fbpx

ほぼほぼの効果のあるホームページを作るには?

ほぼほぼの成果

ほぼほぼ効果のあるホームページとは?

ホームページ制作料・ランニングコストを含め2年間でしっかりと利益を出せるホームページ制作です。このレベルがホームページ制作の最低ラインです。ですが、それを行うにはCVR対策・SEO対策・ブランディングをしっかり抑えたホームページ制作をしなければなりません。売上を2倍にしたければコンサルティング型戦略的Web制作を行う必要があります。「そこまでは、必要ないから、今のホームページより稼げるホームページにしてください」という企業様には、以下のないよと市場対策・地域対策・競合他社対策を行っておけば、その目的は達成できます。

ほぼほぼ効果のあるホームページ制作の基本とは

以下の5つの「なぜ」を追求する必要があります。特に特に番目は重要なことです。そして、5つの何故を原因と対策になります。

1.なぜ、顧客は、あなたの話を聞かなければならないのか? (自社の言いたいことばかりをホームページで伝えようとしていないか?)
2.なぜ、顧客は、あなたの話を信用しなければならないのか? (顧客の声や実績などを丁寧に紹介していないか?)
3.なぜ、顧客は、行動しなければならないのか? (「さあー」と声がけできるようなオファーがあるのか?)
4.なぜ、顧客は、今、行動しなければならないのか? (「欲しい」と感じさせているのか?期限はあるのか?)
5.なぜ、今までの顧客は、なんの価値を自社に見出したのか?なぜ、他社の顧客は、自社の顧客にならないのか?

稼げるコンテンツ作りが重要

上記のようなコンテンツ作りが重要になります。昨日、2108年11月20日は長野市で、住宅会社・住宅メーカー・工務店向けにウェブ関連のセミナーの講師させていただきました。11月26日は、松本市コンサルティング型戦略的Web制作についてのセミナーになります。ここでは、コンサルティング型戦略的Web制作の成果やどんななことをしているのかを解決します。12月には、社内セミナーや県外のセミナーが数件あります。そこでも、そもそものマーケティングについてとコンテンツ作りの重要性をお伝えします。また、インターネットユーザの動向の変化などもお伝えします。

何故、ほぼほぼの効果が重要なのか?

企業とは、一度に売上が2倍になると財務面や人材面で問題が発生します。ミスや品質の低下・社員の疲れ・・・と売上を売上を継続できるシステムをWebとBIで構築すれば、4年で2倍の売上が構築できます。ですから、社内の仕組みづくりをWebを活用して、業績拡大をするのが今の時代のビジネスモデルです。

経営も分かって、ITも分かって、マーケティングが分かるWeb制作コンサルティングにお任せ

何も「ホームページリニューアルを!」とお薦めしているのではありません。まずは、小さな改善を行うことから始めましょう。費用も一度に多額な費用は必要ありません。ただ、「本気で4年後自社の売上も利益も2倍にするぞ!」という決意は必要です。経営者が一人で「どうやって業績拡大をしようか?」などと悩んでいても結果は出せません。経営者の勉強会行っても同様の結果になるでしょう。営業担当に「売上増やせ!」と怒鳴っても同様です。時代は変化しているのです。時代にあった業績拡大方法は、>経営も分かって、ITも分かって、マーケティングが分かるWeb制作コンサルティングにお任せるのが一番じゃないでしょうか?ITがわからない会計士や社労士に「働き方改革対策」を頼っても意味がありません。

時代は変化し続けています。新しいルールの業績拡大方法が必要になります。
11月26日は、松本市コンサルティング型戦略的Web制作についてのセミナー

長野県一のマーケティングコンサルティングでビジネスモデルの変更をしてみませんか?

小さな会社のマーケティングとは