戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ