長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルティングFIRM

ATFコンサルティングファーム

Web制作をAIで? ChatGPTは使えない!

AIで秋の空
ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

目次

AIで秋の空を書いてみます。

Webサイト制作をAIで

Web制作においてAIでは作業効率と効果性を高めてくれます。例えば、ペルソナの行動を探ったり、コンテンツの不足分を補ってくれます。ただし、全てがAIで行われるわけではありません。ATF-Cでは動画の編集をAIで行う技術はほぼ取得済みですが、生成AIでは特にコンテンツ作成に活躍しています。もちろん、コードを教えてもらったり、SEO対策にも利用できます。

ChatGPTではね

私はGoogle Bardを使っています。ChatGPTとの違いをここでご紹介しましょう。同じ質問をChatGPTとGooglBardに投げかけてみました。一文句瞭然です。

「Web制作をAIでできますか?」とChatGPTに聞いてみました。

はい、AIはWeb制作においてさまざまな方法で活用されています。 以下はAIがWeb制作にどのように貢献できるかの一般的な方法です: 1. **デザイン補助**: AIツールは、ウェブデザインのプロセスを補助するために使用されています。たとえば、デザインのアイデアやテンプレートを提案することがあります。また、デザインの継続性を維持するためにスタイルガイドを生成することもできます。 **自動インデックス**: AIはHTMLやCSSなどのコードを自動生成するツールを提供しています。

「Web制作をAIでできますか?」とGooglBardに聞いてみました。
はい、Web制作をAIで行うことができます。AIを活用することで、Webサイトのデザインやコーディング、コンテンツ作成などの作業を自動化することができます。

具体的には、以下のようなAI技術がWeb制作に活用されています。

機械学習によるデザイン生成
自然言語処理によるコンテンツ作成
画像生成によるアイコンやバナーの作成
テキストマイニングによるSEO対策
これらの技術を組み合わせることで、Webサイトの制作をより効率的かつ効果的に行うことができます。

また、AIを活用することで、以下のようなメリットがあります。

人手不足の解消
コストの削減
制作時間の短縮
品質の向上
AIを活用したWeb制作は、今後ますます普及していくと考えられます。

以下に、AIを活用したWeb制作の具体的な事例をいくつかご紹介します。

Wixの「ADI(Artificial Design Intelligence)」:ユーザーの入力内容に基づいて、AIがWebサイトのデザインを自動生成する機能
Google AIの「LaMDA(Language Model for Dialogue Applications)」:自然言語処理技術を用いて、Webサイトのコンテンツを自動生成する機能
Adobeの「Adobe Sensei」:機械学習技術を用いて、Webサイトのデザインやコーディングを自動化するための機能を提供するプラットフォーム
これらの事例から、AIを活用することで、Webサイトの制作を大幅に効率化できることがわかります。

ただし、AIを活用したWeb制作には、以下のような課題もあります。

創造性の欠如
偏りのある結果
アップデートの必要性
AIは、与えられたデータに基づいて結果を導き出すことができますが、人間のような創造性を発揮することはできません。また、学習データに偏りがあると、偏った結果が生成される可能性があります。さらに、AIの技術は常に進化しているため、最新の技術をアップデートし続ける必要があります。

これらの課題を解決しながら、AIを活用したWeb制作をより効果的に行うための研究開発が進められています。

Gppgle Bard

試験運転中とのことですが、企画書も簡単にできてしまいます。もんだいは質問力だと感じました。ちょっと手直しするだけである程度の企画書が出来るのは時間短縮になりますが、私たちの仕事がなくなるのではないかという恐怖心も湧いてみました。

自然な日本語でテキストを生成できる

GoogleBardは、膨大な量のテキストデータで学習しているため、人間のような自然な日本語でテキストを生成することができます。

幅広いタスクに対応できる

GoogleBardは、質問に答える、文章を作成・翻訳する、創造的なコンテンツを生成するなど、幅広いタスクに対応できます。

Google検索と連携している

GoogleBardは、Google検索と連携しているため、最新の情報にアクセスして回答することができます。

具体的な優れているところをいくつか挙げると、以下のとおりです。

質問に対して、簡潔でわかりやすい回答をしてくれる

GoogleBardは、質問の内容を正確に理解して、簡潔でわかりやすい回答をしてくれることが特徴です。

創造的なコンテンツを生成してくれる

GoogleBardは、詩、コード、スクリプト、音楽作品、電子メール、手紙など、さまざまな創造的なコンテンツを生成することができます。

最新の情報にアクセスして回答してくれる

GoogleBardは、Google検索と連携しているため、最新の情報にアクセスして回答することができます。

GoogleBardは、まだ開発中の機能ですが、今後ますます進化していくと考えられます。

SNS
インタビュー一覧
人材採用のキーポイントはWebサイトだった。

今年度こそ人材採用の成果を出す! 街には、新入社員らしき若者が目立つシーズになった。毎年、人材採用に苦戦している人事部人材採用担当は、今年も悔し涙を流しているのか? そこで、成果を毎年あげている企業は、Webサイト(コー

ブログを読む »
集客か?ブランディングか?Webリニューアル。
Webリニューアル:集客 vs ブランディング

Webサイトリニューアルの目的は集客か?ブランディングか? Webサイトのリニューアルを検討する際、多くの方が「集客」と「ブランディング」のどちらを優先すべきか悩むのではないでしょうか。結論から言うと、どちらを優先すべき

ブログを読む »
笑顔の女性
安曇野赤十字病院看護師採用サイト制作

安曇野赤十字病院看護師採用専用Webサイトへ 安曇野赤十字病院看護師採用専用サイトweb design(ウェブデザイン PC用) 看護師とのミーテイングを重ね仕事環境の改善を現実的に行い、それをコンテンツとしました。長野

ブログを読む »
Web制作会社
Webフォームに営業問い合わせが殺到する件

新しいWebフォームからお問合せが来たぞ! 「新しいWebフォームからお問合せが来たぞ!」と喜んでメールを確認すると営業メールだ。こんな日が毎日も続きます。言葉を変えて「協業」と言っているが、コピペでできるフォーム営業は

ブログを読む »
松本市ホームページ 見積もり
Web制作会社だけどコンサルティングファーム

企業のアドバイスなどのコンサルティング営業 ある日、ホームページ制作の依頼があり、依頼者の会社に訪れました。私が来社すると、厄介者が来たような目つきでその会社の従業員が私を見ていました。そんな会社で、売れるホームページな

ブログを読む »