fbpx

ウェブデザイン制作

Web制作費用と目的について

ウェブ制作時の保養と目的のバランス

企業様がウェブ制作を依頼する時に費用の検討を行います。また、予算づくりを行います。「出来るだけ安いホームページ制作」を求める企業様では、限りなく低価格のウェブ制作制作会社は、ネット上に限りなく見つけることができます。しかし、しっかりとした目標とその目標達成に重要な意思がある場合は、適切な費用を割り出す必要があります。

求める売上目標によってWeb制作費用は異なります。

例えば、ホームページ経由で年間売上を1億円で粗利率が70%程度のビジネスであれば、また費用感も変わってきます。その理由は、確実に目標を達成する必要があるからです。また、ただの企業案内サイトを構築したいという目的であれば、ページ数により料金が異なります。現在は常時SSLやスマホ化とここ数年ホームページ制作金額は高まる一方です。ですから、ウェブ制作会社に依頼する前に目的をしっかり伝えて、それに応えていただける制作会社を探しましょう。

ウェブ制作に必要な経費

ウェブサイト・ホームページ制作を行う上で、制作費以外に掛かる費用があります。1.市場調査 2.マーケティングコンサルタント 3.Webデレクター・プロデューサー費用 については、これらの専門の社内スタッフを設けていないWeb制作会社であれば、これらを行わないか、マーケティング会社などに依存する必要があります。 7.広告費用(不要のケースもあります) 8.Webデザイン修正変更は重要です。9.MAやCRMなどのBIツールセット利用費用については、営業のスタイルによって異なります。

1.市場調査 150,000円〜
2.マーケティングコンサルタント 200,000円〜
3.Webデレクター・プロデューサー費用 200,000円〜
4.サーバ設置/セキュリティ 76,000円〜
5.Webデザイン 600,000円〜(これは本体の制作料金)
6.Web運営 年間 240,000円〜
7.広告費用 月間50,000円〜
8.Webデザイン修正変更 120,000円〜
9.MAやCRMなどのBIツールセット利用費用 年間400,000円〜

成功するホームページは運営が出来ています。

ウェブサイト・ホームページ公開後、お知らせの更新やコンテンツの更新がとても大切になります。つまり、運営でPDCAを掛ける必要があります。ですから、その費用まで考える必要があります。ATFの場合は。サーバー保守料に合わせて運営サポート月額定額料金でPDCAによるホームページ改善を行います。それらのサービスがないウェブ制作会社なら、その費用も予算に入れてください。

色々なタイプのウェブ制作会社があります

色々なWeb制作会社があります。自社の目的を達成できそうなWeb制作会社に依頼をすることをオススメします。

・格安で、ホームページ効果が全くできないウェブ制作会社
・デザインはすぐれているがホームページ効果が全くできないウェブ制作会社
・デザインよりシステムに強い制作会社
・効果は期待できるが、めちゃくちゃ高価な制作費
・効果は期待できないが、めちゃくちゃ高価な制作費
・親切な小さなウェブ制作会社
・下請け丸投げの広告代理店
・外注に依存するウェブ制作会社

ウェブ制作会社ATFでは、

弊社では、コンサルティング型戦略的ウェブ制作を行います。よって、ホームページで確実に業績を向上したいと言う目的の企業様のホームページに限らせて、ホームページ制作を受注しております。Web制作料金は、その目的達成の可能性によりウェブ制作費用は異なります。

ホームページ制作料金について考えてみる

全国ホームページ制作

ホームページリニューアルをお望みの方と新規ホームページ制作では費用が違う

コンサルティング型戦略的Web制作とは、全国の企業をターゲットとした費用対効果の高いWeb制作プランで基本的に6ページ1,300,000円(税別)となります。このプランは、確実に成果を獲得を目指すプランです。松本市・長野市などの長野県下の通常のホームページ制作は、ベーシックスマートフォン対応ホームページ制作495,000円(消費税別)からビジネス特化型ベーシックスマートフォン対応ホームページ制作775,000円(消費税別)となっております。。そして、月間のサーバー保守料と運営サポート料が12,800円〜から2年間必要になります。それでもコンサルティング&WEB会社としては、ホームページリニューアルと新規ホームページ制作では費用が異なります。ホームページリニューアルのケースの方が費用が掛からない理由その理由をこのページでお伝えしたと思います。

ホームページリニューアルのケースの方が費用がかからない理由

当然ながらドメインなどの新規に掛かる費用もありますが、同じビジネスでホームページをリニューアルするならば、既存のコンテンツやサイト構成の欠点がわかるからです。弊社は、CMSのWordPrfess専門であるがゆえ、AWSを活用した質の高いセキュリティを活用したホスティングを行います。また、ATFのコアコンピタンスとして「必ずクライアント利益を提供する仕事をする」あります。ですから、その成果達成に向けては、既存おサイトがあった方が作業時間が変わるということです。そして、何よりも成功率が高く、調査結果からするとフルリニューアルではなく、一部の修正で成果を提供できる例もあります。例えば、ランディングページを強化したり、TOPページだけ変更することも可能です。

新規ホームページ制作に費用がかかる理由

新規ホームページ制作の多くのケースでは、ビジネスモデルが確定せず、コンテンツ作りのための素材を持ち合わせていないお客様が多いいのは事実です。ですから、まさしくマーケティングコンサルティングが必要になるからです。

コンサルティング+Web制作+運営サポートで長野県一番のコンサルティング& Web制作会社

ATFの競合他社に船井総研のWeb事業部があります。同様にコンサルティング+Web制作+運営サポートが行われます。しかし、画像作以外は、当社は100%自社内で制作します。よって費用対効果も高く、成功活率も高いはあらゆる業種で証明されています。ただ、「ホームページを運営したい」と考えているお客様ではなく。事業を成功させたいというお客様をターゲットにコンサルティング+Web制作+運営サポートで長野県一番のコンサルティング& Web制作会社として、長野県はもとより全国の中小企業様にサービスを提供しております。

まず、Web制作会社に話を聞いてみる

ホームページをリニューアル、もしくは新規で制作を依頼したいのなら、まず、Web会社に電話やメールで相談することをオススメします。そもそもホームページ制作を新規で行う必要がないかも知れません。また、ホームページでは売りにくい商品かもしれません。その逆もあります。まずは相談をして、自社の求める成果に向けてご相談ください。

Webユーザーの変化でホームページ制作が変わる

ウェブサイトの活用。スマホ時代で誰でも分かる変化とPCユーザーにも

まずホームページ制作・Web制作を行うときに行うときにTOPページから多くのWebデザイナーは作り出す。もちろん私も同様です。そして、クライアントもTOPページに注目します。しかし、殆どのCMSで成功しているホームページでは、最初にユーザーがTOPページに訪れる確率は20%以下になります。また、TOPページの直帰率も高くなっています。つまり、検索に慣れたユーザーは、できるだけ的確なキーワードで、自分の問題を解決しようとしています。ですから、TOPページでは自分の問題を解決できるコンテンツを探すのを嫌います。ですから、スマホだとメニューは殆ど利用されません。TOPページで重要なキーワードが入っていないと直帰されやすいのです。つまり、スマホの検索利用方法が利用方法がPCにも活用されています。

コンテンツ型ホームページ

スマホになれるとPCでも同じような利用をする利用をするユーザー

ページ内リンクを増やして、ユーザーの滞在時間を増やす時代は終わりました。ページ内でクリック無しで、ユーザーの目的を果たせるコンテンツを制作するべきです。全国向けのコンサルティング型戦略的Web制作では、主要なページのすべてがランディングページになっている専門ウェブサイトを主に制作します。多少制作費は掛かりますが、確実にホームページから成果をお届けするWeb制作です。ですからユーザーの導線を考えたコンバージョンレートを意識したホームページを作っています。

ホームページはコンテンツで決まる

どんないきれいでCOOKなホームページ制作をしても、売上は上がりません。それよりもスマホ時代にあった画像とコンテンツの組み合わせにより、新しい形のホームページ制作が必要になります。それは、コンテンツを練り上げた戦略性の高いホームページに仕上げる必要があります。

SEO対策の時代は終わりました。SEO対策をするのではなく、SEO対応された、ユーザーが求めるキーワードに、ピッタリのコンテンツのホームページを制作する必要があります。

長野県外の方はこちらへ、コンサルティング型戦略的Web制作

ランディングページこそが売上UPに直結したホームページ制作です。

専門サイトこそが売上UPに直結したホームページ制作

ランディングページでも専門の商品・専門のアイテムに特化したホームページを作る必要があります。弊社では、Webコンサルティングにより、予算の掛かるホームページリニューアル希望のお客様でも十分に予算をかけられなおケースでは、現状のホームページをそのままにして、商品やサービスの専門ホームページ制作をご提案します。多くの商品を掲載するカタログをカタログをに貼り付けたようなホームページでは、顧客に「買う気」を起こさせることはできません。ですが、多くのお客様はきれいなきれいなページを望みます。売れないきれいなホームページが必要な方には、弊社は合いません。弊社は、あくまでも業績を拡大することを目的としたホームページを制作します。これは、創業以来のホームページ制作のコンセプトです。

アートプランニング様アイアン看板専門サイト
アイアン看板専門サイト

専門サイトこそが売上UPに直結したホームページ制作

ランディングページでも専門の商品・専門のアイテムに特化したホームページは売りが下を量産できます。これがインターネット・Webの力です。多くの企業が多くの企業がページに様々な自社の紹介を載せて、「何を売りたいのか?」わかりにくいホームページを望みます。しかし、多くのユーザーが検索して訪れるのは、ランディングページなので。実績・お客様の声・Q&Aなどにアクセスは集中します。ですから、TOPページより重要なのはランディングページなのです。1ページで商品のことが完結できるページを制作することもオススメします。

コンサルテイング型戦略的Web制作制作とは?

ATFの主力商品で、成果を提供することを目的にした全国の中小企業向けホームページ制作です。このプランでも多くの専門ページを制作します。専門ページは、お店で言えば専門店です。多くのユーザーは付加価値の高い専門店の商品を好みます。

Web制作を依頼する前に知っておきたいこと!

Web制作を依頼する前に成功したWeb制作の流れ!

Web制作よりも重要なのが、Web制作の目的のための商品の検討です。つまり、その商品の最も有効な売り方のコンテツづくりです。これを一言で、マーケティングと呼ぶのですが、多くのネット上で語られるマーケティングとはことなります。それは、ローカルであったり、企業の規模であったり、商品によって方法が変わります。そこで、どう売ることがベストであるかを検討します。そして、その次に大切なのはホームページ運営になります。当初の仮設に対する立証が必要です。つまり、つくったホームページでの成果の検証や対策が必要になります。これらの作業があって売上が拡大されます。

ホームページで成果を

Web運営をどこまでやってくれるのか?が重要です。

Web制作会社に製作依頼するときに、金額面だけでなく、マーケティング面や運営面に対してお尋ねください。多分、「マーケティングはお任せください!」と応えてくるでしょう。当社の場合、美術館やきれいなサイトを作ってくださいと言われるとバカ正直に「できません」。専門ではありませんとは、答えないでしょう。ですが、そのWeb制作会社の実績を見れば、綺麗さではなく、そこで紹介している商品やサービスを買いたくなるのか?という視点で見てください。

ホームページは実績とお客様の声が重要です

多くの顧客がその商品知識やスペックまで理解できないでしょう。もちろん、商品卸売業や製造業では別の話になります。ですから、実績とお客様の声がユーザーには一番、その会社を理解しやすいコンテツになります。また、この2つには偽りの内容に掲載する必要があります。ビジネスには信頼です。そして、専門性が需要ですので、あれもこれも売りたいという考え方では、売上拡大をすることができません。

見込客をKPIするホームページ

コンサルティング型戦略的Web制作では、ホームページで直接の販売よりも見込客を他社より多く・早く取り込むことを重視します。つまり、見込客に自動的にメールなどで販売や営業を行い成果を獲得します。CRM・MAなどを活用して更に2倍以上の売上を獲得している企業もあります。

IT導入補助金活用戦略的ホームページ制作

ATFwebサイト

平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業2次募集に関するホームページ制作ツールのご案内

サービス業・製造業・卸売業などBtoBを中心としたホームページ制作です。

機能

SNS連携(SNS組込のみ) アクセス解析(タグ組込のみ)・メルマガ配信機能・顧客管理CRMの連動)・ブログ機能・お問い合わせフォーム自動返信機能・お知らせ機能付きホームページパック

金額

制作金額 650,000円〜 5ページになります。ページ数追加は、1ページ35,000円(税別)
月額サポート料金がSRM活用のケースでは、36,000円(別) 2機種分となります。
それ以外の月間サポート料は、14,800円(全別)〜となります。

IT導入補助金情報

採択者9,251者です。
採択率ですが、93%程度と推測しています。某ITベンダーからは採択率100%との情報。別の情報では90数%との情報。折衷案で93%ぐらい?IT補助金ですが、予算規模は500億円です。
今回採択が9,251者ですが、仮に1者あたりの補助金金額が30万円とすると、今回で、27.7億円が消化されました。あと予算残高470億円程度です.

このサービスでのIT導入補助金は、採択されなくても実行される企業様に限ります。

ホームページ下からみてみた。「専門」という表示に弱いユーザーに向かて!「ホームページの作り方で変わる売上」

多くの経営者様はホームページの威力を知らない

どんな業態でも基本的にホームページで売上UPは可能だと私は思っています。しかし、ホームページをビジネス活用している経営者様はインターネットも活用しています。逆にインターネットを活用していない経営者様の企業のホームページはお粗末なホームページが多いことも事実です。

ホームページ下からみてみた
ホームページ下からみてみたら、こんな事がわかった。専門で単独の独自ドメインのサイトは強い!

そもそもユーザーはどうしてホームページを検索するのか?

検索を利用する目的には、探す・買う・時間消費という三要素があります。その中の探す・買うには、ユーザー自身が何かの問題や何かの自己の変化への期待によって、その目的を果たすための問題解決のためのコンテンツを探しているのです。

ユーザーの探している物(項目)は複数ですか?

ほとんどのユーザーが検索サイトで探す目的は1点です。ですが、多くのホームページには、その企業の多数商品や様々なサービスを掲載しています。もし、ユーザーが探している問題解決策に「どんぴしゃり」のサイトであれば、ユーザーが自己の問題解決のためにそのサイトに掲載される商品やサービスの購入をする確率が高くなります。

専門に弱いユーザー

専門という言葉にユーザーは弱いのです。名古屋の「赤から」というチェーン点は、「赤」と「辛い」という専門居酒屋です。通常のファミレス人気が下がっているなかこれらの専門化したビジネスは好調な売上を推移しています。専門というフレーズに人は注目します。ホームページも一つの問題解決のためにコンテンツを作ると信じられない効果が得られます。

小さな会社のWeb制作とは?

マーケティングをまずは考えてWeb制作をしましょう

小さな会社とは、従業員1名〜200名以下程度の企業を指しています。私が書いた「小さな会社のマーケティング」をまず読んでからウェブ制作を考えてみませんか?この本には、ホームページにつては、あまり記述はしてませんが、小さな会社に重要なマーケティングの記述があります。ある経営者は、この本を社内教育用に使っているそうです。専門用語を使わないで解説する「小さな会社のマーケティングとは」。興味のある方はぜひご覧ください。

マーケティングが苦手と感じている経営者のために

Webをどうか使うのか?広告をどのようにするのか?そんなことだけではなく、そもそも顧客に対してどう考えればよいのか?マーケティングが苦手と感じている経営者のために「いい会社を作りたい」と願う経営者のために書きました。

小さな会社のマーケティングとは

売上UPが出来らければホームページ制作なんて意味がない

売上UPが出来らければホームページ制作では、お金がもらえない!

昨夜。福岡の研究開発型ウェブコンサルタントの株式会社ペンシル創業者・取締役 会長覚田さんの短いセミナーを聴きました。当社では「130万円のホームページ制作が高い!」とよく言われる。ペンシルさんでは、1ページ100万円だとそうです。130万円のホームページ制作を行ってくれた企業様の売上は約2倍以上に上がっています。最高で200倍上がったお客様もいます。(元々が低すぎた)。それでもWEB ROIである費用対効果が高ければ安い買い物なのです。しかし、売上UPが出来らければホームページ制作でできなければ30万円でも意味はありませんね。

ホームページで売上UP

ホームページ制作で売上UPするには?

まず、マーケティングですね。市場に価値を感じていただく必要があります。また、その価値は、場所を変えるだけでも変更できます。ターゲット・エリア・売り方などを検討する必要があります。その辺にお金と時間が掛かります。でもWeb ROIが高ければ目的達成となります。

何故、WebサイトにMAとCRMが必要なのか?

WebサイトにMAとCRMが必要な理由

Webサイト、いわゆるホームページなのですが、何故、今 MA(マーケティングオートメーション)やCRM(Customer Relationship Management 顧客関連管理システム)などのBI(ビジネスインテリジェント)ツールが必要なのでしょうか? 昨今、「物が売れない時代」などと言われサブスクリプション方式などの販売手法も注目を集めています。そして、Webサイトの制作目的も「即買いを求めるWebサイト」から「見込客を獲得するWebサイト」づくりの時代になりました。そのためインバウンドマーケティングやオウドメディアの制作の必要性がウェブ上で騒がれています。

長野県でのBIツールを提供する会社

これらも。「まず。自社を好きになってもらう」というマーケティング手法になります。つまり、いきなり販売をしても効果がないということです。そこに「見込客」という概念が必要になります。その見込客を管理育成するのにCRMが必要になり、その選別や顧客情報を獲得するためのにMAが必要になります。要するにWeb+MA+CRMが標準装備されていなければいけない時代になります。

MAのWebマーケティングでの役割

MA自体、Webが充実していなくてもメールで、顧客の自社商品の関心度を図ることが出来ます。展示会や交流会などで祝した見込客情報やWebの資料請求・お問合せのデータを基本に見込客の関心度を測り、その結果にアプローチします。弊社のBtoBの事業所様のWebサイト制作には、標準装備されます。そして、MAは見込客のその関心度にあったアプローチを自動化します。もちろん、営業担当に情報や営業指示を提供いします。もしくは、メールだけでビジネスを完結させてしまします。特にBtoBなどの事業ではとても役立ちます。また、不動産業・工務店なども同様に効果的です。また、出来るだけCRMとの連携が重要になります。

CRMのWebマーケティングでの役割

CRMは、Webを活用していなくても、現在の企業ではすべての業種で必要なシステムです。簡単に言ってしまえば、エクセスなどの表計算ソフトが不要になり、すべての業務を一つのシステムに行えるプラットフォームとなります。Webで獲得した見込客だけではなく、様々な顧客データと紐付けられ商談や作業の管理・メールマガジンの発行・見積書・注文書・請求書などなどが自動化されます。もちうろん、Webと紐付けられMAもプラグインして活用することが出来ます。

BIツールの活用が業績拡大の鍵

1台数千円単位から利用できるこれらのBIツールを自社の業務に合わせてカスタマイズすることによって、業績拡大が期待できます。もちろん、BIツールに合わせたWebサイト制作が望ましいです。ですが、まず、このBIツールに慣れ、業績拡大に繋がる仕組みづくりを行うことをオススメします。

BIツールの詳しいことはこちらのページをご確認ください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

ホームページを分かりやすく丁寧に制作するには?

ホームページを作りたい長野県下の企業様にWeb制作について

ホームページを作るに時に日々の忙しい業務の他に自社の情報やホームページの原稿作りや校正などを行わなければなりませんが、ウェブ制作会社が各ビジネスを理解して、ユーザー視点のコンテンツをインタビューして、たたき台を作ります。それからの撮影などでも協力は依頼しますが、出来るだけ他社分析や地域分析・顧客分析も丁寧に分かりやすくウェブ制作を行ってくれるウェブ制作会社がいいですね!

松本市ウェブ制作

価格だけにフォーカスしてホームページを作ろうとすると

ホームページを作るにも企業には予算がりますね。しかし、価格だけにフォーカスするとも、そもそもホームページ制作のための目的を達成できなくなります。

また、自分で原稿を作ったりするのはとても大変な作業になります。できるだけ自分の作りたいホームページの見本などを探すぐらいで、あとは、ウェブ制作会社からの提案をジャッジするぐらいがいいですね!

ホームページを作るには、マーケティングが重要です

売り手側ではなく、買い手がみて、商品やサービスが分かりやすくデザインされているのか?顧客とコミニュケーションが取れるのか?マーケティングを理解したウェブでレクターが必要です。ですから、マーケティングを重視したウェブ制作会社を選んでください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

あともう少し売上UPをホームページで使って行う方法!

あともう少し売上がUPすれば経営も楽だなと感じている経営者のためのホームページ活用法

「5%・10%の売上が伸びるとかなり楽な経営ができる〜」と感じている経営者の方に「ちょっこホームページを変更・追加するだけ、成果が変わる方法」を解説します。弊社が昨年、自社のホームページに向けてGoogleアドワーズ(リスティング広告)予算約10万円3ヶ月を行いました。結果的に成果は「0」でした。今年の4月から1ページのランディングページにオファー(申し入れ)をつけたらお問合せの多い日に4件の実績がありました。

松本市 ホームページ制作
「猫の手も借りたい!」と嬉しい悲鳴を挙げたい! そんな売上UPを願う経営者のために!

ホームページ訪問者に行動を促すオファーとは?

広告効果を得るために弊社はリニューアルキャンペーンを行いました。キャンペーンだから期日を設けました。特にランディングページを作らなくても、「無料お試し」「体験コース」などの期限付きの企画をつけて、ホームページを運営していただくと、今までの売上の5%・10%の売上が伸びます。つまり、ちょっと行動をすることで売上は伸びるのです。面倒くさいと感じているより行動の方が大切です。売上が伸びるメリットと面倒くさいと感じるデメリットを比較してください。

長野市・松本市ホームページ制作ATF – 長野県長野市・松本市デジタルデザインWEBATF 01

GWはホームページの企画を考える

GWには本を3冊読みます。本日アマゾンで購入します。そして、このオファーのもっと有効な方法がないかを渓流に入って、フライフィッシングの合間に考えます。山の森の緑と水の流れによる癒やしの中で、私の頭脳も心もリフレッシュされます。ただ、Web制作会社の作ったホームページでただ売上が上がるのを待つより、PDCAサイクルを活用した変更・追加を行ってください。

弊社では、ホームページの運営代行やSNS・メールマガジンなどの運営も代行しております。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは