ソーシャルメディア

インスタでブランディングしてWebで売上UP

Instagramでブランディングするには撮影力と企画力。Webで売上を上げるならコンテンツ力の強化が必要です

Instagramは画像や動画でコミュケーションします。ですから、撮影力や画像編集力が必要ですが、プロでなくてもちょっと学ばばできるのではないでしょうか? もちろん、スマホで十分ですが、どんな企画にするのかを検討する必要があります。そして、ビジネス感の高い投稿は不要です。フォロワーの感性に訴えるような画像・動画が必要です。
そして、必ずWebサイトのブログに呼び込みましょう。そして、ブランディングに成功できれば売上も上がります。ただ、しっかりとブランディングも勉強しましょう。

TwitterやFacebookではブランディングは難しい

画像でスマホでちょっと表示されて、見る人の目を引きつけられることがブランディングができるできるです。ですから、TwitterやFacebookではブランディングは難しいでね!これらのメディアで行うにはパーソナルブランディングを行う必要があります。経営者などの人間力の発揮や技術的な専門性をアピール事はできますが、ユーザーの感性に訴えるならInstagramですね。なにより、Instagramには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することができます。ビジネスユーザーには、かなり効果的なツールです。

NTTコム リサーチが行った「第7回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果によると、Twitter・Facebookともに「企業全体のブランディング」に活用している企業が約5割に上ることがわかり、また約4分の1の企業が「特定製品やサービスのブランディング」に活用していると答えています。

はたして本当にSNSでブランディングはできるのか?

売上アップにはブログの重要

お客様を集めるという点でもブログは重要です。つまり、インバウンドマーケテイングを行うことができます。通常のWebサイトは、即売りを目的に作られています。結果、ユーザーは信頼感を企業に持ちません。それよりもリアルなブログの方がロイヤリティを獲得しやすいのも事実です。ブログを見て商品を購入する人は少なくありません。できるだけ誠実に商品おデメリットまで書き込むと多くのユーザーのロイヤリティを獲得することができます。結果的には売上をアップすることができます。

戦略的に活用するInstagramとブログ

Instagramだけ頑張ってもリアルな成果は得にくいのも事実です。SNSだとスモールビジネスだとFacebookが効果的ですが、ブランディングをしてインバウンドマーケティングを行うにはブログとInstagramになるでしょう。もちろん、業種によります。ですがこれからの時代デザインはビジネスにはとても重要ですから、まだ利用していない企業は、Instagraの活用をブランディング目的で利用することは可能です。

動画を背景イメージにしたWebサイトTOPページ

動画を背景イメージにしたWebサイト制作

ATFのコンセプトwebページとして制作されたサイトのTOPページは、動画を背景として、YouTube動画がホームページの背景に流れます。これにより動きのあるWebサイトの演出ができます。wifiや4G環境が整ってきた現在、動画でみせるWebサイトの時代となっております。また、このサイトは、リスティング広告のリンク先ともなっております。

ATFwebサイト

ATFのコンセプトwebページ

SNSでもホームページでも使えるSEO対策キーワード探し!

キーワードの設定がSNSでもホームページでもSEO対策の鍵

キーワード設定とは、自分のウェブやSNSに見込客を呼込むための重要なファクターです。特にキーワードは、タイトルに仕込まれ、そのタイトルだけを見て見込客は、そのコンテンツを「覗く出来化べきか?スルーするべきか?」を決めます。同様に重要なのがイメージ画像(もしくは動画)です。SNSの投稿をシェアしてもらうにも、ブログを見てもらうにもこの二つがとても重要になります。そこで、今回は、そのキーワードの設定と言う前に、どんなキーワードが重要なのかを調べる方法をお伝えします。

キーワードの探し方Google AdWordsキーワードプランナー

まずは自分のSNSに関連したキーワードをリストアップしましょう。また、キーワードの競合状態を確認しましょう。GoogleのAdWordsキーワードプランナーで人気のキーワードを探すことができます。自分のビジネスでよく使われているキーワードを知ることはとても大切です。
そして、自社のビジネスに合ったキーワードで見込み客を呼び込みましょう。

Google AdWordsキーワードプランナー

ローカルSEO対策を考える

ローカルを対象にしているビジネスでは、地域名などもキーワードの入れる必要があります。地域名が前なのか後ろなのかによっても対象アクセス数は変わります。まずは、ローカルSEO対策のお勉強をしましょう。また、Googleビジネスの登録やgoogleビジネスへの詳細の細かな記載なども重要になります。

Google トレンド – Trendsで今人気ノーキーワードを探る

今、人々がどんなキーワードに人気があるのかを知ることが出来るのがGoogle トレンドです。自社の直接的にビジネスに関わらないキーワードでも関連を紐付けて利用することはできます。とくに新規のサイトなどで、アクセスを増やしたいときには、人気のキーワードをブログのタイトイルや本文に使用することをおすすめします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSとWebサイトで見込客を増産するためには?

SNSとWebサイトで見込客を集めるために

Webで業績アップや売上アップを狙うなら、まず、マーケティングを学ぶ必要があります。AIDMAの法則では、ターゲット層がまず、あなたの商品やサービスの存在をしているのか?そして、それはターゲットから価値を感じてもらっているのか?この問に応えないと業績アップに導くウェブサイトは作れません。まず、ターゲットが、自社の商品やサービス・製品にどんな価値を提供いてくる商品なのかと言う前に存在を知ってもらう必要があります。それには、以前は様々な広告が必要でしたが、現在はSNSでそれを果たせます。もちろん、SNS広告という手もあります。

SNSとウェブで販売力拡大

ターゲットにSNSでまず知ってもらうこと

自社のSNSのフォロワーは、自社の見込客予備軍と考えればいいのです。その予備軍を増やすことで、見込客を増やすことができます。それには、まず、自社を知ってもうための行動が必要です。その目的だけにSNSを活用するれば良いのです。ですから、出来るだけ目を引く画像が必要になります。そして、フォロワー数と更新度が重要になります。ですから、フォロワー数を集めるには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することを薦めます。経済的に考えれば、このシステムを利用することの利益を考えるべきです。

もともと、「SNSは無料だから」なんて考えでは、「ダダより高いものはない」のことように時間だけを浪費して、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまします。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

SNSからWebへ見込み客を

その比率を高めるにはのフォロワー数をそれなリに確保できたら、次は、SNSからWebに見込客候補を見込客に育てます。SNSからWebへの流れる数は、アナリテックスでわかります。その比率を高めるには、どうしたらいいのかを考えます。SNSで集客をしてしまうとWebやブログには人は流れません。そこが問題となるのです。できればキャンペーンなどのでノベルティンを提供してもウェブに呼び込んでください。

メールを使わなっくてもセールオファーは出来る。

Webに呼び込んだ見込客には、メールを登録してもらうためのノベルティーやダウンロード資料を作成します。そして、その編みに掛からなかった見込客予備軍には、SNSのメッセージ機能を利用して、オファーをすることができます。そして、Webに呼び込んで、MA(マーケティングオートメーション)で見込客を育成して、顧客にします、

このように簡単に行かない

SNSとWebサイトをこのように利用しても、すぐに結果出るものではなく、また成果を得るまでには、SNSのコンテンツやウェブサイトのコンテンツを修正する必要があります。ですがこの方法で改善方法が見えてきます。改善ができれば、一次の売上一次の売上ではなく、継続した売上拡大ができます。

CRM BIツールを使って営業力強化

どのSNSが自社にあっているのか?

SNSを自分の好き嫌いで決めないでください。自社のターゲットが一番利用しているSNSを利用するべきです。そんなケースでは拡散率の高いのが、意外とTWitterです。Facebookでは、個人が特定しやすいので、先々のマーケティングにはとても利用しやすいSNSです。Instagramは、飲食店やお店関係のインスタ映えする画像を提供できるビジネスにおすすめです。またLINEは、ターゲットが主婦やWebリテラシーの低いターゲットとなります。

製造業やBtoBの事業なら事業ならCRMでSNSを追跡する

製造業やBtoBの事業ならSNSの利用している企業の担当や経営者を追跡することで、ターゲットの抱えている課題や考え方をリサーチすることが出来ます。それら向けにWebやブログで対策などのコンテンツをSNSで紹介することも出来きます。CRMを使えば、より機能的にターゲットや見込客を追跡することがが出来ます。モノ売れにくい時代には、今までと同じことをしても成長はありません。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube5

GWも後半ですがウェブ屋なのにこんなYouTubeを推薦します。

天気も悪し、出かける予定もないので自堕落にGWを過ごそうかと思ったら、朝からクライアントの経営者が興奮して、新しいビジネスとウェブ制作の件で電話がありました。もっと寝ていたかったのです。しかし、もうランチタイムので、YouTubeを聴きながらBIツールの1つの1つの設定や開拓をしようと思っていたら、感動のYouTube動画を見つけたので、ウェブ屋ですが夢の多き私が、新しい変化の時代に迎えた「youTube GW中に見ておきたい5つ」として動画を紹介します。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube1.【モチベーション】笑われてこそ一流

今逆境の時の孫様のアドバイスとイチロウさんのアドバイス。そこに分けの分からない博士が分かりやすい解説がとてもいいです。ドリームキーラーに負けずに笑われようと思いました。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube2.【成功者の超意識】志高く、今を生きろ

ホリエモン・ジョブス・孫様と彼らの逝っていることの素晴らしさをひしひしと感じます。ウェブ屋ですが、大きな夢を持ってGWを過ごすそうと思っています。経営も心を熱くして行うことが一番大切だと私は最近感じてます。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube3.好きなコトを仕事にしている人たちの名言

ちょっとクリスさん力が入っているように感じますが、まとめとしては面白いかな〜?と思えたのでしょうかしてみました。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube4.目の前の現実を変えるために必要な「7つの知性」~多摩大学大学院教授・田坂広志氏

やっぱり田坂さんのYouTubeを紹介しておかないとイケないかな〜?まだ観てない経営者は、是非観て欲しい動画です。

WEB屋が推薦するGW中に見ておきたいYoutube5.野口嘉則 講演「自分という大地に根を張る生き方」−自分本来の力を発揮する生き

野口さんYouTubeはこころに優しく、大変勉強になります。心理学を学ぶことも経営者やウェブデザイナーにも必要なファクターかもしれません。beingを深めましょう!

付録、私が編集したYouTube

素晴らしいYouTube動画に紛れ込ませて、弊社のWebATFのYouTubeビデオです。いまは、WebやというよりもマーケテインングコンサルティングやBiツールの導入支援などを行っています。音無しでお送りします。

SNSで売上UPを本気で狙ってみる!

今更、SNSで売上アップできるのか?やっぱりWebか?

セブンイレブン「ホットビスケット」のSNS拡散に見習って、自社商品やサービスをSNSで拡散させて売上拡大ができるのか? セブンイレブンだからSNSの拡散に成功したのか?自社の商品では出来ないのか?を考えてみた。現実に弊社クライアントでFacebookを活用して年間2棟の住宅受注に成功した工務店の社長がいました。この社長ケースでは、一日15分程度の弊社のコンサルティングをう受けFacebookを利用するルールや社内ルールをしっかりと作りそれを実行しました。

しかし、今の時代、FacebookよりInstagramやPinterestの方がビジネス効果はありそうだと感じるでしょう。しかし、このセブンイレブン「ホットビスケット」の拡散の第一歩はTWitterなのです。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料に基づき考えてみた。

企業やブランドの公式アカウントとつながっている(いいね!やフォロー、友だちに追加など)SNSは?

企業やブランドの公式アカウントとつながっているSNSは、圧倒的にFacebookが多いようですが、LINEもスタンプの取得などで企業やブランドの公式アカウントとつながっている人が多くいるSNSですね。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料で気になって点を抜粋してみました。

Q:ソーシャルメディア上で接点のある企業の投稿を見て、企業の商品やサービスを購入・利用したことがある?
A:たまにある48%・よくある12%

Q:ソーシャルメディアで情報を得るようになってから、そのブランドや企業の商品を購入しましたか?
A:ソーシャルメディアは9割以上の人の購買意欲に影響する

ソーシャルメディアの重要性(調査データー集)で分かるようにSNSはブランディングも生み出し、他のメディアよりもユーザーと結ばれ易い特性があります。

SNS活用の問題点は?

むず、無料であることから、いい加減に扱われやすいく、継続的に利用できない企業が多いことです。SNSに企業が参加して、その企業が中途半端なSNSの利用していると、ブランディングが構築できないどころか、ユーザーに好まれなくなります。いわゆるマイナスです。もう一点は、時間の浪費に繋がるということです。しかし、Instagramでは、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用するとビジネスターゲットのフォロワーを低額で獲得することができます。実際利用している企業から聞いた話ですが、信じられないAIのチカラを知ったと担当が入っていました。

「あなたのお店に顧客が増える!」その秘密はこの動画をご覧ください。

画像や動画でコミュニケーションをする時代のSNS

TwitterやFacebookは、文字の要素でコミュニュケーションされますが、Instagramなのでは、画像や動画によりユーザーの目を引く必要があります。例えば、飲食店ならメニューや美容系なら仕上がりの画像など、きれいな画像や美味しそうな画像を見ていると人は行動を起こしやすくなります。また、自分のお店の商品やメニューをInstagramなどに投稿してもらい、1ヵ月に一度、アワード企画で、素敵な画像の人にランチ無料券を提供するなど様々な売上UPのためのプランがB to Cの事業では可能です。

B to Bの事業のSNS活用

B to Bの事業では、低価格のSNS広告を利用することをオススメします。できるだけアクションのある動画やモーションを利用することをおすすめします。motionelements.comで動画素材やSNS用の素材でコマーシャル動画を制作し、配信することをおすすめします。ちょっと僕も無料の素材でビデオを作ってみました。

まだまだ、SNSを本気になってやれば、ウリアがアップは出来ます。しかし、そこに到達できるまでの時間的な問題やモチベーションは計り知れません。できれば、決まった時間に数風利用するだけで、売上UPにつながる仕組みを作りましょう。まず、フォロワ~はAUIを使って、新メニューは常にアプロードして、お客様には、必ず食べた感想や幸せになった笑顔を投稿してもらうえるような仕組みが必要です。自分のフォロワーではなく、お客様に口コミをしもらえる色見づくりを考えましょう。

週間無料メールマガ 「業績アップのためのメーケティング」購読申し込み!

ホームページで業績アップの実現・経営情報・メールマガジン会員向けのお得なキャンペーン情報などなどてんこ盛りの情報で、あなたの会社の業績をアップさせるためのネタを送ります。正しいマーケティングの知識を学んで継続的に自社の成長を加速させましょう。






メールマガ登録




















Pinterestを 活用したWebマーケティングで工務店や他のサービス業の売上アップ

Pinterestで住宅販売やサービス業・レストラン・ファッション・美容関係などで効果的なマーケティングが出来ることを知っていますか?

ソーシャルメディアを通して商品の購入につなげるための手段としては、 Facebook、Instagram、TwitterやLINEなどが主に利用されます。Pinterestの国内での認知度は、まだまだ低いのですが自社のWebni紐付けて、無料で効果的なマーケティングを行うことが出来ます。時代は今やFacebook、Twitterではなく、Instagramのような画像や動画でコミュニケーションするSNSの時代です。
このPinterestを住宅販売やサービス業・レストラン・ファッション・美容関係などでマーケティングに活用して効果を得ているようです。

Pinteres web 松本

Webがなくてもあっても「商品の購入」や「サービスの利用」というゴールへとユーザーを導ける

SNSでブランディングを行うのではなく、Pinterestは自社の建築実績・ランチメニュー・ヘアーカットなどの画像をUPするだけの簡単なシステムです。問題はタグ付けになります。
詳しくはこちらから»時系列によるフィードの追加から考える、企業活用上のメリット

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

15分でMacで作る企業PR動画です。バックグランドは、motionelementsで無料でダウンロードしたもにiMACのIMOVIEで編集したので、費用は0でした。youTubeやvimeやにアップロードする時間を除けば、15分程度で完了しました。

SNS向けには、1,500円程度でCoolなモーションが変えます。SNS広告を作るときには活用したいサービスです。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。是非挑戦してみませんか

motionelements

長野市・松本市 WEB制作会社 ATF from Toru Takeuchi on Vimeo.

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

こんなことで、ホームページで業績が上がります。

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

SNSで実現させる業績UPのWebマーケティング(プロダクトローチン編)

SNSとWebマーケティング

SNSの利用は無料ですが、ビジネスでSNSに活用しようと考えても、なかなかハードルが高いと感じているマーケッターは少なくないでしょう。それは、SNSには、SEO対策で得られる潜在顧客のバックグラウンドがないからです。強いて言うならば、SNS広告で地道に獲得したフォロワーより遥かに多い数のSNSユーザーに情報を届けることが出来ます。

スマホ ホームページ制作松本

また、インスタグラムでは、フォロワーをAIで獲得してくれるサービスもあります。
しかし、いくらフォロワーを獲得してもそこからリアルなビジネスに繋げるための手法が必要になります。今回は、プロダクトローンチについて、紹介します。

プロダクトローチン 松本市ホームページ制作

SNSをプロダクトローンチにより見込み客を顧客化する

プロダクトは「商品」・ローンチとは、「立ち上げる、打ち上げる」という意味です。この方法がハマると信じられない位の売上UPに繋がります。ランディングページと言われる縦長のセールスホームページであれば、そのページだけで売り込みを完了します。プロダクトローンチではこれを横に倒して分割し、見込み客を教育して、売り込みの要素を一番最後に持ってくることができたのです。このシステムをSNS広告から呼び込みステップメールシステムで、アピールするシステムです。

SNSには、ランディングページとメールシステムで売上拡大を狙う!

SNS単独では、収益を獲得することが出来ません。ランディングページで価値ある情報をダウンロードしてもらい、そのメールアドレスにステップメールで送信するまでの準備が必要になります。何もしないで簡単に売上拡大ができる方法は、この世にありません。しかし、営業マンが走り回る苦労に比べれば、ほんの少しの努力で売り上げが拡大ができるのも事実です。

戦略と戦術に関するWebによる業績UP方法

戦略と戦術に関するWeb

ホームページを含んだWebを活用して、業績UPを目的にした戦略では、出来るだけ敵のいないゾーンで戦わないで勝つ方法を見出す必要があります。しかし、戦略自体が社長室や会議テーブルの上で作られたものであると、戦略自体に欠陥がるケースが多いのも事実です。「戦略」と「戦いを略す」と書くように、どうしたら戦いを略せるのかというと、現場での顧客の変化を見つけ、イノベーションするのが、一番の解決策になるのですが、現実の戦術が方法がホームページ制作ぐらいしか、見つからない長野県下企業様には、多いようです。

戦略 ホームページ制作松本市

戦術に関するWeb

例えば、戦略から導かれる戦術には、ただホームページを制作するのではなく、営業マンや社内システムで人材が不足している点や手間のかかる作業をホームページを活用したり、いわゆるリード(見込み客)を獲得するためにホームページと他のWebツールを活用する方法があります。実際、戦略立案と同様に戦術を立案するのはとても重要で難しい仕事なのです。

人とデジタルを使い分けるWeb戦略

マーケティング・オートメーション(MA)の活用や簡易的なMAの活用が可能であれば、「人」が行う営業と「デジタル」が行う作業をはっきりと区別する必要があります。これにより生産効率も高まります。ただ闇雲にSNSを活用しても業績UPにはつながりません。ブランディングとは、業績UPを行いながら実施するもので、ブランディングを高めると業績UPが行えるというものでもありません。SNSの手間と時間が掛かる点もデジタルであるAIに任せることも小額予算で可能です。

「人的資産の活用」のためにデジタルとWeb戦略

弊社が松本市周辺・長野市周辺の企業様からのご相談の中に県内TOP企業、もしくはそれを追随する企業様はもちろん、小規模な事業所様まで、「人的資産の活用」のためにデジタルを書くようする戦術面の強化のお手伝いをしております。ただ、ホームページを作っても業績UPに繋がりません。戦略を立案されたら、また、戦略を立案しようとお考えになったら、専門のコンサルティングにご相談ください。
ATF長野経緯コンサルティング事業部

SNSのビジネス活用について

50%以上のユーザーがSNSが購入きっかけ

Facebook、Twitter、Instagram(インスタグラム)、LINEなどのSNSを利用するユーザーは増加し続けています。若者ばかりではなく40代、50代以上の方でもLINEを連絡手段として利用してます。若者が中心ですが、SNSから何かを購買したという調査では、50%を超えています。あなたのビジネスでも上手に活用することをおすすめします。またスマートフォンの普及により消費者行動も変化しており、最近では消費者が企業や商品との心理的な距離が重視されるようになっています。

http://www.trenders.co.jp/wordpress/corporate/wp-content/uploads/2016/05/mpr20160511.pdf

引用:トレンダーズ、女性のSNS利用と消費行動に関する調査を実施|トレンダーズ株式会社

ユーザとのミュニュケーション・ブランディングにSNSを活用する

そのため、TwitterやFacebookなどのSNSを商品プロモーションや消費者とのコミュニケーションやブランディングに利用する企業やお店が増えています。

費用対効果を考えて使うSNS

ただ闇雲にSNSでフォロワーを増やしたり、商品宣伝をしても、時間的なロスが最終的に費用対効果が得られないツールになってしまいます。逆にSNS広告を利用するこで、費用対効果が高いSNS活用ができます。また、 Instagram では AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムでターゲットのフォロワーを増やすことも出来ます。忙しい仕事の中、無料だと行ってSNSを利用しても、リアルな効果を得るまでには時間がかかります。SNSマーケティングを理解してビジネスに活用しましょう。

ホームページ制作 松本 WebATFでは、コンサルティング型ウェブ制作サービスの一環として、SNSツールの活用や連携のアドバイス・指導などをこなっています。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは