ウェブ制作会社の領域を超えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ