長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

モノが売れない時代のホームページ制作戦略と経営に重要な要素であるWeb戦略。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

モノが売れない時代のホームページ制作戦略と経営に重要な要素であるWeb戦略を考えてみた

そもそも、「何でも揃っているこの時代に何を売ればいいのか?」。今のWebサイト、いわゆるホームページでは、商品力が強ければその商品力にある価値やユーザの抱えた問題解決策をコンテンツとして、それを望むユーザに的確にスピーディにわかりやすいコンテンツを表示するようにすれば、ホームページ制作における顧客(クライアント)に与える価値は十分にあります。しかし、そんな商品力のあるクライアントだけではない。さて、どのようにホームページ運営の価値を提供すればいいのでしょうか?

Webdesign

なんとなく「いい会社」「優れた商品」に見せるWebコンテンツ作り

今、Webデザインの美しさや機能を競っても商品・製品・サービスを売ることはできません。Webコンテンツの優位が他社との差別化を図り、ホームページ運営に価値が見出されます。つまり、「商品力の演出」になります。そこで、新規顧客向けだけではなく、既存顧客向けのコンテンツを作りブランディング化する必要があります。つまり、他社より購入後のサービスの質が高いことをイメージしてもらうコンテンツづくりです。

「伝える力」を強化するホームページ制作

「ジャパネットたかた」さんが何故、他の電気店でも売っているような商品を売って業績を上げているのでしょうか?その答えは、「伝える力」です。FAXを高年齢者向けに売ったり、売り方を考えるのです。ATFのコンサルティング型戦略Web制作は、そのコンテンツ作りを第一にホームページ制作をこないあmす。どこより、顧客が自社に価値を感じる売り方をする必要性があるからです。

Webコンサルティングだけでは意味がない

WebコンサルティングにWebを修正することにより、売上を拡大できるケースはよくあります。ATFでもその実績はあります。しかし、商品の売り方になるとマーケティングコンサルタントが商品の売り方やビジネスモデルを変更して、Webコンテンツにする必要があります。言い換えれば、ITやWebのことがわからない経営コンサルタントやWebコンサルタントでは意味がないということです。つまり、経営に重要な要素であるWeb戦略が理解できないと業績拡大にも意味がないということになります。

ホームページリニューアルで150%以上売上を上げた悲劇

ホームページリニューアルで150%以上売上を上げた悲劇とは、売上だけ上げても業績拡大には繋がりません。商品などの販売店なら問題はないかも知れませんが、自社でプロダクトするような企業だと、突然の売上拡大で製造が追いつかなく、授業員が疲れ果てミスを越し、キャッシュフローにも問題が発生します。そのために業務戦略なども売上拡大戦略には必要になります。でしから、経営のわかるマーケティングコンサルタントが必要になります。モノが売れない時代のホームページ制作戦略には、その他の戦略も高め、総合的に企業が成長する仕組みをつくり、それをホームページのコンテンツにすることが重要になります。