグーグルのウェブ検索に従って

最近、マイナーなリニューアルをして、ウェブ検索のキーワード検索順位が変動している。そこで、WordPress用のプラグインを外して、自然な感じでGoogle検索のクローラを受けるようしてみた。まだ、結果は出ないが、キーワードやディスクリプションも指定せず、ペナルティになりそうな部分は、隠してみることにした。また、アドビのウェブフォントも中止してみる。

Yoast SEO

ALLINSEOより使いやすいYoast SEO

ウェブサイトリニューアルの注意点

リニューアルをして、検索順位が上がるときもあるが、今回の弊社サイトのように下がるときもある。そんなときは、リニューアル前のバックアップを用意して、比較をすることをおすすめします。また、今回のように疑わしきものは、排除して、テストするのも今後の対策に役立つのではないでしょうか?

プラグインを外す

PHPがぶつかっていたり、様々な影響が考えられるので、不要なプラグインや今回弊社が使っているYoast SEOを外してみることもおすすめします。

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

ホームページで業績拡大!SEOはやっぱり被リンクか?

ホームページはSEO対策が大切

ホームページはSEO対策が大切です。と言っている私は、ホームページ制作をしていても特に普通の人達となんら生活や感情が変わっているわけではありません、冬は寒いのです。松本市は、連日、真冬のような寒さです。この時期の寒さが一番つらく、2月頃になると体が慣れてきます。ですが、雪道をドライブする機会が増えるので、ドランバーは注意が必要です。

それでも多くの人が見てくれるホームページを制作する必要があります。そして、そのホームページで、お客様の業績拡大を実現させます。ですから、SEO対策を強化します。つまり、他社などのホームページ制作より手間をかけるということです。

SEO松本 ホームページ制作

SEO対策には、被リンクが重要ですね!

最近、Google検索が評価を変えているような時で、検索順位の変動が激しいので、常に松本 ホームページ制作では不動の1位だった弊社ホームページも1位を他社に明け渡している日がある状況です。その中で、ホームページの構成をもう一度見直して、被リンクの状況を見ています。すると被リンク先のサイトがなくなっていたりという状況もありました。
Google検索順位が安定しない?ローカルSEO対策

被リンクが得る方法

なかなか、被リンクを得ることは難しいのも事実です。一般の企業サイトなど被リンクを増やすには、取引先などの協力をお願いするのも必要でしょう。また、自分でサテライトサイトを制作して被リンクを行うという方法もあります。これは、無料ブログでもできるだけ広告表示がない状態で、被リンクを自作することもできます。しかし、複数この作業を行うとGoogleからペナルティを受ける場合もあります。良質なコンテンツのブログを作れば問題はありません。

ホームページのSEO効果を高めるブログの書き方

ホームページのSEO効果を高めるためには?

ただ、「ホームページに設置されているブログを更新をすればいい」というわけではありません。良質なコンテンツなのか? 低品質なコンテンツなのかにより、オーガニック検索でのSEO効果は大きく変ります。また、ホームページ自体の作り方にも差が出ます。昔のようにテキストばかりを書き込んでもGoogleは「良し」とはいいません。また、低品質なコンテンツで、仮に検索順位が上がってもビジネス効果は、あまり望めません。

ホームページ制作 松本

良質なコンテツのブログとは?

ホームページ自体もブログも良質か、そうでないかにより、長い間アクセスを呼べるものとそうでないものがあります。また、良質であると、滞在時間も長くなりGoogle検索の評価も高まります。それでは具体的な良質なコンテンツの条件を記載してみます。

1.お客様が求めている情報を記載している
2.できるだけ分かりやすく表現されている
3.読みやすく整理されている
4.関連の情報とサイトのリンクがある
5.ニッチなタイトルとコンテンツ
6.一つのテーマを掘り下げてある
7.営業的や売り込みではない
8.ユーザーが新しい知識を得られる

意外とユーザーは知識がない

ホームページ内でもブログ内でも専門用語をなるべく使わず、分かりやすいコンテンツにする必要があります。また、売手側では、「当然」と思うようなことも、意外とユーザーは知らない。だから親切なコンテンツは喜ばれます。

ターゲットを絞り込んだコンテンツ

誰に向けて書いているのかを明確にする必要があります。そして、不特定多数に向けてブログを書かない方が効果的です。そのブログで「商品を売ろう」と考えないで、ユーザーへのサービスだと考えてください。

そもそもホームページのブログが設置されていないケース

CMSでホームページが制作されていない場合では、独自のブログを利用するしかないのですが、その場合も広告がないものを使わないと意味がありません。できれば、Wordpressのブログを利用する必要があります。

ホームページのアクセスどうしたら増えるの?

ホームページのアクセスが少ないとお悩みの方に

SEO対策について、このブログでたくさん書いてきました。先日、長野市で大きな営業系の企業にホームページのアクセスの件で社内セミナーを行いました。社内からの多くの質問は、ネット上に多く記載されているような問題でした。そこで、ホームページのアクセスが思うように上がらない問題についての解決策をご説明します。

アクセスアップ

ユーザーは、あなたの良質なコンテンツのウェブサイトのブログ記事(お知らせなど)をネット上で探しています。

そもそも、ホームページのアクセスが少ないのが問題なのでしょうか?

ホームページのアクセスを問題視する前に、もう一度、ホームページの目的を明確しましょう。ホームページを依頼したウェブ制作会社がSEOについての知識・ノウハウを持っていたのでしょうか?あなたの会社のホームページで、どれだけの新規顧客開拓や売上アップの目標に対して、ウェブ制作会社は責任を持って制作してくれたのでしょうか?

ホーページの制作の目的はアクセスアップではなく、売上アップではないのでしょうか?
であるならば、少し考え方を変えてみませんか?

売上アップのためのホームページなら

ホームページのアクセスを問題視するよりも、そのホームページからのコンバージョン(結果)にフォーカスしましょう。そもそもそのホームページにユーザーが訪れると、どのくらいユーザーがお問合せ・資料請求・来店などの行動を起こしてくれるのでしょうか?アクセスの数よりお問合せの数に重視したウェブサイトを作りましょう。

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

コンテンツ(内容)がユーザーの求めるものでなければ、もし、アクセスが沢山あっても離脱率が増えるだけ、本来の目的にそぐわない結果になります。また、コンテンツが優良だとアクセスが増えるます。それをグーグル検索では、重要視して、アルゴリズムで検索順位を決めています。

つまり、ホームページ内のコンテンツをもう一度見直す必要があります。また、必要なキーワードがコンテンツ内にしっかりと記載されているのか?をお確かめください。私が多くのサイトを見る限り、コンテンツにキーワードもないのアクセスが上がらないのは当然だと思えるホームページがほとんどです。

これらを専門用語では、コンテンツマーケティング・コンテンツコンテンツSEO対策などといいます。
コンテンツマーケティングWORDPRESSの投稿方法

ユーザーの求める情報を定期的にコミュニケーションして、

ブログ更新(お知らせなど)が最大にアクセスアップ法なのですが、そこにユーザーの求める情報がなければなりません。しかもコミュニケーション(会話9する必要があります。例えば、「今回は、SEOによるコンテンツのお話でした。つぎは、SEO対策のタイトルの付け方について、お伝えしましょう」などの最後の記述は必要でしょう。

アクセスアップのテクニック

テクニック的なお話だけを望む方には、そのまとめ的にお伝えしましょう。まず、以下の項目が重要です。

1. ブログの更新頻度
2. タイトルにキーワードと呼び込める言葉
 (知らなければ損・知って欲しい3つのこと・今さら聞けない・失敗してしまいました・・・・)
3. キーワードは、前方から、重要なことははじめに
4. 2000文字くらい書いてみよう
5. サイト内リンクや外部リンクも混ぜて
6. 見出しにキーワード
7. ワードプレスを使う
8. はてなのソーシャルブックマークやSNSボタンを設置する
9. 記事はシリーズやカテゴリに分けタグを活用する

SEO対策のカテゴリをご覧ください。詳しく上記についても解説しております。

アクセスアップのまとめ、

細かなテクニックよりもコンテンツを重視してください。ユーザーが求める情報を会話的に説明しましょう。専門的なことはできるだけ、わかりやすい言葉で書くように努力しましょう。また、内容には、それを解説した親切なページを作りましょう。良いコンテンツの投稿を行っていれば、ページランクも上がります。今グーグル検索は、コンテンツに重要視しています。

言い換えれば、努力が必要です。また、忙しくてブログを書く時間がなければ、ブログ更新代行サービスを利用しましょう。
まず、弊社のウェブ制作についての相談ダイヤル0120-806-709 もしくは、メールでのお問合せに、今のウェブサイト上の問題点を記載して、お気軽にご質問ください

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは