ウェブサイトについて

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

ホームページ制作のその前とその後

ホームページ制作のその前とその後にやらなければいけないこと

ホームページを制作する前には、他社分析や顧客分析をしっかりと行いましょう、自己満足のきれいなホームページを作っても、お問合せのないホームページでは、制作費用を溝に捨てたようなものです。また、目的達成できそうなホームページができても、日々の運営がなければ、だれもあなたの会社を信頼しません。ホームページは今やあなたの会社の玄関なのです。

ホームページ制作のその先

何故、ホームページで業績を伸ばしている会社とそうでない会社があるのか?

経営者の自社のホームページへの意識に問題があるように感じます。スマホでもいつも競合他社のホームページや同業で成功しているホームページを見ている経営者は、ホームページの重要性を知っています。よって、ホームページを制作する時の目的や予算の準備を行っています。逆にそうでない経営者は、予算のことばかりにフォーカスして、更に結果を求めます。ホームページの制作を依頼して、それだけで売上が上がると考えているようです。当然、弊社ではそのような経営者のホームページ制作の依頼を受けません。

大切なのはお互いの信頼感

私たちは、発注していただく企業様とは、パートナーシップを結びます。まず、「心からこの会社を伸ばすお手伝いをしよう」と思います。そう思わせてくれるお客様に感謝をします。ですから本気の経営者には、私たちも本気以上の成果を提供します。見込み客を引き寄せるホームページ制作には、お互いの信頼感が必要になるのです。そして、その会社の目的がただ「お金」ではなく、よりよい社会を作ることに貢献しているような会社、もしくはチャレンジをしている会社には、それだけで成功の要因があるでしょう。

セミナーで学ぶ・メールで学ぶ

ATFでは、ウェブマーケティングやマーケティングを学んでいただくためのセミナーやメールマガジンを発行しております。ぜひ、基礎知識を学んで、業績拡大のできるホームページを所有してください。

ホームページ制作の神様・ウェブサイト制作の神様のお話

ホームページの神様・ウェブ制作の神様って本当にいるの?

ホームページの神様がいるのかとGoogle 検索をしてみたら神のホームページというサイトがあった。内容は「神」についてでした。「ホームページ 神様」なんて、検索する人はいないのかもしれないが、最近、私は、ホームページの神に近づいたような間違った認識を持つようになりました。 

もちろん、大きな勘違いだと言うことは、本人も良くわかっているのですが?

神のホームページ

何故、ホームページ制作の神と感じたのか?

弊社、事務系の社員が他社で作成したウェブサイトを「これかっこいい!」と紹介してくれました。そして、私は、一目見るだけで「それ売れないよ!」と私は答えた。もちろん、それには論理的な理由があります。また、ウェブサイトの相談に来た工務店の社長にも同様の直感が働いた。

工務店では、古い工務店専門のウェブ制作会社が製作したウェブサイトと、最近、長野市のウェブ制作会社で作ったウェブサイトでは、「古い方が、お問合せ多かったでしょう?」と私が尋ねると、工務店の社長は、不思議そうな感じで「はい」と私に答えました。

新しいウェブサイトは、社長の思い入れをデザインした自信作のウェブサイトのだが、お問合せ・資料請求はないそうです。そこで、私に相談に来たのです。最近、ひと目で売れるサイト・売れないサイトが分かるようになって、私も「ついに神の領域まで達したのか?」それとも「ホームページの神様が私をウェブコンサルタントとして、認定してくれたのか?」・・なんて思うようになったのです。(笑)

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

何故、売れるホームページが分かるのか?

ウェブサイトは、企業の顔です。企業の玄関とも言える時代になってます。その認識がまず必要になります。それを中途半端な思いで制作しているのを感じると「売れない!」とイメージできるのです。カッコばっかり整えて、「伝える力」も感じられないのがわかります。また、制作者の「責任感」のようなものも感じます。

弊社では、3名の女性ウェブデザイナー・男子2名となりますが、すぐに私には、それらがわかります。もちろん、他者の制作物を評価するのは簡単です。出来たウェブサイトを評価するのですから。

大切なのは、どのように修正すれば、「売れる」ウェブサイト・ホームページになるかのか?ということです。

どうして、売れるホームページ・売れないホームページがひと目で分かるようになったのか?

寝ても覚めても、お客様のホームページを「売れるホームページに」と10年以上考え続けてきました。マーケティング歴38年の私としては、当然の力だとも思います。それくらいクレージだったということです。(大笑)

売れるホームページを作るのにも限界があります

ウェブサイトコンサルタント。経営コンサルタント・マーケティングコンサルタントで売れる商品の売り方の変更や収益が拡大できるビジネスモデルを構築する必要があります。そんな意味で、マーケティングコンサルティングを行い売れるウェブサイト・集客のできるホームページを行う必要があります。

ターゲットを知ることから始まるウェブサイトコンテンツづくり

ウェブサイトでリアルな成果を得るためには、ターゲット視点のコンテンツが重要です。

ウェブサイトでリアルな成果を得るためのウェブ制作には、ターゲット視点の他者とは差別化されたコンテンツ(内容)作りが必要です。特にターゲットが企業、もしくは商品を選択する時のターゲットの選択基準のような「ターゲットからみる価値」を調査する必要があります。専門用語では、顧客分析・市場分析という言葉になりますが、難しい言葉は抜きにして、そもそも今の自社の顧客は、どんな理由で自社を選んでくれたのかを調べることが重要です。

マーケティングを考える

ユーザーの価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

以下の質問に沿って、考えてみましょう。以下の3項目は、多くの企業が陥っている販売についての間違った考え方や、マーケティングを学んでいない企業が考えることです。

1.あなたのビジネスの技術力などの専門性を理解できるのでしょうか?
2.他者と比べて優位点なのでしょうか?
3.その優位点は、ユーザが購入してからでないと証明できない項目ですか?

1.あなたの会社の技術力などの専門性をターゲットは理解できるのでしょうか?
多くの見込み客が、あなたの考えるあなたの商品の優れた点を理解できるでしょうか?それらを説明しても見込み客は、「面倒くさい」「難しい」「ホントかな?」などと感じないでしょうか?ユーザーは、何かを購入した時に、その後の変化に期待して、購買行動を起こします。そこにユーザが見出す価値があります。

2.他者と比べて優位点なのでしょうか?
絶対的な技術力の差があるのであれば、問題はありません。特に製造業などは、専門的なコンテツに価値を感じるでしょう。しかし、それが明らかに競合他社との差別化できれば問題ありません。そうでない商品や製品を扱っている企業では、早々差別化ができません。であるならば、販売方法を検討する必要があります。そして、清潔度・親切度・おもてなし度・デザインなどなどの部門で他者より優位なウェブサイトコンテンツを作成することをオススメします。

3.その優位点は、ユーザが購入してからでないと証明できない項目ですか?
つまり、購入しなければわからない点だけを追求するより、ユーザーの購入前にフォーカスした、サービスを高められるコンテンツや実績などをアピールする必要があります。また、お客様の声などのコンテンツをウェブサイトに掲載する必要があります。

売る側の論理でウェブサイトコンテンツを作らない

ユーザー視点で物を考えると言うことは、言葉では簡単なのですが、実際に販売や製造をしている側の人々は、そう簡単にユーザー視点になりません。そこで、営業やお客様担当が、「そんな常識だよ!」と感じたユーザーの質問などの答えをコンテンツにしたり、ウェブサイトの階層をウェブサイトへのはじめての訪問者と自社顧客や商品を理解している人々の見るページをしっかり区別する必要もあります。

情報提供ではなく、コミュニケーション

ユーザーとコミュニケーションしてください。小学校5年程度で理解できる言葉やフレンドリーな表現も必要です。情報提供ではなく、コミュニケーションを意識したコンテンツを作りましょう。「みなさまに」→「あなたに」など表現や「下さい」→「ください」などの細かい点まで注意しましょう。

分かりやすく差別化するコンテンツ例:他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

明るく前向きなコンテンツをウェブサイトに

基本的に自分が不快になったり、面倒に感じたウェブサイト内の表現を自社では使わないようにすることです。また、ユーザーが求める情報を分かりやすく探せるメニュー作りとそのタイトル表現が重要になります。リコメンド(関連の記事・関連の商品)などを活用することも必要でしょう。そして、ポジティンブ(前向き)な表現で明るいウェブサイトが基本的に多くの人に好まれます。

集客・顧客獲得がウェブ制作とは?

集客・顧客獲得を目的にしたウェブサイト制作

最近、長野県下のウェブ制作会社もマーケティングをアピールしているようです。実にマーケティングとは、非常に大事なのですが、ウェブサイト制作の川上にマーケティング制作があるとするならば、さらにそのマーケティングの川上には経営計画や経営理念などが必要になります。また、ウェブ制作の川下には、ウェブ運営があります。地域の企業の弱点がマーケティングなら、それはビジネスモデルから検討しなければなりません、ブランディングなど小さな企業が行うべきマーケティングではなく、まず、集客・顧客獲得だと私は考えています。

マーケティング

そこで、集客・顧客獲得に特化したALL IN ONEのウェブ制作プランを開発しました。それは、認定経営革新等支援機関ならではのビジネスモデルからマーケティングコンサルテイングを提供し、さらに運営まで代行してしまうプランです。毎月の打合せのなかで、ブログなどの記事の投稿からアクセス解析・分析やウェブ修正を、人材が不足している企業のウェブ担当者の作業を代行して、新しい時代にマッチした企業に変化していただくためのプランです。

ALL IN ONE すべてのおまかせウェブ制作・管理

自社でマーケティングは考えたい!

「経営者が自ら、自社でマーケティングを考えたい」と考えている経営者様には、デジタルマーケティングや新しいビジネスモデルを開発するための知識を得ていただくための経営革新等支援機関マーケティングセミナーをご用意いたしました。小さな会社のマーケティングがテーマです。

経営革新等支援機関マーケティングセミナー

また、マーケティングコンサルティングや補助金などについて、ご検討の方・デジタル関連の人材開発を助成金を使って行い方に向けたサービスも長野経営コンサルティング事業部で行っております。

長野県下、特に松本市の企業にどんどんいい会社になってもらいたい!

私がこれらのプログラムを開発して、実行するのは、長野県下の企業に、「もっもっといい会社になってもらいたい!」という思いがあるからです。素晴らしい商品やサービスを行なっていても「伝え方」「売り方」が上手でない企業が多く見受けられます。そして、デジタルマーケティングなんてほど遠い状況の企業様が目立ちます。是非、私たちのチカラで、そんな企業を応援できればと考えております。

ウェブで売りやすい商品とそうでない商品

ウェブサイトがなくても小さなビジネスではSNSだけで十分ビジネス効果は得られる

弊社が受注をお断りするケースがあります。そのケースでは、オーダーをされるビジネスに問題があるからです。つまり、弊社では成功要因の感じられないケースでは、受注を引き受けない場合があります。

わかりやすくお伝えすると他店舗展開していない規模の個人営業の飲食店・美容サロン・その他の個人の事業となります。何故ならば、ウェブサイト制作では、ウェブ制作の費用対効果が得られずビジネス効果を得られない点にあります。弊社では、都内・大阪に数店ある大型美容院などの仕事はしていますが、個人の美容院では、ベネフィットを与えられないと判断しています。それらのビジネスでは、LINEやFACEBOOKなどのSNSの方が効果的だからです。

ブログを書く

ECサイトは標準化した商品を扱う

逆に売りやすい商品とは、住宅・リフォーム・その他のサービス業・B TO Bのビジネスとなります。商品・サービス・製品が標準化していない複雑な商品です。ECサイト(ネット通販サイト)ではその反対に標準化した商品でユーザーが、その商品の見分けがある程度できるような商品となります。簡単に言ってしまえば、アマゾンで売っているような商品です。

何か矛盾しているように感じるかもしれませんが、通常のウェブサイトでは、複雑な標準化されていない商品。その逆にECサイトなら、標準化した商品になるのです。複雑で標準化されていない商品は、ウェブサイトでの説明や資料請求などを必要とします。ユーザーは、標準化されていない商品を販売している企業や商品などの情報を多く必要とするからです。ですから、それらの商品・サービス・製品を扱う企業では、当然のように充実したコンテンツのウェブサイトが必要になります。

ビジネスブログが問題を解決してくれる

また、標準化・非標準化した商品を扱っていても、ウェブサイト・SNSの他の選択もあります。それはビジネスブログを書くということです。仕事への情熱やユーザーへの思いを書くことは、どちらの形態のビジネスでも有効なマーケティング作業となります、

コンテンツマーケティングとイノベーションでビジネスを激変させる!

コンテンツマーケティングとイノベーションで勝ち取るウェブで勝ち組企業になる方法

ブログやSNSを活用して、勝ち組企業になるには、ユーザーを引き寄せるノウハウを身につける必要があります。それを一言で言ってしまうと「無償奉仕!」という四文字熟語で表現できます。常にユーザーのためになる情報を自社にユーザーを呼込む目的を持たずに発信することです。例えば、提供した情報を利用して他社のサービスや商品を購入されようが、問題にしないのです。そのようなユーザーは自社の顧客になっても、自社の利益にはなりません。そう考えて、常にユーザーが疑問に持つこと、購入の妨げになっている問題を追求してコンテンツにする必要があります。
ユーザーは、呼び込んだり集めるではなく引き寄せるのです。それがコンテンツマーケティングなのです。

そのためには、ブログで書き込んで、SNSでは、イメージを重視したコンテンツで、ユーザーに奉仕をしましょう。そして、そのなかならイノベーション策(売り方の変更)をする必要があります。

イノベーションで勝ち取った小さな製造業の物語

ここで紹介する動画は、小さな製造業が日本一の製造業(その分野で)になったイノベーションとマーケティングを利用した成功例です。大切なのは、常にユーザーからもらう「YES」「NO」の答えに対応することです。それをPDCAサイクルで修正を行います。ブログを書いてその反応で、修正していくのでユーザーから「YES」がもらえるようなイノベーション策が見えてきます。

3月に開催されたビジネスを変化させるためのための成功術セミナーの動画です。このセミナーないよのバージョンアップしたものを6月7日(水)に長野市TOiGO WEST 3Fで行います。コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの解説も行います。
また、松本市では「売り方を考えて、売上倍増計画勉強会を6月16日(金)松本でワークショップを開催します。

itbanner

スマホファースト、本当の意味と必要性。

スマホ対応ではなく、スマホファーストの違いとは?

スマートフォンでのアクセスが60%を超えたら、スマホファースト(モバイルファーストとも呼ぶ)にウェブサイト(ホームページ)を変更する必要があります。スマホファーストとは、ただのレスポンシブレスポンシブデザインにして、スマホでも見やすくするという概念ではあります。より、スマホに適した、フラットデザインやマテリアルデザインを利用して、見やすく操作しやすいスマートフォン優先したウェブデザインを活用したサイトにする必要があります。

atfiphone

どこがどう違うスマホファーストとスマホ対応ウェブサイト

一言で言ってしまえば、テキスト数が遥かに少なくなります。画像でユーザーのこころを惹き付ける必要があります。スマホで読みやすいテキストするため、殆どテキストを利用せず、アイコンなどで操作が出来るようにボタンの解説などはありません。また、最下部には、そのまま電話で問合せをしてもうためのコールアクションを設けます。また、テキスト数が少ないので、アニメーションを活用します。
ブログのテキストの改行を気をつける必要があります。長文でも読みやすくする必要があります。
弊社弊社ページ

SNSはスマホで見るからそこからのリンクを大切にする

FACEBOOKやInstagramを利用する人はスマホが殆どです。そこからのリンクをもらいサイトにユーザーを呼び込んでもスマホファーストのサイトでなければ、ユーザーに不快感を与えます。一度与えた不快感は、早々に拭えません。時代に対応したウェブサイト作りが収益拡大に役立ちます。

ウェブで売るための2つの商品群について

ウェブで売るための標準化した商品とそうでない商品について、

例えば、ウェブサイトで販売しやすいのは、標準化した商品です。標準化した商品とは、規格された商品や自動車保険のようなもので、内容がユーザーでも判断出来る商品のことです。多くの商品説明が不要です。ウェブ上では、スピード感をもって販売する必要があります。それに対して、標準化していない商品とは、例えば、住宅販売やウェブ制作などとなります。個々のユーザーにより対応は異なります。そして複雑です。内容も素人には理解しにくい商品・サービスです。この標準化していない商品には、専門性が必要なのですが、実はそれを全面にアピールしても、多くのユーザーは理解できません。それよりも専門性がありそうで、信頼できそうなイメージをウェブサイトではイメージさせる必要があります。

2つの商品群

ウェブの非標準化商品の売り方

ユーザーが理解できる点で、ユーザーからの高い評価を得る必要があります。第一に実績を見やすくする必要があります。次に質と技術力を感じさせるミッションなどを伝える必要があります。それも売り込みの匂いを消すことが必要です。ユーザーが買っみなければ分からない自社の商品の優れた内容をアピールしてもユーザーには不要な情報となります。

ユーザーが見える部分をファーカスして、ウェブで訴求する

書店に並ぶ書籍を購入するのには、表紙のタイトルや帯のコピーライトを見てユーザーが書籍を購入します。もしくは、知人からの口コミや新聞広告になります。そこで、ユーザーが求めるものにコミットする必要があります。人は、何かを購入する時、その購入後に得られるベネフィットに期待や自己の変化を求めます。つまり、「必要」だと思わせるアプローチより、「欲しい」と感じさせ、これを購入した時の自分の変化がイメージできるウェブサイトのコンテンツ制作が必要です。この考え方は、ウェブだけに限りません。また、B TO BでもB TO Cでも同様です。

補助金でウェブ制作 長野県限定IT導入助成金

IT導入補助金支援企業でウェブ制作

IT導入補助金平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業の申込は開始されました。この補助金のシステムは、IT導入補助金支援企業が、補助金申請者からITツールを導入するための経費の一部の補助の申請を受けて申請書を作成します。もちろん、お客様が生産性向上のための対象のITツールを導入による売上拡大の要素が必要になりますが、制作費の2/3(上限額100万円)が補助金として、補助されます。弊社は、ウェブ制作において、長野県内の企業様に先着10社まで、ご対応させていただきます。

IT補助金 ウェブ制作


IT導入補助金支援企業でウェブ制作をする概要

弊社が用意したウェブツールに該当する業態への様々なツールをご用意しております。この補助金は登録されている事業者(ITツール)のサービスを利用します。ですが、まずはご要望をお電話でおきかせください。ご相談のうえ、ご来社をおねがいします。(長野市周辺においては、相談・説明会を開催します)。企画内容をご相談いただき、申請等は、IT導入支援事業者である弊社がお手伝いいたします。

ウェブサイト補助金対応業種

長野県化の企業で、サービス業・建設業・医療関係・販売関係と様々な対応があります。ウェブ制作は、販売用のサービスサイトからECサイト(ショッピングサイト)まで活用ができます。工務店様には工務店用の専用のウェブサイト制作ITツールも御用意しております。

詳しくは、IT導入補助金平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業のサイトをご覧ください。


IT導入補助金説明会のご案内


松本市会場

日時 2017年5月11日(木)13:30~14:30
会場 松本ソフト開発センター1F
長野県松本市和田4010-27 Googleマップはこちらから»
参加費 無料

長野市会場

日時 2017年5月12日(金)13:30~14:30
会場 長野TOIGO WEST 3F 第2学習室
長野県長野市大字鶴賀問御所町1271-3 Googleマップはこちらから»
参加費 無料

説明会のお申込みはこちらから

会社名 (必須)
【全角】 株式会社エイティエフ
業種 (必須)
【全角】 製造業
お名前 (必須)
【全角】 松本 太郎
メールアドレス (必須)
【半角】example@nnn-seo.com
メールアドレス確認用
【半角】 example@nnn-seo.com
電話番号 (必須)
【半角】0263-87-1709
参加会場 (必須)
※参加したい説明会をお選びください。

説明会のお申し込みについてこちらを必ずご確認ください»
説明会のお申し込みについて同意する

Google アナリティクスの分析力こそが、ウェブサイトを成長させる

ウェブサイトの成長・成功はGoogle アナリティクスの分析力が鍵

コンテンツマーケティングからデジタルマーケティングの時代に突入している。SEO対策は、とても必要なファクターだが、新規に作成された販売・売上拡大を望んだサービスウェブサイト・販売ウェブサイトでは、まず、サイトの商品などの売り方やユーザーにとって正しいのか?修正の必要な点は、どこなのか?テストする必要があります。その場合、リステイング広告のGoogle AdWordsを使用して、その評価を確認し、次の一手を行う必要があります。つまり、PDCAサイクルを高速回転させ、収益の上がるウェブサイトに成長させる必要があるからです。そのためには、Google アナリティクスの分析力を高める必要があります。

phppak9v9a6869_tp_v-1

ウェブ担当に最も必要なGoogle アナリティクスの分析力

ウェブサイト制作会社にあまりないGoogle アナリティクスの分析力はありません。特に地方のウェブサイト制作会社では、自分たちが制作したウェブサイトの評価をされ、修正を行わなければならないので、ウェブサイト制作会社にとっては、あまり踏み出したくない領域なのかもしれません。しかし、私は、そうは考えません。新規ウェブサイト制作は、単なる仮説により実行されたプランに過ぎません。その成功率は極めて低いと考えてください。問題は、ユーザーの答えをGoogle アナリティクスの分析して、その結果を反映した対策を講じ続けることです。この作業によってウェブサイトは企業の収益率を高める収益の柱となるツールになります。

Google タグマネージャーを利用する

Google タグマネージャーを利用して、自己のターゲットをGoogle アナリティクスで分析することもできます。また、インバウンドマーケテインング窓のためのコンテンツ作りにも役立ちます。もちろん、SEO対策にも役立ちます。これらのノウハウを提供してくれるウェブ会社に「仕事を依頼するか?自社でこの能力を高め、修正依頼をウェブサイト制作会社にいらするのか?それともこれらのノウハウのあるマーケテインングコンサルタントに依頼し、Google アナリティクスの分析力を養っていく方法もあります。

ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。

このブログでも何度もお伝えしておりますが、ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。この概念だけは、頭に入れてください。そして、その結果、企業の収益柱に成長させる必要があります。そして、ローカルでもそんな時代になりました。ATFでは、当初からその重要性を伝え実行するために、すべてのウェブサイト制作には、サポート契約を伝いさせています。それが、私たちがクライアントに提供できる最高のサービスだと考えています。

webサイト運営の成功はPDCAで改善がポイント

PDCAでウェブサイト運営を行う

私は、ウェブサイトは制作をマーケティング的にはテストと考えます。クライアントの費用で「テスト」と考えるのは、非常識だと考えるかもしれませんが、あくまで弊社のコンサルティングとクライントの要望による仮説に基づいたウェブサイトは制作いたします。しかし、答えを出すのは、ユーザーです。そして、ウェブサイトを運営しながら、ユーザーの声を拾う必要があります。その声に合わせてPDCAサイクルを回しながら修正を行います。問題は、 アナリティクスなどで、そのユーザーの声を拾いやすくウェブサイトを制作する必要があります。

PDCAサイクル ウェブ運営

PDCAで仮説から立案したウェブサイトを検証し修正をする

ウェブサイトの完成はあります。常にPDCAサイクルで、改善案を試しながら、より効果の高いウェブサイトに成長させます。経営者でも業務でもPDCAで改善することは必要だと言われていますが、ウェブサイトも同様だと私は考えます。

PDCAで分かるユーザーの動向

PDCAサイクル改善計画を立案し、修正していくとユーザーの動向が見えてきます。ユーザーは何を知りたくて、購入時や資料請求前は、どんなページを訪れ行動を起こしているのか?その時のタイトル・クリックするポイントを改善していくと見つかります。例えば長いテキストを読んでくれるユーザーとそうでないユーザーの行動の違いなど、PDCAを回したから分かることが多々あります。

ウェブ制作は一つのテストです!

どんなに時間やお金を使ったプランでも、それはただのテストと考えれば、気軽に実行し、気軽に変更することもできます。コンテンツ作りに時間や手間を掛けたからと言って成功率が高まるわけではありません。問題はスピードです。多くのフィードバッウクを受けスピーディに改善することがリアルな利益を呼込むウェブサイト運営の秘訣だと考えます。だからPDCAを回して成功をつかむのです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ