リクルート・採用コストを抑えられるホームページ制作とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルートは、リクルート専用専用ホームページで採用コストを抑え効果抜群!

リクルート専用ホームページ制作を行い-42%採用コストを削減出来た例もあります。また、リクルート系の企業のウェブサイトからは、学生がその会社のホームページを見る確率は99%を超えています。しかし、その学生のほぼ80%以上がスマートフォンにより観覧になります。ですから、リクルート専用スマートフォンFirstのホームページ制作する必要があります。

リクルート専用ホームページ

リクルート専用ホームページと企業ホームページの違い

「企業ホームページにリクルートページを作ればいい」とお考えの経営者は少なくありません。もちろん、コスト面を重視するのならOKです、しかし、それではどちらの問題も解決しません。本来、優秀な人材を集める採用サイトには、応募者の目線に立ち、学生と転職者で異なるコンテンツをアプローチをすることが重要です。学生には待遇よりも働きがい・働きやすさ・キャリア形成をイメージできるアプローチが必要です。また、転職者にはオーダーメイド求人などの活用とともに給与や福利厚生など待遇を分かりやすくした上で、夢の持てる・夢のある10年ビジョンなどをアピールする費強いがあります。それに加えて企業文化や技術向上の仕掛けなどで他社と差別化することが必要です。その逆に企業ホームページの対象は顧客や潜在的顧客に向けられます。まったく、別な目的のコンテンツを同じウェブサイトにページを区別しても効果は半減します。

人材採用ホームページ

リクルート専用ホームページはデザインが命

企業ホームページと異なり、リクルート専用ホームページはデザインが命です。対象年齢にあった自社の優れたイメージを訴求する必要があります。売り手市場のリクルート市場では、人材の確保が企業の成長の鍵とも入れるでしょう。条項でも説明したように10年ビジョンで夢の持てる企業のイメージを訴求しなけれbなりません。そして、リクルート専用ホームページがある会社は、その企業の人材採用に対する意気込みを学生や転職者に伝えることになります。

リクルート用ウェブサイト

間違ったリクルート会社の誘いにだまされないウェブバナー

人材採用担当様に大手リクルート会社のウェブバーナーを張ることをススメられるようですが、それは大きな間違えです。張ったバナーのりークルート企業には、有利になりませすが、自社には有利になりません。リクルートサイトから自社サイトに学生や応募者を誘導するのが目的ではないでしょうか?逆に自社の学生や応募予定者がサイトに訪問してきたのに、また、リクルートサイトにアクセスしたら、他の求人も見ることになります。自社のリクルート専用ページなどで、学生や転職者への情報やアクションを完結できるようにしましょう。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ