fbpx

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?

ほとんどのWeb制作会社は勘違いしている

多くのWeb制作会社は、私も未だにわからないのですが、「Web制作」とか「ホームページ制作」と自社の業務を表現している。私もこの辺は、自社のセグメントしたユーザー層のWebリテラシによるもので選択する必要があると思います。つまり、質の高いウェブ担当がいる企業をターゲットにするのならウェブ制作というキーワードは有効になるのでしょう。ですが、小さな帰社の経営者ならホームページ正sカウのほうがピンとくるかもしれません。そもそも「ブランディングマーケティング」とマーケティングでもないことをマーケテイングと呼んでいるのに自社のサービスや自社の職種にはブランディングの重要なネーミングをしていませんね。弊社のケースでは、業績拡大型ホームページ制作・コンサルテインング型ホームページ制作と名付けます。そして、ターゲットが探すであろうキーワードを専門ページを作ります。そして、見込客を他社より早く・多く獲得する手法を講じます。

コンサルティング型ウェブ制作

そもそもユーザーな問題って何に?それを解決できるのがWeb?

ユーザーは、検索サイトで自分の抱えた問題・変化した理想のために商品やサービスを購入します。もしくは、製品を発注します。そこで、ユーザーが抱える問題を知る必要があります。まず、弊社では、ここにかなりの時間と費用をかけます。次にWebで問題は解決しなにのですが、ユーザーは、その抱えている問題に対しての解決策を探すために検索サイトで検索するキーワードを決めて探します。そこで、ユーザーは、そのサービスの内容や商品のスペックより、問題が解決できるのか?に集中します。それを集中させること、「この商品を買えば問題が解決する」ということを感じて貰う必要があります。

だからブランディングできますは、意味がない!・Webのデザイン性の訴求あまり意味がない

ユーザーが求めるのは、「この商品やサービスで自分が変化できる・問題が解決できる」にあるのですから、自社が何ができるというコンテンツには意味がないのです。「こんなの問題が解決できます」が必要です。しかし、「売上UP」なんて表現では、ユーザーの心には響きません。もっとリアル感のある問題にどう対応するのかが問題です。

多くの経営者がホームページでは売上拡大に効果が出ないと考えている

以上のようなことも踏まえてホームページを制作していれば、このような状態にならないのですが、残念なんことに「ホームページがきれいに表示させればいい」と考えている経営者とそれに答えている「ホームページがきれいに表示させればいい」と思っているウェブ制作会社が多いのが現実です。そのお蔭で弊社はお客様にしっかりとメリットを与える特異なWeb制作会社となります。

Web制作の価格を考える

Web ROI(費用対効果)がしっかり出せることを証明できっれば、ペンシルのように1ページ100万円でも問題がないのです。企業に予算がなければ、その予算内でどう対応するのかはWeb制作会社の経緯方針です。ですが、そこにブランディングを行っていれば本来のWeb制作が望む価格設定はできません。そして、その価格で受注しなければ十分な効果をクライアントに提供することができません。

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っていること?と書きましたが?

ほとんどのWeb制作会社の考え方は間違っているのではなく、それぞれの考え方で運営すればよいので、正確にはこのタイトルは的確ではありません。問題は、Webが好きでWeb制作会社を経営者ているのなら、もっとWeb制作価値を貯めるようにお互い頑張りましょうということです。

小さな会社のマーケティングとは