長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

Webブランディング・ブランディングという話。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

Webブランディングって何?

Webブランディングとは、Webサイトを使ってブランディングを行うことです。企業や製品・サービスなどに関する専用サイトをつくり、ブランドを構築するためのコンテンツを作ることです。Webブランディングができると差別化できるような記述のブログがありますが、ブランディング自体、起業が扱う商品・サービス自体にSTPマーケティングよる他社との圧倒的な差別化が必要になります。そして、どんな価値を提供するのかが明確になっている必要があります。見せかけのWebブランディングで成功しないということです。

Webブランディング

ブランディングって何?

市場における自社、もしくは、商品のSTPを高めるためにブランドを作るための作業が「ブランディング」という活動です。分かりやすく言うと、「〇〇といえばあの商品」「このシンボルマークはあのサービス」…といった意識をターゲット市場に浸透させるのがブランディングという活動の目的です。ですから、自社、もしくは、商品がコアコンピタンスを有してなければなりません。ですから、WebブランディングもブランディングもSTP分析をして、STPマーケティングであるマーケティング2.0を実施なければなりません。

マーケティングを知らない人たちによるブランディング

要するにブランディングを行うには、企業や商品、もしくはサービスが他社商品より優れていなければなりません。デザイン面だけを追求しても、ブランディングの要素である口コミにはなりません。まずはSTPマーケティングが実施されていない企業様では、STPを行うか、Webで売上を上げるためにフォーカスした方が業績拡大は実現されやすいと思います。デザインが良いWebが、イコール売れるWebサイトでもないし、それも扱う商品や商品のポジショニングによって異なります。