ブラウザサイズで考えるホームページ制作

Home / ウェブデザイン制作 / ブラウザサイズで考えるホームページ制作

ブラウザコンバージョンでホームページ制作のWEBデザイン

レスポンシブwebデザインはブラウザサイズによって幅が可変するリキッドレイアウトで構築しますのですが、デスクトップでの同様にブラウザサイズでWEBデザインをする必要がある。しかし、多くのクライントは、TOPページから順番にユーザーはページを回覧すると考えがちだが、それは大きな間違いである。多くのユーザーのアクセスはブログから始まるケースが60%を超える。

ブラウザサイズ WEBデザイン

ブラウザサイズを考えでWEBデザイン

要するに多くの人がサイトのタイトルやTOPのビジュアルで、そのサイトの評価をする。そして、特にTOPページの最下部まで観覧するユーザーはとても少ない。よって、ノートタイプのPCのブラウザサイズでWEBデザインを考える必要がある。言い換えれば、そのブラウザサイズ内のデザインがそのサイトの最も大切な部分とも言える。

ホームページで一番大切なのはグローバルナビゲーションだ!

Googleアナリステックスで多くのホームページを解析するとある程度共通するユーザーの流れがつかめる。もちろん業種別に多少異なる。そして、多くのユーザーはグローバルナビゲーションから次のページを選んでいる。つまりメニューのユーザビリティがとても大切になる。そして、お問合せや資料請求ボタンなどもブラウザサイズに入れてしまうと更に効果的です。

ブラウザサイズを考慮してWEBデザインしタブレットにも最適化する。また、レスポンシブwebデザインをする時はスマートフォンのブラウザを校了してデザインするべきである。これからモバイルアクセスは更に拡大するであろう。モバイルのユーザを取り込むことは大きなビジネスの拡大につながる。