ウェブサイトについて

IT導入補助金ホームページ制作-平成28年度補正予算について

採択率90%?のIT導入補助金第一公募結果

今年の前半のIT導入補助金採択者9,251件だそうです。ある専門家は、採択率93%程度と推測しています。某ITベンダーからは採択率100%との情報もありました。別の情報では90数%との情報とも言われています。折衷案で93%ぐらいと推測されます。今回は、ホームページ制作は単独で行われます。IT補助金の予算規模は500億円です。今回採択が9,251件ですが、仮に1件あたりの補助金金額が30万円とすると、今回で、27.7億円が消化されました。あと予算残高470億円程度です。まだまだ高い可能性が今回のIT導入補助金にはあるようです。

IT導入補助金

IT導入補助金昨年との違い

ホームページ制作に昨年は様々なオプションがありましたが、今年は、フロント業務だけで申請もできます。そして、補助限度額が50万円となりました。ホームページ制作では、概ね50%の補助となります。しかし、もし採択されくてもホームページ制作を行う予定のあるケースとなります。つまり、採択ありきでは申請が行なえません。

ATFは、経済産業省認定の経営革新等支援機関です。採択のための加点ポイントが稼げます。
ATFのIT導入補助金ホームページ制作プラン
IT度入補助金についての中小企業庁のPDF

ホームページ下からみてみた。「専門」という表示に弱いユーザーに向かて!「ホームページの作り方で変わる売上」

多くの経営者様はホームページの威力を知らない

どんな業態でも基本的にホームページで売上UPは可能だと私は思っています。しかし、ホームページをビジネス活用している経営者様はインターネットも活用しています。逆にインターネットを活用していない経営者様の企業のホームページはお粗末なホームページが多いことも事実です。

ホームページ下からみてみた
ホームページ下からみてみたら、こんな事がわかった。専門で単独の独自ドメインのサイトは強い!

そもそもユーザーはどうしてホームページを検索するのか?

検索を利用する目的には、探す・買う・時間消費という三要素があります。その中の探す・買うには、ユーザー自身が何かの問題や何かの自己の変化への期待によって、その目的を果たすための問題解決のためのコンテンツを探しているのです。

ユーザーの探している物(項目)は複数ですか?

ほとんどのユーザーが検索サイトで探す目的は1点です。ですが、多くのホームページには、その企業の多数商品や様々なサービスを掲載しています。もし、ユーザーが探している問題解決策に「どんぴしゃり」のサイトであれば、ユーザーが自己の問題解決のためにそのサイトに掲載される商品やサービスの購入をする確率が高くなります。

専門に弱いユーザー

専門という言葉にユーザーは弱いのです。名古屋の「赤から」というチェーン点は、「赤」と「辛い」という専門居酒屋です。通常のファミレス人気が下がっているなかこれらの専門化したビジネスは好調な売上を推移しています。専門というフレーズに人は注目します。ホームページも一つの問題解決のためにコンテンツを作ると信じられない効果が得られます。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?

ほとんどのWeb制作会社は勘違いしている

多くのWeb制作会社は、私も未だにわからないのですが、「Web制作」とか「ホームページ制作」と自社の業務を表現している。私もこの辺は、自社のセグメントしたユーザー層のWebリテラシによるもので選択する必要があると思います。つまり、質の高いウェブ担当がいる企業をターゲットにするのならウェブ制作というキーワードは有効になるのでしょう。ですが、小さな帰社の経営者ならホームページ正sカウのほうがピンとくるかもしれません。そもそも「ブランディングマーケティング」とマーケティングでもないことをマーケテイングと呼んでいるのに自社のサービスや自社の職種にはブランディングの重要なネーミングをしていませんね。弊社のケースでは、業績拡大型ホームページ制作・コンサルテインング型ホームページ制作と名付けます。そして、ターゲットが探すであろうキーワードを専門ページを作ります。そして、見込客を他社より早く・多く獲得する手法を講じます。

コンサルティング型ウェブ制作

そもそもユーザーな問題って何に?それを解決できるのがWeb?

ユーザーは、検索サイトで自分の抱えた問題・変化した理想のために商品やサービスを購入します。もしくは、製品を発注します。そこで、ユーザーが抱える問題を知る必要があります。まず、弊社では、ここにかなりの時間と費用をかけます。次にWebで問題は解決しなにのですが、ユーザーは、その抱えている問題に対しての解決策を探すために検索サイトで検索するキーワードを決めて探します。そこで、ユーザーは、そのサービスの内容や商品のスペックより、問題が解決できるのか?に集中します。それを集中させること、「この商品を買えば問題が解決する」ということを感じて貰う必要があります。

だからブランディングできますは、意味がない!・Webのデザイン性の訴求あまり意味がない

ユーザーが求めるのは、「この商品やサービスで自分が変化できる・問題が解決できる」にあるのですから、自社が何ができるというコンテンツには意味がないのです。「こんなの問題が解決できます」が必要です。しかし、「売上UP」なんて表現では、ユーザーの心には響きません。もっとリアル感のある問題にどう対応するのかが問題です。

多くの経営者がホームページでは売上拡大に効果が出ないと考えている

以上のようなことも踏まえてホームページを制作していれば、このような状態にならないのですが、残念なんことに「ホームページがきれいに表示させればいい」と考えている経営者とそれに答えている「ホームページがきれいに表示させればいい」と思っているウェブ制作会社が多いのが現実です。そのお蔭で弊社はお客様にしっかりとメリットを与える特異なWeb制作会社となります。

Web制作の価格を考える

Web ROI(費用対効果)がしっかり出せることを証明できっれば、ペンシルのように1ページ100万円でも問題がないのです。企業に予算がなければ、その予算内でどう対応するのかはWeb制作会社の経緯方針です。ですが、そこにブランディングを行っていれば本来のWeb制作が望む価格設定はできません。そして、その価格で受注しなければ十分な効果をクライアントに提供することができません。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?と書きましたが?

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っているのではなく、それぞれの考え方で運営すればよいので、正確にはこのタイトルは的確ではありません。問題は、Webが好きでWeb制作会社を経営者ているのなら、もっとWeb制作価値を貯めるようにお互い頑張りましょうということです。

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?

何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?をお伝えします

弊社の実績では、大手はなく100名以下程度のローカル企業のウェブ制作です。それらのホームページ(なぜかWebとは呼ばない)の業績拡大に貢献した実績に限ります。それ以上の規模の企業様ならWEBコンサルティング|ペンシル 研究開発型のWEBコンサルティング専門などにご相談ください。弊社は100名以下程度の企業の業績拡大専門Web制作となります。1ページ1,000,000円掛かるそうです。ですが費用対効果は抜群なようです。もちろん、弊社も決して安くない7ページのWeb制作料1,300,000円程です。
小さな企業の業績拡大専門Web制作では、コンサルティング型Web制作を行っています。そして、私たちは検索エンジンの特性・Webにおけるマーケティングの特性などを理解して、業績アップWeb制作を全国からの受注を受けています。専門の業績アップを目的としたホームページを制作するのですが、その制作めに準備時間に徹底的な分析を行います。

そして、「何故、ホームページでビジネス成果を出せるのか?」と質問されれば、その答えは、「Webが好きだから」と答えるだけです。綿シャイの転職とも言えるのではないでしょうか?

何故、人は、検索サイトを利用するのか?そして、ホームページを探すのか?

検索サイトは、自分の問題を解決するためにあります。そのため情報を調べたり、購入をします。また、もう一つの理由は、時間消費です。これも自己が抱える問題解決のツールを探したり利用したりします。ですから、この検索サイトを利用する問題の解決する情報を提示できるサイトが人気となります。そして、そのホームページを運営する企業とのつながりを求めます。この変化とスピード感のある時代に不要なコンテンツを読んだり見たりする暇もユーザーにはありません。

問題解決を求めた人を解決に導くツールが自社の商品などです。
ちょっと前の大量ページなどやSEO対策など不要の時代に入ってます。スピーディにユーザーの問題解決に期待感を与えられるホームページ制作をするとリアルな成果が得られます。

小さな会社のマーケティングとは 小さな会社のマーケティングとは
写真は、2018年6月11日発売開始になる私が書いた書籍「小さな会社のマーケティングとは」です。

ホームページを分かりやすく丁寧に制作するには?

ホームページを作りたい長野県下の企業様にWeb制作について

ホームページを作るに時に日々の忙しい業務の他に自社の情報やホームページの原稿作りや校正などを行わなければなりませんが、ウェブ制作会社が各ビジネスを理解して、ユーザー視点のコンテンツをインタビューして、たたき台を作ります。それからの撮影などでも協力は依頼しますが、出来るだけ他社分析や地域分析・顧客分析も丁寧に分かりやすくウェブ制作を行ってくれるウェブ制作会社がいいですね!

松本市ウェブ制作

価格だけにフォーカスしてホームページを作ろうとすると

ホームページを作るにも企業には予算がりますね。しかし、価格だけにフォーカスするとも、そもそもホームページ制作のための目的を達成できなくなります。

また、自分で原稿を作ったりするのはとても大変な作業になります。できるだけ自分の作りたいホームページの見本などを探すぐらいで、あとは、ウェブ制作会社からの提案をジャッジするぐらいがいいですね!

ホームページを作るには、マーケティングが重要です

売り手側ではなく、買い手がみて、商品やサービスが分かりやすくデザインされているのか?顧客とコミニュケーションが取れるのか?マーケティングを理解したウェブでレクターが必要です。ですから、マーケティングを重視したウェブ制作会社を選んでください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

ホームページ制作の目的 2018

ATFNAGNANO

ホームページやWebから直接的に売上を獲得したいと思うのは経営者・ウェブ担当さんなら当然ですね。私もそう願いたいのですが、現実は、それを行うと業績拡大への目標が遠のいてしまいます。目の前の売上にフォーカスされがちですが、是非、「見込み客」という概念を持ってください。見込み客のリストを多く確保していると、その見込み客を育成することにより売上を拡大することが出来ます。つまり、ホームページなどでは、まず見込み客を確保することに力を入れましょう。TV通販ショップでは、「お試し」という企画だけで、多くの経費を掛けています。それは、「お試し」を利用する人からの成約率が高いからです。
「見込み客」の数から「成約率」が確定すれば、「見込み客」を増やせばいいのです。逆に「見込み客」からの「成約率」が低ければ、「成約率」を高める方法を考えればよいのです。ただ、なんの根拠もなく、売上を拡大するには、広告を行うしか方法がなくなります。つまり、利益率の高いビジネスモデルでなければ、広告経費で利益が出なくなります。ホームページで業績拡大を目指すなら、まず、「見込み客」という概念を持ち、そこを自分のビジネスの入り口とする必要があります。
ウンドメディアマーケティングやインバウンドマーケティングという言葉があります。これらも同様に基本的には、「自社を好きになってもらう」と言う活動になります。これには専門的なコンテンツやユーザーの疑問に答える専門家としてのアドバイスなどをコンテンツにして、ブログなので更新する必要があります。結果的にSEO対策ともなります。問題は、それに取られる時間なのですが、5分ぐらいの隙間的時間をブログ更新に利用することをオススメします。そして、まず、見込み客獲得の前に自社の商品の価値を多くの人に知ってもらうことも大切でしょう。

営業だって、オートメーションできるよ!
新しいコンセプトでWebsiteをリニューアルしてみました。

こんなことで、ホームページで業績が上がります。

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

「いい会社を作りたい!」と願う経営者のためのウェブマーケティング

毎月の売上の不安・将来の売上不安を解消するウェブマーケティング

経営者には不安がつきものだとよく言われます。しかし、本当にそうでしょうか?マーケティングによる仕組みづくりができている会社は、右肩上がりで社長はお気楽なものです。つまり、継続的な売上げアップや業績アップができているのです。そんな「いい会社にするためには?」、私たちはマーケティングコンサルティングをしながら、成長する企業の仕組みを紹介しながら、ウェブ制作を行います。そして、企業の弱みを強化するウェブサイト制作・ホームページ制作を行うちょっと変わった会社です。

松本市ホームページ制作 ATF

宣伝をしなくても顧客が集まる会社に

いい会社とは?社会や顧客から価値を感じてもらえる会社です。それとウェブサイト制作との関係は直接的にはありません。しかし、ウェブサイト制作を行う上では、その企業の営業プロセスなどの一番弱点をウェブコンテンツで補います。そして、その企業の価値をそれに該当する問題を抱えたユーザー向けにウェブサイトで直接商品を買ってもらうのではなく。リード(見込み客)の獲得を目指します。そして、メールや電話・キャンペーンなどで、リードを購入者に成長させます。それらが、ウェブ上で成功すると、多くの企業が成功要因を掴みます。もちろん、時間や経費も掛かりますが、「来年どうなるのかな?」悩む必要がなくなります。

つまり「いい会社づくり」のスタートをウェブサイト制作という、今一番重要なメディアで発信するのです。
以下のブログを是非お読みください。
来月の売上不安、来期の売上不安を解消する方法 KPI+CRM

ただのウェブサイト制作では、何も解決しません

「いい会社づくり」専門家である弊社の考えは、ただのウェブサイト制作では、何も成果は得られません。ウェブコンテンツづくりは、企業の強みづくりを行わなければなりません。それには、あらゆるマーケティングや経営についてのコンサルティングを行います。だから弊社の高額プランのお客さまは、みんな右肩上がりで成長を続けているのです。もちろん、それらの企業の経営者が、私たちのことを理解してくれたからです。

見込み客の関心度に合わせたWebコンテンツの制作

見込み客の関心度に合わせたWeb戦略

製造業や高額商品を販売する業態では、Webで販売は完結しません。これを私は、標準化されていない商品と言っています。つまり、アマゾンなどでユーザーが簡単に購入できない商品のことで非標準化されていない、顧客と対面をして、顧客にあったカスタマイズや顧客のオーダーによって作られる工務店や製造業・不動産などなどがあります。これらのケースでは、まずWebで見込み客を取り込むことを優先に作業を粉います。
そして、その顧客はウェブ上で標準化された商品のように購入を即決するわけでありません。ですから、その商品への興味・関心度の度合いが様々です。ですから、その見込み客の関心度に沿ったWebでのアプローチが必要です。

WEB制作 製造業

直ぐに結論を求める見込み客にはLP(ラディングページ)で訴求する

LP(ラディングページ)とは、一つの目的達成のために制作される縦長のWebページです。このLPを好むユーザーは、自分の求めている情報をまとめて、手っ取り早く求めている見込み客になります。ですからリスティング広告などを利用して、資料請求や相談・お問合せに誘導することによって、見込み客の「直ぐに知りたい!」「直ぐに欲しい!」という目的に応えることが出来ます。

商品情報をWebで吟味したい!企業を2〜3社に選択したい

Webで2〜3社に企業を選択するために、情報を収集する近い将来の購入予定者には、コンテンツ(内容)の充実が必要になります。まず、自社を好きになってもらうことが必要です。そのために見込み客が求める情報を丁寧に提供する必要があります。「こんなこと知っているよね!」と売り手は当然もコトと理解していても買い手が知らないことは沢山あります。ですから、「そもそも」的な基本的な情報から専門的情報まで、自社の商品・サービス・製品などを詳しく説明する必要があります。これには、ブログやメールマガジンがとても有効です。

見込み役への育成をWebで

Webとセールスメールやメルマガジンで見込み客への育成をする必要があります。展示会やイベント・見学会などに参加していただいた見込み客を自社のファンにするために、メールや電話なので、見込み客を育成するためのWebページを見てもらうことやPDFファイルなどを提供することで、MA(マーケティングオートメーションやCRM・SFAなどとの連携により、見込み客を育成して、取引先顧客に導くことが出来ます。

Web制作には、一つ一つの目的にあったページが必要

Webサイト・ホームページを感覚で作るのではなく、また、適当な同業者のWebサイトを真似するのではなく、自社の目的に合わせたWebサイトを制作する必要があります。「いい会社に!」という思いを載せたお客様に好きになってもらうWebサイト制作を行いましょう。
1.どんな目的をもってWebサイトを制作するのか?
2.そのためにどんなページが必要があるのか?
3.そして、どんな営業方法をするのか?

ホームページリニューアルの5つのポイント

製造業者がWebで見込み客をつかむための5つの条件

Webサイト・ホームページでで見込み客をつかむための5つの条件とは?

現在、Webサイトを構築しただけでは、見込み客をなかなか取り込めない時代に入っています。しかし、現在もバンバン見込み客を獲得している弊社クライアントも存在しています。そこで、ウェブで高額商品やBtoBでの顧客獲得や製造業でOEM発注をしてくれる企業の見込み客を獲得するには、以下の5つの条件を満たす必要があります。

長野県の製造業を支援します

Webサイトで見込み客を獲得するには?

以下の5つの条件が満たされることが、Webサイトで見込み客を獲得する条件のようです。
1.コンテンツマーケティング
2.ターゲットを絞り込んでいる(ペルソナ)
3.資料ダウンロードが優れている
4.CRM SFAを活用した営業システムが構築されている
5.ブログの更新頻度が高い

Webサイト高架下だけでは意味がない時代

上記、1のコンテンツマーケティングと2のターゲットを絞り込むという点においては、とても重要な要素を含んでいます。つまり、製造業では、バイヤーなのか?設計者なのか?はっきりとしたターゲットを絞り込み、そのターゲットが求めている情報をWebサイトに記載する必要があります。また、動画で自社の作業風景などを観て貰う必要もあるのです。資料ダウンロードでは、CRM/SFAに取り込める見込み客情報となります。そのため顧客が求める「この情報欲しい」というコンテンツのダウンロード資料が必要になります。

ブログの更新頻度が高いブログの対策

ビックキーワードではなく、製造業のケースでは、マテリヤルや専門用語の作業名などのニッチなキーワードのタイトルのブログを更新することによって、見込み客を呼び込むことができます。

展示会などでの見込み客データーを活かす

名刺交換をした人は、100%と言っていいぐらいその会社のWebサイトを見ます。その見込み客の自社への関心度を知るためのMA(マーケティングオートメーション)を活用するとさらに極めの細かい営業活動が行なえます。また、営業部門が充実していない企業では、なおさらデジタルマーケテインングを活用するべきではないでしょうか?営業の生産効率が固まります。

営業のプロセスからWeb活用まで

ATFでは、松本市・長野市周辺の長野県のものづくりに未来を託す製造業様の営業担当の人数・企業規模にとらわれず、デジタルマーケティングの導入の支援やご相談を承ります。Webサイト構成は、既存のWebサイトでも多少の変更で多くの見込み客を獲得することができます。

リクルートに強力な武器!ランディング型ウェブサイト

ランディング型ホームページとは?

ホームページは、 訪問者が欲しい情報を分かりやすく提供して、お問合せや資料請求、また、来店来社を即する複数の目的で制作されます。それに対して、ランディングページの目的は、 訪問者に特定の(1つの)アクション(行動)を起こさせることが目的となります。したがって、通常のホームページより目的達成率が高くなります。そして、営業目的ではなく、リクルート目的に制作されるランディング型ホームページですから、多くの資料請求の応募や会社説明会への導引が可能になります。

ランディング リクルートホームページ松本

社員を大切にする企業の姿勢を表現するリクルート用ランディングページ

上記のように1pで目的を完結できるウェブデザインになります。特に学生をターゲットにしたケースでは、スマホの動作を重要視します。重要なのは、企業の向かい入れる姿勢を表現することです。
そして、競合他社だけではなく、
例えば、製造業であれば、地域の製造業がすべて、リクルートに関しては、競合になるということです。社員を大切にする企業の姿勢を表現できるランディング型ホームページを活用してください。また、学生にも分かりやすい10年ビジョンを表現する必要もあります。

 リクルート専用ホームページについて

目的も具体化したホームページ制作とは?

ホームページ制作の目的とは?

殆どの企業のホームページ制作の目的は、業績アップではないでしょうか? そこで、具体的には、どのような具体策があり具体的な戦略・戦術を立案しているのでしょうか? まず、B TO B と B TO C によりそれらの目的設定は異なります。そして、教諭にもよります。集客なのか? 知名度を上げるのか? リアルな効果なのか?・・・様々です。そして、あまり直接的な効果を求めても「売り込み」の香りがプンプンすると見込み客は、去っていきます。本日、「圧倒的なブランディングと実益がついてくるオウンドメディア」という記事を長野市の企業様向けにNAGANO WEBATFで記事を書きました。売り込みのない自社が作るウェブマガジンでの効果です。

松本 ホームページ制作 デジタルマーケティング

このように直接的に着込み客を高元気するのではなく、見込み客からロイヤリティを獲得する方法もあります。また、ランディングページでの直接的な売り込みでスピーディに業績UPに繋げる方法もあります。更に、リクルートのために制作されるホームページもあります。

それぞれに作り方と狙う効果が異なるホームページ制作

これは、ウェブマーケティングの要素になりますが、「目標達成のためのプロセスのどの段階をホームページが担うのか?」、その辺を具体的に極めておく必要があります。お問合せなのか?資料請求なのか?電話やメールでの相談なのか? もしくは、ユーザーに馴染みのない商品やサービスを提供している場合のユーザー教育なのか?インフォメーションツールとして利用するのか?

このうように最終目的自体は、ホームページで業績UPを実現させるのですが、そのプロセスにおいてホームページ自体がどんな役割をはたすのか?その辺を極めて、ホームページ制作を行う必要があります。

デジタルマーケティングの時代のホームページ制作

データ・ドリブン・マーケティングの採用のためのホームページ制作も可能です。このデータ・ドリブン・マーケティングとは、ユーザーの思考や変化するユーザーの思考から、イノベーションや次の新し顧客創造のためのデータ取得と分析です。これらのをビックデーター化することによりAIに対応できるようになります、また勘に頼ることのないデーター分析による次の一手が打てます。

ウェブマーケティングを駆使した売上拡大のための支援 ウェブコンサルタントを使うか? マーケティングコンサルタントを使うのか?  業績アップの2つの方法

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは