ウェブデザイン制作

中小企業の採用ホームページについて

大手企業では、就職ナビなどでプレエントリーをすると、学生ごとにID・パスワードを付与して、採用ホームページ内にマイページを発行する例も多いようです。プレエントリーした学生だけに、より詳しい情報をマイページ内で公開する企業も多く見かけます。なかには、専攻や応募職種に合わせて、学生ごとに公開される情報が異なっていることもあるようです。
このように企業の採用詠の意識が高まっているなか、地方の中小企業の採用ホームページはどうあるべきなのでしょうか?
加えて、セミナー・説明会の案内やエントリーシート、ウェブ適性検査の案内もマイページ内のメールボックスに届くとともに、申し込みや受検もそのままオンラインでできるようになっている。学生は、プレエントリーした企業の採用ホームページには、以降何度も訪問することになります。一度企業のホームページを見ただけでなく、次に何を見てもらうのか?知ってもらうのか?この辺のテーマが必要になります。

http://denro.co.jp/recruit/

松本市を中心とした長野県の企業様には、より質の高い将来性のある学生を獲得していただくために、リクルートに対するノウハウ蓄積とローカルでの学生獲得のためのリクルート専用のLPページの制作をオススメしております。大手企業でなくても質の高い学生を獲得するためにATFは常に地元企業を支援しております。

就活生が選んだ「採用ホームページ」ベスト30

カスタマージャーニーMAPを作ってWeb制作に活用する

カスタマージャーニーとは?

カスタマージャーニーとは、「顧客が購入に至るプロセス」のことです。顧客がどのように商品やブランドと接点を持ち、認知し、関心を持ち、購入意欲を喚起されて購買に至るのかという顧客の行動や心理を時系列的に可視化したものを「カスタマージャーニーマップ」と言います。顧客の行動を探って、顧客を知ることは、マーケティングでは一番大切なことではないでしょうか?
どこだけ売るのはなく、どれだけ顧客に喜んでももらえるかを考え、その顧客の行動プロセスを理解してウェブ制作を行うことによって、ウェブ制作で業務UPを実現させることが出来ます。

カスタマーエクスペリエンスの戦略において、実際にサービスを設計する際に用いる「カスタマージャーニーマップ」のような「顧客の行動文脈を旅のプロセスに見立てて可視化して把握する手法」を用いるのは、まさにサービス設計を行うメンバーが旧来型のおもてなしを提供していた経験豊富な接客担当者同様に、顧客がどんな状況のときに何を欲し、何を喜びとするかを理解するためです。

そうした顧客行動を包括的に見たうえでの理解があって初めて、従来は存在しなかったような革新的な顧客体験を生み出すようなサービスを設計できるようになるのです。

カスタマーズジャニーMAP
カスタマージャーニーマップを正しく活用するには「おもてなし」と「カスタマーエクスペリエンス」の理解から

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う時の注意点

オウンドメディアをホームページで行う

オウンドメディアマーケティングをホームページで行う効果は、コーポレートサイトや販売のサイトよりリアルな効果を得やすい。しかし、その場合、他のコーポレートサイトや販売のサイトが一定玄室の高いものでなければなりません。また、オウンドメディアマーケティング自体、費用が他のサイト制作費より断然かからない点もありますが、コンテンツの作成に日々時間を取られる欠点があります。ですから、できるだけ自社内に販売商品の専門知識をもった担当が日々ブログなどを更新できる体制が必要になります。

松本市 ホームページ制作メディア

オウンドメディアマーケティングとは、このブログでも何度も紹介していますが、自社メディアと定義します。そして、あくまでもコンテンツマーケィングやインバウンドマーケティングを採用する必要があります。簡単にいうと、商品を売るのではなく。商品を使うための知識やトレンド・ニュースなどの情報を提供しながらコミュニケーションする手法です。コーポレートサイトや販売専用ホームページで成果が得られない場合は、オウンドメディアマーケティングをホームページやブログで行ってください。

オウンドメディアでは、ブランディングに注意

オウンドメディアマーケティングでは、まず、自社を好きになってもらうことを重視します。そこで、「親切な会社」「技術力のある会社」などの事前にユーザーに感じてもらいたいブランディングテーマを決めておく必要があります。また、それらから外れたコンテンツを採用しない徹底感も必要です。ですから、リアルな利益よりブランディングを高めるためのコンテンツ作りに徹してください。その姿勢がリアルな成果を導きます。SNSとの融合も同様です。「売込みの匂い」を完全に消し去ってください。

オウンドメディアのSEOの対策を注意点

全国を対象にするビジネスでは問題はないのですが、例えば、松本市・長野市などの長野県エリアに限定されたビジネスである場合、コンテンツが優れているとエリア外のユーザーなアクセスが高まりすぎることがあります。ですから、タイトルには自動でエリア内の地名が入るように設定する必要があります。エリア外のアクセスが増えてホームページの評価は上がりますが、分析ができなくなります。

オウンドメディアでは、どんな商品やサービスがユーザーの目を引いているのか?また、地域では? と分析することにより強化すべき商品やサービスを確認することができます。また、サテライトサイトとして、コーポレートサイトや販売サイトの外部SEO対策にもなります。

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

2階調の画像でTOPページの訴求力を高めるホームページリニューアル

自社ホームページリニューアルの2つの目的

今回、2018年版のATF Webサイトの一部リニューアルを行いました。これには二つの目的があります。その一つは、B TO B ビジネスを行っている企業様向けの2ランディングページと2階調の画像処理でテキストの訴求力を高め、これからのB To B 向けのホームページの方向性を示すためです。そして、もう一つは、自社の業績UPのためになります。弊社は、長野県でもマーケティング力とWordPressの開発当初からの経験などの豊富な会社ですのでホームページからホームページ制作のための相談を受け付け、実績を出すことにより受注を拡大しています。言い換えれば、ホームページからの受注が売上構成の新規顧客率が60%近くあります。その為、松本・長野・東京ともマーケティングやSEOに強いのが特徴になります。ですから、その他社にはない強みをアピールしています。

ATF-TOP ホームページ制作 松本

ランディングページの訴求力

B TO Bでは、基本的にそのまま営業プレゼンができるようにグラフなどを活用したランディングページを制作しました。また、もう一つは、企業考え方を知ってもらえるランディングページです。そして、このランディングページにTOPスライダーから直接アクセスできるスピード感のあるTOPページにしてみました。

ATFホームページ制作こんな企業様に1

縦型Webデザインとランディングページ こちらもご参考ください>>

Webサイトの傾向2018「今年ホームページを作るなら」

2018年のWebサイトはどんな感じでしょうか?

昨年、スマホファーストの時代が到来して、ほぼ、業態やターゲット別に見て、スマホでのWebサイトへのアクセス状況とデータは確保できています。最近の変化としては、リスティング広告を利用して、ランディングページを活用するケースとオウンドメディアマーケティングを活用した企業の運営するWebマガジンの、二つのWeb手法の傾向を多く見受けられます。また、弊社は、コーポレートサイト・ランディングページ・オウンドメディアのスマホファーストが昨年の実績となります。

松本ホームページ制作 ウェブトレンド

ランディングページとは?

わかりやすく言うと縦長のWebページです。これには、SEO対策ができないため、リスティング広告(PPC広告)を利用して、スピーディなリアルな成果が得られます。また、プロダクトローンチという手法で、メールで売り込みすることにより、商品活用情報や動画を使い商品教育を1週間程行って顧客化します。直接的な販売効果は高いのですが、利益率の高い商品やビジネスでないと広告費やプロダクトローンチ作成費で、費用対効果を得られないケースも発生します。

オウンドメディアマーケティングとは?

このマーケティング手法だと、広告費よりSEO対策に時間が掛かります。また、SNSの活用も出来ます。メリットは、ブランディングや長期顧客の駆け込みが可能になります。また、MA(マーケティングオートメーション)などの最新のマーケティングツールを用いて、インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングが可能になります。また、リアル店舗への導入も促進できます。

Webが中途半端では、効果が得られない時代

ユーザビリティやコンテンツの質が高くなければ、Webからリアルな効果が得られない時代になりました。また、その逆にしっかりとコンテンツを作り込み運営にPDCAサイクルで改善をおこなっていくホームページが信じられないほどの収益を生む時代です。

ウェブサイト活用と営業組織の役割分担

ホームページと営業組織の役割分担

ただ、営業成績向上・売上アップを目的にホームページを作るのではなく、営業組織の具体的な課題を抽出して、ホームページでの役割分担をする必要があります。ホームページを活用して、営業に役立てるという方法の方が結果的にリアルな成果をホームページから得やすい業態があります。特に B TO B 関連の業態で、更にホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明を必要とする商品・サービス・製品を販売する企業には、この考え方が重要になります。

ホームページ制作 松本 営業

ホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明が必要

オーダーメイド商品や製造業や工務店など、Webで簡単にユーザーがその商品を判断できるようなものでない場合は、ホームページで即販売に結びつけるのではなく、営業のための情報を得る目的や営業後、ホームページやWebツールを活用して、営業成果に役立てる方法があります。ですから、営業のプロセスで、ホームページやWebツールをどのプロセスで活用するのかを決める必要があります。

営業成績を向上させるための問題点とは?

営業のプロセスで、どの部分が成果を得るためのイメージができない部分なのかを検討する必要があります。例えば、実績の紹介などをホームページで行うとか?資料より分かりやすいデモ動画で確認してもらうとか? 様々なホームページの活用方法があります。また、ウェブマーケティングを活用しやすい部分などは、ホームページに任せて、他の営業活動を集中して行う方法もあります。つまり、人的に顧客と触れ合う部分と、ブログなどを見てもらい営業成果に結びつける方法があります。

領域を区別して、役割分担を行う

例えば、これから攻めるべき商品を人的営業に委ね、育てるべき商品のみをホームページで特化して訴求する方法もあります。新規顧客を獲得するには、「選択と集中」の考え方で、ホームページとリアル営業をはっきりと区別して、トータルで売上実績を上げることもできます。または、オンラインセミナーやビデオチャットなどの利便性と生産性を高める作業をWebに依存する事もできます。

目的を持ってホームページを作る

目的をしっかりと定めたホームページ制作が必要です。もちろん、業績アップを実現するホームページ制作であっても、Webの特性と現状の問題点をしっかりと捉えた目的設定が、最終的な業績アップに繋がるホームページ制作となります。

ユーザーの問題解決を行うためのウェブ制作

ユーザーの問題解決にコミットするウェブ制作

「B TO B」・「B TO C」とも、人や企業が購買行動を起こすには、購入者の問題があり、その解決のためにアクションを起こします。例えば、痩せたいと願っている人は、スマートになることが問題となります。太っていることが問題ではありません。ですが、ダイエットは継続的にモチベーションを維持できれば、無料で出来ます。禁煙や英会話に似ています。しかし、多くの人がダイエットの継続はできません。結果、痩せたいと思っている人に継続してダイエットが出来る方法を提示すれば、その商品は売れます。このようにマーケティングは学ぶことやマーケティングの専門家にアドバイスされて、ウェブ制作を行うと業績が向上します。

ホームページ制作 松本

ウェブ制作を依頼する人の問題は?

「ホームページが欲しい!」と弊社に制作を依頼する人は、業績向上という問題・目的を抱えている企業がほとんどです。もちろん、その問題には、「よりもっと」という問題もあリます。ですから、ウェブ制作は、業績向上の手段、もしくは道具に過ぎません。他の方法で業績向上ができたり、人材の確保ができれば、「ホームページ制作依頼」を行う必要もありません。

問題は、ユーザーの抱えた問題は何か?

多くの経営者が、このユーザーの抱えている問題を知らない。これがわからないと、どんなにきれいなウェブサイトを制作しても、業績向上に積んばがらない。「ブランディングに役立つ」なんて、経営やマーケティングそのものを知らないウェブ制作会社の言い訳に過ぎません。ですから、まず、顧客分析・競合他社分析を行う必要があるのです。そこからウェブ制作は始まります。ユーザーの抱える問題解決策を提示することで、業績向上に繋がるウェブ制作が行えるのです。

WEBデザイナーとWEBディレクターとの領域

ウェブデザイナーの仕事とウェブディレクターの仕事の違い

ウェブデザイナーの仕事の定義や法律があるわけではありません。また、同じようにウェブディレクターも同様です。よって、ウェブ制作会社によってこれらの定義も異なります。ですから、これからお伝えする定義は、ウェブ制作会社 長野県松本市ATFの職種への考え方です。弊社では、すべての社員がマーケッターです。このマーケッターの定義ですが、すべての思考をユーザー、つまりお客様の視点で物事を考えるということです。
もちろん、B TO B ならその先の B TO C、つまり末端の消費者のことまでをドメイン(領域)として考えます。そこで、ウェブデザイナーの仕事とウェブディレクターの仕事の違いは、そもそも B TO B であるクライアント様の都合ではなく、エンドユーザーまでのサービスが行われていないといけません。また、その問題について提議するのが、ウェブディレクターで、ウェブデザイナーは与えられた条件の中で最良のウェブを事案します。なんだか、難しい話ですが、以下に個々の仕事の役割をご説明します。

webデザイナー ホームページ制作 松本市

ウェブデザイナーの仕事

弊社の場合のウェブデザイナーという職種は、ほぼフォトショップ・イラストレーターを活用とした仕事になります。コーディングは、コーダーと呼びます。ここで、G デザイナーと大きく異なるのが、ウェブ制作のプロセスの理解やその流れ上の作業。そして、ウェブ上のシステムの役割の理解・WordPress の理解・SEO対策の理解・マーケティングの理解・JQuery などのウェブ関連技術の理解・顧客サービスへの理解などなどの作業があります。ただ、ウェブデザインのコーディング・ウェブサイティング・撮影以外のほぼすべての仕事になります。

ウェブディレクターの仕事

ウェブディレクターの仕事は、ウェブデザイナーの経験者になります。そして、マーケティングの理解・ウェブマーケティングの理解・コンセプトワークの理解などが必要です。また、全項目に関するコンサルティング能力・スタッフィング能力・マネージメント能力が更に必要になります。ウェブデザイン制作前の競合他社分析・顧客分析・市場分析・アクセス解析などを行いウェブでの事案の方向性を提案します。それに基づき担当ウェブデザイナー・コーダー・ウェブライター・カメラマンなどのスタッフを決め工程管理を行います。

ホームページを作る6人の専門家

ウェブでディレクター・ウェブデザイナー・ウェブライター・コーダー・システムエンジニア・校正など弊社では、6分割された作業があり、5分割の作業のマネージメントをウェブディレクターが行います。この分割した専門作業が業績アップを実現するためのホームページ制作を行います。ですから6種の専門家にプラス SEO 対策エンジニアを加えたコンセプトワークの徹底が重要となります。また、一つ一つのホームページ制作には、制作前と制作後のカンファレンスが全スタッフにより行われます。このときに担当外のスタッフからも意見が発せられます。

ホームページ制作への理解

ホームページ制作において、約7つの専門家が必要になることをご理解さい。しかし、発注をされる企業様には、何名で作業されようが業績アップが実現されれば、問題は解決しますね。ただ、私が知っていただきいのが、このようなスタッフを用いなくてもホームページ制作は完了します。問題は成果です。お客様であるクライアント様にホームページ制作で業績アップを実現するという成果を提供するためには、これらの専門スタッフが必要だということです。

ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designer web担当・ウェブデザイナー志望向け

Google Web Designerで無料でウェブデザイン制作をCOOLに行う!

ウェブデザイナーのほぼ100%近くが。アドビのPHOTOSHOPやIllustratorなどのツールを使っているのでしょう。最近は、それらをWindowsで利用しているクリエターも多いようです。これらのアプリケーションは、一般のユーザーには、費用負担があるが、ところが、ホームページが革新的に変わるGoogle Web Designerは、アニメーションもコード作成もできる無料のウェブ制作ツールです。

ウェブ担当様やウェブデザイナー志望の方なら是非、このツールを無料で使ってお試しください。

webdesigner  WEB無料ツール

ここで注意しておくことがあるのですが、私たちは利用していません。しかし、Google Cloud Platform という新しいホスティングで紹介しているGoogleのサービスを利用すれば、1年間は無料でウェブ制作会社自宅で出来ますね。

ウェブ制作で考えるユーザーの意識とは?

ウェブ制作において、ウェブデザインを行うときのユーザーの意識を考える

「ユーザというものはとにかく気が短い。このことはウェブデザインにあたって、肝に銘じておかなければならない」ヤコブ・ニールセン博士はつぶやいています。つまり、ユーザーの意識を考えたウェブデザインをしないと、クライアント(お客様)の業績アップをホームページで行えないということになります。ここで言う、ユーザーとは、ホームページを利用する人のことです。

ホームページ制作 松本

ユーザーが求めるもの

ネット上で標準化している商品を販売する場合には、他社の差別化は、デザインや親切感などをアピールする必要があります。そして、上記にあったようにスピーディにユーザーの求める商品やそのスペックを表示させる必要があります。ですからLP(ランディングページ)を作成するのはは効果的です。

その逆に複雑で、非標準化しているオーダーネイドやユーザーの知識があまりない商品を販売している場合は、商品の特色より、その商品でユーザーに提供できる他社との強みとなるユーザの問題解決策やユーザーが求める自己の変化にたいするコミットが必要です。

ユーザーの問題解決にコミットしたアプローチとは?

ライザップを例にすると、ダイエットは、太った人にとっても問題の可決策です。しかし、ダイエットで痩せるには、様々な方法、つまり手段があります。お金をかけなくてもできます。サプリでもできます。器具を買ってもできます。しかし、多くの方が継続できずに問題解決を断念しています。そこで、ライザップは、ある程度高額な料金を支払える何度もダイエットに挫折している人に向けて、「これなら成功する」と強にメッセージを画像やコピーライティングで訴えています。

このユーザーの問題解決にコミットすることが必要です。

ウェブ制作会社の領域を超えて!

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ