ソーシャルメディア

SNSでプロモーションでちょっとした経費で売上拡大に挑戦する

ホームページが着地地点のSNSを活用したプロモーション

ホームページを着地地点としたSNSの活用なのですが、まず、SNSからホームページへの誘導は意識して、企業ウェブ担当様やお店から送る必要はありません。このプロモーションは、お客様がその友達に拡散してもらうためにプロモーションです。ですから、仕掛け作りは必要ですが、企業のウェブ担当様やお店の方が直接SNSに時間を使うこともありません。

企業やお店が情報をユーザに拡散するのではなく、お客様にユーザーに拡散してもらうプロモーションを行ってみては如何でしょうか?

SNS ホームページ制作 松本

SNSにウェブ担当様やお店のSNSを使ってはいけないのか?

十分な時間を使わければ、SNSで効果を得ることはなかなか難しいのが現実です。特にインスタグラムなのでは、インスタ映えという言葉が流行するように、画像を中心とします。インスタ映えする画像が、常に供給できる業態なら良いのですが、すべての企業にインスタ映えする画像が提供できるお思えません。また、拡散するや「いいね!」の獲得に時間と手間がかかりすぎて、ビジネス効果が得られません。

お客様にSNSの拡散をしてもうためのプロモーション

企業やお店の方がSNSを利用して、情報を発信するのではなく、商品やサービスを使ってもらったお客様にSNSを使って、喜びの表情などを拡散してもらうシナリオやプロモーションを行う。理由としては、売り手側のSNSも、今や信頼性のない情報となり、実際の商品購入者などのSNSの投稿の方がユーザーへのアピール度や信頼度が高いのです。また、Facebookなどでは、新しいユーザーにアプローチです。

例:ランチをインスタで拡散してもらコーヒーが100円とか無料とか?
リフォームの完成の家族の喜びの画像をインスタやFacebookに投稿してもらうと記念品プレゼント

上記を最終的にホームページコンテンツとして、ユーザーボイス(お客様の声)としても活用できます。

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

ホームページだけでなくデジタルマーケティングを駆使して業績アップ

ホームページを中心としたマーケティングではなくデジタルすべてを活用したマーケティングを!

時代の変化は、目まぐるしく、「先日まで快調にユーザーを呼び寄せてくれていたホームページなのに、最近はその威力が全くなくなった」なんて、お客様も少なくありません。そこで弊社が対応したのが、ホームページを中心としたウェブマーケティングではなく、デジタルディバイスすべてを活用したデジタルマーケティングだった。それは、SNSやスマホアプリなどを使ってデータドリブンを活用したユーザーの理解+ターゲットの再設定。そのターゲットを更にペルソナで追求して、該当のお客様のユーザーは、どんな行動をするのか?そんなところまで調査してみた。

デジタルマーケティング

ユーザーはどんな変化をしたのか?

ユーザーは、ウェブサイトを見なくなっていた。それは、すべてのウェブサイトからSNSでの情報を集めはじめたのです。そこで、新しいフレームワークとして、AISASが生まれました。ECショップだけではなく、ウェブサイトとリアル店舗をシームレスに統合するオムニチャネルの概念も含めて、ウェブをリアル店舗でIOT化して利用しながら、このAISASのフレームでデジタルマーティングを構築してみました。

ユーザー参加型SNSイベントの活用

購入者がSNSでつぶやいた情報をウェブサイトで月間賞を与えたり、スマホとリアル店舗の距離を縮めてみました。その結果、今までの業績を遥かに超えた結果が得られました。すべての業界にマッチするわけではないが、サービス業であれば基本的にこのデジタルマーケティングは成功するという確信を得られました。

マーケティングツールからSEOツール・O2Oまで長野県下で全てが利用できます。

安心できるウェブ関連ツールの利用

長野県下の企業様にも、都内の企業からSEO対策など様々な電話営業があることでしょう。いい加減なツールから、しっかりとしたツールまで、見極めやフォローに戸惑いがありませんか? 株式会社ATFは、長野県下初のソフトバンクが運営するマーケティングバンクの正規代理店になりました。これにより、マーケティングツールからSEO対策ツール、EC関連・・・の様々なWEB関連のツールを長野県下の企業様にご提供できるようになりました。
こんな悩みや課題を抱えていませんか?

マーケティングツール

WEBツールやIT関連ツールが利用できます

Webサイトを多言語化したい・ソーシャルメディアでマーケティングをはじめたい・アプリ(android・ios)を簡単に開発したい・広告作成、効果測定を行いたい・サイトのSEO診断をしたい・メールマーケティングをはじめたい・営業を効率的に行いたい・Webサイトを解析したいなどのご要望にATFはお応えいたします。

人気の高いツールのカテゴリー!
サイト構築CMS・スマホサイト変換・翻訳・動画・EC関連・Webサーバー・アプリ開発・メールマーケティング・ソーシャルメディア・運用管理・O2O(オンラインツーオフライン)
詳しくは、マーケティングバンクをご覧ください

企業にとっての穴場投稿はInstagramの○○

あなたはInstagramを使っていますか?

画像や動画を中心に気軽にコミュニケーションが取れることで10代〜30代の方の中で特に人気になっているアプリです。

Instagram

もしかすると
・自分の業種ではInstagramを使えない
・以前使ってみたけどうまくいかなかった
という経験があるかもしれません。

たしかにアプリが流行り始めたときはそうでした。

ですが今では会社のファンとコミュニケーンションを取る時にInstagramは外すことができなくなっています。
特に「ストーリー」機能によって企業へのメリットは大きくなっています。

今まではただ「おしゃれな写真」を載せる場でしたが「ストーリー」の登場によって臨場感ある写真や動画を伝えるようになったのです。

今が旬!Instagramの「ストーリー」

この機能がリリースされたのは実は1年ほど前なのですが利用者が増えたのはつい最近のことです。

ストーリーの特徴は
・アプリ画面の最も目立つ上段に表示される
・24時間で消滅する
・位置情報も掲載できる
です。

特に注目したいのがストーリーを投稿すると個人アカウント・企業アカウント関係なく
投稿した順に並ぶことです。
Facebookと違って「ストーリー」は企業アカウントだからといって露出が減ることがありません。
ユーザー全員に平等です。

Facebookページの投稿をユーザーに見てもらおうと思うと露出を絞られているので今は広告の力に頼らないと難しいのですが
Instagramの「ストーリー」なら無料で、Instagramの最上段に自社アカウントのプロフィール画像を掲載させることができます。

ロゴが入ったプロフィール画像であればブランドとの接触回数を増やすことにつながります。
これだけでも取り組む価値はあるでしょう。

さらに「ストーリー」は”その場で起きていること”を伝えるのに向いてます。
「インスタライブ」という生中継機能までついているほどです。
Instagramのストーリーはフォローしている人にしか公開されずしかも24時間で消えるのでしっかりと内容は吟味した上で、”フォローしてくれているファンにだけ伝えられる踏み込んだこと”があるとよりお客さんとの親密度が高まります。

Instagramのストーリー機能はお客さんにとってのあなたの会社を「なんとなく好きな会社」から「応援したい会社」へと
お客さんから1ファンへとランクアップさせてくれる強力なツールとなります。ただInstagramのストーリーもいつ企業の投稿が表示されにくくなるかわかりません。ですが今は確実に投稿時刻の順番で並んでいます。その恩恵を受けるためにも質を気にしすぎず、まずは1つ試しに投稿して反応をみてみましょう。

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネスの救世主か?

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネス向け

ウェブの世界も様々なサービスが出現してきます。ガンホなどの騒がれたのは昨年のことで、今はメルカリが話題の中心です。そして、小さなお店などの小規模事業者におすすめのサービスが誕生しました。また、人気のSNSであるFacebookも下降線を辿っているようにも感じます。
LINE WORKSとInstagram、B To Cの小規模事業者には、この2つのサービスを活用することをおすすめします。LINE WORKSは、人気のLINEをビジネスで活用するサービスで、ユーザーとのコミュニュケーションがAIを活用して利用できます。Instagramは、SNSとしては、画像が中心の気楽に楽しめるSNSでFacebookとの連動ができます。これにより、Facebookの利用者が激変しているのも事実です。

LINE WORKS

LINE WORKSとは?

先週のソフトバンクのイベントSoftBank World2017のLINE WORLSのブースと講演を聴いてまいりました。LINEの兄弟会社が提供するこのサービスは、ビジネスチャットを社内とユーザーの間でできるスグレモノです。また、AIを活用して、ユーザーの質問に応えるることもできるようです。小規模事業者には、とても重要なサービスになるでしょう。
LINE WORLS

Instagramとは?

インスタの愛称で、いまやFacebook人気を超えています。FacebookがInstagramを買収して依頼、Facebookとの連動も手軽で、Twitterにも簡単に連動できます。Twitterに似たハッシュタグを活用することで拡散が望めます。こちらも美容院や飲食店などの小規模事業者におすすめです。
Instagram

ウェブで売りやすい商品とそうでない商品

ウェブサイトがなくても小さなビジネスではSNSだけで十分ビジネス効果は得られる

弊社が受注をお断りするケースがあります。そのケースでは、オーダーをされるビジネスに問題があるからです。つまり、弊社では成功要因の感じられないケースでは、受注を引き受けない場合があります。

わかりやすくお伝えすると他店舗展開していない規模の個人営業の飲食店・美容サロン・その他の個人の事業となります。何故ならば、ウェブサイト制作では、ウェブ制作の費用対効果が得られずビジネス効果を得られない点にあります。弊社では、都内・大阪に数店ある大型美容院などの仕事はしていますが、個人の美容院では、ベネフィットを与えられないと判断しています。それらのビジネスでは、LINEやFACEBOOKなどのSNSの方が効果的だからです。

ブログを書く

ECサイトは標準化した商品を扱う

逆に売りやすい商品とは、住宅・リフォーム・その他のサービス業・B TO Bのビジネスとなります。商品・サービス・製品が標準化していない複雑な商品です。ECサイト(ネット通販サイト)ではその反対に標準化した商品でユーザーが、その商品の見分けがある程度できるような商品となります。簡単に言ってしまえば、アマゾンで売っているような商品です。

何か矛盾しているように感じるかもしれませんが、通常のウェブサイトでは、複雑な標準化されていない商品。その逆にECサイトなら、標準化した商品になるのです。複雑で標準化されていない商品は、ウェブサイトでの説明や資料請求などを必要とします。ユーザーは、標準化されていない商品を販売している企業や商品などの情報を多く必要とするからです。ですから、それらの商品・サービス・製品を扱う企業では、当然のように充実したコンテンツのウェブサイトが必要になります。

ビジネスブログが問題を解決してくれる

また、標準化・非標準化した商品を扱っていても、ウェブサイト・SNSの他の選択もあります。それはビジネスブログを書くということです。仕事への情熱やユーザーへの思いを書くことは、どちらの形態のビジネスでも有効なマーケティング作業となります、

FacebookではなくInstagramのビジネス活用

Instagramのビジネス活用するには?

コンテンツマーケティングの考え方では、Instagramは、SNSでも画像を中心としたアプローチが必要になります。ですから、画像でユーザーの惹きつけられるビジネスや撮影テクニック・撮影プランが必要になります。例えば、美容サロン・飲食・ファッション業界・インテリアなどなどの業界では、使った方が効果的でしょう。WEB制作会社である弊社のケースでは、作業が完了したウェブサイトを見せることができます。

Instagram

instagram.com/webatf

ちょっと前にあった、コンビニの冷蔵庫に入ったりして、ユーザーの注目を浴びる間違ったアプローチをするSNSユーザーがいますが、ユーザーに驚きのようなものを提供する必要があります。Instagramユーザーは文字は読みません。その辺を考えたアプローチが必要です。

それでもFacebookではなくInstagram

きれいな画像や感動される画像さえアップできれば、これからはInstagramの方がビジネス活用できます。拡散力もFacebookよりInstagramの方が高木なってきました。また、Instagramのビジネス活用下画像をウェブサイトのプラグインなどを使って自社サイトにポートフォリオとして活用することもできます。

ウェブサイト2107早々に対策が必要になったGoogle検索

常時SSLで2017年早々Google ChromeでGoogle検索で動きがあった

SSLとは、通常のウェブサイトにおいてもお問合せや資料請求、または、通常のECサイトでのクレジットカードでの決済。FacebookなどのSNNなどでを情報を保護するためにURLのHTTPがHTTPSに変更してSSL(暗号化)を行なっています。SSL はサイトのセキュリティを強化しサイトの証明書情報を特殊なサーバ設定において発行していた。それがYahooなどの全サイトがこの危険な時代に対応するために常時SSL、つまりすべてのサイトページをSSL化したことにはじまり、Google ChromeでのGoogleで表示されたURLバーに「保護された通信」と表示されるようになっている。

WEBデザイン賞 優秀賞

Google検索では、常時SSLを優先してインデックスする

Google検索としては、安全なサイトを優先的にインデックスすると2015年ぐらいから発表されている。しかし、今年は、モバイルフレンドリーの次の課題として、常時SSL化にフォーカスしているようです。
このサイトのURLにご注目ください。グリーンで目立つこの表示に大きな意味があるようです。どうやら次は、常時SSL化されていないサイトにペナルティか警告を表示するのでしょうか?
WEB制作会社も技術力と手間のかかる時代にどんどん変化していきます。

あなたのFacebookページ認証されていますか?

今更だけどFacebookページに認証機能があったのですね

Facebookページを設定を久々に見ていたら、ページ未認証となっておりましたので、早速、認証をしました。会社の電話にFacebookから認証番号の電話が掛かってきました。それを入力するとすぐにページが認証されました。認証されるとどう違うかというとことは、以下にFacebookの記述を引用します。でも認証されていないよりされていた方が良いと思って、私は早速認証を行いました。

Faceboookページの認証

一部のFacebookページやプロフィールは、Facebookで認証され、利用者にはそれが本物であることが知らされます。Facebookページまたはプロフィールにブルーバッチ が表示される場合は、その著名人や媒体提供者、ブランドに対して、そのページまたはプロフィールがFacebookで認証済みであることを示します。Facebookページにグレーバッチ が表示される場合は、その事業や団体に対してそのページがFacebookで認証済みであることを示します。

以下が認証を取る手順です。

カテゴリがローカルビジネス、会社、団体のページは、グレーの認証バッジを受けられる場合があります。認証を受けることができるページの管理者であり、プロフィール写真とカバー写真がある場合、ページの[設定]にこのオプションが表示されます。ページの認証には、公開されている事業の電話番号や事業に関する書類(電話料金の領収書など)を使用できます。ページの認証には、この情報だけが使用されます。
ページを認証するには:
ページ上部の[設定]をクリックします。
[一般]で、[ページの認証]をクリックします。
[このFacebookページを認証] > [スタート]の順にクリックします。
公開されている事業の電話番号、国、言語を入力します。
[今すぐ電話を受け取る]をクリックして、Facebookから電話で認証コードを受け取れるようにします。
4桁の認証コードを入力して、[次へ]をクリックします。
事業に関する書類を使ってページを認証する場合、上記の手順に従い、表示されるウィンドウの左下にある[書類の提出でこのページを認証する]をクリックします。次に、事業の名前と住所が記載された公的文書の画像をアップロードします。
Facebookに認証コードまたは事業に関する書類が届いたら、あなたの情報が公開されている記録と一致するか審査され、数日以内にお知らせまたはメールで認証ステータスが送付されます。Facebookページは認証されていなくてもかまいません。
注: 現時点では、お住まいの地域ではブルーバッジの認証リクエストを受け付けていません。

https://www.facebook.com/help/100168986860974?helpref=faq_content

自社のウェブサイトを支援するためのSNS

SNSで自社サイトをバックアップ

まず、目的を設定してSNSを使い分けることをオススメします。たた、SNSにブログの更新を知らせるだけでは意味がありません。そこで、弊社も現在作成中のSNSの最適化をここで紹介いたします。まず、無料のサービスだと言っていい加減に扱わないでください。そして、担当の配備や計画をしっかり持って行うことをオススメします。もちろん、手間な作業です。しかし、その面倒くさいことを行わないとSNSでウェブサイトの支援も出来ません。そして、ウェブをビジネスに活用することが出来ないのです。

nike Instagram

上記は、ナイキのInstaのです。

また、その逆に、しっかりとSNSを運営していれば、信じられないほどのビジネス効果も得ることは出来ます。

最低利用したい3つのSNS

ビジネスでは、まず、Facebookページを作る必要があります。それを基本に他のSNSをどう目的を区別するかを以下でお伝えします。

1.Facebookページは、全体のインフォメーションと考えてください。ブログの更新シエアを主に利用してください。
2.インスタグラム(Instagram)では、画像を中心にします。レストランなら全てのメニュー。住宅会社では、スタイルのいい住宅の画像だけ。
3.Twitterでは、Facebookを利用していないユーザーにアピールします。

上記のように、とても手間な作業を行うことで、SEO対策の不足分を稼ぐことが出来ます。それぞれのSNSの特出にあった使いかをしてください。

SNSに社内担当を分ける

ブログを更新する人がすべての作業を行うと非常にハードワークになり、そして、長続きません。大切なのは、SNSの時代になれることです。また、一つのSNSを担当するだけなら、一日に時間の空いた10分程度で作業は完了します。大切なのは、ウェブに不慣れな社員もウェブになれることです、一人のウェブ担当にすべてを任せてはいけません。

例えば、工務店などの住宅会社ならば、現場監督がインスタグラム(Instagram)で現場写真だけを投稿し、それをブログ担当がブログとして記事にすることも出来ます。Twitterはお客様担当の仕事にするとか、社内一丸となって行うことをオススメします。ウェブリテラシーの高い企業に成長させることも出来ます。そして、最後はウェブサイトの成長期待できます。

SNSを複数持っている人は?

経産省が企業のソーシャルメディア活用 B TO C

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書を読んで

ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する取組の普及にあたっての課題とその解決策の検討内容を取りまとめるとともに、企業の先進的な取組の事例集を取りまとめました。
とあったが、まとめているが具体性のない内容ではないだろうか? B to CにおいてソーシャルメディアからのWEB ROIを獲得するのが難しいのではなく、他のウェブとの関連によるWEB ROIを獲得する必要があるのではないでしょうか? しかし、ソーシャルメディア自体は、企業のブランディングに大きく役立っていることには議論の余地はないように思える。

ソーシャルメディア

また、ここではFacebook・Twitterを例にあげているが、世界で一番利用されているソーシャルメディアはYouTubeであることを忘れてはいけない。

(1)ソーシャルメディアがもたらしている事業活動への影響
ソーシャルメディアを通じた消費者に対する働きかけ及びそれに対する消費者の反応は、販売、商品開発、海外展開など、事業活動の様々なフェーズにおいて影響をもたらしつつある。
ソーシャルメディアを有効に活用することで、より迅速に、より正確なニーズを知り、より広範に事業展開を行うことが可能となっている。
(2)国内外の先進的なソーシャルメディアの活用事例
ソーシャルメディアを積極的に活用している企業においては、顧客のタイプや製品・サービスの特性などに応じて、多様なソーシャルメディアが利用されている。
(3)効果向上に向けた先進的な取り組み
ソーシャルメディアの利用に関する効果測定の方法としては、例えば、ECサイトへの流入数、シェア数、投稿を見たユーザーの反応を測るエンゲージメント率と呼ばれる指標などを、目的に応じて活用している例が見られる。
(4)「ソーシャルメディア活用先進事例報告会」のアンケート分析
ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する方策の一環として、平成28年3月3日に、先進的な企業の事例に関する報告会を開催。
その際に実施したアンケートから、「人材」、「知見」、「効果的な活用方法」等への課題を感じている企業が多いことが読み取れる。
(5)ソーシャルメディア活用の課題と活用促進の方策
ソーシャルメディアの活用を展開していくために、ノウハウの普及、専門人材の育成アドバイスや、評価のための基準の整備等が重要と考えられる。

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書と先進事例集を公表

ソーシャルメディアを利用して、ビジネスに効果をもたらすという考え方より、ソーシャルメディアも行っていない企業のユーザーへの考え方が疑われる時代になっているのではないだろうか?企業サイトを見るより、Facebookページを見た方が、その企業のサービス精神のようなものが伺える時代になっているのではないでしょうか? もっとわかりやすくいえば、ソーシャルメディアも活用していない企業は信頼も信用も受けにくいのでは・・・?ということになります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ